5万円でまともな中古車を購入することは可能か?~車種・年式・走行距離

中古車の値段というのは、まさにピンからキリまでで、年式の新しい高級車だと中古でも数百万円しますし、とにかく走ればいいという基準で探せば数万円で買える中古車を見つけることもできます。

ここでは、2018年4月現在で車両本体価格が5万円の中古車にスポットをあてて、実際にどのようなクルマが5万円で販売されているのかを具体的に見ていきたいと思います。

根気よく探せば、たとえ5万円の中古車であってもかなり程度のいいクルマを見つけることができるかも知れません。

ただし、ここで紹介する5万円という価格はあくまで車両本体価格であって、実際に購入するときには諸経費も含めて考える必要があります。

諸経費は中古車販売店によって大きく異なることが多いですが、ここでは総額で20万円以内におさまるクルマを紹介してみたいと思います。

参考記事:中古車の店頭価格と乗り出し価格には大きな差があります
            

このページの目次

5万円で購入できるトヨタの中古車にはどういったものがあるか?

高級車が多いイメージのあるトヨタですが、実際に5万円で売られているトヨタの中古車にはどのようなものがあるのか、実際に見て行くことにしましょう。

走行距離10万kmの2009年式パッソ1.0Xの車両本体価格が5万円

埼玉県川口市にある中古車販売店で売られている2009年式のパッソ1.0Xの車両本体価格が5万円となっています。

2009年式ですから今年で9年落ちということになるわけですが、走行距離も10万kmとほぼ標準的な距離ですし、クルマの状態もキズやヘコミなどがなくきれいな状態のクルマです。

もちろん「修復歴なし」となっていますので、いわゆる事故車ではありません。
車両本体価格だけを見た場合はかなりお買い得なクルマのように感じますが、諸経費が14万8千円とやや高めに設定されています。

そのため、総支払額(乗り出し価格)は19万8千円となっています。

また、車検も半年ほどしか残っていませんので、半年後の出費を覚悟しておかなくてはなりません。

走行距離7万kmで車検1年半付きのポルテ1.3が5万円

愛知県の中古車販売店で販売されている車両本体価格が5万円の2004年式のトヨタポルテ1.3の事例です。

2004年式ですから今年で14年落ちとなりますので、かなり古いクルマではあるのですが、走行距離は7万kmと、年式の割には非常に少なくなっています。

また、車検が1年半残っているにもかかわらず諸経費は9万8千円と安く、支払総額も14万8千円とお手頃です。

ただし、このクルマの場合は「修復歴あり」となっていますので、過去にフレームに影響を与えるような事故を起こした可能性があります。

そういったことを気にしない方であれば、走行距離が7万kmということと車検が1年半残っているという点で、お得感はあると思います。

参考記事:格安な「修復歴あり」の車をあえて購入するときに知っておくべきこと
        

車検2年付きで走行距離4万kmのヴィッツの車両本体価格が5万円

岡山県の中古車販売店で売られているトヨタヴィッツの1.0FDパッケージは、走行距離がわずか2万kmでなおかつ車検が2年ついて、車両本体価格が5万円と格安です。

「修復歴はなし」となっていますので事故車ということではありませんが、後部ドアにかなり目立つスリキズがあったり、左のドアミラーの先端部分が破損していたりと、あまり状態がいいクルマとはいえません。

また、このクルマは1999年式と非常に古い車両になります。

つまり、今年で19年落ちとなるクルマです。

諸経費は、14万円となっていますが、車検2年付きということを考えると、妥当な金額だと思います。

走行距離が4万kmとはいえ、19年落ちのヴィッツに乗り出しで19万円支払うのは、ちょっと勇気がいるかも知れません。

5万円で購入することが可能な日産の中古車

日産のクルマも中古車市場にはたくさん出回っていますが、はたして車両本体価格が5万円というと、どんなクルマが該当するのでしょうか?

