交通ルールと取締りに関する情報

交通ルールと取締りに関する情報

悪質なあおり運転に関するさまざまな問題点を検証~どうすれば被害者にならずに済むか

クルマのあおり運転が問題になっているようです。 あおり運転というのは、先行車に対して衝突の危険性があるほどに車間距離を詰めて道をゆずるように強要したり、パッシングやクラクションなどによって他のクルマを威嚇したりする行為のことを言います...
交通ルールと取締りに関する情報

パトカーがスピード違反で捕まることも実際にあります~オービスに捕捉されたマヌケな警察官たち

公道を走るときには、速度制限というものがあり、それに違反をするとスピード違反で検挙されることになります。 これは一般車両だけではなく、パトカーや救急車、消防車といった緊急車両であっても同様です。 実際にパトカーや警察の公用車で走...
交通ルールと取締りに関する情報

首都高速の制限速度は一般道と同じだということをご存知ですか?~環状線50km/h制限区間でオービスの餌食に!

一般道での制限速度は60km/hで、高速道路の制限速度は100km/hであると、車の運転免許証を持っている人であれば、誰でもそう思っていることでしょう。 しかし、俗に首都高速と呼ばれる「首都高速道路」は、制限速度が一般道と同じ60km...
交通ルールと取締りに関する情報

前の晩に飲み過ぎると翌朝に飲酒運転で検挙される可能性があります~アルコールはどれくらいで体内から抜けるのか?

飲酒運転を絶対にやってはいけないということは、ドライバーならば誰でも認識していることと思います。 「飲んだら乗るな」は、まさにドライバーとしての常識といえるのですが、多くの人は「飲んだ直後には乗るな」という意味で解釈をしているようです...
交通ルールと取締りに関する情報

スピード違反で捕まるといつも24km/hと29km/hオーバーでキップを切られるのはなぜか?

スピード違反で検挙される人は、一般道だけで年間に200万人以上もいるといわれています。 白バイや覆面パトカーにいきなりサイレンを鳴らされて、口から心臓が飛び出すくらいビックリした経験をお持ちの方も少なくないでしょう。 また、明ら...
交通ルールと取締りに関する情報

交通違反に納得ができないなら青切符のサインを拒否すれば99.9%不起訴になる?~スピード違反も一時停止違反も納得いかない!

日頃から安全運転を心がけてはいても、一生のうちに何度かは運悪く交通違反で摘発されてしまうこともあるでしょう。 そんなとき、明らかに自分が交通ルールに違反をしていたと自覚している場合は仕方がありませんが、どう考えても納得ができないという...
交通ルールと取締りに関する情報

オービス(自動速度取締り装置)は何キロオーバーで走ると作動する?

幹線道路や高速道路を走っていると、自動速度取締り装置をときどき目にします。 これらの装置が何キロオーバーで走行すると作動するのか気になる人も多いことでしょう。 これらの自動速度取締り装置は、「オービス」などと呼ばれていますが、こ...
交通ルールと取締りに関する情報

高速道路120km/h時代に軽自動車やコンパクトカーは対応できるのか?

現在、基本的に日本の高速道路の法定速度は100km/hとなっています。 あえて「基本的に」と書いたのは、一部の高速道路で制限速度が120km/hに緩和されたからです。 新東名高速道路の新静岡IC~森掛川IC間の上下約50㎞の区間...
交通ルールと取締りに関する情報

高速道路は制限速度を超えた110km/h台で走っても捕まらない?~追い越し車線を120km/hだとどうなる?

