サンジ

車を高く売るための豆知識

車の出張査定を依頼するときの流れや注意すべきこと~業者とのトラブルを避けて安心してクルマを売るために

車を売るときには、ディーラーに持ち込んで下取りしてもらったり、買取り店を訪問して査定をしてもったりする人が多いことでしょう。 しかし、さまざまな事情でお店までクルマを持ち込むことが出来ない人もいるに違いありません。 そういったと...
車を高く売るための豆知識

走行距離が10万kmを超えた車は売れないなんてウソです~12万kmでも13万kmでも普通に買取り可能です

クルマは機械ですから、走行を重ねるたびに各パーツに痛みが生じます。 どんなに品質の良い車であっても、機械である以上やがて各パーツが劣化して寿命をむかえるときが必ずきます。 クルマが問題なく使用できるかどうかの目安が10万kmであ...
トヨタ車を売るときの参考事例

トヨタアクアの買取り相場と下取り価格の目安~3年落ち・4年落ち・5年落ち・6年落ち・7年落ちで比較

2011年に鳴り物入りでデビューしたトヨタのハイブリッド車・アクアは、プリウスをも上回る圧倒的な燃費の良さと、5ナンバーサイズのコンパクトさで、人気を集めています。 2018年度の新車販売台数でも、プリウスや日産のノートとつねにトップ...
車の雑学

入れ歯安定剤や口内洗浄剤で酒気帯び運転になる!?~1滴もお酒を飲んでないのに冤罪で検挙の可能性

お酒を飲んでクルマを運転してはいけないことは誰もが知っています。 そして、ドライバーであれば、酒気帯び運転の罰則が非常の厳しいということも、よくご存じだと思います。 アルコールの濃度が0.15~0.25mg/Lまでの酒気帯び運転...
車を高く売るための豆知識

悪質なクルマ買取り業者の詐欺の手口と騙しのテクニック~言葉たくみに愛車を持ち去られて音信不通

クルマというのは高額商品です。 そのため中古車といえども、売買にあたってはそれなりに大きな金額のやり取りが発生します。 ある程度のまとまった金額が動く商取引において、詐欺師たちが目をつけるというのは世の常です。 実は、中古...
車の雑学

軽トラックの買取り価格や下取り相場はなぜこれほど高いのか?~軽トラは年式が古くても過走行でも高額査定

中古の軽トラックが高く売れるという話を耳にしたことがある人も多いことでしょう。 軽トラックの場合、多少年式が古くなっても、一般の乗用車のように一気に買取り価格がさがるということはないといわれています。 なぜ、軽トラックの買取り価...
車の雑学

13年以上乗った車の税金がアップ!~高い自動車税や重量税を払い続けて乗り潰す?それとも廃車?

車というのは、もともと重税感のある商品です。 クルマを購入するときに、車両本体価格とディーラーなどから提示されるいわゆる「乗り出し価格」との金額差に、愕然となった経験をお持ちの方も多いことでしょう。 消費税はもちろんのこと、自動...
車の雑学

廃車寸前のポンコツ車を買取りしてくれる理由~20万km走った中古車でも海外への輸出ルートで売れる

一昔前であれば、まったく査定の対象にならずに廃車にしてそのまま解体屋に持ち込む以外に方法がなかったポンコツ車が、最近ではそれなりの価格で買取りをされることが多くなっているようです。 15年落ち以上の古いクルマであったり、20万km近く...
車の雑学

クルマのヘッドライトが黄ばんでしまうのはなぜ?~ひどくなると光量不足で車検に通りません

ヘッドライトのレンズの部分が黄ばんでしまっているクルマをときどき見かけることがあると思います。 ひょっとしたら、あなたの愛車にもそのような症状が出ているかも知れません。 ヘッドライトが黄ばんでしまうと見た目が悪いだけではなく、ひ...
車の雑学

政府はなぜ走行距離に応じて税金を徴収する走行税を検討しているのか?

