プリウスの買取り相場と査定価格~5年落ちと10年落ちの事例でみる下取りとの比較

プリウスといえば、ハイブリッド車の代表格的な車です。

燃費の良さはもちろん、静粛性や耐久性など、さまざまな面で評価され、押しも押されぬ人気車種となっています。

中古車としての人気も非常に高く、それなりの高い水準の相場を維持しています。

また、プリウスのドライバーは運転が丁寧な傾向があるので、中古車として車両の状態が良好なものが多いようです。

しかし、さまざまな車種でハイブリッドモデルが出ている昨今、プリウスの独占的なポジションも今後は徐々に弱まっていくことになるかも知れません。

「プリウスを高く売る」ということだけにフォーカスするなら、他のハイブリッドモデルに押されぬ前に早めの売却が吉となるかも知れません。

ここでは、プリウスを買い取り業者に出す際に、相場の参考となる買取り事例を5年落ちと10年落ちを中心に紹介していきます。

関連記事:7年落ちのプリウスを査定相場はどれくらい?~買取店での売却額を条件別に比較

※姉妹車であるプリウスα(アルファ)の買取相場に関しては以下のページをご覧ください。

参考記事:プリウスαを下取りにだすときの査定相場や買取価格を5年落ちと7年落ちで比較

このページの目次

1.プリウスの下取り額と買取り価格に関する基本情報

まず、プリウスの下取り額と買取り価格のデータを一覧にしてみましょう。

プリウスのGツーリングセレクションを5年落ちと10年落ちで手放すときの相場の目安を下取りと買取店への売却に分けて紹介してみたいと思います。

1-1 プリウスを下取りにだすときの2018年の相場

5年落ちと10年落ちのプリウスのGツーリングセレクションを下取りにだすときの、走行距離別の相場を一覧にしてまとめています。

10年落ちプリウスの下取り相場

2008年式のプリウスGツーリングセレクションを、2018年に下取りに出すときの相場の目安になります。

  • 5万km…25万円~33万円
  • 6万km…22万円~29万円
  • 7万km…19万円~25万円
  • 8万km…17万円~22万円
  • 9万km…15万円~19万円
  • 10万km…13万円~17万円
  • 11万km…11万円~14万円
  • 12万km…9万円~12万円

5年落ちプリウスGツーリングセレクションの走行距離別下取り額

2013年式のプリウスGツーリングセレクションを下取りに出すときの査定額の目安になります。

  • 2万km…112万円~148万円
  • 3万km…105万円~140万円
  • 4万km…100万円~134万円
  • 5万km…96万円~128万円
  • 6万km…94万円~125万円
  • 7万km…91万円~121万円
  • 8万km…89万円~118万円

2-1 プリウスを車買取り店に売るときの走行距離別の査定額

こちらは下取りではなく、10年落ちと5年落ちのプリウスGツーリングセレクションを一括査定サイト経由で車買取専門店に査定をしてもらうときの相場になります。

10年落ちプリウスを買取専門店に売るときの相場

2008年式のプリウスGセレクションを、2018年に買取り専門店に売却するときの走行距離別の相場の目安になります。

  • 5万km…32万円~43万円
  • 6万km…29万円~39万円
  • 7万km…27万円~36万円
  • 8万km…24万円~32万円
  • 9万km…22万円~30万円
  • 10万km…20万円~27万円
  • 11万km…18万円~25万円
  • 12万km…17万円~23万円

5年落ちGツーリングセレクションを買取専門店で査定を受けるときの相場

2013年式のプリウスGツーリングセレクションを買取り専門店に2018年に売却するときの、走行距離別の買取り価格の目安になります。

  • 2万km…120万円~160万円
  • 3万km…112万円~150万円
  • 4万km…108万円~144万円
  • 5万km…104万円~140万円
  • 6万km…100万円~135万円
  • 7万km…98万円~130万円
  • 8万km…96万円~128万円

同じ年式で同じ走行距離のプリウスであっても、表のように業者間で買取価格に大きな差があることがお分かりになるかと思います。

1社だけの査定額で売却をしてしまうのは非常に危険であるといえます。

あなたのプリウスを最高値で売るためには、以下のような一括査定サイトで複数の業者の査定額を比較してみることをおススメします。

かんたん車査定ガイド(無料)
https://a-satei.com

2.5年落ちのプリウスはどのくらいの価格で売れるのか?

