7年落ちのクルマを売るときの査定額はどれくらいになる?~車種別買取り価格の目安

7年落ちのクルマというのは、ちょうど3回目の車検をむかえるタイミングにあたります。

車検をきっかけに新しいクルマに買い替えをすべきか、それともこのまま乗り潰すべきかで悩む人も多いのではないでしょうか。

下取りや買取り価格がある程度の金額になるのであれば、売却をして新しいクルマの購入資金の一部にあてることができますし、ほとんど査定額つかないのであれば、そのまま廃車にするまで乗り潰した方がいいでしょう。

ここでは、7年落ちのクルマが実際にどれくらいの査定額になるのか、各車種別に目安の金額を見ていきたいと思います。

なたのクルマの現在の査定額を知るには、以下のようなサイトを利用する便利です。

かんたん車査定ガイド
https://a-satei.com

このページの目次

7年落ちミニバンの査定額はどれくらいが目安になるのでしょうか?

ミニバンは中古車市場でのニーズが高いために、年式が古くなっても高値で買取りをしてもらえることが少なくありません。

ここでは、7年落ちのミニバンを買取り専門店に持ち込んだ場合、どれくらいの買取り価格になるのかについて、車種ごとに見ていきたいと思います。

トヨタ・アルファードを7年落ちで売却するときの買取り価格

非常に人気の高い高級ミニバンであるトヨタのアルファードですが、7年落ちのタイミングで売却したときに、どれくらいの査定額になるのか見て行くことにしましょう。

2011年式アルファードの240Sを、7年落ちとなる2018年に走行距離7万kmで売却するときの査定額は、130万円~155万円程度が目安になると思われます。

アルファード240Sの2011年当時の車両本体価格は351万円でしたので、新車価格に対して40%前後が7年落ちアルファードの査定額になるといえそうです。

7年落ちにもかかわらず、新車価格の40%前後の査定額が提示されるところに、アルファードの中古車市場での人気の高さがうかがえます。

この金額で売却できるのであれば、乗り潰しよりも、積極的に買い替えをした方がお得感が高いといえそうです。

関連記事:アルファードの買取り価格や査定額は5年落ちと7年落ちでいくらになるか?

7年落ちのトヨタ・ノアを買取り店に持ち込んだときの提示額の目安

ノアも、5ナンバーサイズのミニバンとして、中古車市場で非常に人気の高いクルマとなっていますが、7年落ちでどれくらいの査定額が提示されるのか気になるところです。

2011年に新車登録されたノアのSグレード7人乗りを、7年落ちとなる2018年に売却する際の買取り価格の目安は、走行距離が7万kmほどと仮定した場合で55万円~65万円程度になります。

走行距離が1万km増えるごとに、この金額から査定が3万円程度ずつ下がっていくことになります。

ノアSグレード7人乗りの2011年当時の新車価格は233万円でしたので、7年落ちノアの査定額の目安は新車価格の25%前後になると思われます。

アルファードほどではありませんが、7年落ちのノアもある程度の買取り価格が提示になることが分かります。

関連記事:ノアを売却するときの査定額や買取り相場を5年落ちと7年落ちの事例で比較

ステップワゴンを7年落ちで手放すときの買取り価格の相場

ホンダのステップワゴンも、非常に人気の高いミニバンで、年式が古めであっても中古車市場では高く評価されることが多いようです。

2011年に購入したステップワゴンのベーシックグレードであるGを、7年落ちのタイミングで売却するときの査定額は、走行距離7万kmで45万円~55万が目安になると思います。

ステップワゴンGの2011年当時の販売価格は、208万8千円となっていますので、7年落ちステップワゴンの査定額は、新車価格の24%前後と考えてよさそうです。

この程度の査定額であれば、買い替えと乗り潰しの両方の選択肢があると思います。

関連記事:ステップワゴンの5年落ちと10年落ちの買い取り価格を調査~下取りと査定相場の事例

7年落ちの日産セレナの査定額はどれくらいが相場なのか?

