サンジ

クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

3年落ちヴォクシーを高額査定で売るための情報~走行距離やグレード別に買取価格や下取り相場を比較

トヨタのヴォクシーはミニバンのなかでも、非常に人気の高いモデルとなります。 広い室内にもかかわらず、5ナンバーサイズで取り回しが楽な点や、フロントマスクを中心とした迫力のあるエクステリアなどが人気の理由となっているようです。 ヴ...
車の雑学

どんどん重くなる現代のクルマ~昔の車は本当に軽かった!~車重がわずか385kgのスバル360

最近のクルマはどんどん重くなってきています。 軽自動車でさえ、車両重量が1tにもなるような車種が少なくありません。 こうなると、はたして「軽」と呼んでもいいのかと思いたくなる重量級ぶりです。 たとえば、1970年代~198...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

3年落ちのヴェルファイアはいくらで売れるか?~買取り価格や下取り相場を走行距離やグレード別の一覧で紹介

ヴェルファイアといえば、売却をするときに高額査定が期待でいる代表的な車種になります。 年式が古くなってしまっても、買取相場が大きくさがることがないのが特徴です。 ましてや、年式の新しいヴェルファイアとなると、驚くような高値で売れ...
交通ルールと取締りに関する情報

悪質なあおり運転に関するさまざまな問題点を検証~どうすれば被害者にならずに済むか

クルマのあおり運転が問題になっているようです。 あおり運転というのは、先行車に対して衝突の危険性があるほどに車間距離を詰めて道をゆずるように強要したり、パッシングやクラクションなどによって他のクルマを威嚇したりする行為のことを言います...
交通ルールと取締りに関する情報

パトカーがスピード違反で捕まることも実際にあります~オービスに捕捉されたマヌケな警察官たち

公道を走るときには、速度制限というものがあり、それに違反をするとスピード違反で検挙されることになります。 これは一般車両だけではなく、パトカーや救急車、消防車といった緊急車両であっても同様です。 実際にパトカーや警察の公用車で走...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

7年落ちのプリウスの査定額はどれくらい?~グレード別に下取り相場や買取価格を比較

ハイブリッド車のパイオニア的な存在として人気の高いプリウスですが、2009年から発売された3代目は、たくさん売れすぎたがゆえに中古車市場での相場が値崩れぎみになっています。 つまり、中古車市場にたくさんの3代目プリウスが出回ることにな...
交通ルールと取締りに関する情報

首都高速の制限速度は一般道と同じだということをご存知ですか?~環状線50km/h制限区間でオービスの餌食に!

一般道での制限速度は60km/hで、高速道路の制限速度は100km/hであると、車の運転免許証を持っている人であれば、誰でもそう思っていることでしょう。 しかし、俗に首都高速と呼ばれる「首都高速道路」は、制限速度が一般道と同じ60km...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

7年落ちのヴェルファイアを高く売るために査定額をチェック~7年落ちの下取り相場や買取価格を売却事例で見る

高級ミニバンとして人気の高いトヨタのヴェルファイアは、売却をするときに高額査定が期待できる代表的な車種といえます。 年式が多少古くても、それなりの買取り額を提示してくれる店も多いですので、ヴェルファイアに関しては乗り潰すという選択肢は...
車の雑学

軽自動車が普通車にくらべて危険だといわれている本当の理由は?~致死率が普通車にくらべて1.6倍?

日本の公道を走っている乗用車の3台に1台以上は、軽自動車だといわれています。 軽自動車には、維持費が安いとかボディがコンパクトなので車庫入れがしやすい、などといったさまざまなメリットがあります。 しかし、軽自動車は事故を起こした...
車の雑学

スポーツカーが危険な車というのはウソ?~本当は一番安全です~むしろ軽自動車やミニバンの方が危険

スポーツカーは危険だという人がいます。 加速性能が良く、スピードも出るのでどうしても危険だというイメージがあるのだと思います。 実際、任意保険などに加入する際も、スポーツカーは保険料が高くなることが多いようです。 保険会社...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

ランドクルーザーの買取り価格や下取りの相場を3年落ちから10年落ちの年式別及び走行距離別に比較

ランクルは、国内の中古車市場において最もリセールバリューの高いクルマの1つといえます。 多少年式が古かったり走行距離が伸びてしまっていても、ランクルの場合は他の車種では考えられないような買取り価格が提示されたりすることが少なくありませ...
車の雑学

タクシーの9割がプロパンガスで走っているのはなぜ?

