車を売るときに数十万円もお得になる賢い方法

大量の車と赤いスポーツカー
車を売るとき、気になるのはその売却価格ですよね。

実際に、車を売るために複数の買取り業者に査定をしてもらうと、車種によってはその買取り価格に数十万円の開きが出てしまうことも少なくありません。

なぜ、これほどまでに車を売るときの値段に大きな開きがでてしまうのでしょうか?

また、一番お得に車を売るにはどうしたらいいのでしょうか?

当サイトでは、少しでも自分の愛車を高く売りたいと考えている人のために、あらゆる視点から買い取り額が一番高くなる方法について解説をしてみたいと思います。

ちょっとしたことを知るだけで、数十万円も得をすることなんて、人生のなかでそうそうあるものではありませんよ。

kantansatei_300_250

1.車を売る手段にはどのようなものがあるか?

一概に車を売るといっても、さまざまな売却先があります。

そして、それらの売却先にはそれぞれメリットとデメリットがあります。

実際に、どこに車を売るとお得意なるのかを具体的に見ていきましょう。

1-1 中古車販売店に車を売るのはお得か?

中古車販売店というと、車を販売しているだけというイメージがありますが、実は車の買取りもしてくれます。

中古車を販売するためには、当然売るための車が必要になってきます。

通常はオークションや独自のルートで車を仕入れることになりますが、直接個人から買う方が、中間マージンが発生しない分中古車販売店としてもメリットがあるわけです。

では、車を売る場合には中古車販売店に持ち込めば必ず高く買い取ってくれるのかというと、そうとばかりは限りません。

それはなぜでしょうか?

中古車販売店の多くは、個人経営の小規模なところです。

小規模な会社が最も恐れるのは、在庫リスクです。

つまり、あなたが売る予定の車が将来的に売れ残ってしまうことが、一番困るわけです。

売れないままずっと展示しておくことで、時間とともに車の価値は下がっていってしまいますし、維持費もそれなりにかかります。

その結果どうなるかといいますと、人気があってすぐに売れる車以外は高く買い取らない、ということになるわけです。

その点、全国規模の大手買取り店などになると、膨大なデータによりリスク管理がしっかりとできますし、ある店で売れ残った車であっても、ニーズがあるほかの店舗に回すなどしてなんとか売ってしまうことが出来るのです。

結局、車を直接販売しているお店に持ち込んで車を売るのは、必ずしもお得になるとは限らないということになります。

これから中古車販売店に車を売ることを検討している方は、まずはネットなどの一括査定を利用するなどして、自分の車の大まかな買い取り額を把握しておくといいと思います。

1-2 最近多くなってきた買取り専門店

最近では、全国規模の買取り専門店は増えてきました。

「アップル」や「ガリバー」などの名前は誰でも一度は耳にしたことがあるでしょう。

こういった買取り専門店に車を売るほうが、ディーラーなどに下取りに出すよりも、お得に車を処分できるということが多くの人に認識されるようになってきました。

では、なぜこうした車の買取り専門店では高く買取ることができるのでしょうか?

理由はいくつかありますが、全国展開をしている業者ですと、中古車の買取りや販売に関する膨大なデータを持っています。

そしてそれらのデータをもとに、リスクを減らしながらなるべく車を高く買い取るノウハウが蓄積されているわけです。

また最近では、買取りだけではなく、自社で中古車を販売するところも多くなってきました。

一般的な中古車販売の流れとしましては、ディーラーや買取り店が引き取った車をオークションに出品し、それらを販売店が落札するわけです。

この場合ですと、エンドユーザーが手にする車の代金には、買取り店とオークション主催者と販売店のそれぞれの中間マージンが上乗せされます。

その結果として販売価格が高くなってしまったのでは、車が売れなくなってしまうので、結局は仕入れを安くするしかないわけです。

ところが、販売と買取りの両方をやっている専門業者ですと、中間マージンを省くことが出来るのです。

その結果、同じ中古車の販売価格であっても、買い取り額を高く設定できることになります。

また、買取り専門店の場合さまざまな独自ルートがあり、ディーラーでの査定がほとんどつかなかったり町の中古屋さんで引き取りを拒否されたような車でも売ることが出来る場合があります。

特に、東南アジアや中東などのへの独自の輸出ルートを持っている買取り専門店の場合は、年式が多少古かったり走行距離が伸びているクルマでも買取りが可能だったりします。

1店舗だけの査定であきらめずに、複数の買取専門店に査定を受けてみるといいでしょう。

忙しくて複数のお店をまわる時間のない人は、以下のような一括査定サイトを利用してみるといいでしょう。

かんたん車査定ガイド
(最大10社を比較)