日産セレナは、トヨタのノアやホンダのステップワゴンのライバル車種として、人気の高いクルマですが、3回目の車検のタイミングとなる7年落ちでどれくらいの査定額になるのか気になるところです。

2011年に新車登録されたセレナのハイウェイスターを、2018年に走行距離7万kmで売却するときの査定額の目安は、43万円~53万円ほどになると思われます。

2011年式セレナ・ハイウェイスターの車両本体価格は249万9千円となっていますので、7年落ちセレナの査定額は新車価格の20%程度ということになります。

関連記事:セレナを下取りにだすときの査定額はいくら?~5年落ちと10年落ちの買取相場を分析

セダンを7年落ちで買取り店に売却するときの査定額

かつてはファミリーカーの代名詞的な存在であったセダンも、ミニバン人気に押されて、新車中古車ともに販売面では苦戦を強いられているようです。

セダンの場合、中古車市場においてもミニバンのようなニーズはありませんので、買取り価格もそれほど大きな期待はできそうもありません。

ここでは、7年落ちのセダンを買取り専門店に持ち込んだときに、どれくらいの査定額になるのかについて、車種別に見ていきたいと思います。

7年落ちのトヨタ・クラウンを買取り店に持ち込んだときの査定額

かつてほどセダンの人気がなくなったとはいえ、根強い人気を保ち続けているのが王者クラウンです。

7年落ちクラウンの査定額がどれくらいになるのか、具体的に見て行くことにしましょう。

2011年に新車登録されたクラウンのロイヤルサルーン(2.5L)を、7年落ちとなる2018年に走行距離7万kmで売却するときの査定額は、90万円~115万円ほどになると思われます。

クラウンロイヤルサルーン(2.5L)の2011年当時の車両本体価格は415万円となっていますので、7年落ちクラウンの査定額の目安は新車価格の25%ほどと考えていいと思います。

ミニバンの王者であるアルファードが7年落ちでも新車価格の40%ほどの査定額になるのに対して、セダンの王者であるクラウンが25%ほどになってしまうところに、中古車市場でのニーズの差を明確に感じます。

関連記事:トヨタクラウンの買取り価格と査定に関する相場を事例から分析

日産フーガを7年落ちで売却するときの買取り専門店での相場

日産のフーガは、セドリック・グロリア時代からずっとクラウンのライバル的な存在でしたが、セダンの人気がない現在ではかつてのような勢いはなくなってしまっています。

2011年登録の日産フーガの250GTを、7年落ちで売却するときの査定額の目安は、走行距離7万kmで75万円~95万円ほどになります。

走行距離が8万kmだと72万円~92万円、9万kmだと68万円~88万円ほどの査定額になります。

フーガ250GTの2011年当時の販売価格は427万円となっていましたので、7年落ちフーガの査定額は、新車価格の20%前後が相場となりそうです。

7年落ちの軽自動車はいくらで売却することができるのか?

軽自動車は普通車にくらべて維持費がやすいこともあって中古車市場でも人気になっていますが、耐久性などの不安から年式が古くなると査定額が一気に下がる傾向にあるようです。

実際に、7年落ちの軽自動車がどれくらいの査定額になるのか、車種別に見て行くことにしましょう。

ホンダ・ライフを7年落ちで買取り専門店に売却するときの査定額

ホンダ・ライフは2014年6月に生産終了となってしまったモデルですが、中古車市場では手ごろな価格のためにまだまだニーズがあるようです。

2011年に新車で購入したライフのGグレードを、7年落ちとなる2018年に手放すときの査定額は、7万km前後の走行距離で13万円~20万円程度になります。

ホンダ・ライフの2011年当時の車両本体価格は105万円となっていましたので、7年落ちのタイミングで売却するときの査定額は新車価格の15%~20%が目安となります。