車の免許をお持ちの方ならば誰でもご存知なはずですが、日本の高速道路における制限速度は100km/hです。 2019年3月より新東名と東北道の一部区間で、試験的に制限速度が120km/hの区間が設けられていますが、まだまだ一般的ではあり...
交通ルールと取締りに関する情報

入れ歯安定剤や口内洗浄剤で酒気帯び運転になる!?~1滴もお酒を飲んでないのに冤罪で検挙の可能性

お酒を飲んでクルマを運転してはいけないことは誰もが知っています。 そして、ドライバーであれば、酒気帯び運転の罰則が非常の厳しいということも、よくご存じだと思います。 アルコールの濃度が0.15~0.25mg/Lまでの酒気帯び運転...
交通ルールと取締りに関する情報

無断駐車で罰金を支払う義務はあるのだろうか?~高額な損害賠償を請求された事例もあります

たまたま入りたいお店の駐車場がいっぱいだったので、隣のお店の駐車場に無断で止めさせてもらうといった経験がある人も少なくないでしょう。 隣のお店にしてみれば、はなはだ迷惑な行為です。 そのため、「無断駐車をした場合は罰金1万円を徴...
交通ルールと取締りに関する情報

ドライブレコーダーは後方にも設置するべし!~あおり運転や違法取締りの証拠を残すことができます

ドライブレコーダーが飛ぶように売れているそうです。 あおり運転によるトラブルが頻繁にニュースなどで流れるようになり、自己防衛のためにドライブレコーダーを設置する人が増えているのでしょう。 しかし、前方だけではなく後方にもドライブ...
交通ルールと取締りに関する情報

なぜ高速道路を逆走するクルマがあとをたたないのか?~逆走したという認識のないドライバーが26%もいる!

高速道路を逆走するクルマのニュースを頻繁に目にするようになっています。 ニュースで紹介されるのは逆走車のほんの一部で、ここ数年は毎年250件ほど高速道路での逆走が起きています。 そのうちの5分の1にあたる50件ほどが事故につなが...
交通ルールと取締りに関する情報

右左折の直前にウインカーを出すクルマや車線変更でウインカーを出さないクルマはなぜ検挙されない?

前方を走っているクルマが、交差点の手前で突然ブレーキを踏んだのでこちらもあわててブレーキを踏んだら、そのクルマは交差点直前でウインカー出すと同時にハンドルを切って左折をしていく。 ドライバーであれば、そんな光景を何度も目撃しているに違...
交通ルールと取締りに関する情報

レーザー式オービスでスピード違反車両は一網打尽にされてしまうのか?~現在の探知機では捕捉は不可能

日頃から安全運転で、スピード違反などはしないという人にとっては、オービスの仕組みや設置場所などについてはまったく関心がないことでしょう。 しかし、自分が飛ばし屋であることを自認している人にとっては、最新のレーザー式オービスは気になる存...
交通ルールと取締りに関する情報

僧衣で運転するのは本当に違反なのか?~どんな服装で運転をすると違反切符を切られるのか?

2018年9月16日に、僧衣でクルマの運転をしていた僧侶が、福井県警に違反切符を切られたことがマスコミで話題になりました。 違反切符を切られた理由は「運転に支障のある和服で運転していたこと」だそうです。 違反切符を切られた僧侶に...
交通ルールと取締りに関する情報

あおり運転を誘発してしまうような運転を無意識にしている人は要注意です

2017年6月に、無謀なあおり運転による夫婦の死亡事故かきっかけとなり、あおり運転は大きな社会問題となっています。 警視庁は2018年1月16日付で、あおり運転に対して厳罰化をすることになりました。 確かに、悪質なあおり運転は絶...
交通ルールと取締りに関する情報

警察を本気にさせてしまった中央高速235km/h暴走男の誤算~警察なめんなよ!

