車の出張査定を依頼するときの流れや注意すべきこと~業者とのトラブルを避けて安心してクルマを売るために

車を売るときには、ディーラーに持ち込んで下取りしてもらったり、買取り店を訪問して査定をしてもったりする人が多いことでしょう。

しかし、さまざまな事情でお店までクルマを持ち込むことが出来ない人もいるに違いありません。

そういったときに便利なのが、出張査定です。

出張査定であれば、自宅で待機をしているだけで業者の方から査定にきてくれますから、自分でクルマを持ち込む必要はありません。

クルマの出張査定は、業者によって手順や対応がまちまちだったりしますので、初めてのかたはどのように依頼をすればいいのか分からないかも知れません。

ここでは、車の出張査定を受けるときの手順やさまざまな注意点などについて、詳しく書いてみたいと思います。

そもそも車の出張査定は無料?それとも有料?

これから車の出張査定を受けようと思っている人が一番気になる点は、有料なのかそれとも無料でやってくれるのかという点だと思います。

実は、出張査定を無料でやってくれるのか、それとも有料になってしまうのかは業者によって変わります。

最近は、出張査定が無料の業者が増えてきました。

しかし、依然として有料の業者もありますので、無料だと勘違いして後でトラブルにならないように、実際に出張査定を依頼するときにはその辺のところをしっかりと確認しなければいけません。

なぜ有料のところと無料のところがあるのか?

虫眼鏡で赤いミニカーを見る出張査定というのは、業者にしてみればわざわざ交通費や人件費をかけて訪問をするわけですので、それなりの経費が発生することになります。

そのため、かつては店舗まで車を持ち込むのが基本で、出張査定を受ける場合には有料になるという業者が多かったのです。

しかし、最近では各業者が顧客獲得のためのサービス向上の一環で、出張査定をあえて無料にするところが多くなっています。

特に、大手の買取り業者の場合には、全国にたくさんの店舗があるために、よほどのローカルな地域でなければ、無料で出張査定に応じてくれるはずです。

その一方で、個人経営や中小の中古車販売店などでは、大手と同様の対応は困難なので、出張査定を有料としたり、出張査定そのものを受け付けていなかったりするケースが多くなります。

出張査定はそれなりの経費が発生してしまうものなので、どうしても規模の小さい店では無料での対応が困難な場合があるのは仕方のないことです。

ですから、出張査定が有料だからといってその業者が悪質な業者ということではありません。

契約をしたときのみ出張査定料が無料になるという業者もあります

表向きは出張査定無料となっていても、それはあくまでもその業者に車を売ることが前提であるというところもありますので注意が必要です。

そのため、査定内容に納得できずに契約に至らなかった場合には、出張査定の料金を請求されることがあります。

多くの「出張査定無料」を標榜する業者は、たとえ契約に至らなくても有料となることはありませんが、中には例外な業者もいますので注意をしなければなりません。

トラブルにならないように、事前に「契約をしなかった場合でも出張査定は無料ですか?」と確認をしてから依頼をするようにした方がいいでしょう。

いずれにしましても、出張査定というのはたとえ無料であってもお店にとって費用が発生してしまうものなので、まったく売る気がないのに興味本位で査定額を知りたいだけといった場合の利用は慎みたいものです。

だいたいの相場を知りたいだけであれば、以下のようなネットの一括査定見積もりサイトを利用することですぐに概算の相場が分かりますので便利です。

また、一括査定サイトに参加している業者であれば、実際に契約をすることがなくても無料で出張査定をしてくれますので、安心して利用をすることができます。

かんたん車査定ガイド
(最大10社を比較)