クルマの走った距離に応じて税金を課税する、いわゆる走行税の導入を政府が検討しているようです。 日本でクルマを所有すると、さまざまな名目で税金が課せられます。 自動車税・重量税・取得税・消費税・燃料税という名目で、クルマのオーナー...
車を高く売るための豆知識

クルマの買取り価格や査定額はボディの色によってどれくらい違うのか?

クルマの査定額というのは、さまざまな条件によって決定されます。 そのなかでも、特に影響の大きいのが年式と走行距離であるといわれています。 クルマは年式が古くなればどんどん劣化しますし、走行距離が伸びることによっても同様に劣化しま...
中古車を購入するときのアドバイス

死亡事故を起こした中古車を見分ける方法はあるのか?~人を轢いたり車内で自殺したクルマが普通に売られている!

中古車というのは、以前の持ち主がどんな人でどんな乗り方をしていたのかということが分かりません。 もしかしたら、人を轢いて死亡させてしまったクルマや、車内で排ガス自殺をしたクルマが中古車店の展示場にならんでいる可能性もあるのです。 ...
車の雑学

無断駐車で罰金を支払う義務はあるのだろうか?~高額な損害賠償を請求された事例もあります

たまたま入りたいお店の駐車場がいっぱいだったので、隣のお店の駐車場に無断で止めさせてもらうといった経験がある人も少なくないでしょう。 隣のお店にしてみれば、はなはだ迷惑な行為です。 そのため、「無断駐車をした場合は罰金1万円を徴...
中古車を購入するときのアドバイス

アウトレット中古車は本当にお得なのか?~現状販売のクルマとはどこが違うのか?

アウトレット中古車という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 一般の中古車の場合は、整備や室内クリーニングなどを施した状態で店頭にならぶことになります。 ところがアウトレット中古車の場合は、入荷した状態のままで店頭にならべて、整備...
車の雑学

ドライブレコーダーは後方にも設置するべし!~あおり運転や違法取締りの証拠を残すことができます

ドライブレコーダーが飛ぶように売れているそうです。 あおり運転によるトラブルが頻繁にニュースなどで流れるようになり、自己防衛のためにドライブレコーダーを設置する人が増えているのでしょう。 しかし、前方だけではなく後方にもドライブ...
車の雑学

サーキットの狼に登場したスーパーカーの最高出力は現在のファミリーカーと同レベルだった!?

1975年~1979年にかけて池沢さとし氏が少年ジャンプに連載した「サーキットの狼」の影響で、爆発的なスーパーカーブームが巻き起こりました。 ポルシェやフェラーリ、ランボルギーニといった、それまで一部のカーマニアしか知らなかった外国製...
車の雑学

なぜ高速道路を逆走するクルマがあとをたたないのか?~逆走したという認識のないドライバーが26%もいる!

高速道路を逆走するクルマのニュースを頻繁に目にするようになっています。 ニュースで紹介されるのは逆走車のほんの一部で、ここ数年は毎年250件ほど高速道路での逆走が起きています。 そのうちの5分の1にあたる50件ほどが事故につなが...
中古車を購入するときのアドバイス

自動車ローンの審査が通らない意外な原因とは?~携帯代の滞納でブラックリスト入り!

クルマというのは高額商品ですので、ニコニコ現金払いで購入できる人ばかりではありません。 クルマを買う人の6割ほどは、ローンを組んで購入をしているといわれています。 ところが、この自動車ローンの審査に通らないという人がときどきいま...
車の雑学

右左折の直前にウインカーを出すクルマや車線変更でウインカーを出さないクルマはなぜ検挙されない?

前方を走っているクルマが、交差点の手前で突然ブレーキを踏んだのでこちらもあわててブレーキを踏んだら、そのクルマは交差点直前でウインカー出すと同時にハンドルを切って左折をしていく。 ドライバーであれば、そんな光景を何度も目撃しているに違...
車の雑学

鬼キャンと呼ばれるタイヤを八の字にする改造に何の意味があるのか?

