車を売るときに数十万円もお得になる賢い方法

大量の車と赤いスポーツカー
車を売るとき、気になるのはその売却価格ですよね。

実際に、車を売るために複数の買取り業者に査定をしてもらうと、車種によってはその買取り価格に数十万円の開きが出てしまうことも少なくありません。

なぜ、これほどまでに車を売るときの値段に大きな開きがでてしまうのでしょうか?

また、一番お得に車を売るにはどうしたらいいのでしょうか?

当サイトでは、少しでも自分の愛車を高く売りたいと考えている人のために、あらゆる視点から買い取り額が一番高くなる方法について解説をしてみたいと思います。

ちょっとしたことを知るだけで、数十万円も得をすることなんて、人生のなかでそうそうあるものではありませんよ。

kantansatei_300_250

1.車を売る手段にはどのようなものがあるか?

一概に車を売るといっても、さまざまな売却先があります。

そして、それらの売却先にはそれぞれメリットとデメリットがあります。

実際に、どこに車を売るとお得意なるのかを具体的に見ていきましょう。

1-1 中古車販売店に車を売るのはお得か?

中古車販売店というと、車を販売しているだけというイメージがありますが、実は車の買取りもしてくれます。

中古車を販売するためには、当然売るための車が必要になってきます。

通常はオークションや独自のルートで車を仕入れることになりますが、直接個人から買う方が、中間マージンが発生しない分中古車販売店としてもメリットがあるわけです。

では、車を売る場合には中古車販売店に持ち込めば必ず高く買い取ってくれるのかというと、そうとばかりは限りません。

それはなぜでしょうか?

中古車販売店の多くは、個人経営の小規模なところです。

小規模な会社が最も恐れるのは、在庫リスクです。

つまり、あなたが売る予定の車が将来的に売れ残ってしまうことが、一番困るわけです。

売れないままずっと展示しておくことで、時間とともに車の価値は下がっていってしまいますし、維持費もそれなりにかかります。

その結果どうなるかといいますと、人気があってすぐに売れる車以外は高く買い取らない、ということになるわけです。

その点、全国規模の大手買取り店などになると、膨大なデータによりリスク管理がしっかりとできますし、ある店で売れ残った車であっても、ニーズがあるほかの店舗に回すなどしてなんとか売ってしまうことが出来るのです。

結局、車を直接販売しているお店に持ち込んで車を売るのは、必ずしもお得になるとは限らないということになります。

これから中古車販売店に車を売ることを検討している方は、まずはネットなどの一括査定を利用するなどして、自分の車の大まかな買い取り額を把握しておくといいと思います。

1-2 最近多くなってきた買取り専門店

最近では、全国規模の買取り専門店は増えてきました。

「アップル」や「ガリバー」などの名前は誰でも一度は耳にしたことがあるでしょう。

こういった買取り専門店に車を売るほうが、ディーラーなどに下取りに出すよりも、お得に車を処分できるということが多くの人に認識されるようになってきました。

では、なぜこうした車の買取り専門店では高く買取ることができるのでしょうか?

理由はいくつかありますが、全国展開をしている業者ですと、中古車の買取りや販売に関する膨大なデータを持っています。

そしてそれらのデータをもとに、リスクを減らしながらなるべく車を高く買い取るノウハウが蓄積されているわけです。

また最近では、買取りだけではなく、自社で中古車を販売するところも多くなってきました。

一般的な中古車販売の流れとしましては、ディーラーや買取り店が引き取った車をオークションに出品し、それらを販売店が落札するわけです。

この場合ですと、エンドユーザーが手にする車の代金には、買取り店とオークション主催者と販売店のそれぞれの中間マージンが上乗せされます。

その結果として販売価格が高くなってしまったのでは、車が売れなくなってしまうので、結局は仕入れを安くするしかないわけです。

ところが、販売と買取りの両方をやっている専門業者ですと、中間マージンを省くことが出来るのです。

その結果、同じ中古車の販売価格であっても、買い取り額を高く設定できることになります。

また、買取り専門店の場合さまざまな独自ルートがあり、ディーラーでの査定がほとんどつかなかったり町の中古屋さんで引き取りを拒否されたような車でも売ることが出来る場合があります。