1-3 ネットオークションを利用する方法

黄緑のミニカーネットオークションで車を売るというと、びっくりされる方もいるかと思います。

一般的にネットオークションで売買する商品のイメージといえば、不要になった洋服や家電品などでしょうか。

しかし、実際にYahooオークションを覗いてみるとわかりますが、多くの中古車が出品されています。

車のような高額商品をネット上だけで売買を成立させるというのも驚きですが、買う人がいるから車を売る人がいるわけですね。

確かに、ネットオークションによる個人売買であれば、中間マージンが発生しませんので、車を売るほうにも買う方にもお互いにメリットがあります。

しかし、ネットオークションによる車の個人売買には、そのようなメリットばかりではありません。

たとえネット上で売買が成立したにしても、車の場合他の商品のように梱包して宅配便で配送するというわけにはいきません。

お互いが直接あって、車を引き渡さなくてはなりません。

購入者が出向いて車を受け取りにいくか、売り手が届けてくれるかのどちらかになります。

いずれにしても、どちらか一方が帰りの交通手段を確保しなければなりません。

近場であれば、たいして手間ではないかもしれませんが、遠方での取引となると、そのための費用や時間がバカになりません。

また、ネットオークションの場合、実際に車を見ることなしに売買を成立させることになりますので、あとあとトラブルに発展するケースも多いようです。

買う側にしてみれば写真のみで車の状態を判断するわけです。

そのため、実際に車を売ったあとに予想していなかった小さな傷などがみつかったりすると、そのことを指摘されたりしてトラブルになるわけです。

また、車というのは外観だけでその価値を決めることは出来ません。

実際に乗ってみることによって、本来の車の価値が判断できるわけです。

車を売る側にすれば対して気にしていなかったようなことでも、エンジンから異音がするとか、ハンドルが取られるなどのクレームをつけられることもあり得ます。

また、ネットオークションで車を売る場合に気をつけなければならないのが、名義変更などの手続きです。

買取り業者が中間に入ってくれればそれらをすべて代行してくれますから全く問題ありませんが、個人売買の場合は自分たちで行うしかありません。

一般的には、車を買ったほうが名義変更などの手続きをしますが、たまたま売った相手がルーズな人だったりすると、手続きをしないでしばらくそのまま乗ってしまったりすることもあります。

売ったはずの車の税金の支払いを求められて、びっくりするケースも実際にあるようです。

ネットオークションでの車を売ることは、中間マージンが発生しないというメリットはありますが、それ以上のデメリットもあるということがお分かりいただけたかと思います。

1-4 知人と個人売買をする

手のひらにカギとミニカーネットオークションで車を売る場合には、さまざまなリスクがあることがお分かりいただけたかと思いますが、知人などに個人売買で車を売るケースはどうでしょうか?

ネットオークションなどのように、まったくの他人に車を売るわけではありませんから、リスク的にはだいぶ少ないといえます。

多くの場合、近隣に住む知人とやり取りをすることになると思いますので、実車も相手に見てもらうことが出来ますし試乗をさせてあげればなお安心でしょう。

そうして、お互いが納得した上で契約をすれば、トラブルになることはほとんどないといえるでしょう。

個人売買で車を売る場合は、当然ながら中間マージンが発生しませんから、価格面でのメリットがお互いにあるわけです。

ただ、個人売買をするにしても、お互いが納得する金額で取引をするために、ある程度の車の相場を把握しておく必要はあると思います。

実際に買取り店に査定をしてもらったりして、ある程度の目安を知ったうえで交渉するようにしましょう。

このように、非常にメリットの多い車の個人売買ですが、たまたま自分が車を売る予定のときに、うまく買い手が見つかるかどうかは分かりません。

唯一のデメリットとしては、相手が知人ゆえに何か問題があったときでも人間関係を壊したくないとの思いから強く主張できずに、泣き寝入りをしなければならないこともあるかも知れないということです。

また、知人へ個人売買で車を売る場合もネットオークションの時と同様に、名義変更などの手続きは自分たちで行う必要があります。

もちろん行政書士などに名義変更の代行をしてもらうことも可能ですが、当然ながら費用が発生しますので、それらの費用をどちらが負担するかなども、車を売る前に決めておくようにするといいでしょう。

2.少しでも高くクルマを売却するためのコツ

車を売るのであれば、誰でも高く売りたいと思うことでしょう。

車を売る手段にはさまざまな方法があることはこれまでお伝えした通りですが、ここでは、買取り専門店に車を売る場合を想定して、少しでも高く売るコツについて考えてみたいと思います。