極太のタイヤが極端に斜めに傾いて、外側に踏ん張るような形で取り付けされているクルマをときどき見かけることがあると思います。 これは、いわゆる「鬼キャン」と呼ばれる改造車で、1部のマニアの人にとっては、これがたまらなくカッコいいらしい。...
車の雑学

レーザー式オービスでスピード違反車両は一網打尽にされてしまうのか?~現在の探知機では捕捉は不可能

日頃から安全運転で、スピード違反などはしないという人にとっては、オービスの仕組みや設置場所などについてはまったく関心がないことでしょう。 しかし、自分が飛ばし屋であることを自認している人にとっては、最新のレーザー式オービスは気になる存...
マツダ車の査定と買取り価格

マツダ車の下取り額が二束三文といわれたのは過去のこと?~マツダ地獄の脱却で高額査定が期待できるか

「マツダのクルマは下取り額が安い」と、かつては誰もが思っていました。 かつてのマツダのクルマは、新車購入時に大幅な値引きをすることが多かったために、下取りのときの査定額が他のメーカーのクルマにくらべてかなり安くなってしまったのです。...
車の雑学

クルマの維持費が高すぎる!~クルマを40年間乗り続けると家が1件買える!?~税金・ガソリン代・車検費用

クルマを所有して、それを維持管理するのは、私たちが想像する以上のお金かかります。 ある人が試算をしたところ、コンパクトカーを40年間乗り続けた場合、車両費や税金、ガソリン代、車検費用、駐車場代などで、2,560万円もの出費になるそうで...
車の雑学

僧衣で運転するのは本当に違反なのか?~どんな服装で運転をすると違反切符を切られるのか?

2018年9月16日に、僧衣でクルマの運転をしていた僧侶が、福井県警に違反切符を切られたことがマスコミで話題になりました。 違反切符を切られた理由は「運転に支障のある和服で運転していたこと」だそうです。 違反切符を切られた僧侶に...
トヨタ車を売るときの参考事例

トヨタ・ヴォクシーは10年落ちで走行距離10万kmオーバーでも40万円以上で売却が可能です

かつては、10年落ちで走行距離が10万kmオーバーのクルマというと、廃車か乗り潰す以外に選択肢がありませんでした。 ところが、最近ではそういったクルマであっても高価買取りがあたり前になっています。 特に、トヨタの人気車種であるヴ...
トヨタ車を売るときの参考事例

ヴェルファイアを売却するときの査定額は排気量が大きい方が安くなる?~2.4Lモデルと3.5Lモデルの買取価格を比較

トヨタの高級ミニバンであるヴェルファイアですが、売却をするときの査定額は、同じグレードで比較した場合、排気量の大きい3.5Lモデルよりも排気量の小さい2.5L(2.4L)モデルの方が高くなる傾向にあります。 新車を購入するときの価格は...
車の雑学

移動給油所はガソリンスタンド不足の救世主となるか?~「どこでもスタンド」でタンクローリーから直接給油

ガソリンスタンドの数が激減するなか、静岡県の浜松市で試験的に行われた移動給油所が注目を集めています。 ガソリンスタンドが激減した理由としては、クルマの燃費がどんどん良くなっていることや、2011年6月にだされた「危険物の規制に関する規...
車を高く売るための豆知識

クルマを売るときには車検が切れるギリギリまで乗った方がお得?~車検の残り1年未満は査定に影響なし

クルマを売るときに、「まだ車検が1年近く残っているからきっと高く売れるに違いない」などと思ってしまう人もいることでしょう。 しかし、あなたのその期待感は、ほぼ間違いなく打ち砕かれることになります。 なぜなら、車検の残り期間が1年...
車の雑学

車のオートエアコンは入れっぱなしがいい?それともマメに切った方がいいのか?

最近のクルマはオートエアコンが主流になっています。 そのため、1年中エアコンのスイッチを入れっぱなしにしている人も少なくないでしょう。 オートエアコンの場合、自動で車内の温度を設定温度になるように調整をしてくれるので、エアコン用...
車の雑学

クルマのボディが痛みにくい凍結防止剤の散布が一部の高速道路で開始されました

「雪国で使われた中古車は買わない方がいい」という話を耳にしたことがある人も少なくないと思います。 雪国では道路に凍結防止剤を散布しますが、この凍結防止剤の影響でボディがサビやすくなってしまうからです。 道路の凍結防止剤として主に...
車の雑学

マニュアル車(MT)とオートマ車(AT)はどちらが速いのか?

