サンジ

車の雑学

初代クラウンは現在のカローラよりも小型?~大型化する現代の車

最近の日本車のサイズは本当に大きくなっています。 古くから営業しているお店などにいくと、駐車場の狭さを感じることも少なくありません。 しかし、それは駐車場が狭いというよりも、昔にくらべて車そのもののサイズが大きくなった結果、狭く...
自動車保険のお役立ち豆知識

任意保険の対人補償は無制限が常識です~5億円なんて払えません!

ドライバーにとって、任意保険に加入するのはいまや常識といえます。 保険に未加入の車で人身事故を起こすと、数億円の賠償額が発生することもあります。 実際にある死亡事故の事例では、賠償額が5億円を超えています。 もちろん、一般...
車の雑学

運転代行のドライバーがあなたの車で事故を起こしたらどうなる?

地方では、運転代行業者はなくてはならない存在になっています。 交通機関の発達した都会のように、飲んだあとに電車で帰れるような地域であれば代行業者のニーズはそれほどないはずですが、地方に住んでいる人にとっての唯一の交通手段は車です。 ...
中古車を購入するときのアドバイス

展示車両のプライスボードから読み取れる中古車の素性とは?

中古車販売店に展示されているクルマには、フロントガラスのところに大きなプライスボードが取り付けられています。 プライスボードには、その中古車の値段が一目で分かるように大きな文字で販売価格が書かれていますね。 しかし、プライスボー...
車の雑学

燃料警告灯が点灯しても車によっては100km以上の走行も可能!?

車を運転中に燃料の警告灯が点灯すると、ガス欠が心配になってあせってしまう人も少なくないでしょう。 特に、ガソリンスタンドの数が少ない地域を走っているときや、高速道路を走っている途中に燃料警告灯が点灯したりすると、給油をすることができる...
車の雑学

刑務所で車検が受けられる!?~実はかなりお得なんです

一般の人にとっては、刑務所なんて一生縁のないところに違いありません。 しかし、その縁のないはずの刑務所で格安で車検が受けられるとしたら、ちょっと聞き捨てならない話だと思います。 「刑務所」という言葉と「車検」という言葉は、およそ...
中古車を購入するときのアドバイス

Amazonで中古車が買えます~ついに車を通販で買う時代が到来?

いまやネット通販の王者とも呼ぶべき存在になりつつあるのがAmazonです。 Amazonというと、ついこの間までは本の通販サイトというイメージが強かったと思いますが、いまや本だけではなくあらゆるものがAmazonのサイトを経由して購入...
車の雑学

新車の売買契約をすると簡単にはキャンセルできませんので要注意です

車の売買契約したあとに、気が変わってキャンセルをしたくなることがあるかも知れません。 夫が妻に内緒で車の購入を決めてしまったとか、契約後にたまたま他の店でもっと魅力的な車を見つけてしまったなど、理由はさまざまだと思います。 ひど...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

ディーゼル車はなぜ年式が古くても過走行でも高値で売れる?

ヨーロッパなどでは非常に人気の高いディーゼル車ですが、日本国内ではあまり人気がありません。 ディーゼル車というとどうしても商用車のイメージが強く、各メーカーもディーゼル車の開発にはあまり力を入れていないようです。 そのため、中古...
中古車を購入するときのアドバイス

中古車の店頭価格と乗り出し価格には大きな差があります

中古車の展示場にならんでいる車のプライスカードを見て、安いと思っていざ契約の話をすると「乗り出し価格」が意外に高額だったりしてビックリした経験のある人も少なくないことでしょう。 店頭で表示されている金額はあくまでも車両本体価格であり、...
中古車を購入するときのアドバイス

中古車の試乗をさせてくれない販売店があるのはなぜ?

新車を購入する場合には、試乗をさせてもらって乗り心地やフィーリングを確認するという人も多いことでしょう。 ディーラーの営業マンもどんどん試乗を勧めて来たりします。 しかし、中古車を購入する場合には少し事情が異なるようで、試乗をさ...
中古車を購入するときのアドバイス

展示車は安く買えるというウワサは本当なのでしょうか?

ディーラーのショールームにいくと、最新型の車が展示されていると思います。 これらの展示車は、実際にお客様にクルマの実物をみてもらうことで、購買意欲を高める目的でおかれているものです。 「ひょっとしたら、この展示車を買えば普通の新...
中古車を購入するときのアドバイス

ディーラーの試乗車を購入することは出来るのでしょうか?

