車を高く売るための豆知識

車を高く売るための豆知識

塩害や雹(ひょう)の被害も事故車扱いになるって本当?

事故車というと、過去に交通事故を起こして車両に大きなダメージを受けた車というイメージがあると思います。 ところが、中古車業界において事故車の定義はもう少し広い意味で使われ、洪水などによる水没車や海の近くに住んでいる人の車が受ける塩害、...
車を高く売るための豆知識

査定の前に洗車をしても意味がないというのは本当でしょうか?

車の査定を受けるということは、自分の車の価値を他人に評価してもらうわけですから、少しでもきれいに見せたいと思うのが本音ではないでしょうか。 そのため、査定を受ける直前に洗車をして、きれいな状態にして買取り店にも持ち込む人も少なくないよ...
車を高く売るための豆知識

モデルチェンジの前と後では車の買取り金額が大きく変わる?

車は同じ車種であっても、定期的にモデルチェンジが繰り返されます。 モデルチェンジがあると、中古車市場においても少なからず影響があるといわれています。 車種によっては、モデルチェンジの前と後では中古車の買取り価格が大きく変わってし...
車を高く売るための豆知識

ネームプレートのない車の査定額が大幅に減額される理由

車には、必ずネームプレートいうものが取り付けられています。 ネームプレートというのは、車体番号や型式、エンジンの型式や排気量、ボディカラーコードなど、さまざまな車に関する情報が刻印されているもので、コーションプレートと呼ぶ人もいます。...
車を高く売るための豆知識

マニュアル車がAT車にくらべて圧倒的に高く売れる理由

日本国内を走っている乗用車のほとんどはAT車となっています。 最近の新車販売総数に占めるAT車の割合は、95%を超えているそうです。 また、新たに運転免許を取得する人がAT限定の免許を取得する割合は、平成27年度では57%となっ...
車を高く売るための豆知識

車を売るときに気をつけたい詐欺業者~車を持ち去られて音信不通!?

車というのは高額商品です。 そのため中古車といえども、売買にあたってはそれなりに大きな金額のやり取りが発生します。 ある程度のまとまった金額が動く取引において、詐欺師たちが目をつけないわけはありません。 実は、中古車の買取...
車を高く売るための豆知識

新車ディーラーがひそかに行っている「溶かし」と呼ばれる下取り方法

新車ディーラーが車を販売するにあたり、下取り車の処理方法として「溶かし」という技をつかうことがあるのをご存知でしょうか? 「溶かし」というのは、文字通り下取りをしたはずの車が溶けてなくなってしまったように感じることからそう呼ばれている...
車を高く売るための豆知識

中古車の買取り保証~どんなオンボロ車でも必ず買取れる理由とは?

最近の車買取り店のなかには、買取り保証をうたうところも多くなっています。 つまり、どんなにオンボロ車でも買取りをするということです。 不動車であっても、わざわざ自宅までレッカー車で引取りに来てくれて、なおかつ1万円程度の買取り金...
車を高く売るための豆知識

車は残価設定ローンで買うのと普通に買い替えるのはどちらがお得?

車の残価設定ローンというものをご存知でしょうか? 3年後や5年後の車の残価をあらかじめ設定しておき、その分を差し引いた残りの金額分だけのローンを支払えばいいというサービスです。 残価分を差し引いてあるので、月々のローンの支払い額...
車を高く売るための豆知識

軽自動車は5万kmを超えると査定が一気に安くなるというのは本当か?

軽自動車は、5万kmを境に査定額が一気に下がるという噂があります。 また、普通車が10万kmを超えると査定額が大幅に下がるという噂もあります。 これらの噂は本当なのでしょうか?それともただの都市伝説なのでしょうか? 普通車...
車を高く売るための豆知識

車の一括査定の落とし穴~一番高い業者に即決してはいけない理由

最近は、車の一括査定サイトが大変人気になっています。 一昔前までの車を売るための方法としては、新車を買うディーラーにそのまま下取りに出したり、近所の買取り専門店に持ち込んで査定をしてもらうというのが一般的でした。 しかし、一社だ...
車を高く売るための豆知識

走行距離が10万kmを超えた車は売れないなんてウソです

車は機械ですから、走行を重ねるたびに各パーツに痛みが生じます。 どんなに品質の良い車であっても、機械である以上やがて各パーツが劣化して動かなくなってしまうときが必ずきます。 車が問題なく使用できるかどうかの目安が10万kmであり...
車を高く売るための豆知識

ワンオーナーのクルマはなぜ買取り価格が高くなるのでしょうか?