2-1 複数の車買取り店に査定をしてもらう

車を売るときの値段には定価というものがありませんので、買取り業者によって金額に大きな差が出ることがあります。

たまたまその業者の在庫がだぶついているような車種だったりすると安くなるでしょうし、品薄の車種であれば高い値段をつけることになるでしょう。

また、それぞれの業者の流通ルートなどによって得意な車種や苦手な車種があったりするものです。

そのため、車を売る前に買取り店の見積もりをいくつも比較すると、数十万円もの開きがでることがあるのです。

最近では、ネットで車の一括無料査定サービスなどもありますから、複数の買取り業者の値段を比較するのは容易です。

あるサイトでは、わずか数十秒で入力を済ませることができ、最大で10社から査定額を提示してもらうことが出来るようです。

ほんのわずかな手間で、場合によっては数十万円も高く車を売ることが出来るわけですから、利用しない手はありません。

実際に自分がお金を稼ぐことを想像してみてください。

わずか数十秒の手間で数十万円も稼ぐなんてありえないと思います。

ところが、車を売る場合においてはそういったことも普通にあり得るのです。

特に人気車種ともなれば、展示してすぐに売れてしまいますから、業者としてもギリギリまで自社の利益を減らして車を手に入れようとします。

そのため複数の業者を競わせることによって、ありえないような高値を提示してくることもあるのです。

買取り業者に車を売るときは、1社だけのいい値で売っては絶対にいけません。

自分で何店舗かお店を回るか、ネットの一括査定を利用するなどして、必ず2~3社以上から査定を受けてから車を売るようにしてください。

これは、高く車を売るためのコツというよりも、もはや常識といってもいいでしょう。

かんたん車査定ガイド(無料)
https://a-satei.com

※東証1部関連企業エイチームライフスタイル運営

2-2 地道に近くのお店を回って比較する

ネットを使って一括査定してもらう方法を紹介しましたが、時間のある方は地元の買取店を1件ずつ回って査定をしてもらうのもいいでしょう。

実際にその場で車を見てもらうことで、ある程度正確な査定額が分かりますし、お店の対応などの善し悪しも判断できます。

ネットですと、相手の顔が見えないために、人によっては不安になることもあるでしょう。

車という高額商品の売買をするのですから、それは人として当然の感覚です。

ただ、都会のようにある程度の距離に複数の買取り店がある場合は問題ありませんが、地方に行くと車を売るお店そのものがその地域に1店舗しかない、などということもあり得ます。

遠方まで足を運んで車の査定をしてもらっていたのでは、相当な手間と時間がかかってしまいます。

面倒くさくなって1店舗目でそのまま車を売ることを決めてしまった、などという人も少なくないようです。

しかし、面倒だとはいっても、お店によっては数十万円も買取り価格が違ってくることもあるということが現実にありますので、そこは冷静に考えなくてはいけません。

たとえば、あなたが会社からもらっているお給料を、日割りで換算してみて下さい。

30万円もらっている人であれば、月に20日働くと仮定すると1日当たり1万5千円です。

それを、あなたが車の買取り店を1日回った時の人件費として考えます。

それに、プラスしてガソリン代やその他諸々の経費が5千円とすると、人件費と合わせて約2万円です。

1日かけて買取店を回った結果が、あなたが当初車を売る予定であったお店やディーラーの査定額よりも2万円以上高くなればいいわけですね。

お店を数件回って査定額に2万円以上の差がつかない、ということはまずないと思います。

車にもよりますが、4~5万円程度は普通に違ってきますし、高額な車種ですと40万円から50万円も違ってくることもあります。

面倒くさいと思って1件目で車を売ると、これだけの金額を損する可能性があるということも、知っておいたほうがいいと思います。

逆に、お店を数件回っただけで数十万円のご褒美がもらえる可能性があると考えれば、テンションも上がるでしょう。

2-3 一番高く売れる時期をねらう

カレンダーとピンクの車1年を通してみると、車を高く売ることのできる時期とそうでない時期があります。

車に限らず物の値段はなんでもそうですが、需要と供給の関係で決まります。

ということは、車も一番の需要期に売れば高く買取をしてもらえるということになります。

では、車を売るときに有利になる一番の需要期というのはいつなのでしょうか?

それは3月です。4月から新社会人となるフレッシュマンたちの需要があるために、車は3月に非常に売れやすいのです。

最初は運転が未熟なためにぶつけてしまうことも多いために、初めてのマイカーとして中古車を買う人が多いのです。

ニーズが高いということは、中古車販売店にしてみれば在庫が品薄になりやすいということです。

1年で一番売れやすい時期に在庫がなくては困りますので、お店にしてみれば多少高くても仕入れをしなくてはならなくなるのです。

また、この3月というのは、車の買い替えのタイミングの時期でもあります。

車の一番売れる3月に新規登録された車は、数年後に車検の時期を迎えます。

多くの人は、車検切れのタイミングで買い替えために車を売ることを考えます。

その結果、3月は買い替えの需要期でもあるということになるのです。

もしあなたが人気車種に乗っているとしたら、この3月に複数の買取店から査定をしてもらうことで、驚くような金額を提示されるかもしれません。

なるべく高く車を売るなら3月、ということは覚えておいて損はないと思います。

逆に、この時期を逃してしまうと、いっきに評価が下がってしまう可能性がありますので、車検が残っていてもったいないなどと思うかも知れませんが、念のため査定だけでも受けてみることをお勧めします。

おそらく、車検の残価値以上の査定額アップがのぞめることでしょう。

2-4 少しでも早いタイミングで売る方がお得です

車というのは、日々その価値が下がっていきます。

当然のことですが、購入してからの時間も、その車の評価を決める重要な要因の一つです。

よく「何年式」とか「何年落ち」という言葉を聞いたことがあると思いますが、何年に新車登録された車なのか、あるいは新車から何年乗った車なのかという部分は、査定に大きく影響するのです。