さらに1年後の8年落ちとなりますと、査定額も1桁台となってしまう可能性が高くなります。

関連記事:ホンダライフの5年落ちと10年落ちの買取りの相場を比較する

7年落ちのダイハツムーヴを売却するときの査定額の目安

ダイハツのムーヴは軽自動車のなかでも非常に人気の高い車種になりますが、7年落ちで売却をするときにどれくらいの査定額になるのか気になるところです。

2011年に新車で購入したムーヴのXグレードを、7年落ちとなる2018年に走行距離7万kmで売却するときの査定額は、22万円~28万円ほどになると考えられます。

2011年式ムーヴのXグレードは新車価格が122万円でしたので、7年落ちムーヴの査定額の目安は、新車価格の20%前後になると思われます。

7年落ちの軽自動車であっても、人気車種になると十分に残価が残っているといえそうです。

関連記事:ダイハツムーヴの査定額や買取相場を5年落ちと10年落ちで分析~下取り価格を上回るか?

ダイハツタントを7年落ちで手放すときの買取り相場

タントもムーヴとならんで、根強い人気を保ち続けているダイハツの軽自動車です。

7年落ちのタントを実際に手放すときに、どれくらいの査定が額になるのか見て行くことにしましょう。

2011年に購入したダイハツタントのXグレードを、2018年に売却する場合の査定額は、7万km走行で27万円~33万円が目安になるでしょう。

走行距離が1万km増えるごとに、査定額は1万円程度ずつマイナスになっていきます。

2011年に新車で購入したときのタントXの車両本体価格は131万円でしたので、7年落ちタントの査定額の目安としては、新車価格の23%ほどになると考えられます。

軽自動車としては、かなりリセールバリューは高いといえそうです。

関連記事:ダイハツタントの買取価格や査定の相場を5年落・10年落ちで比較~下取りよりも有利?

7年落ちでも高額査定が期待できるスズキジムニー

スズキジムニーは、軽自動車のオフロードモデルということで、ライバルが存在しないこともあり、古くから人気を保ち続けている車種になります。

オフロード車という性質上、新車の販売台数はそれほど多いわけではありませんが、購入後に長く乗り続ける人が多いのと中古車市場での玉不足から、リセールバリューは非常に高いものとなっています。

2011年に新車登録したジムニーのXGグレードを、7年落ちとなる2018年に走行距離7万kmで買取り専門店に売却するときの査定額は、45万円~55万円程度が目安になります。

2011年式スズキジムニーXGの新車価格は126万円ですので、7年落ちジムニーの査定額の目安は新車価格の40%前後ということなります。

7年落ちの軽自動車の査定額は新車価格の20%前後になるのが普通ですので、スズキジムニーのリセールバリューがいかに高いかがお分かりになるかと思います。

ちなみに、スズキジムニーは2年後に9年落ちとなった場合でも、走行距離が9万kmで30万円~35万円ほどの査定額が期待できます。

7年落ちのスズキアルトを買取り店に売却するときの相場

スズキアルトは、手ごろな値段設定のために販売台数ランキングの上位に常に顔を出している人気車種です。

アルトは、もともとの価格が安いのと、中古車市場に在庫が豊富にあるために7年落ちの査定額がどれくらいになるのか気になるところです。

2011年に新車で購入したスズキアルトのGグレードを、2018年に売却するときの査定額の目安は、7万km走行の場合で8万円~13万円ほどになります。

アルトGグレードの2011年当時の新車価格は89万円となっていますので、7年落ちアルトの査定額は新車価格の12%前後が目安となりそうです。

7年落ちのハイブリッド車の買取り価格はどれくらいか?

