ヴェルファイアの5年落ち~10年落ちの買取価格と査定の相場を比較~下取りよりも有利?

トヨタのヴェルファイアは、日本を代表する高級ミニバンで、高額な車であるにもかかわらず新車、中古車ともに非常によく売れている車種です。

同じプラットフォームを使用する姉妹車であるアルファードとともに、圧倒的な存在感を保ち続けているのがヴェルファイアの特徴です。

このように、非常に人気のあるヴェルファイアですから、当然ながらリセールバリューも高く中古車市場でも引っ張りだこな状態です。

ここでは、年式や走行距離などの条件で比較した場合、ヴェルファイアをどのくらいの値段で売ることができるのかについて、5年落ちと10年落ちの実例をもとに紹介してみたいと思います。

関連記事:3年落ちのヴェルファイアはいくらで売れるか?~査定額を走行距離やグレード別に比較

関連記事:7年落ちのヴェルファイアを高く売るたに査定相場をチェック~買取店での売却事例

※姉妹車であるアルファードの査定相場に関しては以下のページをご覧ください。

参考:アルファードの買取り価格や査定額は5年落ちと7年落ちでいくらになるか?
     

このページの目次

1.ヴェルファイアの下取りと車買取店の査定額に関する基本情報

まず、ヴェルファイアの査定額に関する基本でデータとして、2018年時点における下取り額の目安と買取り専門店での相場の目安を紹介してみたいと思います。

1-1 下取りにだすときの2018年の相場

5年落ちと10年落ちのヴェルファイアを下取りにだすときの、走行距離別の相場を一覧にしてまとめています。

グレードは10年落ちが2.4Vで、5年落ちが2.4G’sになります。

10年落ちヴェルファイア2.4Vの下取り相場

2008年式のヴェルファイア2.4Vを、2018年に下取りに出すときの相場の目安になります。

  • 5万km…90万円~120万円
  • 6万km…84万円~113万円
  • 7万km…81万円~106万円
  • 8万km…76万円~100万円
  • 9万km…73万円~97万円
  • 10万km…69万円~92万円
  • 11万km…67万円~90万円
  • 12万km…65万円~86万円

5年落ち2.4G’s の走行距離別下取り額

2013年式の2.4G’sを下取りに出すときの査定額の目安になります。

  • 2万km…210万円~280万円
  • 3万km…196万円~261万円
  • 4万km…187万円~250万円
  • 5万km…180万円~240万円
  • 6万km…174万円~232万円
  • 7万km…169万円~225万円
  • 8万km…164万円~220万円

2-1 ヴェルファイアの車買取り店での年式別査定額

こちらは下取りではなく、ヴェルファイアを一括査定サイト経由で車買取専門店に査定をしてもらうときの目安の金額となります。

10年落ちヴェルファイア2.4Vの買取専門店での相場

2008年式のヴェルファイア2.4Vを、2018年に買取り専門店に出すときの相場の目安になります。

  • 5万km…110万円~147万円
  • 6万km…106万円~140万円
  • 7万km…101万円~135万円
  • 8万km…98万円~130万円
  • 9万km…94万円~126万円
  • 10万km…91万円~121万円
  • 11万km…89万円~118万円
  • 12万km…86万円~115万円

5年落ち2.4G’s の走行距離別の買取専門店での相場

2013年式の2.4G’sを買取り専門店に売却するときの査定額の目安になります。

  • 2万km…234万円~312万円
  • 3万km…220万円~294万円
  • 4万km…211万円~282万円
  • 5万km…204万円~272万円
  • 6万km…198万円~265万円
  • 7万km…193万円~258万円
  • 8万km…189万円~252万円

一般の車種であれば、9年落ちや10年落ちになると一気に査定額が下がってしまうことが多いですが、ヴェルファイアの場合は例外で、10年落ちでも普通に100万円以上で売却することができます。

一覧表をご覧になってお分かりになると思いますが、まったく同じ条件のヴェルファイアでも、業者の提示する査定額には大きな差が生じます。

1社だけの査定で、業者の言いなりの安い値段で売却してしまと思った以上の損をしてしまうことがあります。

以下のような一括サイトを利用して相場の最高値を提示する業者を探してみるといいでしょう。

かんたん車査定ガイド(無料)
https://a-satei.com

2. 5年落ちのヴェルファイアはどのくらいで売れる?