中央高速道路を235km/hという狂気のスピードで走行した男が逮捕されて話題になりました。 235km/hというスピードもそうですが、そんな猛スピードにもかかわらず、しっかりとそのクルマを画像におさめた自動速度取り締まり装置(通称オー...
交通ルールと取締りに関する情報

免停期間を短縮するための講習で実際にやらされること~缶拾い・カーブミラー磨きなど

交通違反で検挙されて免停処分になってしまっても、講習を受けることで免停の期間が大幅に短縮されるということは多くの人がご存知のことでしょう。 しかし、実際に免停を経験した人以外には、どのような講習を受けるのかまでは分からないと思います。...
交通ルールと取締りに関する情報

レーダー式のネズミ捕りは誤測定が当たり前?~濡れ衣で検挙もありえます

ネズミ捕りと呼ばれる速度取り締まりに捕捉された経験のある人は、突然道路に飛び出して赤い旗を振る警察官の姿を見て、思わず口から心臓が飛び出しそうになったに違いありません。 スピード違反といってもよほど悪質な場合を除いては、青キップによっ...
交通ルールと取締りに関する情報

時差式信号機で右折するときは非常に危険を伴うことをご存知ですか?

信号機というのは、単純に「青・黄・赤」を表示するだけのものばかりではありません。 矢印の出る信号機もあれば、対向車線とこちら側で信号が変わるタイミングが変化する「時差式」と呼ばれるものがあります。 実は、この時差式信号機が右折の...
交通ルールと取締りに関する情報

ライトをずっと下向きにしたまま走ると反則金6000円?~本当は上向きが基本らしい

クルマのライトは、上向きと下向きを切り替えられるようになっています。 多くのドライバーは常に下向きにして走っているのではないかと思います。 ひょっとしたら、これまで1度もクルマのライトを上向きにしたことがないというツワモノもいる...
交通ルールと取締りに関する情報

ゴールド免許で何か得することありますか?~保険料・講習時間・更新料・更新期間

過去5年間に無事故無違反だった場合に交付されるのがゴールド免許です。 日頃から安全運転を心がけている人は、いつの間にか自分の免許証がゴールドになっていたという人も少なくないでしょう。 「ゴールド免許の人は軽微な違反なら見逃してく...
交通ルールと取締りに関する情報

執行猶予中の人が交通違反で罰金刑になると刑務所行きになってしまうのか?

何らかの犯罪によって有罪となった場合でも、それが初犯であった場合などには執行猶予がつくことがあります。 執行猶予というのは、その期間に新たな犯罪行為が行われなければ、刑務所に収監はされないというものです。 たとえば、懲役1年執行...
交通ルールと取締りに関する情報

右折の矢印信号でUターン(転回)をしても交通違反にはならなくなりました

最近は、右折の矢印がついた信号機が多くなっています。 交通量の多い道路の場合、どうしても右折が困難になってしまいますので、この矢印信号はとても親切であるといえます。 矢印信号が出ている間は、対向車は停車しますし、歩行者用の信号も...
交通ルールと取締りに関する情報

交通違反の罰金をずっと払わないとどうなる?~労役場に留置されます

交通違反で検挙されたときには、反則金や罰金を支払うことになります。 反則金の場合は最高で4万円ですから、なんとか生活をやりくりすれば支払うことも可能でしょう。 しかし、罰金となるとその金額もかなりインパクトのあるものになります。...
交通ルールと取締りに関する情報

反則金を肩代わりしてくれる交通違反の保険に加入する意味はあるのか?

交通違反で捕まったときに、支払わなければならない反則金を肩代わりしてくれるという保険が存在するのをご存知でしょうか。 交通違反の反則金なんてたかが知れてるし、わざわざ保険に入る意味はないと考える人が大半でしょう。 しかし、反則金...
交通ルールと取締りに関する情報

交通違反の罰則には「反則金・罰金・行政処分」いろいろあるけど何が違うのか?

「この前、一時停止違反で捕まっちゃって罰金を取られたよ」とか「信号無視で捕まって7千円も罰金を払うはめになった」などといった会話をよく耳にすることがあります。 こういったときに多くの人が口にする「罰金」というのは、実は反則金であること...
交通ルールと取締りに関する情報

正直者が馬鹿をみる「放置違反金」制度~駐車違反なのに違反点数がつかない?