クルマの出張査定を依頼するときの流れと手順

クルマの出張査定を依頼する場合には、まず出張査定に対応している業者を探さなくてはなりません。

ネットなどで検索をするときは「車 無料出張査定 ○○市」といった感じで、地域名を入れて検索をするといいでしょう。

あるいは、大手の買取専門店などの公式サイトなどを開いて、自宅の近くに出張査定に対応している店舗があるかどうかを確認してみるといいでしょう。

出張査定の申し込みは、直接電話をするか、ホームページの申し込みフォームから行うことになります。

あまり名前を聞いたことがない業者に依頼をするときには、出張査定が有料なのか無料なのかを確認したり、契約したときだけ無料になるのかどうかを確認したりする意味でも電話をした方が無難といえます。

出張査定の日時が決まったら、その日は自宅で忘れないように待機をするようにします。

うっかりと約束の日を忘れてしまうと業者に迷惑をかけてしまうことになりますので、カレンダーなどに予定を書きこんでおくようにしましょう。

また、複数の業者に出張査定を依頼する場合は、各業者が鉢合わせをしないように、時間の調整をするようにしましょう。

当日の査定は、1社あたり20分から30分程度で完了します。

査定額はその場ですぐに提示されるのが普通です。

業者によっては、査定が終わるとすぐに契約を迫ってくる業者もありますが、あわてて契約しないようにしましょう。

契約をしてしまったあとに、別の業者の査定額の方がかなり高かったりすると、かなりショックを受けることになります。

必ずいくつかの業者の査定額を比較したうえで、どこの業者と契約するかを決めるようにしましょう。

いくつかの業者に査定をしてもらって、自分が納得できる金額を提示してくれる業者があれば、契約をしてクルマを引き渡す流れになります。

悪質な出張査定専門の詐欺業者に注意

クルマの出張査定を依頼するときに気をつけなければならないのが、詐欺業者の存在です。

実際に、そういった業者にクルマを持ち去られて音信不通になってしまうということがよくあるのです。

参考記事:悪質なクルマ買取り業者の詐欺の手口と騙しのテクニック~言葉たくみに愛車を持ち去られて音信不通

クルマを持ち去ってしまうような詐欺業者は店舗を構えるということはありません。

店舗を構えていたら、簡単に足がついてしまうからです。

そういった業者は、ホームページなどを開設して、あくまでも出張査定専門でやっているわけです。

運悪くそんな詐欺業者に引っかかり、クルマを渡してしまうと、そのあとまったく連絡が取れなくなります。

もちろん、クルマの売却代金が振り込まれることもありません。

クルマの出張査定を依頼するときには、そういった詐欺業者にはくれぐれも注意をしなければなりません。

可能であれば、出張査定はJADRI(日本自動車流通研究所)という団体に加盟をしている業者に依頼をしたいものです。

過去に悪質な行為をしたり実績がなかったりする業者は、JADRIに加盟をすることはできません。

事前にJADRIの加盟業者であれることを確認しておけば、出張査定でトラブルになる可能性は非常に低くなるといえます。

JADRIの公式サイト

また先ほど紹介しました「かんたん車査定ガイド」の参加業者であれば、すべての業者がJADRIに加盟をしていますので、安心して出張査定を依頼することができます。

かんたん車査定ガイドの公式サイト

もし契約にいたらなかったときに気まずくならないか?

車の出張査定を依頼するときに、多くの人が心配をするのは、契約にいたらなかったときに気まずくならないか、ということです。

確かに、有料の出張査定であれば、業者としても実費を受け取れますので、仮にクルマを買取りすることができなかったとしても不満はないでしょう。

ところが、無料の出張査定の場合は、買取の契約にいたらなかったときには、交通費や営業マンの人件費が持ち出しになってしまいますので、なんとなくお断りするのは気まずいと感じてしまう人がいても当然です。

しかし、無料で出張査定を行っている業者は、査定そのもので利益を上げているわけではありませんし、あくまでも無料出張査定というのは顧客の窓口を広げるためのサービスの一環として行っています。

