ダイハツタントの買取価格や査定の相場を5年落・10年落ちで比較~下取りよりも有利?

ダイハツといえばタントを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

ダイハツタントはそれだけ知名度の高い車であり、日本の軽自動車を代表するといってもいいほどの人気車種の1台となっています。

近年の日本人の軽自動車志向、低燃費志向の影響を受けて、中古車市場でのタントのニーズも高まっています。

ここではそんなダイハツタントの買取相場について、5年落ち・10年落ちの場合に分けて、さまざまな条件別で比較してみたいと思います。

もしあなたが、タントの売却や下取りを考えているのならば、きっと参考になるに違いありません。

このページの目次

1.ダイハツタントの買取り額や査定額の基本データ

まず、タントの2018年時点の買取り相場に関する基本データを一覧にしてみたいと思います。

・7年落ち…22万円~37万円
・6年落ち…30万円~50万円
・5年落ち…40万円~65万円
・4年落ち…45万円~77万円
・3年落ち…53万円~87万円

5年落ちでも40万円~65万円という買取り価格が、タントの人気を物語っているといえるでしょう。

今現在の、あなたのダイハツタントのリアルタイムな最高値の査定額を知るには、以下のような一括査定サイトなどを利用してみることをおすすめします。

かんたん車査定ガイド
https://a-satei.com

2.5年落ちのタントをさまざまな条件別に比較

軽自動車を代表する人気のタントですから、5年落ち程度であれば、かなりの買取り額が期待できるはずです。

ここでは、5年落ちのタントに絞って、査定額の高低や走行距離の違いによる買取り額の差などについて紹介していきたいと思います。

2-1 5年落ちタントの査定額が高いケースと低いケースの事例

5年落ちのタントといえども、走行距離や車の状態によって買取り価格に大きな差が生じることになります。

ここでは、実際に5年落ちタントの査定額の高いケースと低いケースの具体例を取り上げて比較してみたいと思います。

・走行距離3万5千kmのタント(グレードL)が75万円の査定額

2012年に新車登録されたタントのグレードLを、5年落ちとなる2017年に売却したときの事例になります。

走行距離は5年落ち落ちのクルマとしては少なめの3万5千kmとなっており、ボディカラーは緑です。

売り主は50代の女性で、丁寧に乗られたタントであることが想像できます。

3社の買取り業者に見積もりを取ったところ、75万、70万円、60万円という金額でした。

5年落ちのタントの買取り価格が75万円というのは、かなりの高額査定といえます。

やはり、走行距離が少なめであったことと、クルマの状態よかったことが高額査定につながったのでしょう。

・走行距離3万5000kmのタントのグレードXが46万円の買取り価格に

2012年式タントのグレードXを、2018年に買取り専門店で査定を受けたときの事例です。

先ほどの事例と同じ5年落ちのタントですが、こちらは走行距離が90000kmと、5年落ちとしてはかなりの距離を走っています。

売却地は神奈川県で、ボディカラーは青です。

「修復歴なし」ということなので、事故車などではありません。

このタントを2社の買取り店が査定した結果、46万円と42万円の提示額となりました。

5年落ちタントとしてはだいぶ低い査定額となりますが、やはり走行距離の部分が響いているのだと思います。

2-2 5年落ちタントの事例を走行距離で比較してみました

同じ5年落ちのタントであっても、車の状態やさまざまな条件で買取り価格は大きく変わってくるものです。

特に、走行距離は査定額に大きな差がつきやすい要因でもあります。

ここでは、5年落ちタントの査定額を走行距離別に比較をしてみたいと思います。

・走行距離1万5千kmで5年落ちのカスタムXが5社査定で90万円の提示額

走行距離1万5000kmのタントグレードXを、90万円で売却したときの事例です。

年式は2013年式タントとなりますので、2018年に査定を受けた時点で5年落ちということになります。

このタントを5つの業者から見積もりを取った結果は、90万円、83万円、80万円、74万円、65万円となりました。

一番高い業者と安い業者で、25万円もの差が生じています。

80万円台の業者が2社ありますので、おそらくこのあたりが相場なのだと思いますが、90万円を提示した業者は、走行距離が1万5千kmと少ない点を高く評価してくれたのでしょう。