新車の購入を検討している人は、ディーラーに行って試乗車に乗らせてもらうことがあると思います。 車は他の商品と違って、カタログのスペックを見くらべただけでは、善し悪しを判断することは難しいものです。 そのため、実際に試乗車に乗らせ...
車の雑学

日産GT-Rの車検費用が100万円もかかるって本当ですか?

日産GT-Rといえば、日本が誇るスーパーカーといえます。 動力性能的にはあのポルシェ911GT3をしのぐといわれ、世界的にも注目をされている車です。 車両価格もグレードによって異なりますが、1000万円~1900万円と庶民には手...
車の雑学

激減するガソリンスタンドの影響で給油が困難になってしまう?

最近、道路を走っているとつぶれたガソリンスタンドを目にすることが多いと思います。 ガソリンスタンドの数がもともと多い地域であれば、仮にいつも利用している店が閉店したとしても、近くにある別のガソリンスタンドに行けば問題はありません。 ...
車の雑学

クルマ泥棒たちは2分~3分もあれば容易に車を盗み出します

車の盗難件数は年々減っています。 全国での年間の盗難件数がピークとなった2003年には64,223台が被害にあいましたが、2015年には13,832件までに減っています。 イモビライザーやさまざま盗難防止装置の普及により、車の盗...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

タクシー専門の買取り店では走行距離50万kmでも買取りが可能!?

車を売却したり下取りに出したりするときには、走行距離10万kmがボーダーであるとよく言われます。 走行距離が10万kmを超えると査定額が一気に下がってしまうので、それ以前に売却してしまった方がいいということです。 しかし、ことタ...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

ディーラーで下取りをしてもらうと査定料が発生するのをご存知ですか?

最近では、どの街に行っても大手の車買取り専門店を目にするようになりました。 また、インターネットの車一括査定サイトも人気になっているようです。 これらのお店やサイトで車の査定を依頼した場合、基本的に査定は無料で行ってくれます。...
車の雑学

燃料電池車が主流になる時代は本当に来るのだろうか?

燃料電池車が話題になっているようです。別名FCVとも呼ばれています。 水素を燃料として走る車で、排気ガスは「水」だけしか出ないという非常にクリーンで環境にやさしいクルマです。 実際に燃料電池車として市販されている国産車もあります...
交通ルールと取締りに関する情報

自転車が車道を走ることの危険性を真剣に考えるべし

2015年6月の道路交通法の改正をきっかけに、歩道を走る自転車に対する警察の取り締まりが厳しくなったこともあり、車道を走る自転車が増えていました。 ドライバーの中には、車道を走る自転車にヒヤリとさせられた経験がある人も少なくないことで...
交通ルールと取締りに関する情報

ハイエースの覆面パトカーが出没中!~覆面はクラウンだけじゃありません

覆面パトカーといえば、セダンが定番です。 車種でいうと一番多いのが、トヨタのクラウンでしょう。 白やグレーのクラウンを見かけたら要注意というのが、ドライバーの共通認識だと思います。 クラウンほどではありませんが、トヨタのマ...
交通ルールと取締りに関する情報

ハイビームで走ることで夜間の交通事故が減るって本当?

最近では、夜間走行中に積極的にハイビームを使用することが推奨されています。 車はハイビームで走ることが基本であり、ロービームで走ることは危険だというのです。 確かにハイビームにすることによって遠くまで照らすことが可能になり、歩行...
車の雑学

自分の身を守るためにドライブレコーダーは必ず設置すべし

最近では、ドライブレコーダーを設定する車が徐々に増えてきました。 運転中になにかあったときに、そのときの様子を映像に残すということは、自分の身を守るための有力な証拠となる可能性があります。 仮にあなたの車が、交差点で赤信号を無視...
中古車を購入するときのアドバイス

中古車を買うなら軽自動車よりもコンパクトカーの方が断然お得

日本国内で走っている乗用車のうち、3台に1台が軽自動車だといわれています。 特に交通機関の発達していない地方になると、1世帯あたりで何台もの車を所有することがあたり前になっていますが、セカンドカーとして軽自動車を所有することが多くなっ...
クルマのローンについて知る

車は現金一括よりもローンで購入したほうが値引きしてくれる?