世の中にはこれほどたくさんのタクシーが走っているのに、ガソリンスタンドでタクシーを見かけることがほとんどないことを不思議に思ったことはありませんか? 実は、タクシーをガソリンスタンドで見かけないのは、そもそも燃料にガソリンを使用してい...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

ハイエースの買取り価格と下取り相場の3年落ち~10年落ちの年式別一覧及び実際の売却事例

ハイエースというと商用車のイメージがあるかと思いますが、スタイリングの良さと広い室内でファミリーユースとしても非常に人気の高い車です。 特に開発途上国などでのハイエースの人気は高く、多少年式が古かったり走行距離が延びていたりする車両で...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

トヨタクラウンの3年落ちから10年落ちの買取り価格と下取り相場をデータと売却事例から分析

トヨタクラウンといえば、高級セダンの代名詞的なクルマです。 最近ではミニバンなどに押されてセダンの人気が落ちていますが、そんななかでも奮闘しているのがトヨタクラウンです。 セダンであるにもかかわらず、下取りや買取りの際のリセール...
車の雑学

クラウンが4気筒で本当にいいのか?~高級車なのに6気筒の上質フィーリングが味わえない時代の到来

日本の高級セダンの代名詞的な存在であるクラウンのメインエンジンが、伝統の6気筒から4気筒に変わりました。 2018年6月にフルモデルチェンジをして15代目となったクラウンからは、直列4気筒2Lターボと2.5L+ハイブリッドがメインのパ...
車の雑学

ハイオク(プレミアム)仕様の車にレギュラーガソリンを入れて走ったらエンジンは壊れるのか?

車にはハイオク仕様とレギュラー仕様があるのは、ご存知の通りです。 ハイオクガソリンはレギュラーガソリンにくらべて10円程度高いことが多く、満タンにすると300円~500円程度の料金差が発生します。 ハイオク仕様のクルマに乗ってい...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

ダイハツ・タントの買取価格や査定の相場を5年落・10年落ちで比較~下取りよりも有利?

ダイハツといえばタントを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。 ダイハツタントはそれだけ知名度の高い車であり、日本の軽自動車を代表するといってもいいほどの人気車種の1台となっています。 近年の日本人の軽自動車志向、低燃費志向...
交通ルールと取締りに関する情報

前の晩に飲み過ぎると翌朝に飲酒運転で検挙される可能性があります~アルコールはどれくらいで体内から抜けるのか?

飲酒運転を絶対にやってはいけないということは、ドライバーならば誰でも認識していることと思います。 「飲んだら乗るな」は、まさにドライバーとしての常識といえるのですが、多くの人は「飲んだ直後には乗るな」という意味で解釈をしているようです...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

オデッセイの買取り価格は?~5年落ちと10年落ちの査定額や下取り相場を比較

日本のミニバンを代表する人気車種のホンダオデッセイは、ミニバンでありながら車高が低く、スポーティーな走りにも対応できる点に特徴があります。 セダンとミニバンのいいとこ取りをしたようなオデッセイのコンセプトが、ファミリー層に支持されてい...
交通ルールと取締りに関する情報

スピード違反で捕まるといつも24km/hと29km/hオーバーでキップを切られるのはなぜか?

スピード違反で検挙される人は、一般道だけで年間に200万人以上もいるといわれています。 白バイや覆面パトカーにいきなりサイレンを鳴らされて、口から心臓が飛び出すくらいビックリした経験をお持ちの方も少なくないでしょう。 また、明ら...
車の雑学

あまり乗らない車は調子が悪くなるって本当?~週に1回しか乗らないレジャー用のクルマは大丈夫か?

年式の割にたくさんの距離を走っているクルマは、過走行車として売却時に査定を受けるときに不利な扱いになります。 クルマというのは機械ですから、使えば使うほど劣化をしていくと考えるのが普通だからです。 それなら、走行距離はなるべく少...
交通ルールと取締りに関する情報

交通違反に納得ができないなら青切符のサインを拒否すれば99.9%不起訴になる?~スピード違反も一時停止違反も納得いかない!

日頃から安全運転を心がけてはいても、一生のうちに何度かは運悪く交通違反で摘発されてしまうこともあるでしょう。 そんなとき、明らかに自分が交通ルールに違反をしていたと自覚している場合は仕方がありませんが、どう考えても納得ができないという...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

中古車の販売価格と買取価格にはどれくらいの差が生じるのでしょうか?~中古屋さんはボロ儲け?

自分がいま乗っているクルマを下取りにだしたり買取り専門店に売却をしたりするときに、雑誌などの中古車販売価格を参考にする人がいるようです。 そして、雑誌などに掲載されていた自分のクルマと同じ車種の中古車販売価格にくらべて、ディーラーや買...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

ヴィッツの5年落ちと10年落ちの査定額と買取価格を調査~下取り相場との比較で高く売れるか?