そのような車は、多くの場合海外に輸出されたり、部品取りの車として活用されたりするようです。

また、そうした車の買取り専門店から同時に査定をしてもらえる、以下のような一括査定サイトが人気になっているようです。

かんたん車査定ガイド
https://a-satei.com

1-3 ネットオークションを利用して車を売る

黄緑のミニカーネットオークションで車を売るというと、びっくりされる方もいるかと思います。

一般的にネットオークションで売買する商品のイメージといえば、不要になった洋服や家電品などでしょうか。

しかし、実際にYahooオークションを覗いてみるとわかりますが、多くの中古車が出品されています。

車のような高額商品をネット上だけで売買を成立させるというのも驚きですが、買う人がいるから車を売る人がいるわけですね。

確かに、ネットオークションによる個人売買であれば、中間マージンが発生しませんので、車を売るほうにも買う方にもお互いにメリットがあります。

しかし、ネットオークションによる車の個人売買には、そのようなメリットばかりではありません。

たとえネット上で売買が成立したにしても、車の場合他の商品のように梱包して宅配便で配送するというわけにはいきません。

お互いが直接あって、車を引き渡さなくてはなりません。

購入者が出向いて車を受け取りにいくか、売り手が届けてくれるかのどちらかになります。

いずれにしても、どちらか一方が帰りの交通手段を確保しなければなりません。

近場であれば、たいして手間ではないかもしれませんが、遠方での取引となると、そのための費用や時間がバカになりません。

また、ネットオークションの場合、実際に車を見ることなしに売買を成立させることになりますので、あとあとトラブルに発展するケースも多いようです。

買う側にしてみれば写真のみで車の状態を判断するわけです。

そのため、実際に車を売ったあとに予想していなかった小さな傷などがみつかったりすると、そのことを指摘されたりしてトラブルになるわけです。

また、車というのは外観だけでその価値を決めることは出来ません。

実際に乗ってみることによって、本来の車の価値が判断できるわけです。

車を売る側にすれば対して気にしていなかったようなことでも、エンジンから異音がするとか、ハンドルが取られるなどのクレームをつけられることもあり得ます。

また、ネットオークションで車を売る場合に気をつけなければならないのが、名義変更などの手続きです。

買取り業者が中間に入ってくれればそれらをすべて代行してくれますから全く問題ありませんが、個人売買の場合は自分たちで行うしかありません。

一般的には、車を買ったほうが名義変更などの手続きをしますが、たまたま売った相手がルーズな人だったりすると、手続きをしないでしばらくそのまま乗ってしまったりすることもあります。

売ったはずの車の税金の支払いを求められて、びっくりするケースも実際にあるようです。

ネットオークションでの車を売ることは、中間マージンが発生しないというメリットはありますが、それ以上のデメリットもあるということがお分かりいただけたかと思います。

1-4 知人と個人売買をする

手のひらにカギとミニカーネットオークションで車を売る場合には、さまざまなリスクがあることがお分かりいただけたかと思いますが、知人などに個人売買で車を売るケースはどうでしょうか?

ネットオークションなどのように、まったくの他人に車を売るわけではありませんから、リスク的にはだいぶ少ないといえます。

多くの場合、近隣に住む知人とやり取りをすることになると思いますので、実車も相手に見てもらうことが出来ますし試乗をさせてあげればなお安心でしょう。

そうして、お互いが納得した上で契約をすれば、トラブルになることはほとんどないといえるでしょう。

個人売買で車を売る場合は、当然ながら中間マージンが発生しませんから、価格面でのメリットがお互いにあるわけです。

ただ、個人売買をするにしても、お互いが納得する金額で取引をするために、ある程度の車の相場を把握しておく必要はあると思います。

実際に買取り店に査定をしてもらったりして、ある程度の目安を知ったうえで交渉するようにしましょう。

このように、非常にメリットの多い車の個人売買ですが、たまたま自分が車を売る予定のときに、うまく買い手が見つかるかどうかは分かりません。

唯一のデメリットとしては、相手が知人ゆえに何か問題があったときでも人間関係を壊したくないとの思いから強く主張できずに、泣き寝入りをしなければならないこともあるかも知れないということです。

また、知人へ個人売買で車を売る場合もネットオークションの時と同様に、名義変更などの手続きは自分たちで行う必要があります。

もちろん行政書士などに名義変更の代行をしてもらうことも可能ですが、当然ながら費用が発生しますので、それらの費用をどちらが負担するかなども、車を売る前に決めておくようにするといいでしょう。

