プリウスαを下取りにだすときの査定相場や買取価格を5年落ちと7年落ちで比較

ハイブリッド車のパイオニア的存在であるプリウスの、ステーションワゴン版として2011年5月に登場したのが「プリウスα」です。

発売と同時に人気車種となり、かなりの台数が売れたプリウスαですが、プラットフォームが旧型プリウスのものであることから、中古車市場での相場はだいぶ落ち着いたものとなっているようです。

ここでは、プリウスαの買取り価格が実際にいくらになったのかを、5年落ちと7年落ちの事例をもとにさまざまな条件別に比較してみたいと思います。

姉妹車であるプリウスの下取り額や買取価格を知るには以下のページをご覧ください。

プリウスの買取り相場と査定価格~5年落ちと10年落ちの事例でみる下取りとの比較

このページの目次

1.プリウスαに関する基本情報

プリウスαの標準的なグレードであるGを、年式相応の走行距離で売却したときに、どれくらいの相場になるのかを2018年のデータをもとに一覧にしてみます。

・7年落ち…50万円~80万円
・6年落ち…70万円~105万円
・5年落ち…85万円~125万円
・4年落ち…100万円~150万円
・3年落ち…120万円~180万円

実際のプリウスαの買取り価格は、クルマの状態や走行距離などによって大きく変わってきますので、実際に査定を受けてみないと分かりません。

今現在の、あなたのプリウスαのリアルタイムな最高値の査定額を知るには、以下のような一括査定サイトなどを利用してみることをおすすめします。

かんたん車査定ガイド
https://a-satei.com

2.5年落ちで売却するときの相場を比較

新車で購入したプリウスαを、ちょうど2回目の車検のタイミングとなる5年落ちで売却する予定の人も多いと思います。

ここでは、5年落ちのプリウスαを売却する際に、実際の買取り専門店での査定額がどれくらいになるのかについて、走行距離やグレード別に事例をもとに見て行くことにします。

2-1.5年落ちプリウスαの査定額が高かった事例と低かった事例を比較

5年落ちのプリウスαであっても、走行距離やクルマの状態、あるいは過去に事故を起こして修復したことがあるかなどの条件によって、査定額は大きく変わります。

5年落ちのプリウスαの査定額が、特に高かった事例と低かった事例を紹介してみたいと思います。

高かった事例~走行距離1万1千kmの1.8Sが168万円

2013年式プリウスαのSグレードを、5年落ちとなる2018年に売却したときの事例になります。

走行距離は1万1千kmと非常に少なく、5年落ちとしてはとても状態のいいプリウスαとなっています。

このプリウスαを4社の買取り専門店に査定をしてもらったところ、168万円、152万円、140万円、135万円という結果になりました。

5年落ちのプリウスαの買取り価格が168万円というのは、十分に満足すべき金額ということができますが、やはり走行距離が1万1千kmと非常に少ない点が高く評価をされたのだと思います。

また、低かった事例~12万5千km走行の2013年式プリウスαが45万円もありますので、クルマを売却するときは、なるべくたくさんのお店に査定をしてもらって比較をすることが大切だといえます。

12万5千km走行の2013年式プリウスαの買取り価格が45万円

こちらの事例は、2013年に新車で購入したプリウスαのSグレードを、5年落ちで売却したときのものです。

売却地は東京都で修復歴などはありません。

走行距離は12万5千kmと、5年落ちとしてはかなり走り込んでいるクルマといえそうです。

この過走行状態のプリウスαを3社が査定をした結果、45万円、45万円、40万円というていじ額になりました。

5年落ちのプリウスαとしては、各社ともかなり低い評価となっていますが、やはり12万5千kmという過走行が響いていることは間違いないでしょう。

また、グレードがベーシックグレードであるSである点も、査定額が低い1つの要因になっていると思われます。

先ほどの事例と同じ5年落ちのプリウスαのSグレードですが、1万1千kmと12万5千kmという走行距離の違いによって、査定額に大きな差が生じていることがお分かりになるかと思います。