車を購入するときには、ほとんどの人はマイカーローンを組むことになると思います。 しかし「ローン」で購入することによって、販売店に対して借金をしてしまうという後ろめたさを感じてしまう人もいるかも知れません。 現金一括払いで支払った...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

中古車買取り専門店の営業マンのセールストークがすごすぎる!

「あのお店に車を持ち込んだら、いい値段で買い取ってもらえた」とご満悦のあなた、ひょっとしたら営業マンの話術にハマって相場よりも安い値段で売っていませんか? 買取り専門店のプロの営業マンのセールストークは、非常に巧みです。 車の査...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

ヤフオクで中古車の個人売買をすることの危険性を知るべし

ヤフオクで中古車の個人売買が盛んに行われているのをご存知でしょうか? ヤフオクといいますと、個人が家庭にある不用品を売買するサービスというイメージがありますので、車の個人売買と聞いてもあまりピンと来ないかも知れません。 しかし、...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

ディーラーがどんなオンボロ車でも5万円で下取りをする理由

「買取り専門店に持ち込んだら査定が0円だといわれた車を、ディーラーに下取り車として持ち込んだら5万円で引き取ってくれた」 などという話をよく耳にします。 一般に、ディーラーよりも買取り専門店の方が高額査定になりやすいといわれてい...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

二重車検でメーター改ざん車を売る詐欺師の手口とは?

中古車のメーター改ざんは昔から悪徳業者の常套手段でした。 メーターを巻き戻して、実際の走行距離よりも少なく見せかけて車の価値をあげるという方法です。 アナログのメーターが主流だった時代には、メーターのアクリルパネルを外して人力で...
車の雑学

交通事故を起こしやすい車の色と起こしにくい車の色は?

車を購入するときには、車種やグレードと同様にボディの色も重要な要因の一つになると思います。 多くの人は、単純に自分の好みで車の色を決めてしまっているのではないでしょうか。 しかし、あなたの好みの色が交通事故を起こしやすい色だとし...
自動車保険のお役立ち豆知識

まだ乗れる車が全損扱いになってしまう自動車保険会社の事情

「全損扱いになりますね」と保険会社の人に言われた車に対して、あなたはどのようなイメージを持ちますか? おそらく、事故によるダメージがひどくて修理が出来ないクルマをイメージするのではないかと思います。 しかし、全損というのは必ずし...
中古車を購入するときのアドバイス

5年落ちなのに30万円以下で買えるクルマの車種や程度

5年落ちのクルマといいますと、新車で購入してちょうど2回目の車検のタイミングとなります。 中古車市場に出回っている5年落ちのクルマといえば、そのほとんどがワンオーナーカーであり、中古車としてはかなり程度がいいイメージがあります。 ...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

車の査定額はシートの汚れで大きく変わることがある?

同じ車種で、年式や走行距離もそれほど違いがないのに、なぜか相場にくらべて査定額の低いクルマがあるものです。 確かに年式や走行距離は査定における重要ポイントであることは間違いないのですが、それだけで中古車の評価が決まるわけではありません...
中古車を購入するときのアドバイス

走行距離が5万km以下の車を20万円以下で買うことが出来るか?

車も機械ですから、使えば使うほど消耗して劣化をしていきます。 車の場合はどれくらい使ったのかは、走行距離をみれば明白です。 最近の日本車は非常に品質が高く、しっかりとメンテナンスをしていれば20万kmや30万kmは問題なく走るこ...
中古車を購入するときのアドバイス

程度のいいミニバンを50万円以下で買うことが出来るか?

人気車種の中心がセダンやスポーツカーからミニバンに変わってからずいぶんと時間がたちますが、いまだにミニバンの人気は衰えをみせません。 人気があるということは、それだけ中古車の需要も多いということになりますので、必然的に値段も高めになり...
中古車を購入するときのアドバイス

日本を代表する高級車を50万円以下で買うことが出来るか?

多くの人は、高級車なんて一生縁がないと思っていることでしょう。 しかし、確かに新車であれば高級車の購入はかなりハードルが高いといえますが、中古車だったらどうなのでしょうか? もし高級車が50万円以下で買えるとしたら、一生縁がない...
自動車保険のお役立ち豆知識

自動車保険の24時間事故対応は本当に役に立つサービスか?