買う側にしてみれば、少しでも新しいものを手に入れたいと思うのは当然のことですので、時間がたつにつれてどんどんニーズが減っていくわけです。

特に、マイナーチェンジやモデルチェンジのあるタイミングは微妙な時期です。

たった1か月の違いで、車を売るときの買取価格が数十万円違ってしまうこともあり得ます。

同じ年式でも、旧式となってしまうことで、さらに価値が下がってしまうのですね。

そのため、近々車を売ることを考えている人は、今自分で乗っている車のマイナーチェンジやモデルチェンジの情報は、日頃から気にかけるようにしておいた方がいいでしょう。

そして、その情報をキャッチしたならば、1日でも早く車を売る決断をすることが賢明です。

ただ、人によっては同じ車種のモデルチェンジ後の車に乗り換えたいという人もいるでしょう。

その場合の裏ワザとして、いったん今の車を売っておいて、新型が出るまでの間廃車寸前の車を数万円で買って乗り継ぐという方法もあります。

しかし、この方法はリスクも伴います。

モデルチェンジ後の新車が不人気だったりした場合、旧車が思ったほど値崩れしない場合もあるからです。

その場合は、わざわざ廃車寸前の車を乗り継いだ自分が馬鹿らしくなってしまうことでしょう。

いずれにしましても、いまあなたが乗っているその車は、日々価値が下がっているということをつねに意識し、車を売ると決心したときに少しでも早く行動することがいい結果につながることは間違いありません。

2-5 仲介業者がからまないお店をさがす

一般的に中古車が消費者の手に渡るまでには、オークションを含めていくつかの仲介業者を経由してくることが多いです。

中古車の販売価格というのはある程度の相場がありますから、複数の仲介業者がからむルートの場合ですと、自社の利益を上乗せするためにはエンドユーザーからの買取り価格を下げざるを得ません。

そのため、車を売る側にしてみれば、なるべく仲介業者の絡まないお店に売却をしたいものです。

仲介業者が介入しないルートであれば、車を売る方だけではなく、新たに買う人にとっても安く買えるというメリットがあるわけです。

たとえば、一般的な中古車の相場で120万円の車があったとします。

この車を2つの仲介業者を経由するルートで買取りをしてもらった場合、次のような感じになると思います。

買取り店に80万円で車を売る→買取り店が仲介業者Aに90万円で流す→仲介業者Aが仲介業者Bに100万円で流す→仲介業者Bが販売店に110万円で流す→販売店がお客に120万円で売る

一方、極端な例ですが、個人売買をした場合で見てみましょう。

80万円と120万円のちょうど中間である100万円で売買したとします。

すると、仲介業者が2社経由するパターンにくらべて、売る方も買う方も20万円もお得になることが分かります。

しかし、個人売買で車を売るにはリスクが伴いますし、その車に対する品質保証などもありません。

また、売買に伴う諸手続きもすべて自分たちでやらなければなりません。

お互いが得したつもりが、あとになって大きなトラブルにつながる可能性も否定できません。

そういった意味で考えますと、自社で直接買取りをして自社で直接販売もしている大手の買取り専門店のようなところを何店舗か比較して買取りをしてもらうのが一番リスクが少なくて高く車を売るコツといえるかも知れません。