2.少しでも高く車を売るためのコツ

車を売るのであれば、誰でも高く売りたいと思うことでしょう。

車を売る手段にはさまざまな方法があることはこれまでお伝えした通りですが、ここでは、買取り専門店に車を売る場合を想定して、少しでも高く売るコツについて考えてみたいと思います。

2-1 複数の車買取り店に査定をしてもらう

車を売るときの値段には定価というものがありませんので、買取り業者によって金額に大きな差が出ることがあります。

たまたまその業者の在庫がだぶついているような車種だったりすると安くなるでしょうし、品薄の車種であれば高い値段をつけることになるでしょう。

また、それぞれの業者の流通ルートなどによって得意な車種や苦手な車種があったりするものです。

そのため、車を売る前に買取り店の見積もりをいくつも比較すると、数十万円もの開きがでることがあるのです。

最近では、ネットで車の一括無料査定サービスなどもありますから、複数の買取り業者の値段を比較するのは容易です。

あるサイトでは、わずか数十秒で入力を済ませることができ、最大で10社から査定額を提示してもらうことが出来るようです。

ほんのわずかな手間で、場合によっては数十万円も高く車を売ることが出来るわけですから、利用しない手はありません。

実際に自分がお金を稼ぐことを想像してみてください。

わずか数十秒の手間で数十万円も稼ぐなんてありえないと思います。

ところが、車を売る場合においてはそういったことも普通にあり得るのです。

特に人気車種ともなれば、展示してすぐに売れてしまいますから、業者としてもギリギリまで自社の利益を減らして車を手に入れようとします。

そのため複数の業者を競わせることによって、ありえないような高値を提示してくることもあるのです。

買取り業者に車を売るときは、1社だけのいい値で売っては絶対にいけません。

自分で何店舗かお店を回るか、ネットの一括査定を利用するなどして、必ず2~3社以上から査定を受けてから車を売るようにしてください。

これは、高く車を売るためのコツというよりも、もはや常識といってもいいでしょう。

かんたん車査定ガイド
https://a-satei.com

2-2 地道に近くのお店を回って比較する

ネットを使って一括査定してもらう方法を紹介しましたが、時間のある方は地元の買取店を1件ずつ回って査定をしてもらうのもいいでしょう。

実際にその場で車を見てもらうことで、ある程度正確な査定額が分かりますし、お店の対応などの善し悪しも判断できます。

ネットですと、相手の顔が見えないために、人によっては不安になることもあるでしょう。

車という高額商品の売買をするのですから、それは人として当然の感覚です。

ただ、都会のようにある程度の距離に複数の買取り店がある場合は問題ありませんが、地方に行くと車を売るお店そのものがその地域に1店舗しかない、などということもあり得ます。

遠方まで足を運んで車の査定をしてもらっていたのでは、相当な手間と時間がかかってしまいます。

面倒くさくなって1店舗目でそのまま車を売ることを決めてしまった、などという人も少なくないようです。

しかし、面倒だとはいっても、お店によっては数十万円も買取り価格が違ってくることもあるということが現実にありますので、そこは冷静に考えなくてはいけません。

たとえば、あなたが会社からもらっているお給料を、日割りで換算してみて下さい。

30万円もらっている人であれば、月に20日働くと仮定すると1日当たり1万5千円です。

それを、あなたが車の買取り店を1日回った時の人件費として考えます。

それに、プラスしてガソリン代やその他諸々の経費が5千円とすると、人件費と合わせて約2万円です。

1日かけて買取店を回った結果が、あなたが当初車を売る予定であったお店やディーラーの査定額よりも2万円以上高くなればいいわけですね。

お店を数件回って査定額に2万円以上の差がつかない、ということはまずないと思います。

車にもよりますが、4~5万円程度は普通に違ってきますし、高額な車種ですと40万円から50万円も違ってくることもあります。

面倒くさいと思って1件目で車を売ると、これだけの金額を損する可能性があるということも、知っておいたほうがいいと思います。

逆に、お店を数件回っただけで数十万円のご褒美がもらえる可能性があると考えれば、テンションも上がるでしょう。

2-3 一番高く売れる時期に売る

カレンダーとピンクの車1年を通してみると、車を高く売ることのできる時期とそうでない時期があります。

車に限らず物の値段はなんでもそうですが、需要と供給の関係で決まります。

ということは、車も一番の需要期に売れば高く買取をしてもらえるということになります。

では、車を売るときに有利になる一番の需要期というのはいつなのでしょうか?

