ホンダフィットを売る~5年落ちと10年落ちの買取り価格や下取り相場を実際の査定額で検証

コンパクトカーの中でも、特に高い人気を誇っているのがホンダのフィットです。

フィットは人気車種ゆえに、売却をする際には高額査定の期待できるクルマです。

これからホンダフィットを売る予定のひとは、自分のクルマが実際にどれくらいの値段で売れるのか気になるところでしょう。

ここでは、ホンダフィットの実際の買取り相場について、さまざまな実例をもとに具体的に分析してみたいと思います。

関連記事:3年落ちのフィットを買取り店で売るときの査定額~売却事例から相場を判断

このページの目次

1.ホンダフィットの下取り額や買取価格に関する基本データ

まずは、ホンダフィットの2018年現在の大まかな下取り額や買取専門店での査定額を年式別に紹介してみたいと思います。

フィットの1.5RSを年式相応の走行距離で売却することを前提に査定額を算出しています。

1-1 年式別のフィットの下取り相場

フィットRSを下取りにだすときに、どれくらいの査定額になるのかを年式ごとに一覧で紹介します。

  • 10年落ち…9万円~13万円
  • 9年落ち…11万円~16万円
  • 8年落ち…17万円~25万円
  • 7年落ち…34万円~50万円
  • 6年落ち…42万円~63万円
  • 5年落ち…60万円~97万円
  • 4年落ち…65万円~115万円
  • 3年落ち…78万円~115万円

1-2 買取専門店での査定額の目安

こちらは買取専門店で、先ほどの下取りの場合と同じ条件でフィット1.5RSの査定を受けたときの目安になります。
※ナビクルの2018年度データより

車買取専門店での査定額は、下取りよりも高くなるのが一般的です。

  • 10年落ち…14万円~20万円
  • 9年落ち…16万円~23万円
  • 8年落ち…21万円~32万円
  • 7年落ち…39万円~59万円
  • 6年落ち…47万円~70万円
  • 5年落ち…65万円~97万円
  • 4年落ち…70万円~105万円
  • 3年落ち…83万円~125万円

条件的にはまったく同じフィットであっても、表をご覧になってお分かりのように業者によって査定額は驚くほど違ってしまいます。

あなたのフィットをうっかりと最安値で売ってしまわないために、以下のような一括査定サイトを利用して業者間の査定額を比較することはとても大切です。

かんたん車査定ガイド(無料)
https://a-satei.com

2.5年落ちのホンダフィットの買取り相場はどれくらいなのか?

車というのは、車検の切れ目で売ることが多い傾向にあります。2回目の車検にあたるのがちょうど5年落ちのときです。

5年落ちのフィットの買取り相場がどれくらいなのかを、実際の査定の事例をもとにみていきましょう。

2-1 走行距離が2万8千kmの1.5RSの買取り額が132万円

こちらは、5年落ちのフィットのなかでも、特に査定額が高かった事例の紹介になります。

グレードは2013年式の1.5RSで、マニュアルミッション仕様となっています。

走行距離は2万8千kmと、5年落ちのクルマとしては非常に少なくなっています。

純正メモリーナビ、バックモニター、フルセグTV、ETC、スマートキーなど、このクラスのクルマとしては非常に装備的に充実しています。

このフィットRSを一括査定サイト経由で6社の買取専門店が査定をした結果、高い順から132万円、127万円、125万円、120万円、116万円、110万円という提示額になりました。