クルマを売ることを考えるとき、2回目の車検が切れる5年が一つの節目になることでしょう。

あなたのプリウスを5年乗って売却した場合どれくらいで売れるのか、実際の買取り事例を見ながらさまざまな条件別に相場について考えていきましょう。

2-1 プリウスの実際の査定額が高い事例と低い事例を比較

同じ5年落ちプリウスでも、買取り業者によって査定額には大きな差が生じますし、走行距離などの条件によっても相場は大きく変わります。

ここでは、5年落ちプリウスの査定額が特に高い場合と低い場合の事例を比較しつつ、相場について考えることにしましょう。

・高い場合の事例~走行距離2万4千kmのG’sの査定額が181万円

こちらは、5年落ちのプリウスのなかでも、特に査定額が高かった事例になります。

グレードは、プリウスの特別限定車であるSツーリングセレクションG’s(ジーズ)で、2018年に兵庫県で査定を受けています。

走行距離は2万4千kmとなっており、5年落ちのクルマの標準的な走行距離の約半分です。

G’s特有のエアロパーツや純正18インチアルミホイールは当然のこと、メモリーナビTVやバックカメラなど装備的には充実しています。

このプリウスSツーリングセレクションG’sを、一括査定サイトを経由して4社の買取り専門店に査定を受けた結果、181万円、170万円、162万円、155万円という見積額になりました。

5年落ちにもかかわらず、一番高い業者の提示額は180万円オーバーとなっています。

やはり、人気グレードであるG’sで、なおかつ走行距離がかなり少ない点が高く評価されたのでしょう。

・安い場合の事例~修復歴のある1.8Sの見積もり額が42万円

こちらは、5年落ちプリウスのなかでも特に買取り価格が低かった事例になります。

グレードは2013年式の1.8Sで、京都府で査定を受けています。

走行距離は9万7千kmと、5年落ちにしてはかなりの過走行車ということになります。

また、このプリウスは査定時に「修復歴あり」との判断をされています。

「修復歴あり」というのは、いわゆる事故車のことで、過去にフレームなどに影響をあたえるような事故を起こしている車両ということになります。

こうした「修復歴あり」のクルマ(事故車)の場合、きれいに修復をしてあったとしても査定額は相場よりも30%ほど低くなるといわれています。

このプリウスを5社に査定をしてもらったところ、高い順から42万円、35万円、32万円、32万円、30万円という結果になりました。

やはり、5年落ちにもかかわらず走行距離が10万km近いということと、「修復歴あり」ということで査定額は相場よりもかなり低いものになってしまったようです。

2-2 走行距離の違いで5年落ちプリウスの買取価格を比較

クルマの査定において走行距離は重要です。

同じ年式や状態のクルマであっても、過走行だとどうしても査定は厳しくなってしまいます

ここでは、5年落ちプリウスの走行距離が少ない場合と多い場合を比較して、買取り価格にどれくらいの差が出るのかについてみていくことにしましょう。

・走行距離が少ない場合:1万2千km走行の5年落ち1.8Gが130万円

こちらの事例は、走行距離が1万2千kmと5年落ちとしては非常に少ないプリウスを北海道で売却したときのものです。

グレードは、2013年式の1.8Gで、修復歴などはありません。

もともと装備の充実しているGグレードですが、ナビやバックモニターに加えて、寒い北海道らしく離れた所からエンジンをスタートさせることができるエンジンスターターなども装着されています。