それは3月です。4月から新社会人となるフレッシュマンたちの需要があるために、車は3月に非常に売れやすいのです。

最初は運転が未熟なためにぶつけてしまうことも多いために、初めてのマイカーとして中古車を買う人が多いのです。

ニーズが高いということは、中古車販売店にしてみれば在庫が品薄になりやすいということです。

1年で一番売れやすい時期に在庫がなくては困りますので、お店にしてみれば多少高くても仕入れをしなくてはならなくなるのです。

また、この3月というのは、車の買い替えのタイミングの時期でもあります。

車の一番売れる3月に新規登録された車は、数年後に車検の時期を迎えます。

多くの人は、車検切れのタイミングで買い替えために車を売ることを考えます。

その結果、3月は買い替えの需要期でもあるということになるのです。

もしあなたが人気車種に乗っているとしたら、この3月に複数の買取店から査定をしてもらうことで、驚くような金額を提示されるかもしれません。

なるべく高く車を売るなら3月、ということは覚えておいて損はないと思います。

逆に、この時期を逃してしまうと、いっきに評価が下がってしまう可能性がありますので、車検が残っていてもったいないなどと思うかも知れませんが、念のため査定だけでも受けてみることをお勧めします。

おそらく、車検の残価値以上の査定額アップがのぞめることでしょう。

2-4 少しでも早く車を売る方がお得です

車というのは、日々その価値が下がっていきます。

当然のことですが、購入してからの時間も、その車の評価を決める重要な要因の一つです。

よく「何年式」とか「何年落ち」という言葉を聞いたことがあると思いますが、何年に新車登録された車なのか、あるいは新車から何年乗った車なのかという部分は、査定に大きく影響するのです。

買う側にしてみれば、少しでも新しいものを手に入れたいと思うのは当然のことですので、時間がたつにつれてどんどんニーズが減っていくわけです。

特に、マイナーチェンジやモデルチェンジのあるタイミングは微妙な時期です。

たった1か月の違いで、車を売るときの買取価格が数十万円違ってしまうこともあり得ます。

同じ年式でも、旧式となってしまうことで、さらに価値が下がってしまうのですね。

そのため、近々車を売ることを考えている人は、今自分で乗っている車のマイナーチェンジやモデルチェンジの情報は、日頃から気にかけるようにしておいた方がいいでしょう。

そして、その情報をキャッチしたならば、1日でも早く車を売る決断をすることが賢明です。

ただ、人によっては同じ車種のモデルチェンジ後の車に乗り換えたいという人もいるでしょう。

その場合の裏ワザとして、いったん今の車を売っておいて、新型が出るまでの間廃車寸前の車を数万円で買って乗り継ぐという方法もあります。

しかし、この方法はリスクも伴います。

モデルチェンジ後の新車が不人気だったりした場合、旧車が思ったほど値崩れしない場合もあるからです。

その場合は、わざわざ廃車寸前の車を乗り継いだ自分が馬鹿らしくなってしまうことでしょう。

いずれにしましても、いまあなたが乗っているその車は、日々価値が下がっているということをつねに意識し、車を売ると決心したときに少しでも早く行動することがいい結果につながることは間違いありません。

2-5 仲介業者がからまないお店をさがす

一般的に中古車が消費者の手に渡るまでには、オークションを含めていくつかの仲介業者を経由してくることが多いです。

中古車の販売価格というのはある程度の相場がありますから、複数の仲介業者がからむルートの場合ですと、自社の利益を上乗せするためにはエンドユーザーからの買取り価格を下げざるを得ません。

そのため、車を売る側にしてみれば、なるべく仲介業者の絡まないお店に売却をしたいものです。

仲介業者が介入しないルートであれば、車を売る方だけではなく、新たに買う人にとっても安く買えるというメリットがあるわけです。

たとえば、一般的な中古車の相場で120万円の車があったとします。

この車を2つの仲介業者を経由するルートで買取りをしてもらった場合、次のような感じになると思います。

買取り店に80万円で車を売る→買取り店が仲介業者Aに90万円で流す→仲介業者Aが仲介業者Bに100万円で流す→仲介業者Bが販売店に110万円で流す→販売店がお客に120万円で売る