・走行距離50000kmの2013年式タントのグレードGが72万円の査定額

この事例は2013年式タントのグレードGを、5年落ちとなる2018年に売りに出したときの事例になります。

走行距離は5万km弱なので、5年落ちのクルマとしてはほぼ標準的とっていいでしょう。

地域は宮城県で、ボディカラーは白になります。

このタントを4社が査定をした結果、買取り提示額は72万円、65万円、65万円、58万円となり、高い業者と安い業者で14万円の差になっています。

5年落ちで走行距離が5万kmのタントが72万円で売れるのであれば、十分でしょう。

・走行距離10万kmオーバーのグレードXの買取り価格が47万円となった事例

ダイハツタントの後方スタイル2013年式タントのグレードXを2018年に5年落ちとして売却したときの事例です。

走行距離は11万kmとなっており、5年落ちとしてはかなりの過走行といっていいでしょう。

このタントのボディの色はベージュで、エリアは静岡県となります。

見積もりを取ったのは4社で、内訳は48万円、38万円、36万円、30万円となっています。

走行距離がかなり多いこともあり、5年落ちのタントとしては、1社以外は低めの提示額となっています。

たまたま複数の業者に査定を受けたことで、48万円という買取り価格の提示を受けることができました。

クルマを少しでも高く売りたいのであれば、以下のような一括査定サイトを利用して複数の業者から見積もりを取るのは必須といえます。

かんたん車査定ガイド
https://a-satei.com

2-3 5年落ちタントの査定を比較社数と差額で見る

人気が高く、ある程度の高額な査定額が期待できるタントですが、1社のみの査定額で決めるのではなく、多くの業者から見積もりをもらうことで、さらに高値で売ることが可能になります。

ここでは、5年落ちのタントの買取り額が業者の比較数でどう変わるのかという点や、その差額についてみていきたいと思います。

・5年落ちタントのカスタムLを8社査定で78万円の買取り価格

2018年で5年落ちとなるダイハツタントのカスタムLを、8社の買取り店に査定をしてもらったときの事例です。

走行距離は4万kmと、5年落ちとてはやや少ないといっていいでしょう。

ボディカラーは、ちょっと好き嫌いが分かれるゴールドで、地域は東京となります。

8社に査定をしてもらった結果、一番高い業者の買取り額が78万円で、一番安い業者が60万円となりました。

一番高い業者と一番安い業者の差額は18万円となりましたので、8社に査定を受けただけの価値は十分にあったといえるでしょう。

・2012年式タントのX-Limitedを2社査定で62万円の提示

2013年式タントのX-Limitedを5年落ちとなる2018年に、2社に査定をしてもらったあとに売却した事例となります。

走行距離は6万kmとなりますので、5年落ちのクルマとしてはやや多めといえます。

ちなみに、ボディカラーはブラックで、エリアは神奈川県となります。

このタントを2社の買取り業者に査定を依頼した結果は、62万円、55万円の提示となっています。

5年落ちのタントが62万円ですから決して悪い数字ではありませんが、あと1社か2社に査定を依頼していたら、もう少し高く売れた可能性はあります。

3.10年落ちタントの買取り額はどれくらいになる?