走行距離が2万8千kmと非常に少ないとはいえ、5年落ちのフィットの買取り価格が132万円というのはかなり高いといっていいでしょう。

やはりグレードが1.5RSであることや、マニュアルミッションであることなどがプラス要因となったと思われます。

意外に思われるかも知れませんが、実はマニュアルミッションのクルマというのは、高く買取りされる傾向にあるのです。

参考記事:マニュアル車がAT車にくらべて圧倒的に高く売れる理由 

2-2 修復歴ありの5年落ち1.3Gスマートセレクションが37万円の査定額

こちらは、修復歴のある5年落ちフィットを売却したときの事例になります。

「修復歴あり」というのは、過去にフレームに影響をあたえるような事故を起こして、修復をしたクルマになります。

俗に「事故車」などと言われることもありますが、修復歴のあるクルマは、査定額が通常よりも3割ほど低くなるといわれています。

この事例のフィットのグレードは2013年式の1.3Gスマートセレクションで、2018年に札幌で査定を受けたものになります。

修復歴のあるフィットではありますが、走行距離は1万3千kmと5年落ちとしては非常に少なくなっています。

このフィットを4社の買取店が査定をしたところ、37万円、35万円、34万円、30万円という結果になりました。

修復歴があるにもかかわらず一番高い業者が37万円を提示したのは、走行距離が1万3千kmと少ない点をプラス評価してくれたのでしょう。

2-3 フィットの特別限定車であるシーズ_ファインスタイルの売却額が43万円

こちらは、フィットの特別限定車であるシーズ_ファインスタイルを5年落ちで2018年に売却したときの事例になります。

売却地は静岡県で、修復歴などはありません。

走行距離は5万2千kmで、5年落ちのクルマとしてはほぼ標準的といっていいでしょう。

こちらのフィットも、純正ナビやバックカメラ、地デジTV、ドライブレコーダー、スマートキー、フルオートエアコンなど、コンパクトカーらしからぬ装備の充実ぶりです。

このフィットを5社の買取店が見積もりをしたところ、43万円、41万円、40万円、37万円、35万円という結果になりました。

一番高い業者は43万円を提示していますので、5年落ちで標準的な走行距離のフィットの査定額としは悪くないと思います。

2-4 走行距離10万km超えの5年落ち1.3Gスマートセレクションが28万円

こちらは、走行距離が10万8千kmと、5年落ちとしてはかなり走り込んでいるフィットの売却事例になります。

2013年に登録した1.3Gスマートセレクション_ファインスタイルを、2018年に5年落ちで売却しています。

売却地は広島県で、「修復歴なし」となっています。

ナビ等の装着はなく、装備的には充実しているとはいえないフィットです。

こちらのフィットを、一括査定サイト経由で4社が査定をした結果、28万円、25万円、24万円、20万円という提示になりました。

5年落ちのフィットとしてはかなり低い査定額になっていますが、やはり走行距離が10万kmを超えてしまっている点が大きなマイナスポイントとなってしまっているようです。

最近のクルマはタイミングベルトではなくタイミングチェーンが使われていますので、あまり10万kmという走行距離を意識する必要はないのですが、やはりイメージ的にはよくないのでしょう。

参考記事:10万kmでタイミングベルトの交換は過去の話です~今はタイミングチェーンが主流  

3.10年落ちのフィットの査定額はどれくらいが相場なのか?

かつては10年落ちの車には、ほとんど価値がないとの判断をされました。

そのため10年以上乗った車は、乗りつぶすか廃車にするという選択肢しかありませんでした。

しかし、ホンダフィットのような人気のあるコンパクトカーの場合、10年乗ってもしっかりと査定額を提示してもらえるケースが多くなっています。

実際に、10年落ちのフィットが売れた事例を見て行くことにしましょう。

3-1 10年落ちのフィット1.5RS(4WD)の査定額が62万円

こちらは、10年落ちにもかかわらず、査定額が非常に高かったフィットの買取り事例になります。

グレードは2008年式1.5RSの4WDで、2018年に北海道で売却をしています。

10年落ちではありますが、走行距離が4万3千kmと非常に少ないフィットです。

純正のHDDナビやバックカメラなどは普通に装備されています。

また、こちらのフィットは同じ人が10年間乗り続けてきたワンオーナーカーとなります。

この10年落ちフィットを6社の車買取専門店が査定をしたところ、高い順から62万円、53万円、50万円、42万円、38万円、35万円という提示になりました。

10年落ちにもかからず、62万円という高い買取り額を提示している業者があることに驚かされます。

グレードがRSの4WDである点や、走行距離の少なさ、ワンオーナーカーである点などを高く評価してくれたのでしょう。

参考記事:ワンオーナーのクルマはなぜ買取り価格が高くなるのでしょうか?

