トヨタアクアの買取り相場と査定額~年式や走行距離で比較~下取り額の目安一覧

2011年に鳴り物入りでデビューしたトヨタのハイブリッド車・アクアは、プリウスをも上回る圧倒的な燃費の良さと、5ナンバーサイズのコンパクトさで、人気を集めています。

2018年度の新車販売台数でも、プリウスや日産のノートとつねにトップ争いを演じています。

そんな売れまくっているトヨタアクアですが、中古車市場での下取り額や買取価格はどれくらいになるのでしょうか?

ここでは、年式別・走行距離別などの条件別に、アクアの下取り価格や買取り相場を実際の事例から分析してみたいと思います。

1.トヨタアクアの下取りや買取り査定に関する基本情報

トヨタアクアを下取りや買取り専門店に売却するときの、2018年における相場に関する基本情報を紹介してみたいと思います。

アクアを手放す際の目安の金額として考えていただければと思います。

1-1 アクアを下取りに出すときの年式別相場一覧

まずは、アクアを下取りに出す際に、どれくらいの査定額になるのかについて、目安の金額を年式別に一覧にしてみたいと思います。

グレードはGで、走行距離は年式相応であることを前提に算出しています。

  • 6年落ち…38万円~57万円
  • 5年落ち…42万円~63万円
  • 4年落ち…50万円~75万円
  • 3年落ち…66万円~100万円

1-2 買取専門店での年式別査定相場の一覧

こちらは、アクアを買取り専門店に持ち込みをして査定してもらう場合の年式別相場になります。※ナビクル2018年データより

条件的には上記の下取りの場合と全く同じです。

データで比較をしてみると分かりますが、下取りよりも買取り店の査定額の方が高くなる傾向があるようです。

  • 6年落ち…43万円~64万円
  • 5年落ち…48万円~72万円
  • 4年落ち…56万円~84万円
  • 3年落ち…72万円~108万円

アクアは人気車種ではありますが、たくさん売れているがゆえに中古車市場には多くの在庫が流通しているため、査定額はどうしても厳しめになることが多いようです。

また、同じ年式のアクアであっても、表のように業者間で買取価格に大きな差があることがお分かりになるかと思います。

あなたのアクアを最高値で売るためには、以下のような一括査定サイトで複数の業者を比較することは必須といえます。

かんたん車査定ガイド(無料)
https://a-satei.com

2.アクアの査定金額の高い例と低い例を比較してみる

アクアの買取り価格の、一番高かった事例と一番低かった事例を紹介してみましょう。

どのような条件のアクアが高く売れたり、安くなってしまったりするかの目安になるかと思います。

2-1 高かった例~2015年式走行距離1万5千kmのG’sが182万円

こちらは、アクアの査定額が特に高かった事例になります。

グレードは、特別限定車である2015年式のG’sで、2018年に3年落ちで売却をしています。

走行距離は1万5千kmと3年落ちにしては非常に少ない状態です。

G’sならではの専用アルミホイールやエアロパーツに加えて、ナビやバックモニターも装備されています。

この3年落ちで走行距離1万5千kmのアクアG’sを、一括査定サイト経由で4社の買取専門店に査定をしてもらったところ、高い順に182万円、180万円、175万円、170万円という提示になりました。

グレードが人気の高い特別限定車であるG’sであることや、3年落ちで走行距離も1万5千kmと少ない点などが高く評価されて182万円という高額査定になったようです。

2-2 安かった事例~15万km走行の2012年式グレードLの査定が24万円

こちらは、査定額が特に低かったアクアの売却事例になります。

グレードはベーシックグレードのLで、2018年に福岡県にて6年落ちで売却をしています。

走行距離は14万9千kmとほぼ15万km走行しており、6年落ちのクルマにしてはかなりの過走行車ということになります。

また、装備的にもナビが装着されていないなど、見劣りがします。

このアクアを5社の買取店が査定をした結果、24万円、22万円、20万円、15万円という金額になりました。

6年落ちのアクアとしては、かなり低い査定額となってしまいましたが、やはり6年落ちで走行距離が15万km近いという点が大きなマイナス要因となってしまったに違いありません。