最近の自動車保険は、ほとんどすべての会社が「365日24時間事故対応」をうたっています。 この「365日24時間事故対応」という文言を見ただけで、なんとなく安心で心強いと思ってしまう人も少なくないでしょう。 事故を起こしたら24...
クルマのローンについて知る

車を担保にお金を借りる自動車担保ローンにご用心!

いま自分が乗っている車を担保にしてお金を借りることの出来る「自動車担保ローン」というものが存在します。俗に「車金融」などと呼ぶこともあります。 車を手放すことなく、乗ったままそれを担保に入れることでお金を借りることができるわけですから...
中古車を購入するときのアドバイス

中古車はディーラー系の店で買うとなぜ安心でお得といわれるのか

日本全国には、ディーラーを含まない中古車専門の販売店が50,000店ほどあるといわれています。 全国のコンビニの店舗数が50,000店ほどといわれていますから、それと同じだけの中古車販売店があるということになります。 街中を走っ...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

車を売るときにしっかり伝えるべきアピールポイントとは?

車を売るときの査定額にはある程度基準となる相場はありますが、最終的には実際に査定をする人の判断によって買取り価格が大きく変わってきます。 そのため、もし自分の車の評価にプラスになりそうなアピールポイントがあれば、しっかりと伝えることが...
中古車を購入するときのアドバイス

50万円以下の予算でまともなベンツを買うことが出来るか?

ベンツといえば高級車の代名詞的な存在であり、一般庶民には高根の花的なイメージがあります。 しかし、上手に中古車を探すことで、50万円以下の予算でベンツに乗ることも十分に可能なのです。 もちろん、事故車であったりオンボロでまともに...
自動車保険のお役立ち豆知識

車両保険の免責の仕組みを正しく理解していますか?

自損事故や盗難にあったときのために、車両保険に入っている人も多いと思います。 車両保険の話をするときによく耳にするのが「免責」という言葉だと思います。 これは、事故があっても保険を適用しない金額を定めているわけです。 車両...
中古車を購入するときのアドバイス

未使用車(新古車)を買うメリットはどこにあるのでしょうか?

中古車店にいくと、よく未使用車と書かれた看板を目にすることも多いと思います。 未使用車といってもピンとこない人には「新古車」というと理解できるかもしれません。 かつて「新古車」と呼ばれるのが一般的でしたが、自動車公正取引協議会よ...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

塩害や雹(ひょう)の被害も事故車扱いになるって本当?

事故車というと、過去に交通事故を起こして車両に大きなダメージを受けた車というイメージがあると思います。 ところが、中古車業界において事故車の定義はもう少し広い意味で使われ、洪水などによる水没車や海の近くに住んでいる人の車が受ける塩害、...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

車の売却時に書類の先渡しを要求する業者は要注意です

車の買取り業者と売却の契約をしたあとに、引き渡しまでに時間が空いてしまうことがあります。 たとえば、新しい車が納車になるまでその車を使わせてもらう場合などです。 そういったケースで、業者から「必要書類だけでも先に預からせてもらえ...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

オンライン査定と出張査定で買取り額が大きく異なる場合とは?

最近では一括査定サイトなどの普及により、オンラインで自分の車の買取り額が簡単に分かるようになりました。 しかし、出張査定などで実際に車を見てもらったところ、買取り価格がオンラインの場合と大きく異なってしまった、というケースも少なくない...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

中古のヴェルファイアが新車よりも高額で売れたウソのような話

車というのは、新車登録をしたときからどんどん価値が下がっていきます。 それほど乗らなくても、年式が古くなっていけば売却時の査定額は低くなって当然です。 しかし、新車で購入したときの値段よりも、1年後の売却価格の方が高くなるという...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

査定の前に洗車をしても意味がないというのは本当でしょうか?

車の査定を受けるということは、自分の車の価値を他人に評価してもらうわけですから、少しでもきれいに見せたいと思うのが本音ではないでしょうか。 そのため、査定を受ける直前に洗車をして、きれいな状態にして買取り店にも持ち込む人も少なくないよ...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

車の査定は雨の日だと甘くなるというのは本当か?都市伝説か?