駐車禁止の場所に10分程度クルマを止めて、用事を済ませて戻って来てみると、フロントガラスに「駐車違反」と書かれた黄色いステッカーが貼られていてドキッとした経験のある人もいることでしょう。 駐車違反で捕まると、反則金と違反点数のペナルテ...
交通ルールと取締りに関する情報

スピード違反で捕まって懲役刑になることもある?~意外に知らないスピード違反の罰則

道路交通法違反のなかで、摘発件数が一番多いのがスピード違反です。 内閣府の資料によりますと、平成27年にはスピード違反によって1,745,259件も摘発を受けています。 スピード違反というのは、ある意味では一番身近な交通違反とい...
交通ルールと取締りに関する情報

酔っていなくても酒気帯び運転になる?~意外に知らないお酒と運転に関する罰則

運転免許を所有している人であれば、酒酔い運転や酒気帯び運転が重罪であるということは誰もが知っていることでしょう。 しかし、酒酔い運転や酒気帯び運転の取り締まり基準やその罰則について、詳しく知っているという人は少ないのではないでしょうか...
交通ルールと取締りに関する情報

最難関の運転免許といわれる「第二種牽引」はどうやって取得するのか?

運転免許証にはさまざまな種類がありますが、その中でももっとも取得が難しいのが「第二種牽引(だい2しゅけんいん)」だといわれています。 牽引免許というのは、一般にトレーラーを運転するときに必要になる免許です。 大型トレーラーが交差...
交通ルールと取締りに関する情報

意外に知らない運転免許証のこと~小型特殊とは?大型特殊の2種免許とは?

日本国内の運転免許証の所有者数は、平成28年時点で8,200万人を超えています。 さまざまな資格やライセンスがあるなかで、これほど多くの人が所有しているライセンスというのは他には見当たりません。 そんな、大人であればほとんどの人...
交通ルールと取締りに関する情報

ウインカーを出さない人が急増中?~なぜ右左折のときや車線変更時は合図が必要なのか

公道上で右左折をするときや、車線変更をするときには方向指示器、つまりウインカーをださなければならない決まりになっています。 このことは、運転免許証を所有している人であれば、知らない人はいないと思います。 しかし、なぜか最近はウイ...
交通ルールと取締りに関する情報

意外に知らない交通ルール~停車と駐車の違い・センターラインの色・路肩と路側帯

日本国内において公道を走っているクルマのドライバーは、全員が運転免許証を持っており、交通ルールを熟知していることになっています。 運転免許の学科試験に合格するためには、90点以上の得点をしなければなりませんので、少なくとも合格した直後...
交通ルールと取締りに関する情報

交通事故の死亡者数が45年前の4分の1にまで減った理由とは?

昭和30年代に交通事故が多発したときに「交通戦争」などと言われたことがあります。 これは、日清戦争のときの戦死者の数が2年間で1万7千人だったのに対して、交通事故による死者の数がその数に迫る勢いで伸びていたために、「交通戦争」などとい...
交通ルールと取締りに関する情報

自転車が車道を走ることの危険性を真剣に考えるべし

2015年6月の道路交通法の改正をきっかけに、歩道を走る自転車に対する警察の取り締まりが厳しくなったこともあり、車道を走る自転車が増えていました。 ドライバーの中には、車道を走る自転車にヒヤリとさせられた経験がある人も少なくないことで...
交通ルールと取締りに関する情報

ハイエースの覆面パトカーが出没中!~覆面はクラウンだけじゃありません

覆面パトカーといえば、セダンが定番です。 車種でいうと一番多いのが、トヨタのクラウンでしょう。 白やグレーのクラウンを見かけたら要注意というのが、ドライバーの共通認識だと思います。 クラウンほどではありませんが、トヨタのマ...
交通ルールと取締りに関する情報

ハイビームで走ることで夜間の交通事故が減るって本当?

最近では、夜間走行中に積極的にハイビームを使用することが推奨されています。 車はハイビームで走ることが基本であり、ロービームで走ることは危険だというのです。 確かにハイビームにすることによって遠くまで照らすことが可能になり、歩行...
タイトルとURLをコピーしました