その場合に、とても便利なのがネットから簡単に申し込める買取り業者の一括査定なのです。

クルマの査定に関する基礎知識

3年落ちヴォクシーを高額査定で売るための情報~走行距離やグレード別に買取価格や下取り相場を比較
3年落ちのヴェルファイアはいくらで売れるか?~買取り価格や下取り相場を走行距離やグレード別の一覧で紹介
7年落ちのプリウスの査定額はどれくらい?~グレード別に下取り相場や買取価格を比較
7年落ちのヴェルファイアを高く売るために査定額をチェック~7年落ちの下取り相場や買取価格を売却事例で見る
ランドクルーザーの買取り価格や下取りの相場を3年落ちから10年落ちの年式別及び走行距離別に比較
ハイエースの買取り価格と下取り相場の3年落ち~10年落ちの年式別一覧及び実際の売却事例
トヨタクラウンの3年落ちから10年落ちの買取り価格と下取り相場をデータと売却事例から分析
ダイハツ・タントの買取価格や査定の相場を5年落・10年落ちで比較~下取りよりも有利?
オデッセイの買取り価格は?~5年落ちと10年落ちの査定額や下取り相場を比較
中古車の販売価格と買取価格にはどれくらいの差が生じるのでしょうか?~中古屋さんはボロ儲け?
ヴィッツの5年落ちと10年落ちの査定額と買取価格を調査~下取り相場との比較で高く売れるか?
ホンダライフの5年落ちから10年落ちの買取価格や下取り相場をグレードや走行距離別に比較
ホンダフィットを売る~5年落ちと10年落ちの買取り価格や下取り相場を実際の査定額で検証
N-BOXの査定額の相場や実際の買取価格を3年落ち~5年落ちで比較~下取りに出す前に
ワゴンRの買取価格と査定額を調査~5年落ちと10年落ちの場合~下取り相場との比較
車の売却価格や下取り相場は地域によって大きく変わります~都市部で査定額が高くなる高級車と地方で人気の高い軽自動車
プリウスαを下取りにだすときの査定相場や買取価格を5年落ちと7年落ちで比較
ステップワゴンの5年落ちと10年落ちの買い取り価格を調査~下取り相場と査定額の事例
セレナを下取りにだすときの相場や査定額は?~5年落ちと10年落ちの買取価格を分析
ダイハツムーヴの査定額や買取価格を5年落ちと10年落ちで分析~下取り相場との差額は?
ヴェルファイアの5年落ち~10年落ちの買取価格と査定の相場を比較~下取り価格との差はどれくらい?
ヴォクシーの買取り価格と査定額を下取り相場と比較~5年落ちと10年落ちの事例
プリウスの買取り価格と査定相場~5年落ちと10年落ちの事例でみる下取り価格との比較
違法改造車を買取りや下取りしてもらうことは可能でしょうか?~車検に通らないクルマを売却する方法
ディーラーで車を下取りしてもらったときの体験談~トヨタ・レクサス・スバル・ホンダ・アウディでの対応と査定額
車の耐用年数は昔にくらべてなぜ伸びているのか?~国産車の平均寿命は12.53年
車の出張査定を依頼するときの流れや注意すべきこと~業者とのトラブルを避けて安心してクルマを売るために
走行距離が10万kmを超えた車は売れないなんてウソです~12万kmでも13万kmでも普通に買取り可能です
トヨタアクアの買取り相場と下取り価格の目安~3年落ち・4年落ち・5年落ち・6年落ち・7年落ちで比較
悪質なクルマ買取り業者の詐欺の手口と騙しのテクニック~言葉たくみに愛車を持ち去られて音信不通
軽トラックの買取り価格や下取り相場はなぜこれほど高いのか?~軽トラは年式が古くても過走行でも高額査定
廃車寸前のポンコツ車を買取りしてくれる理由~20万km走った中古車でも海外への輸出ルートで売れる
クルマの買取り価格や査定額はボディの色によってどれくらい違うのか?
マツダ車の下取り額が二束三文といわれたのは過去のこと?~マツダ地獄の脱却で高額査定が期待できるか
トヨタ・ヴォクシーは10年落ちで走行距離10万kmオーバーでも40万円以上で売却が可能です
ヴェルファイアを売却するときの査定額は排気量が大きい方が安くなる?~2.4Lモデルと3.5Lモデルの買取価格を比較
クルマを売るときには車検が切れるギリギリまで乗った方がお得?~車検の残り1年未満は査定に影響なし
スズキキャリイを売却するときの査定額の目安~6年落ちから12年落ちまでの売却事例
3年落ちのフィットを買取り店で売るときの査定額~売却事例から相場を判断
3年落ちのワゴンRを売却するときの査定額は?~走行距離やグレード別に比較
クルマを売るときに「修復歴あり」で事故車扱いになるのはどの程度のダメージを受けたとき?
ノアを売却するときの査定額や買取り相場を5年落ちと7年落ちの事例で比較
アルファードの買取り価格や査定額は5年落ちと7年落ちでいくらになるか?
走行距離が3万kmと8万kmで同年式のクルマの査定額はどれだけ変わるか?
9年落ちで車の売却をする際の買取り価格の目安~買取り専門店の査定額はいくら?
7年落ちのクルマを売るときの査定額はどれくらいになる?~車種別買取り価格の目安
走行距離10万kmのクルマはいくらで売れる?~車種別・年式別の買取り店での査定額
3年落ちの買い替えで得するクルマと損するクルマ~3年落ちの査定額・買取り価格を比較
5年落ちのクルマを買取店に持ち込んだときの査定額は新車価格の何パーセントくらい?
廃車や不動車を買取りしてくれるところはあるか?~意外に高く売れる過走行車や古い車
ディーラーの下取り価格に24万円も差がついた?~競合で下取り額はアップします
車の一括査定サイト経由の出張査定で効率よく最高買取価格を提示させるコツ
コンパクトカーの査定額を車種別に比較~買取額はどれだけ変わる?
15年落ち以上の古い車をまともな金額で売却することは可能か?
SUVの査定額を車種別に比較~最も買取り価格の高いのはどの車?
軽自動車の買取価格を車種別に比較~査定額が一番高いのは?
ミニバンの査定額を車種別に比較~買取価格や下取り相場が高いミニバンは?
13年落ち以上の車が50万円以上で売れた事例~廃車はもったいない
一括査定サイトで最高値と最安値の差が60万円以上になった事例
10年落ちでも100万円以上で売れるリセールバリューの高いクルマ
ディーゼル車はなぜ年式が古くても過走行でも高値で売れる?
タクシー専門の買取り店では走行距離50万kmでも買取りが可能!?
ディーラーで下取りをしてもらうと査定料が発生するのをご存知ですか?
中古車買取り専門店の営業マンのセールストークがすごすぎる!
ヤフオクで中古車の個人売買をすることの危険性を知るべし
ディーラーがどんなオンボロ車でも5万円で下取りをする理由
二重車検でメーター改ざん車を売る詐欺師の手口とは?
車の査定額はシートの汚れで大きく変わることがある?
車を売るときにしっかり伝えるべきアピールポイントとは?
塩害や雹(ひょう)の被害も事故車扱いになるって本当?
車の売却時に書類の先渡しを要求する業者は要注意です
オンライン査定と出張査定で買取り額が大きく異なる場合とは?
中古のヴェルファイアが新車よりも高額で売れたウソのような話
査定の前に洗車をしても意味がないというのは本当でしょうか?
車の査定は雨の日だと甘くなるというのは本当か?都市伝説か?
中古自動車査定士という資格をご存知ですか?~査定のプロの証
日本自動車査定協会(JAAI)とは何をする団体なのでしょうか?
モデルチェンジの前と後では車の買取り相場が大きく変わる?
ネームプレートのない車の査定額が大幅に減額される理由
水没車の査定額は大幅に減額されます~ゲリラ豪雨に注意!
マニュアル車がAT車にくらべて圧倒的に高く売れる理由
車の査定でボディに「へこみ」があるときのマイナス評価は?
事故で目減りする査定額の損失補てんには「事故減価額証明書」が必要
新車ディーラーがひそかに行っている「溶かし」と呼ばれる下取り方法
中古車の買取り保証~どんなオンボロ車でも必ず買取れる理由とは?
トヨタハリアーの査定額を実際の買取り価格から分析
軽自動車は5万kmを超えると査定が一気に安くなるというのは本当か?