このプリウスを車買取専門店3社が査定をしたところ、130万円、126万円、115万円という結果になりました。

今回は3社での査定でしたが、走行距離が非常に少ないプリウスなので、5社以上で比較をするともう少し上乗せになった可能性があります

・年式相応の走行距離の場合:5万km走行のプリウス1.8Gの査定が115万円

こちらは、走行距離が5万kmと5年落ちとしてはほぼ年式相応のプリウスを売却したときの事例になります。

グレードは2013年式の1.8Gで、埼玉県で査定を受けています。

カロッツェリアのメモリーナビやディスチャージヘッドライトなどが装備されており、ボディにも目立つようなキズはありません。

このプリウスを一括査定サイト経由で6社に見もらったところ、115万円、112万円、105万円、105万円、103万円、100万円という買取り額の提示になりました。

5年落ちで走行距離が標準的なプリウスとしては、可もなく不可もなしといったところでしょうか。

ただ、一番高い業者と一番安い業者で15万円の差が生じていますので、6社を比較した意味は十分にあったといえます。

・過走行の場合:15万kmオーバーの2013年式プリウスを52万円で買取り

こちらは、走行距離が15万3千kmと、5年落ちにしてはかなりの距離を走っている過走行車を長崎県で売却をしたときの事例です。

グレードは2013年式の1.8Gで、修復歴などはありません。

フルセグ、DVDビデオ、ETC、バックカメラといった装備はひと通り装着されています。

こちらのプリウスを4社に査定してもらった結果、高い順から52万円、45万円、43万円、40万円という提示になりました。

一番高い業者でも52万円と、5年落ちのプリウスとしては非常に低い提示額になっています。

やはり、15万kmオーバーの走行距離が大きくマイナスとなっているようです。

2-3 5年落ちプリウスの買取り価格をグレード別に比較

プリウスには特別限定車を含めていくつかのグレードが存在します。

そして、そのグレードの違いによっても売却時の査定額は大きく変わってくることになります。

ここでは、5年落ちプリウスの買取り価格がグレードの違いによってどれくらい変わるのかを見ていきたいと思います。

・上級グレードの1.8Gツーリングセレクションの評価額が154万円

こちらは、プリウスの上級グレードである1.8Gツーリングセレクションを2018年に5年落ちで売却したときの事例です。

走行距離は5万kmとほぼ標準的です。

査定を受けた地域は岡山県で、修復歴などはありません。

こちらのプリウスは、WORKの20インチアルミホールやモデリスタのエアロなどで、本格的にカスタマイズされています。

このカスタマイズされたプリウスを、一括査定サイト経由で5社の買取り専門店が査定をした結果、154万円、145万円、130万円、110万円、105万円という提示額になりました。

一番高い業者は154万円を提示していますが、一番安い業者は105万円となっており、その差額は49万円にもなっています。

今回のようなカスタムカーの場合、装着されたパーツ類を高く評価してくれる業者とまったく評価してくれない業者がありますので、それがあらわれた結果といえそうです。

クルマを売却するときには、このように買取り価格に大きな差が生じることがあるわけですから、1社だけの査定で売却してしまうというのは危険です。

以下のような一括査定サイトを利用して、複数の業者に査定をしてもらうことをおススメします。

かんたん車査定ガイド(無料)
https://a-satei.com

・ベーシックグレードの1.8Lを4社で比較した結果83万円の提示額

こちらの事例は、プリウスのベーシックグレードである2013年式の1.8Lを、2018年に群馬県で売却したときのものになります。

走行距離は5年落ちとしてはほぼ標準的な4万8千kmで、過去に修復歴などはありません。

ベーシックグレードのプリウスではありますが、メモリーナビ・ワンセグTV・スマートキーなど装備的には充実しています。

このプリウス1.8Lを4社で査定をしたところ、高い順に83万円、80万円、75万円、72万円という提示額になりました。

ベーシックグレードの1.8Lとはいえ、2013年当時の新車価格は223万円ですので、5年落ちで一番高い業者の査定額が83万円というのはちょっと低い印象を受けます。

ボディの状態などがあまり良くなかったのかも知れません。

3.10年落ちのプリウスの中古車買取り市場での相場は?