車の査定を受ける際には雨の日を選んだ方が、査定額がアップしやすいなどといわれます。 理由として、雨の日は査定を依頼に来る人が少ないのでノルマ達成のために甘くなるとか、雨のせいでボディの傷などを見逃しやすいなどがあげられているようです。...
車の雑学

新車が納車になるまでのあいだ下取り車はどのように扱うべきか

新車を購入する際に、いままで乗っていた車をそのままディーラーに下取りに出すことも多いでしょう。 しかし、人気車種やモデルチェンジ直後の新車だと、納車まで数カ月かかることも珍しくありません。 その間は、下取りに出すことになった車に...
車の雑学

自動車税を納めていないとなぜ車を売却できないのか?

車の所有者は、毎年自動車税を納める義務があります。 自動車税は決して安くありませんので、車を複数所有している家庭などは、毎年春になると憂鬱になるに違いありません。 自動車税を滞納しても、すぐにクルマに乗れなくなるわけではありませ...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

中古自動車査定士という資格をご存知ですか?~査定のプロの証

あまり一般の方にはなじみがないかも知れませんが、中古自動車査定士という資格があります。 これは一般財団法人日本自動車査定協会が実施する「中古自動車査定士技能検定」に合格した人に与えられる資格となります。 公正な車査定を行うために...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

日本自動車査定協会(JAAI)とは何をする団体なのでしょうか?

日本自動車査定協会と聞いても、一般の方はあまりピンと来ないと思います。 中古自動車の「査定士技能検定」を実施している団体ですので、車の売買に関する仕事をしている人にとってはなじみが深いと思います。 ディーラーや買取店が車を査定す...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

モデルチェンジの前と後では車の買取り相場が大きく変わる?

車は同じ車種であっても、定期的にモデルチェンジが繰り返されます。 モデルチェンジがあると、中古車市場においても少なからず影響があるといわれています。 車種によっては、モデルチェンジの前と後では中古車の買取り価格が大きく変わってし...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

ネームプレートのない車の査定額が大幅に減額される理由

車には、必ずネームプレートいうものが取り付けられています。 ネームプレートというのは、車体番号や型式、エンジンの型式や排気量、ボディカラーコードなど、さまざまな車に関する情報が刻印されているもので、コーションプレートと呼ぶ人もいます。...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

水没車の査定額は大幅に減額されます~ゲリラ豪雨に注意!

台風や集中豪雨などにより冠水してしまった道路を走っている車をときどき見かけます。 「なぜこんな川のような道路を走っているのだろう?」と疑問に思う方も多いと思いますが、彼らも好んでそんな道路を走っているわけではありません。 ゲリラ...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

マニュアル車がAT車にくらべて圧倒的に高く売れる理由

日本国内を走っている乗用車のほとんどはAT車となっています。 最近の新車販売総数に占めるAT車の割合は、95%を超えているそうです。 また、新たに運転免許を取得する人がAT限定の免許を取得する割合は、平成27年度では57%となっ...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

車の査定でボディに「へこみ」があるときのマイナス評価は?

新車のときはきれいだった車も、長い間乗っているうちに、ボディのあちこちに小さなキズやへこみなどが出来てしまうものです。 自分ではぶつけた記憶がなくても、いつの間にか小さなへこみが出来てしまったりすることもあるようです。 そういっ...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

事故で目減りする査定額の損失補てんには「事故減価額証明書」が必要

車の査定を受けるときに、過去に事故を起こしたことのある車は「修理歴あり」ということで、評価額が大幅に下がってしまいます。 事故車というのは、単純に事故を起こした車という意味ではありません。 ドアが軽くへこんだ程度の修理歴は、それ...
クルマのローンについて知る

ネットオークションの個人売買でもマイカーローンを組めるのか?

車は高額商品ですから、多くの人はディーラーのローンか金融機関のマイカーローンなどを利用して購入することになると思います。 中古車といえども、100万円以上する車となれば現金一括払いで購入する人は少数派だと思われます。 中古車の専...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

新車ディーラーがひそかに行っている「溶かし」と呼ばれる下取り方法

新車ディーラーが車を販売するにあたり、下取り車の処理方法として「溶かし」という技をつかうことがあるのをご存知でしょうか? 「溶かし」というのは、文字通り下取りをしたはずの車が溶けてなくなってしまったように感じることからそう呼ばれている...
車の雑学

中古車の値段は1年ごとに30%ずつ下がっていくというのは本当か?

中古車の値段は、新車登録から年数が経過するごとに徐々に下がっていきます。 大まかな目安として、1年あたり30%ずつ新車価格から値段が下がっていくといわれています。 もちろん、車種によってリセールバリューの高い車とそうでない車があ...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

中古車の買取り保証~どんなオンボロ車でも必ず買取れる理由とは?