3.アクアの査定額を年式別で比較をしてみましょう

クルマの査定額というのは、年式によって大きく変わってきます。

実際に、アクアの買取り価格が年式によってどれくらい違ってくるのが、グレードと走行距離が同じという条件で、2012年式~2015年式で比較をしてみたいと思います。

3-1 2012年式で6年落ちのアクアGの買取り価格が65万円

こちらは、6年落ちとなる2012年式アクアを売却したときの事例です。

グレードはGで、査定を受けた地域は千葉県になります。

走行距離は5万1千kmとなりますので、6年落ちとしてはやや少ない印象です。

装備的には、純正のナビやバックカメラ、コーナーセンサー、ETC、スマートキーなど充実しています。

この2012年式アクアを4社に見積もりしてもらった結果、65万円、62万円、55万円、50万円という提示金額になりました。

6年落ちのアクアが65万円であれば、悪い提示ではないと思います。

ただ、一番安い業者は50万円を提示していますので、やはり複数の業者に査定をしてもらって比較をすることは大切です。

3-2 2013年式で走行距離4万9千kmのグレードGを80万円で売却

こちらは、2013年式のアクアを5年落ちで売却をしたときの事例です。

グレードは先ほどの事例と同じくGになります。

売却地は栃木県で、修復歴などはありません。

走行距離は4万9千kmとなりますので、5年落ちのクルマとしてはほぼ標準的といっていいでしょう。

純正のメモリーナビやバックカメラなどもついており、装備的に特に不満はない車両です。

こちらの2013年式アクアGを、5社の買取専門店が査定をしたところ、高い順から80万円、76万円、72万円、60万円、52万円という結果になりました。

1社は、5年落ちのフィットにしては高めの80万円を提示していますが、一番安い業者の査定額は52万円なっており、その差額は28万円にもなります

同じアクアであっても、業者によってこのように評価が大きく分かれることも少なくありませんので、複数の業者に査定を受けて比較をしてみることはとても大切です。

ネットから簡単に複数の業者の査定額を比較するには、以下のような一括サイトが便利です。


最大10社に45秒で無料一括査定

3-3 2014年式のアクアを4年落ちで売却したときの査定額が88万円

2014年式のアクアを2018年に4年落ちで売却をしたときの事例を紹介します。

グレードは先の2つの事例と同じくGで、査定を受けた地域は福岡県になります。

走行距離は4万8千kmと、4年落ちにしては少し距離が伸びている印象です。

装備的には、純正のフルセグメモリーナビとバックカメラが装着されており、社外アルミホイールでドレスアップされています。

この2014年式の4年落ちアクアを3社の買取専門店が見積もりをしたところ、88万円、70万円、62万円と3社の評価がそれぞれ分かれました。

走行距離が4万8千kmまで伸びていることを考えますと、88万円の提示額はけっして悪くないと思います。

3-4 2015年式で走行距離4万8千kmの3年落ちアクアが103万円

2015年式アクアのグレードGを、2018年に3年落ち売却をした事例です。

売却地は群馬県で、修復歴はありません。

走行距離は、4万8千kmとなっています。

先ほどの3つの事例と条件を合わせるために5万km前後の事例を選んでいますが、3年落ちで4万8千kmというのは、かなり走り込んでいる車両ということになります。

この2015年式アクアGを、5社で査定してもらったところ、103万円、100万円、95万円、92万円、80万円という結果になりました。

3年落ちにもかかわらず走行距離が4万8千kmまで伸びていることを考えますと、103万円の査定額は十分に満足すべき金額だと思います。

一番安い業者との差額は23万円ありますので、5社に査定をしてもらったことは大正解といえます。

4.アクアの査定額を走行距離で比較する

クルマの査定額は、年式だけではなく走行距離によっても大きく変わります。

年間1万kmをめどに、それより多ければマイナス査定に、少なければプラス査定になるのが一般的です。

実際のアクアの買取価格が、走行距離によってどれくらい変わってくるかについて、5年落ちのアクアを事例にして見ていきたいと思います。

