3年落ちのワゴンRを売却するときの査定額は?~走行距離やグレード別に比較

スズキのワゴンRに乗っている方が、売却をしたり下取りに出したりするときに気になるのが査定額だと思います。

同じワゴンRであっても、業者によって査定額が大きく変わることがありますので、あとで後悔をしないようにしっかりと相場を把握しておくことが大切です。

ここでは、新車で購入したワゴンRを最初の車検のタイミングである3年落ちで売却したときにどれくらいの査定額になるのか、たくさんの事例を紹介してみたいと思います。

関連記事:ワゴンRの買取相場と査定価格を調査~5年落ちと10年落ちの場合~下取りに出す前に

1.3年落ちワゴンRの査定額に関する基本データ

3年落ちのワゴンRといっても、走行距離やグレードによって業者の評価は大きく変わってきます。

実際に走行距離とグレードの違いによって、3年落ちワゴンRの査定額がどれくらいになるのかデータで見て行くことにしましょう。

2015年に新車で購入したワゴンRを、2018年に売却することを想定しています。

1-1 FXグレードの売却額を走行距離別に比較

3年落ちのワゴンRの標準グレードであるFXを買取り専門店に売却するときの査定額を走行距離別に見ていきましょう。

  • 1万km…58万円~71万円
  • 2万km…53万円~65万円
  • 3万km…50万円~60万円
  • 4万km…47万円~57万円
  • 5万km…45万円~55万円
  • 6万km…43万円~52万円
  • 1-2 FZグレードの査定額を走行距離別に比較

    こちらは同じく3年落ちのワゴンRの上位グレードであるFZを売却するときの、走行距離別の査定額になります。

  • 1万km…78万円~95万円
  • 2万km…72万円~88万円
  • 3万km…68万円~83万円
  • 4万km…65万円~80万円
  • 5万km…63万円~77万円
  • 6万km…61万円~75万円
  • 同じ3年落ちのワゴンRであっても、クルマの状態や業者によって査定額は大きく変わります。

    あなたのワゴンRをなるべく高く売りたいとお考えであれば、以下のような一括査定サイトを利用してみるといいでしょう。

    かんたん車査定ガイド
    https://a-satei.com

    2.3年落ちのワゴンRを実際に売却したときの事例

    先に紹介した3年落ちワゴンRの走行距離別の査定額は、あくまでも目安となります。

    実際にクルマを売却するときには、さまざまな条件によって業者の提示額は変わってきます。

    3年落ちのワゴンRがどれくらいで売れるのかをイメージするためには、実際の売却事例を見ていただくのが一番かと思います。

    2-1 査定額が高かった事例と低かった事例を比較してみましょう

    3年落ちのワゴンRであっても、実際の査定額には大きな差が生じることがあるということを、実際の事例で紹介してみたいと思います。

    査定額の高かった事例:走行距離9千kmの2015年式ワゴンR(FZ)が93万円

    こちらの事例は、ワゴンRの上位グレードであるFZを、3年落ちで売却したときのものです。

    走行距離はわずか9千kmで、3年落ちのワゴンRとしては非常に少ないといえます。

    査定を受けた地域は大阪で、過去に修復歴などのマイナス要因はありません。

    装備的にも、ワンセグナビや純正アルミホイールなど充実しています。

    このワゴンRを買取り専門店4社に査定を依頼したところ、93万円、90万円、85万円、82万円という結果になりました。

    走行距離が1万km未満であることから各社とも高額な査定となっていますが、同じクルマであるにもかかわらず、高い業者と安い業者で10万円以上の差が生じています。

    少しでも高く売るためには、複数の業者を比較することはとても大切であるといえます。

    査定額の低かった事例:3年落ちで7万km走行のFXが46万円

    こちらは、2015年式ワゴンRのFXグレードを2018年に3年落ちで査定を受けたときの事例です。

    このワゴンRはレンタカーとして使用されていたクルマのため、3年落ちにもかかわらず走行距離は7万kmにもなってしまっています。

    装備的にはナビやアイドリングストップなどが装着されており、充実しています。

    このレンタカー落ちワゴンRを2社で査定をしてもらったところ、46万円、40万円という結果になりました。

    3年落ちのワゴンRではありますが、レンタカーとして不特定多数の人に利用されていたことや、走行距離が7万kmと伸びてしまっていることなどにより、査定額はやや厳しいものとなっています。