ただし、一番高い業者と低い業者との差額が27万円もありますので、評価は大きく分かれています。

やはり、少しでも高くクルマを売るには、複数の業者に見積もりをしてもらうことが大切です。

3-2 走行距離の少ない10年落ち1.3 G ハイウェイエディションを28万円で売却

こちらの事例は、10年落ちにもかかわらず走行距離が2万3千kmと非常に少ないフィットを神奈川県で売却したときのものです。

グレードは2008年式の1.3 G ハイウェイエディションで、純正のナビやバックモニターなども装着されています。

また、こちらのクルマもワンオーナーカーであり、なおかつ禁煙車です。

喫煙車は高く売れませんので、禁煙車であるかどうかという点も売却時には重要になります。

参考記事:室内がクサイ車は高く売れません~ペットの臭い・タバコの臭い 

このフィットを3社が査定をした結果、28万円、22万円、16万円という見積額の提示になりました。

10年落ちにもかかわらず、一番高い業者は28万円を提示しています。

走行距離が2万3千kmと非常に少なく、なおかつワンオーナーカーで禁煙車である点などが総合的に高く評価されたのだと思います。

3-3 走行距離10万kmオーバー10年落ちフィットの査定額が25万円

こちらは、走行距離が10万3千kmの10年落ちフィットを買取りしてもらったときの事例になります。

グレードは2008年式の1.5RSで、査定を受けたのは三重県になります。

このフィットも10年落ちにもかかわらずワンオーナーカーで、社外HDDナビやHIDヘッドライトなどが装着されています。

この10年落ちフィットを5社の車買取専門店に見積もりを出してもらった結果、高い順から25万円、22万円、18万円、17万円、15万円という提示になりました。

10万kmオーバーの10年落ちフィットではありますが、25万円を提示している業者がいます。

グレードがRSである点やワンオーナーカーである点などが評価されたのでしょう。

4.3年落ちのフィットだとどのくらいの相場で売却できるのでしょうか?

2回目の車検のタイミングとなる5年落ちと、売却をするか乗り潰すかで迷う10年落ちについて買取り価格の事例を紹介してみましたが、最初に車検が切れるタイミングとなる3年落ちで売却を考える人もいると思います。

3年落ちとなるホンダフィットの買取り事例をいくつか見ていきたいと思います。

4-1走行距離が2万2千kmの3年落ちフィットの無限仕様が163万円

こちらは、3年落ちのフィットが非常に高く売れた事例の紹介になります。

グレードは2015年式の1.5 ハイブリッド Sパッケージで、無限のフルエアロやマフラー、17インチアルミホイールなど、すべて無限のパーツでカスタマイズされたフィットになります。

走行距離は、2万2千kmと3年落ちとしては少なめといっていいでしょう。

この無限パーツでカスタマイズされたフィットを6社が査定をしたところ、163万円、145万円、131万円、125万円、120万円、115万円という結果になりました。

163万円という高額な査定額を提示している業者が1社ありますが、一方で115万円を提示している会社もあります。

高い業者と安い業者の差額はなんと48万円にもなります。

こうしたエアロパーツでカスタマイズされたクルマは、評価してくれる業者と全く評価しない業者がはっきりとしています

こうしたクルマを高く売るためには、複数の業者に査定をしてもらうことは必須といえます。

参考記事:カスタムカーはマイナス査定になります~高く売るにはどうするか?  