実際に販売されている日産の5万円の中古車をみていくことにしましょう。

2005年式の日産オッティの車両価格が5万円で乗り出し価格は9万円

福岡県の中古車販売店で売られている2005年式日産オッティ660Sの車両本体価格が、車検が9ヵ月ついて5万円となっています。

諸経費も4万円と格安で、支払総額はわずか9万円の激安車です。

年式的には今年で13年落ちとなりますが、修復歴もありませんし、車検が9ヵ月ついて乗り出し価格が9万円というのは非常に割安といえますが、それには理由があります。

実はこのクルマの走行距離は約20万kmとなっています。

13年落ちという年式からみても、かなりの過走行ということがいえます。

品質の高い日本車が、走行距離20万km程度ですぐに壊れることはありません。

実際に、タクシーなどは普通に50万km以上走ってしまいます。

参考記事:タクシー専門の買取り店では走行距離50万kmでも買取りが可能!?
         
しかし、いざ20万km走行したクルマを買うとなると、たとえ格安でもちょっと勇気が必要かも知れません。

車検が1年近くある2007年式ラフェスタ2.0ライダーの車両価格が5万円

大阪の中古車販売店で売られている、2007年式の日産ラフェスタ2.0ライダーの車両本体価格が5万円となっています。

2007年式となりますので今年で11年落ちとなりますが、走行距離は約12万kmとほぼ標準的です。

ボディは全塗装済みで、室内も使用感が少なく状態のいいクルマですし、純正のHDDナビもついていますので、車両本体価格5万円というのはかなりお買い得といえそうです。

「修復歴なし」となっていますので、事故車ということでもありません。

車検が1年近く残っていますし、諸経費も9万円と2000ccクラスのクルマとしては格安です。

このクルマが乗り出し価格で14万円ということであれば、買って損はないと思われます。

2005年式の日産ノート15Sが走行距離9万5千kmで5万円

神奈川県の中古車販売店で売られている、車両本体価格5万円の2005年式日産ノートの事例になります。

2005年式となりますので、今年で13年落ちとなりますが、走行距離は9万5千kmと年式の割には少なめといえそうです。

修復歴もありせんし、ボディも年式相応の小キズなどはありますが、目立つような大きなキズもなく良好な状態です。

諸経費も、車検2年取得渡しで13万9千円となっていますので、妥当な額といえるでしょう。

車検が2年付いた状態で、走行距離が10万km未満のノートの乗り出し価格が18万9千円ということですから、お手頃な値段といえるのではないでしょうか。

5万円で購入できるホンダのクルマの程度や走行距離

ホンダは個性的なクルマを作る自動車メーカーで、古くからのファンが多いメーカーです。

そんなホンダの中古車を5万円で購入するとしたら、どんなクルマが対象になるのか具体的にみていくことにしましょう。

走行距離7万km車検1年以上のホンダザッツの本体価格が5万円

千葉県の中古車販売店で売られている、走行距離7万kmのホンダザッツの事例になります。

走行距離が7万kmにかかわらず車両本体価格が5万円というのは格安なイメージがありますが、実はこのザッツは2002年式のため今年で16年落ちのクルマになります。

ただ、年式の割にはまだまだボディにツヤもあり、大きなキズなどはないようです。

諸経費は11万円となっていますので、支払総額は16万円ということになります。

修復歴はないようですし車検も1年3ヵ月ほど残っていますので、16年落ちということを気にしない方は購入してもいいクルマではないかと思います。

5万円で購入できる2006年式でワンオーナーのホンダライフ

愛知県の中古車販売店で、実際に5万円で売られている2006年式ホンダライフ660Cの事例を紹介します。

走行距離は13万kmと伸びていますが、12年落ちということを考えれば特に過走行ということではありません。

諸経費は10万円となっていますが、車検2年取得渡しとなっていますので妥当な額だと思います。

修復歴もなく、中古車市場では価値が高いといわれているワンオーナーのクルマです。

参考記事:ワンオーナーのクルマはなぜ買取り価格が高くなるのでしょうか? 

車検がまるまる2年ついたワンオーナーカーの乗り出し価格が15万円ということであれば、買って損はないと思います。

5万円で購入できるマツダの中古車の事例を紹介

マツダの中古車は安く購入できるというイメージを持っている人も多いかと思いますが、実際に5万円で購入できるマツダの中古車の程度がどんなレベルなのかを、実際の事例をもとに見ていきたいと思います。