最近の車買取り店のなかには、買取り保証をうたうところも多くなっています。 つまり、どんなにオンボロ車でも買取りをするということです。 不動車であっても、わざわざ自宅までレッカー車で引取りに来てくれて、なおかつ1万円程度の買取り金...
クルマのローンについて知る

車は残価設定ローンで買うのと普通に買い替えるのはどちらがお得?

車の残価設定ローンというものをご存知でしょうか? 3年後や5年後の車の残価をあらかじめ設定しておき、その分を差し引いた残りの金額分だけのローンを支払えばいいというサービスです。 残価分を差し引いてあるので、月々のローンの支払い額...
中古車を購入するときのアドバイス

新車と変わらない値段で中古車が売られているのはなぜ?

中古車のメリットは何かと言われれば、新車にくらべて値段が安いことをあげる人は多いことでしょう。 しかし不思議なことに、中古車であるにもかかわらず、新車とほとんど値段が変わらないか、場合によっては新車よりも高い値段で売られている車がある...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

トヨタハリアーの査定額を実際の買取り価格から分析

トヨタハリアーは、高めの車高と高級セダンのようなラグジュアリーさで人気になっているSUVです。 昨今のSUV人気もあり、ハリアーは中古車市場でも非常に高い人気を誇っています。 その人気ゆえに、走行距離が多少のびていても年式が古く...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

軽自動車は5万kmを超えると査定が一気に安くなるというのは本当か?

軽自動車は、5万kmを境に査定額が一気に下がるという噂があります。 また、普通車が10万kmを超えると査定額が大幅に下がるという噂もあります。 これらの噂は本当なのでしょうか?それともただの都市伝説なのでしょうか? 普通車...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

車の一括査定の落とし穴~一番高い業者に即決してはいけない理由

最近は、車の一括査定サイトが大変人気になっています。 一昔前までの車を売るための方法としては、新車を買うディーラーにそのまま下取りに出したり、近所の買取り専門店に持ち込んで査定をしてもらうというのが一般的でした。 しかし、一社だ...
クルマのローンについて知る

ディーラーでローンを組んだ車の所有権解除をするための手続きは?

ディーラーなどで新車を購入してそのままローンを組んだ場合、車の所有者はローン会社ということになってしまいます。 車検証を見てみると分かりますが、「所有者」がローン会社の名義で「使用者」が自分になっているはずです。 本来であれば、...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

デミオの買取り価格を実際の査定の事例をもとに分析~3年落ち・5年落ち・7年落ち

マツダデミオを少しでも高く売るためには、実際の査定額を把握しておく必要があります。業者の言い値で売却をすると、大きな損失となることがあります。このページでは、デミオの3年落ち、5年落ち、7年落ちの実際の買取り価格を事例をもとに紹介しています。
車の雑学

親が亡くなったあとに車を売るにはどんな手続きをすればいい?

不幸にも自分の親などが亡くなって、生前に乗っていた車を処分することになるケースがあると思います。 そういった場合に、自分が名義人ではないにもかかわらず、簡単に車を売ることは出来るのでしょうか? もしそれが高級車であった場合には、...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

ワンオーナーのクルマはなぜ買取り価格が高くなるのでしょうか?

新車で購入されてから一人のオーナーのみにずっと乗り続けられてきた車をワンオーナーカーといい、買取りの際に評価が高くなるといわれています。 同じ車種で年式や走行距離がほぼいっしょの条件であるにもかかわらず、なぜワンオーナーのクルマは複数...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

屋外駐車と車庫ありで車の査定額は大きく変わるのだろうか?

中古車の査定額は、車種や年式、走行距離などによって大きく異なるということは常識となっています。 しかし、単純にそういった項目だけで査定額が決まるわけではありません。 いわゆる「車の状態」というものも、査定額に少なからず影響を及ぼ...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

車を売るときに査定アップになる装備にはどんなものがある?