ブラックのTanto人気のタントとはいえ、さすがに10年落ちともなると、まともな金額で査定されることはないだろうと多くの人が考えると思います。

しかし、実際には10年落ちにもかかわらず意外な高値で買取りをされていくタントも多いのです。

ここでは、さまざまな条件別に10年落ちタントの買取り価格についてみていきたいと思います。

3-1 タントの査定額の高い事例と低い事例を10年落ちで比較

同じ10年落ちのタントでも、車の状態によってその査定額には大きな差がつくことになります。

10年落ちにもかかわらず20万円~30万円で売れるタントもあれば、3万円にしかならなかった事例もあります。

・走行距離15万kmの10年落ちのタントの買取り額が3万円

2008年式タントのカスタムXを、10年落ちとなる2018年に売却したときの事例になります。

走行距離は15万kmとなっていますので、10年落ちの軽自動車としてはかなりの過走行ということがいえます。

色は黒で、売却地は静岡県となります。

この10年落ちタントを3社に査定をしてもらったところ、1社のみ3万円を提示して、他の2社は提示なしとなりました。

やはり、10年落ちの軽自動車で走行距離が15万kmとなると、どこの業者も買取りは厳しくなるようです。

3社に査定をしてもらったことで、なんとか1社が3万円を提示してくれた形になりました。

・走行距離3万kmの10年落ちタントが5社見積りで28万円

この事例は、2008年式タントのカスタムRSを10年落ちとなる2018年に売却したときの事例です。

走行距離が3万kmとなっていますので、10年落ちのクルマとしては非常に少ないといえます。

売却地は神奈川県で、ボディの色はブラックです。

このタントを5つの業者に査定を依頼した結果、提示なしが28万円、25万円、20万円、20万円、18万円となりました。

10年落ちにもかかわらず、28万円というのはかなりの高額査定といえます。

カスタムRSというタントの最上位グレードであることと、走行距離が3万kmと非常に少ないことが高額査定につながったのだと思います。

3-2 10年落ちタントの査定を走行距離で比較する

車の査定においては、もちろん年式も重要ですが、走行距離も買取り額に影響を与える大きな要因の1つになります。

ここでは、10年落ちのタントが走行距離の違いでどのような買取り額を提示されたのかについて事例を紹介してみたいと思います。

・10年落ちで走行距離11万kmのカスタムXリミテッドが6万円

2008年式タントのカスタムXリミテッドを10年落ちで売却した時の事例になります。

ボディカラーは青で、査定を受けた地域は茨城県になります。

走行距離は11万kmとなっていますので、10年落ちタントとしては、やや走り込んでいる印象があります。

このタントを4社に査定をしてもらったところ、6万円、3万円、3万円、0円という結果になりました。

4社に査定をしたおかげで、1社から6万円の提示を受けましたが、0円の業者もいることから、10年落ちで11万kmだとかなり査定的には厳しいということが分かります。

しかし、あきらめずに何社かに査定をしてもらうことによって、しっかりと査定額を提示してくれるところもあります。

・2007年式タント走行距離5万kmを2業者比較で12万円の査定額

ボディカラーが白のタントを、2007年に購入し、2018年に10年落ちで売却したときの事例です。

グレードはXリミテッドで、売却したエリアは愛知県となります。

走行距離は5万kmなので、10年落ちとしてはかなり少ない方だといえます。

この10年落ち5万kmのタントを2つの業者に査定依頼した結果、12万円、8万円となりました。

決して高額査定というわけではありませんが、走行距離が少なければ、10年落ちのタントであってもしっかりと査定がつくということがお分かりになるかと思います。

10年落ちだからといって、最初からあきらめて廃車にしてしまうのは、非常にもったいないといえます。

・10年落ち1.5万kmのタントカスタムRSが3社査定で32万円になった事例

この事例は、2007年式タントを10年落ちとなる2017年に売却したときのものです。

ボディカラーは緑で、エリアは岐阜県となります。

走行距離は1.5万kmと10年落ちのクルマとしては非常に少なく、ほとんど乗られていない状態の良いタントということになります。

このタントを3つの業者に査定をしてもらった結果、32万円、25万円、23万円の提示となりました。

グレード的には一番上のカスタムRSですが、10年落ちであっても走行距離が少ないと、タントは30万円以上で売却できることもあるわけです。

3-3 10年落ちタントの査定を比較社数と差額で見る

人気のタントであっても、10年落ちともなれば買取りに難色を示す業者も出てきます。

そんな中、少しでも高く買い取ってもらうことを希望するのであれば、やはり1社でも多くの業者に査定をしてもらうことです。

ここでは、10年落ちタントの査定額を、比較業者が多い事例と差額の多い事例で見てみたいと思います。

・2005年式タントを7社比較して買取り価格の差額は5万円

この事例は10年落ちではなく、12年落ちになります。

2005年式のタントLグレードを、12年落ちとなる2017年に、7つの業者で査定したときの事例です。

走行距離は8万5千kmとなりますので、12年落ちのクルマとしては少なめといえます。

7社の査定の内訳は、5万円、5万円、1万円、金額の提示なし4社となっています。

さすがに12年落ちのタントとあって、7社中4社は査定額の提示がありませんでしたが、2社は5万円の査定額を提示しています。

年式的にはかなり古いですが、走行距離がまだ10万kmに達していないことを評価してくれたのかも知れません。

査定がつかないといわれたクルマであっても、あきらめずにたくさんの業者に査定を受けてみることで、この事例のように5万円程度の買取り価格を提示してくれることは普通にあります。

・走行距離5万km弱の10年落ちタントの差額が13万円

こちらは2008年式でボディカラー黒のタントを2018年に売却した10年落ちの事例です。

グレードはXリミテッドスペシャルで、走行距離は5万km弱と、10年落ちとしてはかなり少ないです。

見積もりを取ったのは3社で、各社の内訳は16万円、12万円、3万円という結果になりました。

10年落ちのタントですので、走行距離は5万kmと少なめでもそれほど高額査定にはなりませんが、3社しか比較をしていないにもかかわらず、高い業者と安い業者で13万円もの差が生じています。

年式の古いクルマの買取り価格は、業者によって判断が大きく変わってくるようです。

あなたのタントのリアルタイムな買取り最高値を知るには以下のサイトをご覧になってください。

>>無料で一括査定はこちら<<

ダイハツタントの公式サイト
https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/