4-2 過走行の3年落ちフィット13G_Fパッケージ4WDが54万円

こちらは、3年落ちにもかかわらず走行距離が10万1千kmと相当に走り込んでいるフィットの売却事例になります。

グレードは2015年式の3G_Fパッケージ4WDで、売却地は北海道の札幌になります。

装備的には、社外ナビTVやドライブレコーダーなどが装着されています。

こちらのフィットを一括査定サイト経由で4社が査定をしたところ、提示額は54万円、52万円、48万円、47万円となりました。

3年落ちにフィットとしてはかなり低い結果となっていますが、走行距離が10万kmを超えているという点が大きなマイナスポイントになっているに違いありません。

4-3 走行距離1万2千kmと少ないRSの買取り額が137万円

こちらは走行距離が1万2千kmとかなり少ないフィットを、2018年に3年落ちで売却したときの事例になります。

グレードは2015年式の1.5RSで、ミッションはマニュアルではなくCVTになります。

純正ナビ、リアカメラ、盗難防止装置、LEDヘッドライトなど装備的には充実しています。

こちらのフィットを4社の買取店が見積もりをした結果、137万円、135万円、128万円、122万円という査定額になりました。

グレードがRSであるということと、走行距離が1万2千kmと非常に少ないこともあり、137万円という高額な提示を受けています。

これがマニュアルのRSだったら、もう少し査定額が高くなったかも知れません

5.7年落ちのフィットの査定額を実際の事例で比較してみましょう

最近は、新車を購入したオーナーが買い替えをするまでの期間が、かつてにくらべて長くなっているようです。

最初の車検や2回目の車検のタイミングとなる、3年落ちや5年落ちよりも、3回目の車検となる7年落ちで売却する人が多くなっています。

ここでは、実際に7年落ちのホンダフィットがどれくらいの値段で売れるのかについてみていきたいと思います。

5-1 走行距離2万4千kmの7年落ち1.3Gスマートセレクションが45万円

こちらは、7年落ちにもかかわらず、走行距離が2万4千kmと非常に少ないフィットの買取り事例になります。

グレードは2011年式の1.3Gスマートセレクションで、売り主は奈良県在住の方です。

社外メモリーナビやワンセグ、スマートキーなどのひと通りの装備は装着されているフィットになります。

こちらのフィットを3社が見積もりした結果、45万円、44万円、38万円という査定額になりました。

7年落ちの1.3Gスマートセレクションの査定額が45万円であれば十分に満足すべき結果といえます。

やはり、走行距離が2万4千kmと7年落ちにしては圧倒的に少ない点が高く評価されたのだと思います。

5-2 フィットRSのカスタム仕様7年落ちが78万円で売れた事例

こちらは、7年落ちフィットの査定額が業者によって大きく差がついた事例になります。

グレードは2011年式の1.5RSで、売却地は静岡県になります。

走行距離は6万8千kmと、7年落ちのフィットとしてはほぼ標準的な距離といえます。

このフィットは、いわゆるカスタムカーで、HKSの車高調サスやエアロパーツなどで本格的にカスタマイズされています。

このフィットを4社で査定をしたところ、高い順から78万円、55万円、52万円、45万円という結果になりました。

1社だけが78万円という高い金額を提示し、残りの3社は50万円前後の評価になっています。

この結果を見ると、このフィットの買取相場は50万円前後なのだと思います。

しかし、たまたまカスタムカーを評価してくれる業者が4社のなかにいたために、78万円という高額査定を得ることができたわけです。

こういった比較をせずに、1社だけに査定をしてもらっていたら、50万円前後で売却することになっていた可能性は高いといえます。

以下のような一括査定サイトを利用すれば5社程度の比較をするのはそれほど手間のかかることではありせんので、車を売却予定の人はぜひ利用してみるといいでしょう。

かんたん車査定ガイド(無料)
https://a-satei.com

まとめ

このように、ホンダフィットの場合には10年落ちであっても条件によっては十分に評価をしてくれるということがお分かりかと思います。

しかし、年式の古い車になればなるほど、その評価は買取り業者によって大きく異なるということも事例から読み取れます。

いくつかの買取り業者を比較してみて、1社だけポンと高い買取り価格を提示してきた場合には、そのタイミングで高く買取りをしたいなんらかの理由があると思われますので、すぐに売却を決めてしまった方が賢いといえます。

そのタイミングを逃してしてしまうと、あとでそのお店に持ち込んでもその値段で買い取りしてもらうことが出来なくなっている可能性もあるからです。

一方、5年落ちのフィットであれば、走行距離や車の状態にもよりますが、いくつかの買取り業者を比較することで50万円以上の売却は普通に可能であるといえます。

ぜひ、あなたがフィットを売る際の参考にしていただければと思います。

ホンダフィットの公式サイト
https://www.honda.co.jp/Fit/

大手車買取専門店
参考:アップル  カーセブン