10年落ちというのは、クルマの価値がほぼなくなる時期であるといわれています。

しかし、実際には必ずしもそうとはいえず、たとえ10年落ちであってもクルマの状態によっては思った以上に高く売れることもあるものです。

ここでは、10年落ちのプリウスの買取相場がどれくらいになるのか、条件別に売却事例を見て行くことにしましょう。

3-1 10年落ちプリウスの査定額の高いケースと低いケースを比較

ここでは、10年落ちのプリウスの査定額が、特に高かったケースと低かったケースを紹介してみたいと思います。

同じ10年落ちのプリウであっても、どういった状態のものが高く売れるのかの判断材料にしていただければと思います。

・10年落ちで査定額の高い場合:1.5Sの10thアニバーサリーモデルが43万円

こちらは、10年落ちのプリウスで特に査定額が高かった事例の紹介になります。

グレードは2008年式1.5 Sの10thアニバーサリーエディションで、査定を受けた地域は大分県になります。

走行距離は5万4千kmと、10年落ちのクルマとしては非常に少なく、状態のいい車両です。

純正HDDナビや革巻きステアリング、HIDヘッドライトなど装備的には充実しています。

また、10年落ちであるにもかかわらず、1人のオーナーがずっと乗り続けてきたワンオーナーカーです。

ワンオーナーカーの場合、クルマの履歴がしっかりとしていることやメーター改ざんなどの心配がないために評価が高くなるといわれています。

参考記事:ワンオーナーのクルマはなぜ買取り価格が高くなるのでしょうか?
        

このプリウスを3社の買取り店に依頼をして見積もりをとったところ、43万円、35万円、32万円という提示額になりました。

10年落ちのプリウスであっても、走行距離が少なくて状態がよければ、43万円で売却が可能であるということがお分かりになるかと思います。

・10年落ちで査定額が安い事例~17万kmオーバーの1.5Sが5万円

こちらは、10年落ちプリウスのなかでも特に査定額の低かった事例の紹介になります。

グレードは2008年式の1.5Sで、売却地は神奈川県になります。

走行距離は17万7千kmとかなりの距離を走っています。

一般的なクルマであれば、17万km程度の走行距離で壊れるということはないのですが、プリウスはハイブリッドカーですから、駆動用バッテリーの寿命が気になってくる走行距離です。

参考記事:ハイブリッド車のバッテリーはどのくらいの寿命があるのだろうか?
         

このプリウスを5社が査定をした結果、5万円、3万円、3万円、0円、0円という提示額になりました。

一番高い業者が5万円で、0円を提示している業者も2社あります。

やはり、10年落ちでなおかつハイブリッド車としてバッテリーの寿命が気になってくる17万7千kmという走行距離を考えた場合、どうしても厳しい査定額になってしまうようです。