ヴェルファイアは人気のある車ですので、5年落ち程度で大きく価値が下がってしまうということはありません。

実際に5年落ちヴェルファイアがどのくらいの値段で売れるのか、さまざまな条件をもとに買取りの実例をとりあげて比較をしてみたいと思います。

2-1 同じ5年落ちでヴェルファイアの査定額がどう違うかを比較

5年落ちのヴェルファイアといっても、グレードや状態、走行距離などによって査定額は大きく異なってきます。

ここでは、実際に5年落ちヴェルファイアの査定額が、特に高かった事例と低かった事例を取り上げて、比較してみたいと思います。

・高い場合~グレード3.5V(Lエディション)が335万円の買取り価格

こちらは、5年落ちのヴェルファイアのなかでも買取り価格が特に高かった事例になります。

グレードは最上級グレードである3.5V_Lエディションの2013年式で、5年落ちとなる2018年に京都府で売却されました。

走行距離は5年落ちとしては非常に少なく、わずか2万3千kmしか走っていません。

このヴェルファイアを一括査定サイト経由で5社の買取り専門店が査定をしたところ、高い順から335万円、310万円、305万円、283万円、278万円という結果になりました。

走行距離が少ない最上級グレードの3.5VのLエディションではありますが、5年落ちにもかかわらず335万円の査定額を提示している業者があるのは驚きです。

一番高い業者と一番安い業者の差額が57万円もありますので、複数の買取り店の査定額を比較してから売却することはとても重要だといえます。

・安い場合~12万kmを走行したヴェルファイアが128万円の査定額に

こちらは、5年落ちのヴェルファイアとしては、特に査定額が低かった事例となります。

グレードは2013年式の2.4X(4WD)で、2018年に大阪府で査定を受けています。

装備的にもアルパインの9インチSDナビ&バックカメラ、後部座席モニター、両側パワースライドドアなどかなり充実しています。

ただし、走行距離は12万1千kmと、5年落ちとしてはかなりの過走行となっています。

このヴェルファイアを4社の買取り店が査定をした結果、128万円、115万円、112万円、108万円、105万円という提示額になりました。

一番高い業者でも128万円と、5年落ちのヴェルファイアにしては低い数字となっています。

やはりベーシックグレードの2.4Xである点と、走行距離が12万kmオーバーとなっている点が大きなマイナスポイントになっていると思われます。

逆に言うと、ヴェルファイアだからこそ、これだけの過走行でも128万円の査定額になったということもいえそうです。

2-2 走行距離の違いでヴェルファイアの査定額を比較してみましょう

走行距離は、クルマの査定をする際の重要な判断材料となります。

ここでは、5年落ちのヴェルファイアの査定額が、走行距離によってどれくらい違ってくるのかを、実例をもとに比較してみましょう。

・走行距離が少ない場合~1万5千kmの2.4Zゴールデンアイズが245万円

こちらは、走行距離が1万5千kmと、5年落ちとしては非常に少ないヴェルファイアの買取り事例です。

グレードは2013年式の2.4Zゴールデンアイズで、2018年に5年落ちのタイミングで売却をしています。

装備的には、アルパイン製の9インチナビ&バックモニター、サンルーフなど充実している車両になります。

この走行距離の非常に少ない5年落ちヴェルファイアを車買取店4社に見積もりしてもらったところ、245万円、232万円、210万円、200万円という金額が提示されました。