クルマのローンについて知る

ローンが残ったまま車を売ることは可能です~ローン中のクルマを売却する際は買取店が残金を一括清算してくれます
自動車ローンの審査が通らない意外な原因とは?~携帯代の滞納でブラックリスト入り!
自動車ローンを滞納するとエンジンがかからなくなる?~与信が厳しい人の救世主
クルマの残価設定ローンはお得なのか?~どんなメリットやデメリットがある?
車は現金一括よりもローンで購入したほうが値引きしてくれる?
車を担保にお金を借りる自動車担保ローンにご用心!
ネットオークションの個人売買でもマイカーローンを組めるのか?
車は残価設定ローンで買うのと普通に買い替えるのはどちらがお得?
ディーラーでローンを組んだ車の所有権解除をするための手続きは?

交通ルールと取締りに関する情報

悪質なあおり運転に関するさまざまな問題点を検証~どうすれば被害者にならずに済むか
パトカーがスピード違反で捕まることも実際にあります~オービスに捕捉されたマヌケな警察官たち
首都高速の制限速度は一般道と同じだということをご存知ですか?~環状線50km/h制限区間でオービスの餌食に!
前の晩に飲み過ぎると翌朝に飲酒運転で検挙される可能性があります~アルコールはどれくらいで体内から抜けるのか?
スピード違反で捕まるといつも24km/hと29km/hオーバーでキップを切られるのはなぜか?
交通違反に納得ができないなら青切符のサインを拒否すれば99.9%不起訴になる?~スピード違反も一時停止違反も納得いかない!
オービス(自動速度取締り装置)は何キロオーバーで走ると作動する?
高速道路120km/h時代に軽自動車やコンパクトカーは対応できるのか?
高速道路は制限速度を超えた110km/h台で走っても捕まらない?~追い越し車線を120km/hだとどうなる?
入れ歯安定剤や口内洗浄剤で酒気帯び運転になる!?~1滴もお酒を飲んでないのに冤罪で検挙の可能性
無断駐車で罰金を支払う義務はあるのだろうか?~高額な損害賠償を請求された事例もあります
ドライブレコーダーは後方にも設置するべし!~あおり運転や違法取締りの証拠を残すことができます
なぜ高速道路を逆走するクルマがあとをたたないのか?~逆走したという認識のないドライバーが26%もいる!
右左折の直前にウインカーを出すクルマや車線変更でウインカーを出さないクルマはなぜ検挙されない?
レーザー式オービスでスピード違反車両は一網打尽にされてしまうのか?~現在の探知機では捕捉は不可能
僧衣で運転するのは本当に違反なのか?~どんな服装で運転をすると違反切符を切られるのか?
あおり運転を誘発してしまうような運転を無意識にしている人は要注意です
警察を本気にさせてしまった中央高速235km/h暴走男の誤算~警察なめんなよ!
免停期間を短縮するための講習で実際にやらされること~缶拾い・カーブミラー磨きなど
レーダー式のネズミ捕りは誤測定が当たり前?~濡れ衣で検挙もありえます
時差式信号機で右折するときは非常に危険を伴うことをご存知ですか?
ライトをずっと下向きにしたまま走ると反則金6000円?~本当は上向きが基本らしい
ゴールド免許で何か得することありますか?~保険料・講習時間・更新料・更新期間
執行猶予中の人が交通違反で罰金刑になると刑務所行きになってしまうのか?
右折の矢印信号でUターン(転回)をしても交通違反にはならなくなりました
交通違反の罰金をずっと払わないとどうなる?~労役場に留置されます
反則金を肩代わりしてくれる交通違反の保険に加入する意味はあるのか?
交通違反の罰則には「反則金・罰金・行政処分」いろいろあるけど何が違うのか?
正直者が馬鹿をみる「放置違反金」制度~駐車違反なのに違反点数がつかない?
スピード違反で捕まって懲役刑になることもある?~意外に知らないスピード違反の罰則
酔っていなくても酒気帯び運転になる?~意外に知らないお酒と運転に関する罰則
最難関の運転免許といわれる「第二種牽引」はどうやって取得するのか?
意外に知らない運転免許証のこと~小型特殊とは?大型特殊の2種免許とは?
ウインカーを出さない人が急増中?~なぜ右左折のときや車線変更時は合図が必要なのか
意外に知らない交通ルール~停車と駐車の違い・センターラインの色・路肩と路側帯
交通事故の死亡者数が45年前の4分の1にまで減った理由とは?
自転車が車道を走ることの危険性を真剣に考えるべし
ハイエースの覆面パトカーが出没中!~覆面はクラウンだけじゃありません
ハイビームで走ることで夜間の交通事故が減るって本当?