新車で購入されてから一人のオーナーのみにずっと乗り続けられてきた車をワンオーナーカーといい、買取りの際に評価が高くなるといわれています。 同じ車種で年式や走行距離がほぼいっしょの条件であるにもかかわらず、なぜワンオーナーのクルマは複数...
車を高く売るための豆知識

車の出張査定を依頼するときに注意しなければならないこと

車を売るときには、ディーラーに持ち込んで下取りしてもらったり、買取り店を訪問して査定をしてもらうというのが一般的だと思われます。 しかし、なんらかの事情で店まで車を持ち込むことが出来ない場合などは、出張査定を依頼することになります。...
車を高く売るための豆知識

車の耐用年数と乗りつぶしや廃車にする時期をどう判断するか?~平均使用年数は12.53年

かつて、車の耐用年数は10年、10万Kmといわれておりました。 実際に、車を買い替える際などにも、10年落ちで10万Kmを超えているような車の場合、下取りの対象にならず廃車にするしか選択肢がなかった時代があります。 しかし、最近...
車を高く売るための豆知識

車の一括査定は電話がたくさんかかってきてもメリットが大きい

車の一括査定サイトから申し込みをすると、その直後からバンバン電話がかかってきて大変な思いをするので、もう二度と使いたくないという人がいます。 確かに、夜中などでも電話がかかってくることもあるようなので、マナーという点ではどうかと思う業...
車を高く売るための豆知識

車載書類がそろってないと車を売るときマイナス査定になります

車を売るときにマイナス材料となるのは、年式や走行距離やボディのキズなどだけだと思っていませんか? 実は、本来あるべき車載書類がそろっていないと、査定のときに大幅にマイナスポイントとなってしまうことがあります。 いつも車に積みっぱ...
車を高く売るための豆知識

室内がクサイ車は高く売れません~ペットの臭い・タバコの臭い

車というのは、外から眺めるものではありません。 人間が室内に入った状態で目的地まで移動させることが、車の本来の役目です。 つまり、車を外から眺める時間よりも、車内にいる時間の方が圧倒的に長いわけです。 それだけ、車の室内空...
車を高く売るための豆知識

車を即金でその日に買い取ってくれる業者はあるのでしょうか?

買取店に自分の車を売却することを決めてから、実際に自分の口座に入金されるまではある程度の期間がかかるのが一般的です。 しかし、何らかの事情により、車をお店に持ち込んでその日のうちに即金で買い取ってもらいたいと思う場合もあるでしょう。...
車を高く売るための豆知識

車を売るときにボディーのキズや塗装剥げなどは修理すべき?

車を高く売るためには、「見た目を良くする」という点も確かに大切なポイントです。 エンジンの状態や足回りの状態など、車が正常に走るために欠かすことのできない部分の状態はもちろん大切ですが、ボディーにキズや塗装剥げなどが多くある車も査定に...
車を高く売るための豆知識

電話攻勢に負けない一括査定サイトでしっかりと車を高く売る方法

車の一括査定サイトは車を少しでも高く売りたいと考えている人にとっては、とても便利でありがたいシステムですが、申し込みをするとたくさんの業者から電話がかかって来るので利用したくないという声も聞きます。 確かに、自分の車の相場を知りたいだ...
車を高く売るための豆知識

高く売れる車の色と人気の傾向の色を検証

車が高く売れるかどうかを決める要因にはさまざまなものがありますが、意外に色が重要な要素だったりします。 車の色には好き嫌いがありますから、当然ながら多くの人が好む色の車は人気ですし、高く売ることも可能となります。 ここでは、車の...
車を高く売るための豆知識

車を乗り換えるべきか乗りつぶすべきかの判断基準

長い間乗ってきて年式も古くなってきた車の場合、乗り換えをすべきかそれとも乗りつぶした方がいいのか、迷うこともあると思います。 一般的に乗りつぶした方がいいケースというのは、ほとんど査定が付かず中古車としての商品価値がなくなっているにも...
車を高く売るための豆知識

事故車の買取り店があるのをご存知ですか?~事故車を高く売るコツ

事故車は一般の買取り店に持ち込んでも、査定の対象にならないことがほとんどです。 これまでの常識では、事故車は廃車にするしかないという考えが一般的でした。 しかし、最近では走行すらできない事故車であっても、買取りをしてくれる業者が...
車を高く売るための豆知識

オークション代行を利用して車を売るのはお得か?

車を売る方法の1つにオークション代行を利用するやり方があります。 オークションといってもネットオークションではなく、業者が全国の会場に集まって中古車を出品したり落札して購入したりする、いわゆる中古車オークションのことです。 この...