2013年当時の2.4Zゴールデンアイズの新車価格は367万円でしたから、5年落ちで245万円の査定額というのは十分に満足すべき数字といえます。

やはり、走行距離が1万5千kmと非常に少ない点が評価されたのだと思います。

また、高い業者と安い業者の差が45万円もありますので、売却する前に複数の業者を比較することはとても重要です。

複数の業者に同時に査定をしてもらうには、以下のような一括査定サイトを利用してみるといいでしょう。

最大10社に45秒で無料一括査定

・平均的な走行距離の場合~4万9千kmのヴェルファイアが225万円の買取額

こちらは、5年落ちとしてはほぼ標準的ともいえる、4万9千kmを走行したヴェルファイアの査定を受けたときの事例になります。

グレードは2013年に登録された2.4Zゴールデンアイズで、2018年に埼玉県で査定を受けています。

SDナビやバックカメラ、後席モニター、HIDヘッドライトなど、ヴェルファイアとしては当然ともいえる充実装備となっています。

このヴェルファイアを一括査定サイト経由で6社が査定をしたところ、高い順から225万円、218万円、210万円、200万円、200万円、193万円という結果になりました。

走行距離が約5万kmの5年落ちヴェルファイアの査定額としては、ほぼ標準的な結果といっていいと思います。

・走行距離が伸びている場合~5年落ち10万kmでも185万円の評価

こちらの事例は、走行距離が9万9千kmと5年落ちとしてはかなり走り込んでいるヴェルファイアのものになります。

グレードは、先ほどの2つの事例と同様に2.4Zゴールデンアイズで、2013年に登録した車両を2018年に千葉県で売却しています。

装備的には、純正HDDナビ、フリップダウンモニター、Wサンルーフ、両側パワースライドドア、パワーバックドアなど非常に充実しています。

この走行距離が伸びているヴェルファイアを5社で査定をした結果、185万円、176万円、175万円、170万円、165万円という提示額になりました。

装備が非常に充実しているヴェルファイアではありますが、5年落ちにもかかわらず走行距離がほぼ10万kmということを考えた場合、185万円の査定額であればとくに不満はないと思います。

2-3 グレードの違いでヴェルファイアの買取り額はどれほどの金額差になるか

ヴェルファイアは、廉価グレードで最上級グレードでは新車価格に200万円ほどの差がありますので、同じ5年落ちであっても売却をするときの査定額に大きな差が生じることになります。

ここでは、5年落ちのヴェルファイアの査定を受けるときに、グレードの違いによってどれくらいの価格差になるのか事例をもとに見ていきたいと思います。

・ベーシックグレードの5年落ち2.4Xの買取り価格が142万円

こちらは、ヴェルファイアのベーシックグレードである2.4Xを売却したときの事例になります。

2013年に登録した車両を、5年落ちとなる2018年に岐阜県で売却しています。

走行距離は5万1千kmと、5年落ちのクルマとしてはほぼ標準的です。

ベーシックグレードではありますが、さまざまなオプションを装着しており、ナビ、バックカメラ、後席用フリップダウンモニター、両側電動スライドドア、HIDヘッドライトなど充実しています。

このヴェルファイア2.4Xを3社買の取専門店に査定してもらったところ、142万円、135万円、128万円という結果になりました。

ベーシックグレードの2.4Xではありますが、装備的には充実していますし、走行距離も5年落ちとしては標準的であることなどを考えると、やや低い結果となってしまったようです。

今回の事例では3社しか比較していませんが、もう少し比較する業者の数を増やしていれば、査定額の上乗せが期待できたかも知れません。

・上位グレードである3.5VのLエディション4WDの査定額が252万円

こちらは、ヴェルファイアの上位グレードである3.5VのLエディション4WDを、岐阜県で査定を受けたときの事例になります。

走行距離は4万6千kmと、5年落ちとしては標準的かやや少ないといったところです。

ヴェルファイアの上級グレードである3.5VのLエディションですから、装備的にはほぼフル装備といえるほど充実しており、シートも本革仕様となっています。

この上級グレードのヴェルファイアを一括査定サイト経由で5社が査定をしたところ、高い順に252万円、245万円、242万円、235万円、224万円という結果になりました。

2013年式の3.5V Lエディション4WDの新車価格は478万円となっていますので、5年落ちで走行距離が4万7千kmであれば、もう少し高い査定額が提示されてもいいような気がします。

ボディの状態があまり良くなかったのかも知れません。

3.10年落ちのヴェルファイアの買取相場は?