クルマの雑学

どんどん重くなる現代のクルマ~昔の車は本当に軽かった!~車重がわずか385kgのスバル360
軽自動車が普通車にくらべて危険だといわれている本当の理由は?~致死率が普通車にくらべて1.6倍?
スポーツカーが危険な車というのはウソ?~本当は一番安全です~むしろ軽自動車やミニバンの方が危険
タクシーの9割がプロパンガスで走っているのはなぜ?
クラウンが4気筒で本当にいいのか?~高級車なのに6気筒の上質フィーリングが味わえない時代の到来
ハイオク(プレミアム)仕様の車にレギュラーガソリンを入れて走ったらエンジンは壊れるのか?
あまり乗らない車は調子が悪くなるって本当?~週に1回しか乗らないレジャー用のクルマは大丈夫か?
オービスの仕組みの違い~レーダー式・ループコイル式・LHシステム・Hシステム・最新のレーザー式
ハイブリッド車のバッテリーはどのくらいの寿命があるか?~劣化したときのメーカー保証や交換の費用
アクセルとブレーキを踏み間違える事故はなぜ起こるのか?~危険を感じたらペダルを強く踏むという脳の思い込み
もしオイル交換をしなかったら本当にクルマは壊れるのか?~オイル交換をしないで13万km走ったクルマの末路
13年以上乗った車の税金がアップ!~高い自動車税や重量税を払い続けて乗り潰す?それとも廃車?
クルマのヘッドライトが黄ばんでしまうのはなぜ?~ひどくなると光量不足で車検に通りません
政府はなぜ走行距離に応じて税金を徴収する走行税を検討しているのか?
サーキットの狼に登場したスーパーカーの最高出力は現在のファミリーカーと同レベルだった!?
鬼キャンと呼ばれるタイヤを八の字にする改造に何の意味があるのか?
クルマの維持費が高すぎる!~クルマを40年間乗り続けると家が1件買える!?~税金・ガソリン代・車検費用
移動給油所はガソリンスタンド不足の救世主となるか?~「どこでもスタンド」でタンクローリーから直接給油
車のオートエアコンは入れっぱなしがいい?それともマメに切った方がいいのか?
クルマのボディが痛みにくい凍結防止剤の散布が一部の高速道路で開始されました
マニュアル車(MT)とオートマ車(AT)はどちらが速いのか?
防災を考えるとハイブリッド車を選択するのが正解~停電中でも電気が使えます
国土交通省が打ち出した「ドライバー異常時対応システム」のガイドラインとは?
エンジンの冷却水はラジエーターで冷やしても80℃以上の高温なのをご存知ですか?
前進しようとしたクルマが突然バック!?~2ストロークエンジンによる逆回転の恐怖
タイヤを変えるとスピードメーターが狂う?~インチアップのときにはサイズにご用心
カタログに書かれた燃費と実際の燃費はなぜこれほど違うのか?
タイヤの交換のタイミングは?~走行距離や摩耗だけでは判断できません
10万kmでタイミングベルトの交換は過去の話です~今はタイミングチェーンが主流
地方図柄入りナンバー全国41地域一覧~2018年10月より交付開始
子どもの車内放置は絶対にダメ!~わずか15分で熱中症危険レベルまで温度が上昇
国産車の最高速度はどれくらい?~ミニバンだと160km/h・GT-Rは315km/h
排気量で決まる自動車税は電気自動車やダウンサイジングターボだとお得になります
ロードノイズやパターンノイズが発生する仕組み~静かなタイヤとうるさいタイヤの違い
猫バンバンとは?~ネコの命を守るためエンジンをかける前にボンネットをバンバン!
新古車・未登録新車・登録済み未使用車・ナンバー落ちの意味の違いは?
スーパーカーブームの立役者カウンタックは本当に300km/hもスピードが出たのか?
生活保護受給者でもある条件を満たすことによってクルマの所有が可能です
クルマはいまや動くコンピュータ化しています~もしハッキングされたらどうなる?
ETCの料金未払いが年間31万件もあるらしい~カード未挿入・期限切れなど
電気自動車のバッテリーはどこまで進化するか~全個体セラミックス・リチウム空気
自動車検査員というのはどんな仕事をする人なのでしょうか?
おじさんたちが若い頃に憧れたケンメリやハコスカってどんなクルマだったの?
個人タクシーの運転手になるにはどうすればいい?~経験・資金・試験
草創期のホンダはすごかった!~DOHCエンジンの軽トラT360・チェーン駆動のS500
電気自動車(EV)の充電が5分~10分で可能になる時代がやってくる?
天皇陛下がご愛用されているホンダのインテグラというのはどのような車ですか?
ヤマト運輸のフルトレーラ25って何がすごい?~大型トラック2台分の荷物を運ぶ
このクルマの装備は本当に必要か?~パドルシフト・ナビの運転診断・シートヒーター
燃費にまつわる噂は真実なのか?~タイヤの空気圧・巡航速度・車の重さで燃費は変わる?
車検切れの車に対する本格的な取締が開始になります~車検版ネズミ捕り?
ガソリンスタンドの激減に伴い急速に増えている給油難民を救えるか?
速さと燃費を競い合うエコカーカップというレースをご存知ですか?
プリウスPHVと普通のプリウスは具体的にどこが違うのか?~次世代エコカーの本命?