トヨタのヴィッツは日本のコンパクトカーを代表する人気車種といってもいいでしょう。 日本での人気はもちろんのこと、ヨーロッパなど海外での評価も高い、トヨタの看板車種の一つです。 中古車市場での売買に関しても最も活発なクルマの一つで...
交通ルールと取締りに関する情報

オービス(自動速度取締り装置)は何キロオーバーで走ると作動する?

幹線道路や高速道路を走っていると、自動速度取締り装置をときどき目にします。 これらの装置が何キロオーバーで走行すると作動するのか気になる人も多いことでしょう。 これらの自動速度取締り装置は、「オービス」などと呼ばれていますが、こ...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

ホンダライフの5年落ちから10年落ちの買取価格や下取り相場をグレードや走行距離別に比較

ライフといえば、長年ホンダの軽自動車の代表車種でした。 しかし、2014年4月に生産を終了し、今では『ホンダNシリーズ』が、代表的な車種となっていますが、中古車市場においてはまだまだライフは人気のある車です。 ホンダライフに限ら...
車の雑学

オービスの仕組みの違い~レーダー式・ループコイル式・LHシステム・Hシステム・最新のレーザー式

スピード違反の取り締まりには、有人方式と無人方式があります。 有人方式というのは、いわゆる「ネズミ捕り」と呼ばれる待ち伏せ形式の取り締まりや、パトカー(覆面)や白バイによって追尾する方法になります。 それに対して無人式の速度取り...
交通ルールと取締りに関する情報

高速道路120km/h時代に軽自動車やコンパクトカーは対応できるのか?

現在、基本的に日本の高速道路の法定速度は100km/hとなっています。 あえて「基本的に」と書いたのは、一部の高速道路で制限速度が120km/hに緩和されたからです。 新東名高速道路の新静岡IC~森掛川IC間の上下約50㎞の区間...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

N-BOXの査定額の相場や実際の買取価格を3年落ち~5年落ちで比較~下取りに出す前に

ホンダのN-BOXが爆発的に売れているようです。 2017年度の販売台数は22万台を超えて、販売ランキングではダントツの1位となっています。 そんな人気車種であるホンダN-BOXですが、下取りや買取り店に売却するときの査定額がど...
車の雑学

ハイブリッド車のバッテリーはどのくらいの寿命があるか?~劣化したときのメーカー保証や交換の費用

最近は、燃費のいいハイブリッド車が人気になっています。 クルマの維持費のなかでも特に大きなウエイトをしめる燃料代を大幅に節約できるというのは、ハイブリッド車の大きなメリットです。 しかし、ハイブリッド車でひとつだけ引っかかること...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

ワゴンRの買取価格と査定額を調査~5年落ちと10年落ちの場合~下取り相場との比較

軽自動車の世界に「軽ワゴン」というジャンルを生み出し、長年スズキの看板車種であり続けたのがスズキワゴンRです。 6代目となる今でもワゴンRの人気は健在で、2017年のモデルチェンジ後も中古車市場では安定した評価を得ています。 こ...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

車の売却価格や下取り相場は地域によって大きく変わります~都市部で査定額が高くなる高級車と地方で人気の高い軽自動車

クルマの査定額というのは、ほとんどのお店でオークション相場や日本自動車査定協会が提供する査定基準に基づいて行われています。 そのため、基本的には全国どこで査定を受けても買取り価格や下取り相場にそれほどの差が生じないような気がします。...
中古車を購入するときのアドバイス

レンタカー落ちの中古車を購入することのメリットとデメリット~最新モデルが格安で買える?

中古車市場には、一般の人が普通に使っていたマイカー以外に、レンタカー落ちと呼ばれるクルマが流れてくる場合があります。 文字通りレンタカーとして利用されていたクルマが、お役御免となって中古車として売られているわけです。 はたしてこ...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

プリウスαを下取りにだすときの査定相場や買取価格を5年落ちと7年落ちで比較

ハイブリッド車のパイオニア的存在であるプリウスの、ステーションワゴン版として2011年5月に登場したのが「プリウスα」です。 発売と同時に人気車種となり、かなりの台数が売れたプリウスαですが、プラットフォームが旧型プリウスのものである...
交通ルールと取締りに関する情報

高速道路は制限速度を超えた110km/h台で走っても捕まらない?~追い越し車線を120km/hだとどうなる?