車を売るときに、同じ車種で同じ年式、同じ走行距離の車であっても査定額に大きな違いが出ることがあります。 違いが出る要因の一つとして、装備品があります。 たとえば、サンルーフや電動スライドドア、ETCなどです。 これらの装備...
車の雑学

年間に10万km以上走る長距離トラックの寿命は?~100万kmでも問題なく走ります

一般の乗用車の場合は、走行距離10万kmが一つの目安とされ、それ以上走行距離が伸びているクルマは査定額が一気に下がるといわれています。 ところが、大型の長距離トラックなどは1年間に10万Km以上走るのは当たり前です。 乗用車と同...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

車の一括査定は電話がたくさんかかってきてもメリットが大きい

車の一括査定サイトから申し込みをすると、その直後からバンバン電話がかかってきて大変な思いをするので、もう二度と使いたくないという人がいます。 確かに、夜中などでも電話がかかってくることもあるようなので、マナーという点ではどうかと思う業...
大手買取り専門店の特徴

カーリンクの独自システムによる車の買取りが人気になっている理由

カーリンクという車の買取サービスを行っている全国チェーンをご存知でしょうか? カーリンクでは、独自システムによる3種類の買取方法を提供しており、「買取相場」プラス10万円を実際の買取り価格の目安とするなど、他社には見られないユニークな...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

車買取のトラブルで一番多い瑕疵担保責任とは?~悪徳業者にご用心!

査定のプロが車を見て買取り価格を決定したのであれば、多くの人は素直に信じてしまうでしょう。 しかも「いま決めていただければこの値段で買い取ります」などと、他社にくらべて明らかに高い金額を提示されたら、その場で契約してしまうかも知れませ...
大手買取り専門店の特徴

トラックの買取り店はどこを選ぶべきか?~トラック王国の買取り査定額が他店より高い理由

中古トラックを専門に取り扱っている「トラック王国」という買取りサービスがあります。 一般のトラック買取り店での査定額の低かったトラックや重機が、なぜか高く売れてしまうという事例が多いようです。 そこには、トラック買取り専門店なら...
大手買取り専門店の特徴

アップルの車買取り店の特徴とサービス~業界第3位の実力

車の買取り店といいますと、ガリバーとならんでアップルを思い浮かべる人も多いことでしょう。 アップルの買取り実績は130万台以上といわれており、これはガリバー、ラビットに次ぐ業界3位の実績となっています。 ここでは、これから車を売...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

車買取業者の再査定(二重査定)でトラブルにならないために気をつけること

車を少しでも高く売るために、簡単に複数の業者を比較できる一括査定が人気になっていますが、業者から出てくる査定額をそのまま鵜呑みにするとあとでトラブルになることがあります。 それは、再査定といわれるもので、出してもらった買取り額を後にな...
大手買取り専門店の特徴

外車王が一般の買取り店よりも高額査定を提示できる理由

外車王という外車に特化した専門の買取り店が注目を集めているようです。 買取り店に外車を持ち込んでも高く売れないというこれまでの常識を覆したのが外車王です。 実際に買取り店に外車を査定してもらったら、思ったほど高く評価してもらうこ...
車の雑学

外車を普通の買取り店に持ち込んでもなぜ高く売れないのか?

ディーラーと比較すると買取り価格が高くなるとの理由で、車の買取り専門店が人気になっていますが、なぜか外車だけは高く買取できないと言われています。 外車のオーナーにしてみれば、聞き捨てならない言葉ですが、実際に外車の買取りに及び腰の買取...
車の雑学

新車ディーラーの営業マンと買取り店の営業マンはこんなに違う

あなたが自分の車を売ることになった場合、新車ディーラーに下取りに出すにしろ買取り店に売却するにしろ、営業マンと交渉することになります。 しかし、新車ディーラーの営業マンと買取り店の営業マンでは、まったく別の職種といってもいいでしょう。...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

車載書類がそろってないと車を売るときマイナス査定になります

車を売るときにマイナス材料となるのは、年式や走行距離やボディのキズなどだけだと思っていませんか? 実は、本来あるべき車載書類がそろっていないと、査定のときに大幅にマイナスポイントとなってしまうことがあります。 いつも車に積みっぱ...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

カスタムカーはマイナス査定になります~高く売るにはどうするか?