ここまで、5年落ちヴェルファイアの買取り相場についてみてきましたが、さらに古いヴェルファイアについても見ていきたいと思います。

ヴェルファイアは高級ミニバンとして非常に高い人気を保っていますので、年式が古くなっても他の車種のように買取り相場が一気に下がるということはありません

ここでは、一般的に査定額が厳しくなるといわれている10年落ちにスポットをあてて、ヴェルファイアの買取り価格についてみていきたいと思います。

3-1 10年落ちのヴェルファイアの査定額が高い事例と低い事例

一般のクルマであれば、10年落ちともなれば、一気に査定額が落ちてしまって、場合によっては廃車も視野に入れなければならなくなります。

しかし、ヴェルファイアは人気車種ですから、10年落ちであっても大きく値崩れすることはなく100万円以上の査定額になることが普通にあります。

ここでは、実際に10年落ちのヴェルファイアの査定額が、高かった事例と低かった事例を見ていくことにしましょう。

・高い場合の事例~10年落ちの3.5Z Lエディションが240万円

こちらは、10年落ち(2008年式)のヴェルファイアの査定額が特に高かった事例となります。

グレードは、最上級グレードの3.5V Lエディションの4WDで、査定を受けた地域は北海道です。

走行距離は、5万3千kmと非常に少なくなっており、10年落ちであるにもかかわらずワンオーナーカーとなっています。

ワンオーナーカーの場合、査定額が高くなる傾向があります。

参考記事:ワンオーナーのクルマはなぜ買取り価格が高くなるのでしょうか?
      

装備は非常に充実しており、HDDナビ&DVDのモニターは全部で4カ所に設置されています。

また、20インチのアルミホイールを装着したローダウン仕様となっています。

この10年落ちヴェルファイアを4社の買取り専門店が査定をした結果、高い順から240万円、195万円、182万円、155万円という提示になりました。

10年落ちにもかかわらず240万円の査定額には驚かされますが、一番安い業者との差額は85万円もあります。

今回のヴェルファイアはローダウンされたカスタム仕様のため、業者によって評価が大きく分かれることになったようです。

カスタムカーは、高く評価してくれるところと、まったく評価してくれないところがありますので、1社でも多くの業者に査定をしてもらって比較をすることが大切です。

参考記事:カスタムカーはマイナス査定になります~高く売るにはどうするか?
          

・安い場合の事例~20万kmオーバーの3.5Z_Gエディションが63万円

こちらは、10年落ちヴェルファイアのなかでも、特に買取り価格が安かった事例の紹介になります。

グレードは、2008年式3.5Z_Gエディションの4WDですので、ヴェルファイアのなかでもかなりの上位グレードということになります。

ただ、走行距離は21万5千kmと、かなりの過走行状態といえます。

10年落ちでこの走行距離だと、他の車種であれば普通に廃車を検討することになるでしょう。

このヴェルファイアを一括査定サイト経由で5社が査定をしたところ、63万円、55万円、53万円、50万円、45万円という結果になりました。

10年落ちで、なおかつ走行距離が20万kmをオーバーしていても、63万円という評価をしてもらえるのがヴェルファイアというクルマです。

3-2 10年落ちヴェルファイアの査定額を走行距離で比較

10年落ちでヴェルファイアを売るときに、走行距離でどれだけの差がでるのでしょうか?