車の免許をお持ちの方ならば誰でもご存知なはずですが、日本の高速道路における制限速度は100km/hです。 2019年3月より新東名と東北道の一部区間で、試験的に制限速度が120km/hの区間が設けられていますが、まだまだ一般的ではあり...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

セレナを下取りにだすときの相場や査定額は?~5年落ちと10年落ちの買取価格を分析

日産のセレナは、5ナンバーサイズ(ハイウェイスターは3ナンバーサイズ)でファミリーカーとして手ごろなサイズのミニバンのため、ステップワゴンやヴォクシーなどとならんで人気になっています。 そんなセレナですが、2016年の秋にはフルモデル...
車の雑学

アクセルとブレーキを踏み間違える事故はなぜ起こるのか?~危険を感じたらペダルを強く踏むという脳の思い込み

高齢者による事故が多発しているようです。 高齢者の事故の要因にはさまざまなものがありますが、その中でも特に最近注目されているのが「アクセルとブレーキを踏み間違えてしまった」というものです。 アクセルとブレーキは形状も位置も異なり...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

ダイハツムーヴの査定額や買取価格を5年落ちと10年落ちで分析~下取り相場との差額は?

軽自動車の代表的な人気車種であるダイハツのムーヴは、中古車市場でも非常に人気の高い車です。 2014年末のモデルチェンジによって、中古車市場での相場も大きく変動したようです。 ここでは、ダイハツムーヴがどのくらいの値段で買取りさ...
車の雑学

もしオイル交換をしなかったら本当にクルマは壊れるのか?~オイル交換をしないで13万km走ったクルマの末路

車のエンジンオイルは、5000kmごと、あるいは6か月ごとに交換すべきであると思っているドライバーは少なくないでしょう。 実際にディーラーなどが行う6か月ごとの定期点検でもオイル交換が行われていますし、カー用品店などでも、6か月ごとか...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

違法改造車を買取りや下取りしてもらうことは可能でしょうか?~車検に通らないクルマを売却する方法

クルマを売却するときには、基本的にノーマルな状態で売るのが高額査定につながりやすいといえます。 カスタムカーと呼ばれる改造車に関しては、違法性がなければそういったクルマを専門にあつかう系列の店に持ち込めば、それなりの買取り価格を提示し...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

車の耐用年数は昔にくらべてなぜ伸びているのか?~国産車の平均寿命は12.53年

かつては、車の耐用年数はおよそ10年で、走行距離の限界は10万kmといわれておりました。 クルマを買い替える際などにも、10年落ちで10万kmを超えていると下取りの対象にならず、廃車にするしか選択肢がなかった時代が確かにありました。...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

車の出張査定を依頼するときの流れや注意すべきこと~業者とのトラブルを避けて安心してクルマを売るために

車を売るときには、ディーラーに持ち込んで下取りしてもらったり、買取り店を訪問して査定をしてもったりする人が多いことでしょう。 しかし、さまざまな事情でお店までクルマを持ち込むことが出来ない人もいるに違いありません。 そういったと...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

走行距離が10万kmを超えた車は売れないなんてウソです~12万kmでも13万kmでも普通に買取り可能です

クルマは機械ですから、走行を重ねるたびに各パーツに痛みが生じます。 どんなに品質の良い車であっても、機械である以上やがて各パーツが劣化して寿命をむかえるときが必ずきます。 クルマが問題なく使用できるかどうかの目安が10万kmであ...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

トヨタアクアの買取り相場と下取り価格の目安~3年落ち・4年落ち・5年落ち・6年落ち・7年落ちで比較

2011年に鳴り物入りでデビューしたトヨタのハイブリッド車・アクアは、プリウスをも上回る圧倒的な燃費の良さと、5ナンバーサイズのコンパクトさで人気車種となりました。 そんなアクアの乗り換えを検討するときに、多くの人はそのままトヨタのデ...
交通ルールと取締りに関する情報

入れ歯安定剤や口内洗浄剤で酒気帯び運転になる!?~1滴もお酒を飲んでないのに冤罪で検挙の可能性

お酒を飲んでクルマを運転してはいけないことは誰もが知っています。 そして、ドライバーであれば、酒気帯び運転の罰則が非常の厳しいということも、よくご存じだと思います。 アルコールの濃度が0.15~0.25mg/Lまでの酒気帯び運転...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

悪質なクルマ買取り業者の詐欺の手口と騙しのテクニック~言葉たくみに愛車を持ち去られて音信不通

クルマというのは高額商品です。 そのため中古車といえども、売買にあたってはそれなりに大きな金額のやり取りが発生します。 ある程度のまとまった金額が動く商取引において、詐欺師たちが目をつけるというのは世の常です。 実は、中古...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

軽トラックの買取り価格や下取り相場はなぜこれほど高いのか?~軽トラは年式が古くても過走行でも高額査定

中古の軽トラックが高く売れるという話を耳にしたことがある人も多いことでしょう。 軽トラックの場合、多少年式が古くなっても、一般の乗用車のように一気に買取り価格がさがるということはないといわれています。 なぜ、軽トラックの買取り価...
車の雑学

13年以上乗った車の税金がアップ!~高い自動車税や重量税を払い続けて乗り潰す?それとも廃車?