2040年にすべてのクルマが電気自動車に?~欧州の脱エンジンは本当に実現するのか?
マツダの「SKYACTIV X」という究極のエンジン~ディーゼルとガソリンの良いとこ取り?
軽自動車の白ナンバーが大人気になっています~そもそも軽のナンバーはなぜ黄色?
ETCカードの審査に通らない人は何が原因なのでしょうか?~携帯電話の滞納が危険
雷が鳴ったらクルマの中に避難するのが安全です~直撃を受けても大丈夫です
ゲリラ豪雨でクルマを無理に走らせると廃車になります~水深何センチまでOK?
スマートキーの車が狙われるリレーアタックによるクルマ盗難のあらたな手口
渋滞の日本記録は名神高速で発生した154kmです~渋滞解消まで24時間
自動車教習所がクルマだけではなくドローンの教習も行うようになった?
渋滞中の高速道路を走るときは左側車線を走った方が早く目的地に着く?
当たり屋というのは本当に実在するのでしょうか?~交通事故を装う巧妙な手口
スマホがドライブレコーダーやレーダー探知機になるアプリがあるって本当?
教習所で使用される教習車は一般のクルマとくらべてどこが違うのでしょうか?
A級ライセンスやB級ライセンスを持っていても必ずしも運転がうまいとは限らない?
タクシーとハイヤーの違いとは?~似ているようでまったく違う用途や料金やシステム
CVTを搭載した車は一般のAT車にくらべてなぜ燃費が良くなるのでしょうか?
高速道路で自然渋滞が起こる意外な原因とは?~渋滞を引き起こす「ザク部」の存在
スリックタイヤは溝がないのになぜグリップ力が高いのか?
なぜ悪路を走らないスポーツカーに4WDが採用されるのでしょうか?
ローダウンの車は自動ブレーキが効かなくなるって本当?
クルマを購入する前に納得のいくまで試乗するための方法とは?
光岡自動車という後発メーカーの超個性的なクルマたち
自動ブレーキが搭載されたクルマは本当に安全だといえるのか?
車が走ると音楽を奏でるメロディーロードはどんな仕組みなのか?
Nシステムというナンバープレート監視装置であなたの行動が監視されています
クルマの燃費を向上させるために知っておくべき豆知識
直6エンジン(ストレートシックス)はなぜ廃れてしまったのか?
高齢者の運転を監視する「あんしん運転見守りサービス Ever Drive」とは?
車はゆっくり発進したほうが低燃費なんて真っ赤なウソかも?
1リットルの燃料で3,644km走る!?~燃費世界一に挑むエコラン
スバルはなぜ水平対向エンジンにこだわり続けるのだろうか?
ガソリンで走る電気自動車?~日産のノートe-POWERの魅力
サルでも分かるハイブリッド車の燃費がよくなる仕組み
パンクした状態で80kmもの距離を走れるランフラットタイヤとは?
電気自動車である日産リーフとガソリン車のランニングコストの差は?
洗車やワックスがけをやり過ぎるとクルマのボディには逆効果?
ドアミラーがあたり前の時代になぜタクシーだけフェンダーミラーなのか?
白地に赤い斜めの線が入った仮ナンバーってどんな車に適用される?
車で一番大切なブレーキ性能になぜみんな注目しないのか?
ディーラーの車検は民間にくらべて高いというのは本当か?
ターボ車なのに低燃費ってどういうこと?~小排気量ターボの魅力
最近のタイヤの扁平率はなぜどんどん低くなっているのか?
ディーラーは本当に一般の車販売店にくらべて親切でサービスがいいか?
自動車教習所がどんどん潰れる!~免許を取らない若者たち
初代クラウンは現在のカローラよりも小型?~大型化する現代の車
運転代行のドライバーがあなたの車で事故を起こしたらどうなる?
燃料警告灯が点灯しても車によっては100km以上の走行も可能!?
刑務所で車検が受けられる!?~実はかなりお得なんです
新車の売買契約をすると簡単にはキャンセルできませんので要注意です
日産GT-Rの車検費用が100万円もかかるって本当ですか?
激減するガソリンスタンドの影響で給油が困難になってしまう?
クルマ泥棒たちは2分~3分もあれば容易に車を盗み出します
燃料電池車が主流になる時代は本当に来るのだろうか?
自分の身を守るためにドライブレコーダーは必ず設置すべし
交通事故を起こしやすい車の色と起こしにくい車の色は?
新車が納車になるまでのあいだ下取り車はどのように扱うべきか
自動車税を納めていないとなぜ車を売却できないのか?
中古車の値段は1年ごとに30%ずつ下がっていくというのは本当か?
親が亡くなったあとに車を売るにはどんな手続きをすればいい?
年間に10万km以上走る長距離トラックの寿命は?~100万kmでも問題なく走ります
外車を普通の買取り店に持ち込んでもなぜ高く売れないのか?
新車ディーラーの営業マンと買取り店の営業マンはこんなに違う
中古車オークションは盛況でも販売店はあまり儲からない理由
車の個人売買をサポートする「カーコン・マーケット」はお得か?
ディーラーが中古車販売に本腰を入れるようになった理由とは?
中古車がよく売れる都道府県には地域特有のある理由があった?
乗用車の普及率が都道府県によって大きく違う本当の理由

地域別クルマ買取業者一覧

タイトルとURLをコピーしました