ここでは、走行距離が少ない場合、多い場合、標準的な走行距離の3つの事例を比較してみたいと思います。

・走行距離が少ない場合~10年落ち2万6千kmで197万円の提示額

こちらは、走行距離が10年落ちとしては2万6千kmと非常に少ないヴェルファイアを、2018年に売却事例になります。

売却地は埼玉県で、ワンオーナーカーとなります。

グレードは最上位グレードである3.5VのLエディションになります。

ツインナビや18スピーカーのプレミアムサウンドなど、装備も充実しています。

また、このヴェルファイアは禁煙&土足厳禁仕様となっている点もプラス材料です。

このヴェルファイアを7社が査定をしたところ、高い順から197万円、185万円、178万円、160万円、155万円、153万円、145万円という結果になりました。

10年落ちにもかかわらず、197万円という高い買取り価格を提示する業者がいることにびっくりです。

やはり、10年落ちとしては2万6千kmと走行距離が圧倒的に少ない点や、土足厳禁のワンオーナーカーとして大切に乗られてきたことなどが高く評価されたのでしょう。

・標準的な走行距離の場合~9万4千kmの3.5Z(4WD)の買取価格が145万円

こちらは、10年落ちとしては走行距離が9万4千kmとほぼ標準的なヴェルファイアの査定を受けたときの事例になります。

売却地は北海道で、グレードは2008年式の3.5Zになります。

純正のHDDナビや20インチアルミホールなど装備的にも充実です。

この10年落ちのヴェルファイアを4業者で査定を受けたところ、145万円、132万円、120万円、115万円という金額が提示されました。

10年落ちで走行距離が9万4千kmのヴェルファイアに対して145万円の提示であれば、十分に満足な結果といえるのではないでしょうか。

・走行距離が多い場合~17万6千km走行の3.5Zの査定額が80万円

こちらは、走行距離が17万6千kmとかなりの距離を走っている、2008年式で10年落ちヴェルファイアの買取り事例になります。

売却地は愛知県で、グレードは3.5Zの4WDとなります。

HDDナビ、フルセグチューナー、バックモニター、両側パワースライドドアなど、ヴェルファイアとしては当然ともいえる充実装備です。

この過走行状態の10年落ちヴェルファイアに対して、4社の買取り専門店が見積もりをしたところ、80万円、75万円、72万円、65万円という提示額になりました。

17万6千kmとかなり走行距離が伸びてしまっている10年落ちのヴェルファイアであっても、80万円で売却できるということがお分かりになるかと思います。

3-3 10年落ちヴェルファイアのグレードによる買取り価格の違い

ヴェルファイアは、装備によるグレードの違いだけではなく、排気量によってもグレード分けされています。

ここでは、ベーシックグレードと上位グレードのヴェルファイアを、10年落ちで売却したときにどれくらいの差額になるのか、事例をもとに見ていきたいと思います。

・ベーシックグレードの2.4Xが10万5千km走行で82万円の査定額

こちらは、ヴェルファイアのベーシックグレードである2.4Xを、2018年に神奈川県で売却したときの事例です。

走行距離的には10万5千kmと、10年落ちのクルマとしては可もなく不可もなしといった状態です。

ベーシックグレードではありますが、純正ナビやバックカメラ、オートスライドドアなどの装備は充実しています。

このヴェルファイア2.4Xを6社の買取り店で査定をしてもらったところ、82万円、80万円、77万円、75万円、70万円、70万円という提示になりました。

一番高い業者で82万円と100万円には届きませんでしたが、10年落ちのベーシックグレードである点を考えれば十分な結果だと思います。

・上位グレードの3.5Z_Gエディション10年落ちの売却額が155万円

こちらはヴェルファイアの上位グレードである3.5Z_Gエディションの4WDを、2018年に10年落ちで売却したときの事例です。

走行距離は9万6千kmと、10年落ちとしはほぼ標準的といえます。

装備的にはフル装備といってもいいほどの充実ぶりで、18スピーカーのプレミアムサウンド、HDDナビ、後席モニター、19インチのアルミホイール、両側パワースライドドア、パワーバックドアなどが装着されています。

この上位グレードのヴェルファイアを3社に査定をしてもらった結果、155万円、132万円、124万円という提示額になりました。

10年落ちであるにもかかわらず、150万円オーバーで売却できたわけですから、十分な結果といえそうです。

ただし、一番安い業者の提示額は124万円となっていますので、売却する前に複数の買取り店に査定をしてもらって比較することはとても大切です。

>>無料で一括査定はこちら<<

トヨタヴェルファイアの公式サイト
https://toyota.jp/vellfire/

大手買取り専門店
参考:ガリバー  カーセブン