車というのは、もともと重税感のある商品です。 クルマを購入するときに、車両本体価格とディーラーなどから提示されるいわゆる「乗り出し価格」との金額差に、愕然となった経験をお持ちの方も多いことでしょう。 消費税はもちろんのこと、自動...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

廃車寸前のポンコツ車を買取りしてくれる理由~20万km走った中古車でも海外への輸出ルートで売れる

一昔前であれば、まったく査定の対象にならずに廃車にしてそのまま解体屋に持ち込む以外に方法がなかったポンコツ車が、最近ではそれなりの価格で買取りをされることが多くなっているようです。 15年落ち以上の古いクルマであったり、20万km近く...
車の雑学

クルマのヘッドライトが黄ばんでしまうのはなぜ?~ひどくなると光量不足で車検に通りません

ヘッドライトのレンズの部分が黄ばんでしまっているクルマをときどき見かけることがあると思います。 ひょっとしたら、あなたの愛車にもそのような症状が出ているかも知れません。 ヘッドライトが黄ばんでしまうと見た目が悪いだけではなく、ひ...
車の雑学

政府はなぜ走行距離に応じて税金を徴収する走行税を検討しているのか?

クルマの走った距離に応じて税金を課税する、いわゆる走行税の導入を政府が検討しているようです。 日本でクルマを所有すると、さまざまな名目で税金が課せられます。 自動車税・重量税・取得税・消費税・燃料税という名目で、クルマのオーナー...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

クルマの買取り価格や査定額はボディの色によってどれくらい違うのか?

クルマの査定額というのは、さまざまな条件によって決定されます。 そのなかでも、特に影響の大きいのが年式と走行距離であるといわれています。 クルマは年式が古くなればどんどん劣化しますし、走行距離が伸びることによっても同様に劣化しま...
中古車を購入するときのアドバイス

死亡事故を起こした中古車を見分ける方法はあるのか?~人を轢いたり車内で自殺したクルマが普通に売られている!

中古車というのは、以前の持ち主がどんな人でどんな乗り方をしていたのかということが分かりません。 もしかしたら、人を轢いて死亡させてしまったクルマや、車内で排ガス自殺をしたクルマが中古車店の展示場にならんでいる可能性もあるのです。 ...
交通ルールと取締りに関する情報

無断駐車で罰金を支払う義務はあるのだろうか?~高額な損害賠償を請求された事例もあります

たまたま入りたいお店の駐車場がいっぱいだったので、隣のお店の駐車場に無断で止めさせてもらうといった経験がある人も少なくないでしょう。 隣のお店にしてみれば、はなはだ迷惑な行為です。 そのため、「無断駐車をした場合は罰金1万円を徴...
中古車を購入するときのアドバイス

アウトレット中古車は本当にお得なのか?~現状販売のクルマとはどこが違うのか?

アウトレット中古車という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 一般の中古車の場合は、整備や室内クリーニングなどを施した状態で店頭にならぶことになります。 ところがアウトレット中古車の場合は、入荷した状態のままで店頭にならべて、整備...
交通ルールと取締りに関する情報

ドライブレコーダーは後方にも設置するべし!~あおり運転や違法取締りの証拠を残すことができます

ドライブレコーダーが飛ぶように売れているそうです。 あおり運転によるトラブルが頻繁にニュースなどで流れるようになり、自己防衛のためにドライブレコーダーを設置する人が増えているのでしょう。 しかし、前方だけではなく後方にもドライブ...
車の雑学

サーキットの狼に登場したスーパーカーの最高出力は現在のファミリーカーと同レベルだった!?

1975年~1979年にかけて池沢さとし氏が少年ジャンプに連載した「サーキットの狼」の影響で、爆発的なスーパーカーブームが巻き起こりました。 ポルシェやフェラーリ、ランボルギーニといった、それまで一部のカーマニアしか知らなかった外国製...
交通ルールと取締りに関する情報

なぜ高速道路を逆走するクルマがあとをたたないのか?~逆走したという認識のないドライバーが26%もいる!

高速道路を逆走するクルマのニュースを頻繁に目にするようになっています。 ニュースで紹介されるのは逆走車のほんの一部で、ここ数年は毎年250件ほど高速道路での逆走が起きています。 そのうちの5分の1にあたる50件ほどが事故につなが...
クルマのローンについて知る

自動車ローンの審査が通らない意外な原因とは?~携帯代の滞納でブラックリスト入り!