カスタムカーに乗っている人というのは、ほぼ間違いなく車好きです。 そのため、車のためにあり得ないほどの大金をつぎ込んでしまう人も少なくないようです。 そんな愛着のあるカスタムカーですから、売るときもきっと高く売れるに違いないと思...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

室内がクサイ車は高く売れません~ペットの臭い・タバコの臭い

車というのは、外から眺めるものではありません。 人間が室内に入った状態で目的地まで移動させることが、車の本来の役目です。 つまり、車を外から眺める時間よりも、車内にいる時間の方が圧倒的に長いわけです。 それだけ、車の室内空...
大手買取り専門店の特徴

ビッグモーターは業界最大規模の展示車両台数の多さが魅力的

ビッグモーターは、その名前の通り展示車両台数や中古車の販売台数がビッグなのが特徴です。 全国に205店舗を有し、展示車両台数も1店舗あたり300台以上といわれています。 また、2013年の中古車売上ランキングでも堂々の1位となっ...
車の雑学

中古車オークションは盛況でも販売店はあまり儲からない理由

どこの街にも、車の中古屋さんが何店舗かあるでしょう。 中古車販売店というのは、在庫を数百台も展示しているような大手の業者もいますが、多くは中小の零細店がほとんどです。 そういった中小零細店のオーナーたちは、中古車をどこで仕入れて...
車の雑学

車の個人売買をサポートする「カーコン・マーケット」はお得か?

車の個人売買は、売り手と買い手がどちらも得をすると言われています。 一般のルートで車の売買をする場合は、買取をされてから次のオーナーの手に渡るまでにさまざまな流通経路を通ることになり、その都度手数料や中間マージンが発生してしまいます。...
大手買取り専門店の特徴

ガリバーという中古車業界の帝王の魅力を分析してみました

中古車の主要買取り専門店7社の中で、買取り実績13年連続で1位の実績を持つガリバーは、中古車業界のまさに帝王とも呼べる存在です。 クルマの買取り専門店と聞いてガリバーの名前を真っ先に思い浮かべる人も多いことでしょう。 ガリバーが...
車の雑学

ディーラーが中古車販売に本腰を入れるようになった理由とは?

かつて車業界は、新車を販売するメーカー系列のディーラーと、中古車販売店の間でしっかりと住み分けができていました。 しかし、近年はディーラーが中古車販売に本腰を入れ始めたことにより、着々と中古車の販売台数を伸ばしています。 実際、...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

一括査定サイトで紹介された買取り業者が金額を提示しないとき

車の一括査定サイトを利用して買取業者をお互いに競争させることによって、マイカーの売却額を大幅にアップさせることが可能になります。 しかし、業者によっては他の業者の金額を気にしてなかなか見積もりを提出してこないところがあります。 ...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

車を即金でその日に買い取ってくれる業者はあるのでしょうか?

買取店に自分の車を売却することを決めてから、実際に自分の口座に入金されるまではある程度の期間がかかるのが一般的です。 しかし、何らかの事情により、車をお店に持ち込んでその日のうちに即金で買い取ってもらいたいと思う場合もあるでしょう。...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

車を売るときにボディーのキズや塗装剥げなどは修理すべき?

車を高く売るためには、「見た目を良くする」という点も確かに大切なポイントです。 エンジンの状態や足回りの状態など、車が正常に走るために欠かすことのできない部分の状態はもちろん大切ですが、ボディーにキズや塗装剥げなどが多くある車も査定に...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

車は売るタイミングで買取り価格が大きく変わってしまいます

車を売るときに、高く売れるタイミングがあるということをご存知でしょうか? 何らかの理由であなたの乗っている車のニーズが高まるときにうまく売れば、通常よりも高い査定額が期待できるということになります。 そういった情報を事前にキャッ...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

電話攻勢に負けない一括査定サイトでしっかりと車を高く売る方法

車の一括査定サイトは車を少しでも高く売りたいと考えている人にとっては、とても便利でありがたいシステムですが、申し込みをするとたくさんの業者から電話がかかって来るので利用したくないという声も聞きます。 確かに、自分の車の相場を知りたいだ...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

車を売る直前にできる査定アップのための小ワザを紹介します

愛車を売る事になったら、少しでも高く買い取ってもらいたいものです。 そのためには、なにをすれば良いのでしょうか。 車の査定金額というものは、年式や走行距離だけでなく、車の使用状態やボディの傷、修理歴など、さまざまな要因をもとに決...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

査定が終わってもその場ですぐに車を売る契約をするのはNGです!

車の査定を受けて、その結果にある程度満足できたとしても、その場ですぐに契約してしまうのは損をしてしまう可能性があります。 数社の査定額を見定めてから、あらためて契約するという形を取った方が得策です。 車によっては、売却額が数...
タイトルとURLをコピーしました