2-2.走行距離の違いで買取り価格はどれだけ変わるか

先ほどの事例でもお分かりのように、5年落ちのプリウスαであっても走行距離の違いによって、実際の買取り価格は大きく違ってきてしまいます。

ここでは、走行距離が多い場合と少ない場合で、5年落ちプリウスαの査定額がどれくらい変わるのかを、実際の買取事例をもとに見ていきたいと思います。

走行距離がわずか6千kmの5年落ちGグレードが132万円

こちらは、2013年式プリウスαのGグレードを、2018年に買取り専門店に査定をしてもらったときの事例です。

査定を受けた地域は愛知県で、修復歴などはありません。

走行距離はわずか6千kmと非常に少なく、状態的にはかなりいいプリウスαとなります。

このプリウスαGグレードを2社で査定を受けた結果、132万円、128万円という結果になりました。

走行距離が6千kmと非常に少ないことを考えると、132万円という評価はやや低い印象を受けます。

今回は2社での比較でしたが、もう少したくさんの買取り店に見積もりをしてもらえば、上乗せも十分に期待できたと思われます。

走行距離16万kmのプリウスαのS・Lセレクションを58万円

こちらの事例は、2013年に新車で購入したプリウスαのS・Lセレクションを、5年落ちとなる2018年に売却したときのものです。

売却地は北海道で、修復歴や大きなキズなどはありません。

北海道という土地柄なのか、走行距離は16万kmと5年落ちのクルマとしてはかなりの過走行となっています。

この16万km走行の5年落ちプリウスαを3社の買取り店に見積もりをしてもらったところ、58万円、42万円、38万円という査定額になりました。

走行距離が16万kmということを考えた場合、58万円というのはかなりいい数字だと思います。

他の2社が40万円前後を提示していますので、むしろそちらが相場に近い査定額といえそうです。

2-3.グレードの違いによって5年落ちプリウスαの評価はどう変わるか

同じプリウスαであってもいくつかのグレードがあり、それぞれの車両本体価格が異なっています。

そのため、買取り相場もグレードによって大きく変わることになります。

ここでは、5年落ちのプリウスαの上級グレードとベーシックグレードで、どれくらいの査定額の違いになるのかを、事例をもとに見ていきたいと思います。

上級グレードのGツーリングセレクションの売却額が142万円

こちらは、2013年に新車で購入したプリウスαの上級グレードであるGツーリングセレクションを、5年落ちで売却したときの事例になります。

走行距離は4万6千kmと、5年落ちのクルマとしてはほぼ標準的かやや少ないといえるでしょう。

純正ナビやバックモニター、LEDヘッドランプ、クリアランスソナーなど、装備も充実しています。

この上級グレードのプリウスαを4社の買取り専門店が査定をした結果、142万円、140万円、135万円、125万円という提示額になりました。

走行距離は標準的ですが、やはり上級グレードであることで142万円という高額査定を得ることができています。

廉価グレードSを5年落ちで105万円にて売却した事例

こちらは、プリウスαのベーシックグレードであるSグレードを、2013年に新車で購入して5年後に売却した事例になります。

査定を受けた地域は茨城県で、修復歴などはありません。

走行距離は4万5千kmとなっており、5年落ちのプリウスαとしては、標準よりやや少ないといえます。

このベーシックグレードのプリウスαを5社で査定を受けたところ、108万円、105万円、95万円、93万円、93万円という見積額となりました。

一番高い業者の買取価格が108万円となりましたが、5年落ちで走行距離が標準的なプリウスαのSグレードの買取り価格としては、標準的な評価といえそうです。

5社で査定を受けて比較をしたことで、高い業者と安い業者で15万円の差になっていますので、高く売るためには1社でも多くのお店に査定を受けることがとても重要です。

3.7年落ちのプリウスαを売るときの買取り価格を条件別に比較

プリウスαは2011年5月に発売されたクルマとなりますので、2018年時点では一番年式が古くても7年落ちとなります。

ここでは、7年落ちプリウスαの買取り価格がどれくらいになるのかを、実際の買取り事例をもとに走行距離やグレード別に比較をしてみたいと思います。

3-1.7年落ちでの評価額がよかった事例と悪かった事例

新車で購入してから7年乗ったプリウスαであっても、クルマの状態や走行距離、グレードなどによって実際の買取り価格は大きく変わってきます。

ここでは、7年落ちプリウスαの買取り額が高かった事例と低かった事例を比較してみたいと思います。

評価がよかった事例~7年落ち走行距離3万kmで145万円

こちらは、2011年式プリウスαのGツーリングセレクションを、7年落ちとなる2018年に売却したときの事例です。

売却地は山形県で、修復歴や目立つようなキズなどはなく状態の良いクルマです。

走行距離は3万kmで、7年落ちのプリウスαとしては非常に少ないといっていいでしょう。

この7年落ちプリウスαGツーリングセレクションを3社が査定したところ、145万円、125万円、118万円という見積額になりました。