クルマというのは高額商品ですので、ニコニコ現金払いで購入できる人ばかりではありません。 クルマを買う人の6割ほどは、ローンを組んで購入をしているといわれています。 ところが、この自動車ローンの審査に通らないという人がときどきいま...
交通ルールと取締りに関する情報

右左折の直前にウインカーを出すクルマや車線変更でウインカーを出さないクルマはなぜ検挙されない?

前方を走っているクルマが、交差点の手前で突然ブレーキを踏んだのでこちらもあわててブレーキを踏んだら、そのクルマは交差点直前でウインカー出すと同時にハンドルを切って左折をしていく。 ドライバーであれば、そんな光景を何度も目撃しているに違...
車の雑学

鬼キャンと呼ばれるタイヤを八の字にする改造に何の意味があるのか?

極太のタイヤが極端に斜めに傾いて、外側に踏ん張るような形で取り付けされているクルマをときどき見かけることがあると思います。 これは、いわゆる「鬼キャン」と呼ばれる改造車で、1部のマニアの人にとっては、これがたまらなくカッコいいらしい。...
交通ルールと取締りに関する情報

レーザー式オービスでスピード違反車両は一網打尽にされてしまうのか?~現在の探知機では捕捉は不可能

日頃から安全運転で、スピード違反などはしないという人にとっては、オービスの仕組みや設置場所などについてはまったく関心がないことでしょう。 しかし、自分が飛ばし屋であることを自認している人にとっては、最新のレーザー式オービスは気になる存...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

マツダ車の下取り額が二束三文といわれたのは過去のこと?~マツダ地獄の脱却で高額査定が期待できるか

「マツダのクルマは下取り額が安い」と、かつては誰もが思っていました。 かつてのマツダのクルマは、新車購入時に大幅な値引きをすることが多かったために、下取りのときの査定額が他のメーカーのクルマにくらべてかなり安くなってしまったのです。...
車の雑学

クルマの維持費が高すぎる!~クルマを40年間乗り続けると家が1件買える!?~税金・ガソリン代・車検費用

クルマを所有して、それを維持管理するのは、私たちが想像する以上のお金かかります。 ある人が試算をしたところ、コンパクトカーを40年間乗り続けた場合、車両費や税金、ガソリン代、車検費用、駐車場代などで、2,560万円もの出費になるそうで...
交通ルールと取締りに関する情報

僧衣で運転するのは本当に違反なのか?~どんな服装で運転をすると違反切符を切られるのか?

2018年9月16日に、僧衣でクルマの運転をしていた僧侶が、福井県警に違反切符を切られたことがマスコミで話題になりました。 違反切符を切られた理由は「運転に支障のある和服で運転していたこと」だそうです。 違反切符を切られた僧侶に...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

トヨタ・ヴォクシーは10年落ちで走行距離10万kmオーバーでも40万円以上で売却が可能です

かつては、10年落ちで走行距離が10万kmオーバーのクルマというと、廃車か乗り潰す以外に選択肢がありませんでした。 ところが、最近ではそういったクルマであっても高価買取りがあたり前になっています。 特に、トヨタの人気車種であるヴ...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

ヴェルファイアを売却するときの査定額は排気量が大きい方が安くなる?~2.4Lモデルと3.5Lモデルの買取価格を比較

トヨタの高級ミニバンであるヴェルファイアですが、売却をするときの査定額は、同じグレードで比較した場合、排気量の大きい3.5Lモデルよりも排気量の小さい2.5L(2.4L)モデルの方が高くなる傾向にあります。 新車を購入するときの価格は...
車の雑学

移動給油所はガソリンスタンド不足の救世主となるか?~「どこでもスタンド」でタンクローリーから直接給油

ガソリンスタンドの数が激減するなか、静岡県の浜松市で試験的に行われた移動給油所が注目を集めています。 ガソリンスタンドが激減した理由としては、クルマの燃費がどんどん良くなっていることや、2011年6月にだされた「危険物の規制に関する規...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

クルマを売るときには車検が切れるギリギリまで乗った方がお得?~車検の残り1年未満は査定に影響なし

クルマを売るときに、「まだ車検が1年近く残っているからきっと高く売れるに違いない」などと思ってしまう人もいることでしょう。 しかし、あなたのその期待感は、ほぼ間違いなく打ち砕かれることになります。 なぜなら、車検の残り期間が1年...
車の雑学

車のオートエアコンは入れっぱなしがいい?それともマメに切った方がいいのか?