3-2 走行距離の多い場合と少ない場合で比較する

プリウスが人気車種であるといっても、売却するときの価格を決める大きなポイントとなるのは、やはりその走行距離です。

実際に10年落ちで走行距離が少なめのプリウスと多めのプリウスで、どれくらい査定額の差になるのか売却事例をもとに見て行くことにしましょう。

・走行距離の少ないプリウスの事例:10年落ちで2万2千kmを45万円で売却

こちらは、10年落ちにもかかわらず走行距離が2万2千kmと非常に少ないプリウスの売却事例になります。

グレードは2008年式1.5Sの10thアニバーサリーディションになります。

売却地は北海道で、修復歴などはありません。

この走行距離が少ないプリウスを一括査定サイト経由で買取り専門店3社に査定してもらったところ、45万円、38万円、35万円という結果になりました。

10年落ちのプリウスであっても、走行距離が少なければ45万円で売却することも可能だということがこの結果から分かります。

・平均的な走行距離の場合:9万9千km走行の10年落ちプリウスが30万円

こちらは、10年落ちとしてはほぼ標準的な9万9千kmを走行したプリウスを、2018年に愛知県で売却したときの事例になります。

グレードは、先ほどの事例と同じ2008年式1.5Sのアニバーサリーエディションで、修復歴などはありません。

このプリウスを4社で見積もりをしてもらった結果、30万円、27万円、23万円、22万円という金額が提示されました。

10年落ちのプリウスであっても、走行距離が10万km程度であれば、まだ駆動バッテリーの寿命を気にする必要はないので、30万円程度で売却できるということがお分かりになるかと思います。

・走行距離が多い場合:13万km走行の1.5Sの買取り価格が22万円

こちらは、走行距離が13万1千kmとかなり伸びている10年落ちプリウスの買取り事例になります。

グレードは、1.5Sで2008年式となります。

10年前のクルマとなりますが、純正のナビやバックカメラなどが装着されています。

この過走行の10年落ちプリウスを4社の買取り店で査定をしてもらったところ、22万円、18万円、17万円、15万円という結果になりました。

先ほどの17万7千kmのプリウスは一番高い業者でも5万円の提示でしたが、こちらは走行距離が13万1千kmと4万6千km少ないこともあり、20万円オーバーの提示をしている業者があります。

プリウスの場合、10年落ちで15万kmオーバーだと、査定額は一気に厳しくなるようです。

3-3 グレードの違いによって10年落ちプリウスの買取り価格はどう変わるか

2018年における10年落ちプリウスは、2008年式ということになりますから、ちょうど2代目プリウスの末期モデルということになります。

2代目プリウスにはSとGの2つのグレードを核にして、スタンダードパッケージやツーリングセレクションなどのモデルが存在します。

実際に10年落ちのプリウスを売却するときに、これらのグレードの違いが査定額にどう影響するのか、買取り事例をもとに比較をしてみましょう。

・ベーシックグレードの10年落ち1.5Sの査定額が25万円

こちらは、プリウスのベーシックグレードである1.5Sを、2018年に10年落ちで売却したときの事例です。

査定を受けた地域は栃木県で、修復歴はありません。

走行距離は10万7千kmと、10年落ちとしてはやや多いといった程度です。

ベーシックグレードではありますが、オプションで純正ナビやバックカメラ、コーナーセンサーなどが装着されています。

こちらのプリウス1.5Sを一括査定サイト経由で6社が査定をした結果、25万円、24万円、21万円、20万円、17万円、15万円という買取り額の提示になりました。

ベーシックグレードの10年落ちプリウスであっても、しっかりと買取り店を競争させることで25万円の査定額を提示させることができるわけです。

・上位グレードの10年落ちプリウスGツーリングセレクションが33万円

この事例は、プリウスの上位グレードである2008年式のGツーリングセレクションを2018年に北海道で売却したときのものです。

走行距離は、11万7千kmとやや伸びている感じですが、駆動用バッテリーの寿命を気にするほどではありません。

上位グレードのGツーリングセレクションということもあり、ほぼフル装備のプリウスですが、売却地が北海道ということもあり、夏用と冬用のタイヤがセットになっています。

この上級グレードの10年落ちプリウスを4社に査定をしてもらったところ、33万円、28万円、22万円、15万円という結果になりました。

一番高い業者は33万円を提示していますが、一番安い業者は15万円と評価が大きく分かれています。

やはり、10年落ちで走行距離が11万7千kmということで、業者の判断に差が生じたのだと思います。

少しでも高く売却をしようと思ったら、以下のような一括査定サイトを利用するとお得になる可能性が高いといえます。

>>無料で一括査定はこちら<<

トヨタプリウスの公式サイト
https://toyota.jp/prius/

大手車買取専門店
参考:ガリバー  ビッグモーター