7年落ちのプリウスαで145万円というのは、かなりの高額査定ということがいえます。

走行距離が3万kmと7年落ちにしてはかなり少ないのと、グレードがGツーリングセレクションであることなどが、高い評価につながったのだと思われます。

また、査定をした3社のうち、1社だけが特に高い査定額を提示してくれた点は幸運だったといえます。

評価が悪かった事例~15万5千kmと過走行のため38万円

この事例は、2011年に新車で購入したプリウスαのSグレードを、7年後に査定を受けたときのものになります。

売却地は三重県で、修復歴はありません。

走行距離は15万5千kmと、7年落ちのプリウスαとしてはかなりの過走行状態であるといえます。

このプリウスαを4社で査定をしてもらったところ、38万円、35万円、35万円、30万円といった結果になりました。

7年落ちのプリウスαとしては、4社ともかなり低い評価となっています。

やはり、走行距離が15万5千kmとかなり走り込んでいる点が、大きなマイナスポイントになったと思われます。

また、グレードがベーシックグレードであるSである点も、査定額が低くなる要因の1つになっていると思われます。

走行距離が多い場合と少ない場合の7年落ちプリウスαの査定額の違い

クルマの査定において、走行距離は非常に重要な評価ポイントとなります。

そのため、同じ7年落ちのプリウスαであっても走行距離が非常に少ないクルマと、過走行のクルマでは買取り価格が大きく違ってきます。

ここでは、7年落ちプリウスαで、走行距離が少ない場合と多い場合で査定額にどれくらいの差が生じるのかを比較してみたいと思います。

走行距離がわずか7千kmのGグレードの買取価格が135万円

こちらは2011年式プリウスαのGグレードで、走行距離が7千kmと非常に少ない状態の車両を2018年に7年落ちで売却したときの事例です。

7年落ちで7千kmですから、1年あたりわずか1千kmしか走っていないことになります。

装備的にも、純正メモリーナビやバックモニター、LEDライトなどかなり充実しています。

この走行距離の少ないプリウスαを3社が査定をしたところ、135万円、132万円、128万円という結果になりました。

高い業者と安い業者の差がわずか7万円しかありませんので、このあたりが相場なのだと思います。

7年落ちのプリウスαであっても、走行距離が少なければ十分に高額で売却が可能であるということがお分かりになるかと思います。

走行距離16万9千kmのSツーリングセレクションの査定額が48万円

こちらは、走行距離が非常に多いプリウスαの事例になります。

2011年式のSツーリングセレクションで7年落ちとなりますが、走行距離は16万9千kmと、7年落ちの標準的な走行距離の2.5倍ほど走っています。

こちらの過走行の7年落ちプリウスαを2社が査定をした結果、48万円と43万円の提示額となりました。

7年落ちのプリウスαとしてはだいぶ厳しい評価額といえますが、16万9千kmという走行距離を考えると、これくらいの査定額になってしまうのは仕方のないところです。

3-3.グレードの違いによって7年落ちプリウスαの評価額はどう変わるのか?

7年落ちのプリウスαといっても、さまざまな条件によって買取り価格は大きく変わってきますが、グレードの違いによっても査定額にかなりの差が生じることが少なくありません。

ここでは、7年落ちプリウスαのベーシックグレードと上級グレードで、実際の査定額がどれくらい変わるのかを事例をもとに比較してみたいと思います。

上級グレードであるGツーリングセレクションが118万円

プリウスαの上級グレードあるGツーリングセレクションを、2011年に新車で購入して7年落ちとなる2018年に売却したときの事例になります。

売却地は岐阜県で、ワンオーナーのクルマとなります。

走行距離は7万1千kmと、7年落ちとしてはほぼ標準的な走行距離といえます。

この上級グレードのプリウスαを4社に査定をしてもらった結果、118万円、105万円、100万円、96万円という見積額となりました。

高い業者と安い業者で22万円の差がありますが、7年落ちで走行距離が7万1千kmのプリウスαが118万円で売れれば十分だと思われます。

ベーシックグレードであるSが3社比較で82万円

こちらは、プリウスαのベーシックグレードであるSを、2018年に7年落ちで売却したときの事例になります。

売却地は和歌山県で、修復歴はありません。

走行距離は、7万3千kmと、先ほどの事例と同様に7年落ちとしてはほぼ標準的な距離です。

ベーシックグレードではありますが、純正ナビやバックモニターなど、装備的には充実しています。

こちらのプリウスαSグレードを3社で査定をした結果、82万円、74万円、65万円という提示額になりました。

7年落ちで標準的な走行距離のプリウスαのSグレードが、82万円で売却できれば十分に満足すべき結果ではないかと思われます。

高い業者と安い業者に17万円の差がありますので、やはり3社に査定をしてもらって比較をしたことが、高額での売却につながっているといえそうです。

kuruma0044

>>無料で一括査定はこちら<<

プリウスαの公式サイト