トヨタのプリウスやアクアといったハイブリッド車は非常に人気が高く、実際によく売れています。

しかし、新車が売れているということは、それだけ中古車市場にも多くの中古車が出回っているということがいえますので、買取り価格がどれくらいになるのか気になるところです。

ここでは、プリウス及びプリウスαの7年落ちでの査定額について見て行くことにします。

7年落ちプリウスの査定額は思ったほどよくありません

ハイブリッド車のパイオニア的存在であるプリウスは、ここ数年はずっと新車の販売台数ランキングでトップ争いをしているほどの人気車種です。

新車が爆発的に売れているということは、中古車市場にもたくさんのプリウスが出回っていることになりますので、査定額はそれほど期待できないと思われます。

2011年式プリウスのSグレードを、7年落ちで売却するときの査定額の目安は、7万km走行で35万円~45万円ほどになります。

プリウスSの2011年当時の販売価格は220万円でしたので、7年落ちプリウスの買取り相場は新車価格の16%~20%が目安となりそうです。

やはり、たくさん売れすぎているがゆえに、プリウスの買取り価格は厳しいものがあるようです。

関連記事:プリウスの買取り相場と査定価格~5年落ちと10年落ちの事例でみる下取りとの比較

7年落ちのプリウスαの査定額はどれくらいか?

プリウスαが登場したのは2011年5月ですから、2018年で発売開始からちょうど7年になります。

7年落ちプリウスの査定額はあまりよくないことが分かりましたが、プリウスαの場合はどうなのでしょうか?

2011年に購入したプリウスαのSグレードを、2018年に売却するときの査定額は、走行距離が7万kmの場合で50万円~60万円が目安となります。

プリウスαのSグレードの2011年当時の新車価格は250万円でしたから、7年落ちプリウスαの査定額は新車価格の20%~24%ほどになると考えらます。

プリウスαの場合、プリウスと違ってそれほどリセールバリュー的には悪くないといえそうです。

ちなみに、同じ7年落ちであっても、走行距離が8万kmだと47万円~57万円、9万kmだと44万円~53万円が相場になります。

関連記事:プリウスαを下取りにだすときの査定相場や買取価格を5年落ちと7年落ちで比較

7年落ちのクロカンはどれくらいのリセールバリューが期待できるのか?

年式が多少古くても中古車の価値があまり下がらないといわれているのがクロカンです。

東南アジアや中東などで日本製クロカンの人気が高いこともあり、10年落ち以上の古いクルマであっても高額で買取りをしている専門店も少なくありません。

ここでは、7年落ちのクロカンがどれくらいの査定額になるのか、車種別にみていくことにしましょう。

7年落ちのランドクルーザー(ランクル)はどれくらいの査定額になるか?

クロカンの王者ともいうべき風格を持つランクルは、リセールバリューが高いことで知られています。

実際に7年落ちのランクルがどれくらいの査定額になるのか見て行くことにしましょう。

2011年に新車登録したランドクルーザーAXを、2018年に走行距離7万kmで買取り専門店に持ち込んだときの査定額は、190万円~230万円ほどが目安になると思います。

ランドクルーザーAXの2011年当時の車両本体価格は470万円でしたから、7年落ちランクルの査定額の目安は新車価格の40%~50%と非常に高い数字となります。

7年落ちでここまで高い買取り価格を提示してもらえる車種は、ランクル以外には見当たりません。

関連記事:ランドクルーザーの買取り価格や査定額を年式や走行距離別に比較

三菱パジェロを7年落ちで売却するときの査定額の目安

ランクルとともに国産の代表的なクロカンといえるのがパジェロです。

しかし、かつてのような人気はなく、最近のパジェロの新車販売台数は月間100台を切ってしまっているようです。

そんなパジェロですが、7年落ちで売却するときの査定額はどれくらいになるのか見て行くことにしましょう。

2011年式パジェロの上級グレードであるスーパーエクシードを、2018年に7年落ちで売却するときの査定額は、7万km走行で133万円~160万円が相場になります。

2011年式パジェロのスーパーエクシードは、新車のときの販売価格が447万円でしたから、7年落ちパジェロの査定額の目安は新車価格の30%~35%ほどになります。

かつてのような人気はないとはいえ、パジェロのリセールバリューはそれなりに高いといえそうです。

>>無料で一括査定はこちら<<