そのため、出張査定の依頼が何件かあったら、そのうちの何件が契約にいたるのかといったデータが社内で共有されていたりします。

つまり、お断りされる可能性も十分にあることを承知のうえで、あえて無料で出張査定をしている業者がほとんどなのです。

お断りさたときの交通費や人件費は、実際に契約にいたった人の取引の中から捻出をしているということになります。

化粧品やサプリメントなどの無料サンプルもそうですが、それらの費用は実際にお金を払って、商品を購入した人たちが負担をしているということになるわけです。

また、「かんたん査定ガイド」のような一括査定サイトに参加をしている業者であれば、複数の業者に同時に査定依頼されるということを知っています。

一括査定サイト経由で5社に査定の依頼があった場合、実際に契約にいたるのは1社だけであり、残りの4社はお断りをするということになります。

場合によっては、5社すべてがお断りされる可能性もあります。

業者の方も、そういったことになるということをあらかじめ知ったうえで一括査定サイトに参加をしていますから、たとえお断りをされたとしてもあまり気にしません。

契約できる可能性よりも、お断りされる可能性の方がはるかに高いわけですから、そんなことを気にする業者はそもそも一括査定サイトには参加をしていません。

クルマの出張査定を依頼したいけれども、お断りをするときに気まずくなるのを気にしている人は、一括査定サイトを利用してみるといいでしょう。

複数の業者の査定額をかんたんに比較して、一番高い業者に売却をすることができますので、まさに一石二鳥ということがいえます。

かんたん車査定ガイド
(最大10社を比較)

車の出張査定を依頼する人の主な理由

お店を訪問して自分の車を見てもらうのが一般的な査定の流れになるにもかかわらず、最近では出張査定のニーズが非常に高くなっています。

そもそも、なぜ出張査定を依頼する人が増えているのでしょうか?

ここでは、クルマの出張査定を依頼する人のさまざまな理由について考えてみたいと思います。

地方に住んでいて自宅の近くにクルマの買取り専門店がない

車の買取りをしてもらいたいと思っても、自宅の近くに買取り専門店がない場合には、休日や仕事帰りにちょっとお店によって査定をしてもらうということができません。

お店が遠方にしかない人の場合は、複数の業者に査定をしてもらって比較をしよう思ったら、貴重な休日をまるまる一日つぶしてしまうことにもなりかねません。

そういった人の場合は、自宅まで業者が査定に来てくれる出張査定はとても便利に感じることでしょう。

しかも、最近では無料で出張査定を行ってくれる業者が増えています。

自宅で待機をしていれば、業者の方から査定にきてくれるわけでから、大きな時間の節約につながるわけです。

クルマを走らせることが出来ないケース

動かない車と困っている男性お店に車を持っていきたくても、そもそもクルマを走らせることが出来なければお店に持ち込むことはできません。

たとえば、車検が切れている車の場合です。

車検切れの車で公道を走らせると道路運送車両法違反となり、違反点数6点のペナルティと6ヵ月以下の懲役または30万円以下の罰金が科せられることになります。

車検切れのクルマの罰則~道路運送車両法58条

そのため、車を運転してお店まで持っていくことは不可能ということになります。

また、しばらく乗っていなかったためにバッテリーが上がってしまったり、キーを紛失してしまったりしているときには、お店までクルマを持っていくことはできません。

売れるかどうかも分からないクルマを、わざわざトレーラーなどに積んで持ち込むなどというのは現実的ではありません。

こういったケースの選択肢は、出張査定しかないといえます。

無料一括査定サービスを利用するケース

最近利用者が増えているのが、ネットによるクルマの一括査定サービスです。

このサービスを利用することで、簡単に複数の業者に車の査定を依頼することが出来るのですが、パソコンに入力したデータだけで中古車の正確な状態や価値を判断することは困難です。

そのため、最終的には何社かに業者を絞ったうえで、出張査定によって実車を見てもらうことになります。

一括査定サイトの登録業者は、基本的にどこも無料出張査定に対応しています。

これからは、自宅に居ながらにして、一番高い業者を選んでクルマを売却する時代というのがトレンドになりそうです。

参考記事:車の一括査定サイト経由の出張査定で効率よく最高買取価格を提示させるコツ

文:山沢 達也

タイトルとURLをコピーしました