最近のクルマはオートエアコンが主流になっています。 そのため、1年中エアコンのスイッチを入れっぱなしにしている人も少なくないでしょう。 オートエアコンの場合、自動で車内の温度を設定温度になるように調整をしてくれるので、エアコン用...
車の雑学

クルマのボディが痛みにくい凍結防止剤の散布が一部の高速道路で開始されました

「雪国で使われた中古車は買わない方がいい」という話を耳にしたことがある人も少なくないと思います。 雪国では道路に凍結防止剤を散布しますが、この凍結防止剤の影響でボディがサビやすくなってしまうからです。 道路の凍結防止剤として主に...
車の雑学

マニュアル車(MT)とオートマ車(AT)はどちらが速いのか?

現在、日本国内を走っているクルマのほとんどは、クラッチのないAT車です。 「オートマなんてかったるいし、燃費も悪いから乗りたくない」 いまから30年ほど前には、多くの人がそう思っていました。 当時のATは性能的にいまのAT...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

スズキキャリイを売却するときの査定額の目安~6年落ちから12年落ちまでの売却事例

中古屋さんで軽トラックの販売価格を目にした経験のある方は、思った以上に「軽トラの中古は高い」というイメージを持たれたに違いありません。 軽トラは、乗用車のようにモデルチェンジのたびに買い替えをするようなクルマではないので、どうしても中...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

3年落ちのフィットを買取り店で売るときの査定額~売却事例から相場を判断

ホンダ・フィットは、ボディサイズの手頃感や燃費のよさで、とてもよく売れている人気のコンパクトカーです。 ライバルであるトヨタのヴィッツとともに、つねに新車販売ランキングの上位争いをしています。 中古車市場においてもフィットの人気...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

3年落ちのワゴンRを売却するときの査定額は?~走行距離やグレード別に比較

スズキのワゴンRに乗っている方が、売却をしたり下取りに出したりするときに気になるのが査定額だと思います。 同じワゴンRであっても、業者によって査定額が大きく変わることがありますので、あとで後悔をしないようにしっかりと相場を把握しておく...
車の雑学

防災を考えるとハイブリッド車を選択するのが正解~停電中でも電気が使えます

最近は、自然災害が発生することが非常に多くなっているようです。 「備えあれば憂いなし」というのはよく使われることわざですが、人間というのは「喉元過ぎれば熱さを忘れる」という生き物でもあります。 実際に自然災害の被害を受けたり、被...
車の雑学

国土交通省が打ち出した「ドライバー異常時対応システム」のガイドラインとは?

最近はクルマの自動運転が話題になっていますが、完全な自動運転が可能になるにはまだまだ時間がかかるに違いありません。 完全な自動運転が実現するまでの間は、ドライバーがしっかりと意識を保った状態でハンドルを握ることが大前提となります。 ...
車の雑学

エンジンの冷却水はラジエーターで冷やしても80℃以上の高温なのをご存知ですか?

クルマのエンジンは水冷式であるということは、ほとんどの方がご存知でしょう。 しかし、ラジエーターで冷やされた冷却水の温度がどれくらいになっているのかを知らない人は多いと思います。 「冷却水」というイメージから、冷たい水がエンジン...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

クルマを売るときに「修復歴あり」で事故車扱いになるのはどの程度のダメージを受けたとき?

中古車店にクルマを見に行くと、プライスボードに「修復歴あり」などと書かれているのを目にすることがあります。 「修復歴あり」のクルマというのは、いわゆる事故車のことで、文字通り過去に修復をした履歴がありますという意味になります。 ...
車の雑学

前進しようとしたクルマが突然バック!?~2ストロークエンジンによる逆回転の恐怖

いまのクルマやバイクはすべて4ストロークのエンジンを搭載していますが、かつてはバイクや軽自動車に2ストロークエンジンが使われていたことがありました。 しかし、構造的に排ガス規制をクリアすることが困難なこともあり、平成18年度の排ガス規...
車の雑学

タイヤを変えるとスピードメーターが狂う?~インチアップのときにはサイズにご用心

クルマのドレスアップのために、タイヤやホイールを交換する人もいるでしょう。 このとき注意しなければならないのが、そのサイズです。 サイズを間違えてしまうと、スピードメーターの数字がくるってしまうことがあるからです。 メータ...
車の雑学

カタログに書かれた燃費と実際の燃費はなぜこれほど違うのか?