10年落ちで走行距離が11万kmのデミオの本体価格が5万円

新潟県の中古車販売店で、5万円で売られている2008年式のマツダデミオ13Cの事例になります。

走行距離は11万kmとなっていますが、10年落ちのクルマとしてはほぼ標準的かやや多い走行距離だと思います。

このクルマは諸経費が7万3千円と安くなっているため、乗り出し価格も12万3千円と格安です。

修復歴はありませんし、車検がほぼ1年ついていますので、10年落ちとはいえ支払総額が12万3千円というのはかなりお買い得感のあるデミオといえそうです。

ただし、新潟県という雪国の中古車となりますので、購入前にボディの状態はよく確かめた方がいいでしょう。

参考記事:雪国で使われた中古車を買うときはボディの痛みに注意せよ 

車検2年付きで走行距離が10万kmのアテンザスポーツワゴンが5万円

岐阜県の中古車販売店で販売されている、2003年式アテンザスポーツワゴン23Cの事例になります。

今年で15年落ちとなるクルマですが、走行距離は10万kmと年式の割には少なめで、ボディもまだまだツヤがあります。

社外HDDナビやETC、HIDヘッドランプなど装備も充実しています。

諸経費は15万円となっていますが、車検取得渡しとなっていますので、妥当な金額であると思います。

15年落ちとはいえ、走行距離が10万kmで、車検が2年付いたアテンザスポーツワゴンの乗り出し価格が20万円というのは、決して高くはないと思います。

5万円で買えるスズキの軽自動車の事例紹介

スズキは軽自動車をメインに販売しているメーカーで、ワゴンタイプの軽自動車の先駆けとなったワゴンRや、価格がお手頃なアルトなどが人気となっています。

5万円で購入できるスズキの中古車にはどういったものがあるのか、具体的に見て行くことにしましょう。

車検1年10ヶ月走行距離7万kmのスズキアルトの車両本体価格が5万円

愛知県の中古車販売店で売りに出されている2006年式アルト660GⅡの事例になります。

2006年式となりますので、12年落ちということになるわけですが、走行距離は7万kmと非常に少なくなっています。

修復歴もなく、ボディに目立つようなキズなどもないようです。

諸経費が9万9千円となっていますので、乗り出し価格は14万9千円となりますが、走行距離が7万kmと少ない点や、車検が1年10ヶ月残っていることなどを考えると、十分にお買い得感はあると思います。

2005年式ワゴンRが走行距離10万km車検2年付きで5万円

愛知県の中古車販売店で売られている2005年式ワゴンRのタイプFXの事例になります。

年式的には13年落ちとなりますが、走行距離は10万kmと年式の割にはやや少なめとなっていますし、修復歴もありません。

純正のアルミホイールが装着されていますし、ETCも装備されています。

諸経費が9万9千円となっていますので、支払総額は14万9千円となりますが、車検が2年ついていますのでお買い得感は高いと思います。

仮にこのクルマを購入して車検が切れる2年後に乗り潰すとしたら、1ヵ月当たりの負担額はわずか6200円ほどになります。

5万円で販売されているダイハツの軽自動車にお買い得感はあるか?

ダイハツはスズキとならんで、軽自動車の代表的なメーカーとなっています。

ここでは、実際に5万円で販売されているダイハツの軽自動車が、どの程度のクオリティがあるのか見て行くことにしましょう。

12年落ちで走行距離9万kmのダイハツタントが5万円

福岡県の中古車販売店に展示されている2006年式ダイハツタント660Xの車両本体価格が5万円となっています。

走行距離は9万kmとなっていますので、12年落ちとしてはやや少ないといっていいでしょう。

修復履歴はなく、車検も10ヶ月ほど残っている状態です。

諸経費が9万9千円となっていますので、乗り出し価格は14万9千円となりますが、ダイハツタントは人気の高いクルマですので、お手頃な値段といえるでしょう。

車検2年付きで走行距離8万5千kmのムーヴが5万円(総額11万円)

愛知県の中古車販売店で売られている、2006年式のダイハツムーヴVSの事例になります。

2006年式となりますので12年落ちということになりますが、走行距離は8万5千kmと年式の割には少なくなっています。

諸経費は車検取得渡しの分を含めて6万円で、車両本体価格の5万円と合わせた支払い総額は11万円となります。

車検が2年ついたダイハツムーヴの乗り出し価格が11万円というのは、格安といってもいいのではないかと思います。

ちなみに、「修復歴なし」となっていますので、過去に大きな事故を起こしたクルマではありませんが、ボディの一部に小さなキズやヘコミなどはあるようです。

>>無料で一括査定はこちら<<