    2-2 走行距離の違いで査定額がどれだけ違ってくるのかを事例で比較

    同じ年式のクルマであっても、走行距離の違いによって実際の査定額は大きく変わってきます。

    同じ3年落ちのワゴンRであっても、走行距離の違いで査定額がどれくらい変わってしまうのかを、実際の売却事例で見てみたいと思います。

    グレードはすべてFXで統一しています。

    走行距離が少ない場合:6千km走行の2015年式ワゴンRの買取額が72万円

    こちらの事例は、2015年式ワゴンRのFXグレードを、3年落ちで買取り専門店に売却をしたときのものです。

    走行距離は、3年落ちとしては非常に少なく、わずか6千kmしか走っていません。

    装備的には、アイドリングストップは装備されていますが、ナビは未装着となっています。

    査定を受けた地域は、奈良県になります。

    この走行距離が非常に少ないワゴンRのFXを3社で査定をしてもらった結果、72万円、70万円、65万円という提示額になりました。

    一番高い業者と安い業者で7万円の差となっていますが、3年落ちのFXグレードが72万円で売却できれば特に不満はないといえます。

    走行距離が標準的な場合:3万2千km走行のFXの査定額が63万円

    こちらは、走行距離が3万2千kmと、3年落ちのワゴンRとしてはほぼ標準的といえる事例の紹介です。

    グレードは先ほどの事例と同じくFXになります。

    売却地は群馬県で、修復歴などの大きなマイナス要因はありません。

    装備的には、メモリーナビ、ETC、オートエアコンなど充実しているといえるでしょう。

    この標準的な走行距離の3年落ちワゴンRを4社の買取専門店が査定をしたところ、63万円、60万円、55万円、54万円という結果になりました。

    一番高い業者と安い業者で、9万円の差が生じています。

    3年落ちで走行距離3万2千kmのFXグレードが63万円で売却できるのであれば、十分に満足できる結果ではないかと思います。

    走行距離が多い場合:6万3千km走行の3年落ちワゴンRが50万円

    こちらは、3年落ちのワゴンRとしては、走行距離が6万3千kmとかなり伸びてしまっている車両の事例になります。

    グレードは、先の2つの事例と同様に標準グレードのFXとなります。

    社外品ではありますが、ナビやアルミホイールなどが装備されており、タイヤも交換したばかりでほぼ新品の状態です。

    この走行距離が6万3千kmのワゴンRを、3社の業者に査定をしてもらった結果、50万円、45万円、45万円という結果になりました。

    2社が45万円を提示しているのに対して、1社が50万円を提示してくれたことで、結果的に5万円高く売ることができています。

    2-3 3年落ちワゴンRの売却額はグレードでどう変わるか

    ワゴンRに限らず、クルマにはそれぞれグレードがあり、販売価格が異なります。

    上位グレードと廉価グレードでは新車価格に差がありますので、クルマを売却するときの査定額にもグレードの違いが大きく影響することになります。

    実際に3年落ちワゴンRの査定額がグレードの違いでどれくらい変わるのか、事例をもとにみていくことにしましょう。

    上位グレードであるFZの4WDの査定額が83万円

    この事例は、2015年式ワゴンRの上位グレードであるFZの4WDモデルを、2018年に3年落ちで売却したときのものです。

    走行距離はほぼ3万kmとなっており、3年落ちのクルマとしてはほぼ標準的といえます。

    装備的には、Sエネチャージ、スマートキーなどを装着していますが、ナビは取り付けられていません。

    この3年落ちワゴンRのFZグレードを、5社の車買取店が実際に査定をしたところ、83万円、80万円、75万円、70万円という見積額になりました。

    4WDということもあり、一番高い業者は83万円という高額な提示をしています。

    その一方で、70万円という低めの提示をしている業者もいますので、複数の業者に査定を受けることは、とても重要だといえます。

    廉価グレードであるFAの4WDの売却額が走行距離3万3千kmで65万円

    こちらの事例は前の事例と同じくワゴンRの4WDになりますが、グレードはベーシックなFAとなります。

    2015年登録の車両を2018年に3年落ちで売却したときのものです。

    走行距離は3万3千kmと3年落ちとしてはほぼ標準的で、装備的にはワンセグナビが取り付けられています。

    このベーシックグレードの3年落ちワゴンRを3社に査定をしてもらったところ、65万円、60万円、48万円という結果になりました。

    一番高い業者と安い業者で、17万円も差があります。

    3社を比較したことで、たまたま65万円の提示をしてくれる業者がありましたが、もし48万円を提示した1社だけにしか依頼をしていなかったら、17万円も損をするところでした。

    やはり、複数の業者を比較することは、とても大切だといえそうです。

    kuruma0044

    >>無料で一括査定はこちら<<

    スズキワゴンRの公式サイト
    http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/