4-1 走行距離17万7千kmの2013年式アクアの買取り額が25万円

こちらの事例は、5年落ちで走行距離が17万7千kmとかなりの過走行になっているアクアのものです。

グレードは中間グレードにあたるSで、査定を受けた地域は北海道です。

修復歴などはありませんが、ナビが装着されておらず、装備的には物足りなさを感じます。

この17万7千km走行の5年落ちアクアを4社の買取専門店が査定をした結果、25万円、23万円、22万円、20万円という提示額になりました。

一番高い業者で25万円というのは、5年落ちのアクアとしては非常に低い金額ですが、走行距離が17万7千kmとなっている点が、大きなマイナスポイントになっていると思われます。

4-2 5年落ちで走行距離5万3千kmのグレードSが75万円で売れた事例

こちらは、走行距離が5万3千kmと、5年落ちとしてはほぼ標準的なアクアを売却したときの事例です。

グレードは先ほどの事例と同じく2015年式のSで、2018年に北海道で売却をしています。

ナビやバックカメラは装着されていません

この5年落ちのアクアを3社で査定したところ、75万円、65万円、62万円という結果になりました。

3社中1社だけが75万円という高めの提示をしてくれています。

まったく同じクルマであっても、業者の在庫状況やさまざまな理由によって、思わぬ高値で売れることがよくあります

もし1社だけしか査定を受けていなかったら、このクルマの場合60万円代での売却になっていた可能性が高いといえます。

4-3 走行距離1万4千kmのアクア1.5Sの買取り価格が92万円

こちらは、5年落ちとしては、走行距離が1万4千kmと非常に少ないアクアを売却したときの事例になります。

グレードは上記2つの事例と同じくSで、2013年式を2018年に富山県で売却しています。

装備的には、地デジフルセグHDDナビ、バックカメラ、スマートエントリーキー、LEDライトなどかなり充実しています。

こちらの1万4千km走行の5年落ちアクアを5社で査定をした結果、高い順から92万円、90万円、85万円、83万円、75万円という提示になりました。

5社中2社が90万円代の査定額を提示していますが、走行距離が5年落ちとしては1万4千kmと非常に少ない点を高く評価してくれているのだと思います。

5.アクアのグレードの違いで買取り価格はどれくらい変わってくるのか

クルマの査定額は、年式や走行距離だけではなく、グレードの違いなどによっても大きく変わってきます。

ここでは、実際のアクアの上位グレードとベーシックグレードで査定額がどれくらい変わるのかについて、売却事例をもとに見ていきたいと思います。

5-1 3年落ちで走行距離が2万8千kmの1.5Lを87万円で売却

こちらはアクアのベーシックグレードである2015年式の1.5Lを、2018年に3年落ちで売却したときの事例になります。

走行距離は、2万8千kmと3年落ちのクルマとしてはほぼ標準的です。

売却地は愛知県で、修復歴はありません。

ナビは装着されていませんが、2015年式で新しいアクアのためレーダーブレーキサポートがついています。

この3年落ちのアクア1.5Lを、4社の買取専門店で査定を受けた結果、87万円、85万円、80万円、73万円の提示になりました。

3年落ちで走行距離も標準的なアクアではありますが、ベーシックグレードということもあり、買取り価格はそれほど伸びなかったようです。

5-2 ブラックソフトレザーセレクションの3年落ちが108万円の査定額

こちらは、2015年式アクアGのブラックソフトレザーセレクションを、2018年に3年落ちのタイミングで査定を受けた事例です。

走行距離は3万1千kmとなっていますので、3年落ちのクルマのほぼ標準的な距離です。

装備的には、8インチの大型ナビやクルーズコントロールなどが装着されています。

こちらのアクアGのブラックソフトレザーセレクションを3社に見積もりをしてもらったところ、108万円、100万円、95万円という結果になりました。

先ほどの事例と年式も走行距離もほぼ同じですが、やはりこちらは上位グレードということもあって20万円ほど査定額が高くなっています。

>>無料で一括査定はこちら<<

トヨタアクアの公式サイト
https://toyota.jp/aqua/

大手買取り専門店
参考:アップル  ビッグモーター