一方、極端な例ですが、個人売買をした場合で見てみましょう。

80万円と120万円のちょうど中間である100万円で売買したとします。

すると、仲介業者が2社経由するパターンにくらべて、売る方も買う方も20万円もお得になることが分かります。

しかし、個人売買で車を売るにはリスクが伴いますし、その車に対する品質保証などもありません。

また、売買に伴う諸手続きもすべて自分たちでやらなければなりません。

お互いが得したつもりが、あとになって大きなトラブルにつながる可能性も否定できません。

そういった意味で考えますと、自社で直接買取りをして自社で直接販売もしている大手の買取り専門店のようなところを何店舗か比較して買取りをしてもらうのが一番リスクが少なくて高く車を売るコツといえるかも知れません。

その場合に、とても便利なのがネットから簡単に申し込める買取り業者の一括査定なのです。

kantansatei_300_250

車を売る前に読んでおきたいお役立ちコンテンツ

車を売るときに、事前に情報を仕入れておくのとそうでないのとでは、最終的な売却額に数十万円の差がでることがあります。

ちょっとしたコツを知っていたり知識を持っていたりするだけで、車の査定額をアップすることが可能です。

以下に紹介する車を高く売るための情報にはしっかりと目を通しておくことをおすすめいたします。

間違いだらけの車の査定額をアップする方法

車のキーを手に持つ男性車を少しでも高く売るためのテクニックとして、あまり根拠のない都市伝説的なことがけっこう信じられていたりします。

ひょっとしたら、あなたもその都市伝説を信じている一人かも知れません。

ここでは、車を売るときにやってもほとんど効果のない、間違いだらけの車の査定アップのテクニックについて解説してみたいと思います。

《続きを読む》

こんな車は高く売れません~過走行・事故車・年式が古い・改造車

商談中の男女3人中古車の価値を決定づける要因には、さまざまなものがあり、それらをトータル的に判断して買取り価格が決まるわけです。

人気車や年式の新しい車が高く売れるということは誰でもわかると思いますが、ここでは逆の発想で、どのような車だと高く売れないのか、という点にスポットを当ててみたいと思います。

また、そういった高く売れない車を、いざ自分が売るときにはどうすればいいかという点についてもアドバイスしてみたいと思います。
   

《続きを読む》

車を売る直前にできる査定アップのためのプチテクニック

ディーラーの営業マンと交渉中車が高く売れる要因としては、年式や走行距離、人気車種かどうかなどが挙げられますが、これから車を売ろうとしている人にとっては、いまさらそういった要因をどうすることもできません。

しかし、なんとか少しでも高く車を売りたいと考えているあなたのために、今からでもできる査定アップのための簡単にできるプチテクニックを伝授したいと思います。

ちょっとしたことですが、やっておくと確実に高く車を売ることができます。

《続きを読む》

買取りしてくれない車はどうするべきか?~廃車それとも乗りつぶす?

ミニクーパーの前で話す男性2人まだまだ乗れる車であっても、不人気車だったり年式が古かったりすると残念ながら買取り拒否をされてしまうことがあります。

お店に持ち込んでも買取りをしてくれない車は、どうすればいいのでしょうか?

ここでは、廃車にすることや乗りつぶすことなどを選択肢として含め、なかなか売ることのできない車の処遇について、さまざまな対策を考えてみたいと思います。

《続きを読む》

車を売るのとディーラーに下取りにだすのはどちらがお得か?

車の査定をしている女性
かつては、車を買い替える時には今の車を購入したディーラーにそのまま下取りに出すというのが常識でした。

営業マンも顔見知りですし、手続きもすべてお任せで楽だし、あえて他のお店で売る必要はないと考える人が大半だった思います。

しかし、最近ではそういった過去の常識が崩れつつあります。

ガリバーやアップルなどの買取り専門店に持ち込んだ方が、ディーラーよりも高く売ることができるというイメージを持つ人が多くなってきました。

実際のところ、ディーラーにそのまま下取りに出すのと、買取店に売るのとではどちらがお得なのでしょうか?

《続きを読む》

地域別クルマ買取業者一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする