サンジ

車の雑学

鬼キャンと呼ばれるタイヤを八の字にする改造に何の意味があるのか?

極太のタイヤが極端に斜めに傾いて、外側に踏ん張るような形で取り付けされているクルマをときどき見かけることがあると思います。 これは、いわゆる「鬼キャン」と呼ばれる改造車で、1部のマニアの人にとっては、これがたまらなくカッコいいらしい。...
車の雑学

レーザー式オービスでスピード違反車両は一網打尽にされてしまうのか?~現在の探知機では捕捉は不可能

日頃から安全運転で、スピード違反などはしないという人にとっては、オービスの仕組みや設置場所などについてはまったく関心がないことでしょう。 しかし、自分が飛ばし屋であることを自認している人にとっては、最新のレーザー式オービスは気になる存...
マツダ車の査定と買取り価格

マツダ車の下取り額が二束三文といわれたのは過去のこと?~マツダ地獄の脱却で高額査定が期待できるか

「マツダのクルマは下取り額が安い」と、かつては誰もが思っていました。 かつてのマツダのクルマは、新車購入時に大幅な値引きをすることが多かったために、下取りのときの査定額が他のメーカーのクルマにくらべてかなり安くなってしまったのです。...
車の雑学

クルマの維持費が高すぎる!~クルマを40年間乗り続けると家が1件買える!?~税金・ガソリン代・車検費用

クルマを所有して、それを維持管理するのは、私たちが想像する以上のお金かかります。 ある人が試算をしたところ、コンパクトカーを40年間乗り続けた場合、車両費や税金、ガソリン代、車検費用、駐車場代などで、2,560万円もの出費になるそうで...
車の雑学

僧衣で運転するのは本当に違反なのか?~どんな服装で運転をすると違反切符を切られるのか?

2018年9月16日に、僧衣でクルマの運転をしていた僧侶が、福井県警に違反切符を切られたことがマスコミで話題になりました。 違反切符を切られた理由は「運転に支障のある和服で運転していたこと」だそうです。 違反切符を切られた僧侶に...
トヨタ車を売るときの参考事例

トヨタ・ヴォクシーは10年落ちで走行距離10万kmオーバーでも40万円以上で売却が可能です

かつては、10年落ちで走行距離が10万kmオーバーのクルマというと、廃車か乗り潰す以外に選択肢がありませんでした。 ところが、最近ではそういったクルマであっても高価買取りがあたり前になっています。 特に、トヨタの人気車種であるヴ...
トヨタ車を売るときの参考事例

ヴェルファイアを売却するときの査定額は排気量が大きい方が安くなる?~2.4Lモデルと3.5Lモデルの買取価格を比較

トヨタの高級ミニバンであるヴェルファイアですが、売却をするときの査定額は、同じグレードで比較した場合、排気量の大きい3.5Lモデルよりも排気量の小さい2.5L(2.4L)モデルの方が高くなる傾向にあります。 新車を購入するときの価格は...
車の雑学

移動給油所はガソリンスタンド不足の救世主となるか?~「どこでもスタンド」でタンクローリーから直接給油

ガソリンスタンドの数が激減するなか、静岡県の浜松市で試験的に行われた移動給油所が注目を集めています。 ガソリンスタンドが激減した理由としては、クルマの燃費がどんどん良くなっていることや、2011年6月にだされた「危険物の規制に関する規...
車を高く売るための豆知識

クルマを売るときには車検が切れるギリギリまで乗った方がお得?~車検の残り1年未満は査定に影響なし

クルマを売るときに、「まだ車検が1年近く残っているからきっと高く売れるに違いない」などと思ってしまう人もいることでしょう。 しかし、あなたのその期待感は、ほぼ間違いなく打ち砕かれることになります。 なぜなら、車検の残り期間が1年...
車の雑学

車のオートエアコンは入れっぱなしがいい?それともマメに切った方がいいのか?

最近のクルマはオートエアコンが主流になっています。 そのため、1年中エアコンのスイッチを入れっぱなしにしている人も少なくないでしょう。 オートエアコンの場合、自動で車内の温度を設定温度になるように調整をしてくれるので、エアコン用...
車の雑学

クルマのボディが痛みにくい凍結防止剤の散布が一部の高速道路で開始されました

「雪国で使われた中古車は買わない方がいい」という話を耳にしたことがある人も少なくないと思います。 雪国では道路に凍結防止剤を散布しますが、この凍結防止剤の影響でボディがサビやすくなってしまうからです。 道路の凍結防止剤として主に...
トヨタ車を売るときの参考事例

7年落ちのヴェルファイアを高く売るために査定額をチェック~7年落ちの下取り相場や買取価格を売却事例で見る

高級ミニバンとして人気の高いトヨタのヴェルファイアは、売却をするときに高額査定が期待できる代表的な車種といえます。 年式が多少古くても、それなりの買取り額を提示してくれる店も多いですので、ヴェルファイアに関しては乗り潰すという選択肢は...
車の雑学

マニュアル車(MT)とオートマ車(AT)はどちらが速いのか?

現在、日本国内を走っているクルマのほとんどは、クラッチのないAT車です。 「オートマなんてかったるいし、燃費も悪いから乗りたくない」 いまから30年ほど前には、多くの人がそう思っていました。 当時のATは性能的にいまのAT...
スズキの車の売却事例

スズキキャリイを売却するときの査定額の目安~6年落ちから12年落ちまでの売却事例

中古屋さんで軽トラックの販売価格を目にした経験のある方は、思った以上に「軽トラの中古は高い」というイメージを持たれたに違いありません。 軽トラは、乗用車のようにモデルチェンジのたびに買い替えをするようなクルマではないので、どうしても中...
ホンダ車の売却額の事例をみる

3年落ちのフィットを買取り店で売るときの査定額~売却事例から相場を判断

ホンダ・フィットは、ボディサイズの手頃感や燃費のよさで、とてもよく売れている人気のコンパクトカーです。 ライバルであるトヨタのヴィッツとともに、つねに新車販売ランキングの上位争いをしています。 中古車市場においてもフィットの人気...
トヨタ車を売るときの参考事例

7年落ちのプリウスを査定額はどれくらい?~7年落ちでの下取り相場や買取価格を条件別に比較

ハイブリッド車のパイオニア的な存在として人気の高いプリウスですが、2009年から発売された3代目は、たくさん売れすぎたがゆえに中古車市場での相場が値崩れぎみになっています。 つまり、中古車市場にたくさんの3代目プリウスが出回ることにな...
トヨタ車を売るときの参考事例

3年落ちヴォクシーを高額査定で売るための情報~3年落ちでの走行距離やグレード別に買取価格や下取り相場を比較

トヨタのヴォクシーはミニバンのなかでも、非常に人気の高いモデルとなります。 広い室内にもかかわらず、5ナンバーサイズで取り回しが楽な点や、フロントマスクを中心とした迫力のあるエクステリアなどが人気の理由となっているようです。 ヴ...
トヨタ車を売るときの参考事例

3年落ちのヴェルファイアはいくらで売れるか?~3年落ちでの買取り価格や下取り相場を走行距離やグレード別に比較

ヴェルファイアといえば、売却をするときに高額査定が期待でいる代表的な車種になります。 年式が古くなってしまっても、買取相場が大きくさがることがないのが特徴です。 ましてや、年式の新しいヴェルファイアとなると、驚くような高値で売れ...
スズキの車の売却事例

3年落ちのワゴンRを売却するときの査定額は?~走行距離やグレード別に比較

スズキのワゴンRに乗っている方が、売却をしたり下取りに出したりするときに気になるのが査定額だと思います。 同じワゴンRであっても、業者によって査定額が大きく変わることがありますので、あとで後悔をしないようにしっかりと相場を把握しておく...
車の雑学

防災を考えるとハイブリッド車を選択するのが正解~停電中でも電気が使えます

最近は、自然災害が発生することが非常に多くなっているようです。 「備えあれば憂いなし」というのはよく使われることわざですが、人間というのは「喉元過ぎれば熱さを忘れる」という生き物でもあります。 実際に自然災害の被害を受けたり、被...
車の雑学

国土交通省が打ち出した「ドライバー異常時対応システム」のガイドラインとは?

最近はクルマの自動運転が話題になっていますが、完全な自動運転が可能になるにはまだまだ時間がかかるに違いありません。 完全な自動運転が実現するまでの間は、ドライバーがしっかりと意識を保った状態でハンドルを握ることが大前提となります。 ...
車の雑学

エンジンの冷却水はラジエーターで冷やしても80℃以上の高温なのをご存知ですか?

クルマのエンジンは水冷式であるということは、ほとんどの方がご存知でしょう。 しかし、ラジエーターで冷やされた冷却水の温度がどれくらいになっているのかを知らない人は多いと思います。 「冷却水」というイメージから、冷たい水がエンジン...
車を高く売るための豆知識

クルマを売るときに「修復歴あり」で事故車扱いになるのはどの程度のダメージを受けたとき?

中古車店にクルマを見に行くと、プライスボードに「修復歴あり」などと書かれているのを目にすることがあります。 「修復歴あり」のクルマというのは、いわゆる事故車のことで、文字通り過去に修復をした履歴がありますという意味になります。 ...
車の雑学

前進しようとしたクルマが突然バック!?~2ストロークエンジンによる逆回転の恐怖

いまのクルマやバイクはすべて4ストロークのエンジンを搭載していますが、かつてはバイクや軽自動車に2ストロークエンジンが使われていたことがありました。 しかし、構造的に排ガス規制をクリアすることが困難なこともあり、平成18年度の排ガス規...
車の雑学

タイヤを変えるとスピードメーターが狂う?~インチアップのときにはサイズにご用心

クルマのドレスアップのために、タイヤやホイールを交換する人もいるでしょう。 このとき注意しなければならないのが、そのサイズです。 サイズを間違えてしまうと、スピードメーターの数字がくるってしまうことがあるからです。 メータ...
車の雑学

カタログに書かれた燃費と実際の燃費はなぜこれほど違うのか?

カタログに書かれた燃費の良さにひかれてそのクルマを購入してみたものの、実際の燃費はカタログに表示されたものとは程遠い数字で、がっかりとさせられた経験を持つ人も少なくないでしょう。 一部のメーカーがカタログにウソのデータを書いて問題にな...
車の雑学

タイヤの交換のタイミングは?~走行距離や摩耗だけでは判断できません

タイヤを交換するタイミングが分かっている人は意外に少ないようです。 多くの人は、あきらかにタイヤが摩耗した状態になったときに、交換時期だと判断するようです。 確かに摩耗したタイヤで走行するのは危険ですから、それは間違いではありま...
車の雑学

10万kmでタイミングベルトの交換は過去の話です~今はタイミングチェーンが主流

かつては、10万km以上走行したクルマのタイミングベルトが交換されているかどうかということが、中古車の価値を見きわめる重要な判断材料となっていました。 つまり、「10万kmオーバーでタイミングベルトを交換していない中古車は購入すべきで...
地域別車買取店情報

八戸市で中古車の買取りを行っている業者一覧~専門店・中古車店・ディーラー

八戸市のような地方都市ではクルマは必需品であり、クルマが生活の一部になっていると思います。 そんな生活のなかにクルマが溶け込んでいる地域の人であっても、自分のクルマを売るときに無頓着になってしまっている人が多いものです。 新しい...
車の雑学

地方図柄入りナンバー全国41地域一覧~2018年10月より交付開始

ラグビーワールドカップや2020年東京オリンピックの特別仕様ナンバーでおなじみとなった図柄入りナンバーですが、2018年10月より地方版の図柄入りナンバーが交付されることになりました。 交付となるのは日本全国41地域で、2020年には...
車の雑学

子どもの車内放置は絶対にダメ!~わずか15分で熱中症危険レベルまで温度が上昇

子どもを車内に放置して熱中症で死亡させてしまうという痛ましいニュースを、夏場になると毎年のように耳にします。 炎天下に置かれた車内の温度が、耐えられないほどの高温になるということは、ドライバーなら誰もが知っているはずなのに、なぜ毎年の...
地域別車買取店情報

高槻市で営業している車買取り店一覧~買取り専門店・中古車店・ディーラー

クルマの査定額は、お店によって数十万円も差が生じることがあります。 新車を買うお店でそのまま下取りにだしたり、1店舗だけの査定額でそのまま売却してしまったりするというのは非常にもったいないことです。 ここでは、これから高槻市でク...
車の雑学

国産車の最高速度はどれくらい?~ミニバンだと160km/h・GT-Rは315km/h

最近の国産車は本当に性能がよくなっています。 最高速度が200km/hオーバーというと、かつては一部のスポーツカーだけに限られましたが、最近の国産車だと普通のセダンが余裕で200km/h以上のスピードをたたき出してしまいます。 ...
トヨタ車を売るときの参考事例

ノアを売却するときの査定額や買取り相場を5年落ちと7年落ちの事例で比較

ノアは同じトヨタの兄弟車であるヴォクシーとならんで、非常に人気のあるミニバンです。 余裕で7人~8人が乗れる5ナンバーサイズのミニバンとして、とてもよく売れているクルマになります。 ノアは中古車市場でも人気が高いために、リセール...
トヨタ車を売るときの参考事例

アルファードの買取り価格や査定額は5年落ちと7年落ちでいくらになるか?

アルファードは、同じトヨタの兄弟車であるヴェルファイアとならんで、非常に人気の高い高級ミニバンです。 中古車市場においてもアルファードの人気は高く、リセールバリュー的にかなり期待の持てる車種となっています。 ここでは、これからア...
車の雑学

あおり運転を誘発してしまうような運転を無意識にしている人は要注意です

2017年6月に、無謀なあおり運転による夫婦の死亡事故かきっかけとなり、あおり運転は大きな社会問題となっています。 警視庁は2018年1月16日付で、あおり運転に対して厳罰化をすることになりました。 確かに、悪質なあおり運転は絶...
地域別車買取店情報

青森市内でクルマを売却するときのお店探し~買取り専門店・中古車販売店

クルマを購入するときに値引き交渉に熱心になる人は多いですが、これまで乗っていたクルマの売却価格には無頓着な人が少なくありません。 しかし、値引き以上にインパクトがあるのが、いま乗っているクルマの買取り価格です。 複数のお店の査定...
車を高く売るための豆知識

走行距離が3万kmと8万kmで同年式のクルマの査定額はどれだけ変わるか?

クルマを売却するときの査定額というのは、さまざまな要因によって決まることになります。 その中でも、走行距離は重要な要因の一つとなっており、年式に対して過走行のクルマの査定額はどうしても低くなりがちです。 逆に、年式が多少古くても...
車の雑学

排気量で決まる自動車税は電気自動車やダウンサイジングターボだとお得になります

クルマを所有していると、毎年5月にあまりうれしくない通知が届きます。 そうです。自動車税の納税通知書です。 地方に行くと、大人ひとりに対してクルマ1台があたり前の地域も少なくありませんので、春先になるとクルマの税金のことで憂鬱に...
地域別車買取店情報

前橋市の車買取り業者の一覧~高額査定で売却するなら複数のお店を比較しよう

これまでクルマを買い替えるたびに何も考えずにディーラーに下取りに出していた人は、かなりの損をしていた可能性があります。 なぜなら、クルマの査定額というのはお店によって大きく変わってくるからです。 1社だけの査定額で比較をせずにそ...
タイトルとURLをコピーしました