現在、日本国内を走っているクルマのほとんどは、クラッチのないAT車です。 「オートマなんてかったるいし、燃費も悪いから乗りたくない」 いまから30年ほど前には、多くの人がそう思っていました。 当時のATは性能的にいまのAT...
スズキの車の売却事例

スズキキャリイを売却するときの査定額の目安~6年落ちから12年落ちまでの売却事例

中古屋さんで軽トラックの販売価格を目にした経験のある方は、思った以上に「軽トラの中古は高い」というイメージを持たれたに違いありません。 軽トラは、乗用車のようにモデルチェンジのたびに買い替えをするようなクルマではないので、どうしても中...
ホンダ車の売却額の事例をみる

3年落ちのフィットを買取り店で売るときの査定額~売却事例から相場を判断

ホンダ・フィットは、ボディサイズの手頃感や燃費のよさで、とてもよく売れている人気のコンパクトカーです。 ライバルであるトヨタのヴィッツとともに、つねに新車販売ランキングの上位争いをしています。 中古車市場においてもフィットの人気...
トヨタ車を売るときの参考事例

3年落ちヴォクシーを高額査定で売るための情報~3年落ちでの走行距離やグレード別に買取価格や下取り相場を比較

トヨタのヴォクシーはミニバンのなかでも、非常に人気の高いモデルとなります。 広い室内にもかかわらず、5ナンバーサイズで取り回しが楽な点や、フロントマスクを中心とした迫力のあるエクステリアなどが人気の理由となっているようです。 ヴ...
スズキの車の売却事例

3年落ちのワゴンRを売却するときの査定額は?~走行距離やグレード別に比較

スズキのワゴンRに乗っている方が、売却をしたり下取りに出したりするときに気になるのが査定額だと思います。 同じワゴンRであっても、業者によって査定額が大きく変わることがありますので、あとで後悔をしないようにしっかりと相場を把握しておく...
車の雑学

防災を考えるとハイブリッド車を選択するのが正解~停電中でも電気が使えます

最近は、自然災害が発生することが非常に多くなっているようです。 「備えあれば憂いなし」というのはよく使われることわざですが、人間というのは「喉元過ぎれば熱さを忘れる」という生き物でもあります。 実際に自然災害の被害を受けたり、被...
車の雑学

国土交通省が打ち出した「ドライバー異常時対応システム」のガイドラインとは?

最近はクルマの自動運転が話題になっていますが、完全な自動運転が可能になるにはまだまだ時間がかかるに違いありません。 完全な自動運転が実現するまでの間は、ドライバーがしっかりと意識を保った状態でハンドルを握ることが大前提となります。 ...
車の雑学

エンジンの冷却水はラジエーターで冷やしても80℃以上の高温なのをご存知ですか?

クルマのエンジンは水冷式であるということは、ほとんどの方がご存知でしょう。 しかし、ラジエーターで冷やされた冷却水の温度がどれくらいになっているのかを知らない人は多いと思います。 「冷却水」というイメージから、冷たい水がエンジン...
車を高く売るための豆知識

クルマを売るときに「修復歴あり」で事故車扱いになるのはどの程度のダメージを受けたとき?

中古車店にクルマを見に行くと、プライスボードに「修復歴あり」などと書かれているのを目にすることがあります。 「修復歴あり」のクルマというのは、いわゆる事故車のことで、文字通り過去に修復をした履歴がありますという意味になります。 ...
車の雑学

前進しようとしたクルマが突然バック!?~2ストロークエンジンによる逆回転の恐怖

いまのクルマやバイクはすべて4ストロークのエンジンを搭載していますが、かつてはバイクや軽自動車に2ストロークエンジンが使われていたことがありました。 しかし、構造的に排ガス規制をクリアすることが困難なこともあり、平成18年度の排ガス規...
タイトルとURLをコピーしました