カタログに書かれた燃費の良さにひかれてそのクルマを購入してみたものの、実際の燃費はカタログに表示されたものとは程遠い数字で、がっかりとさせられた経験を持つ人も少なくないでしょう。 一部のメーカーがカタログにウソのデータを書いて問題にな...
車の雑学

タイヤの交換のタイミングは?~走行距離や摩耗だけでは判断できません

タイヤを交換するタイミングが分かっている人は意外に少ないようです。 多くの人は、あきらかにタイヤが摩耗した状態になったときに、交換時期だと判断するようです。 確かに摩耗したタイヤで走行するのは危険ですから、それは間違いではありま...
車の雑学

10万kmでタイミングベルトの交換は過去の話です~今はタイミングチェーンが主流

かつては、10万km以上走行したクルマのタイミングベルトが交換されているかどうかということが、中古車の価値を見きわめる重要な判断材料となっていました。 つまり、「10万kmオーバーでタイミングベルトを交換していない中古車は購入すべきで...
地域別車買取店情報

八戸市で中古車の買取りを行っている業者一覧~専門店・中古車店・ディーラー

八戸市のような地方都市ではクルマは必需品であり、クルマが生活の一部になっていると思います。 そんな生活のなかにクルマが溶け込んでいる地域の人であっても、自分のクルマを売るときに無頓着になってしまっている人が多いものです。 新しい...
車の雑学

地方図柄入りナンバー全国41地域一覧~2018年10月より交付開始

ラグビーワールドカップや2020年東京オリンピックの特別仕様ナンバーでおなじみとなった図柄入りナンバーですが、2018年10月より地方版の図柄入りナンバーが交付されることになりました。 交付となるのは日本全国41地域で、2020年には...
車の雑学

子どもの車内放置は絶対にダメ!~わずか15分で熱中症危険レベルまで温度が上昇

子どもを車内に放置して熱中症で死亡させてしまうという痛ましいニュースを、夏場になると毎年のように耳にします。 炎天下に置かれた車内の温度が、耐えられないほどの高温になるということは、ドライバーなら誰もが知っているはずなのに、なぜ毎年の...
地域別車買取店情報

高槻市で営業している車買取り店一覧~買取り専門店・中古車店・ディーラー

クルマの査定額は、お店によって数十万円も差が生じることがあります。 新車を買うお店でそのまま下取りにだしたり、1店舗だけの査定額でそのまま売却してしまったりするというのは非常にもったいないことです。 ここでは、これから高槻市でク...
車の雑学

国産車の最高速度はどれくらい?~ミニバンだと160km/h・GT-Rは315km/h

最近の国産車は本当に性能がよくなっています。 最高速度が200km/hオーバーというと、かつては一部のスポーツカーだけに限られましたが、最近の国産車だと普通のセダンが余裕で200km/h以上のスピードをたたき出してしまいます。 ...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

ノアを売却するときの査定額や買取り相場を5年落ちと7年落ちの事例で比較

ノアは同じトヨタの兄弟車であるヴォクシーとならんで、非常に人気のあるミニバンです。 余裕で7人~8人が乗れる5ナンバーサイズのミニバンとして、とてもよく売れているクルマになります。 ノアは中古車市場でも人気が高いために、リセール...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

アルファードの買取り価格や査定額は5年落ちと7年落ちでいくらになるか?

アルファードは、同じトヨタの兄弟車であるヴェルファイアとならんで、非常に人気の高い高級ミニバンです。 中古車市場においてもアルファードの人気は高く、リセールバリュー的にかなり期待の持てる車種となっています。 ここでは、これからア...
交通ルールと取締りに関する情報

あおり運転を誘発してしまうような運転を無意識にしている人は要注意です

2017年6月に、無謀なあおり運転による夫婦の死亡事故かきっかけとなり、あおり運転は大きな社会問題となっています。 警視庁は2018年1月16日付で、あおり運転に対して厳罰化をすることになりました。 確かに、悪質なあおり運転は絶...
地域別車買取店情報

青森市内でクルマを売却するときのお店探し~買取り専門店・中古車販売店

クルマを購入するときに値引き交渉に熱心になる人は多いですが、これまで乗っていたクルマの売却価格には無頓着な人が少なくありません。 しかし、値引き以上にインパクトがあるのが、いま乗っているクルマの買取り価格です。 複数のお店の査定...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

走行距離が3万kmと8万kmで同年式のクルマの査定額はどれだけ変わるか?

クルマを売却するときの査定額というのは、さまざまな要因によって決まることになります。 その中でも、走行距離は重要な要因の一つとなっており、年式に対して過走行のクルマの査定額はどうしても低くなりがちです。 逆に、年式が多少古くても...
車の雑学

排気量で決まる自動車税は電気自動車やダウンサイジングターボだとお得になります

クルマを所有していると、毎年5月にあまりうれしくない通知が届きます。 そうです。自動車税の納税通知書です。 地方に行くと、大人ひとりに対してクルマ1台があたり前の地域も少なくありませんので、春先になるとクルマの税金のことで憂鬱に...
地域別車買取店情報

前橋市の車買取り業者の一覧~高額査定で売却するなら複数のお店を比較しよう

これまでクルマを買い替えるたびに何も考えずにディーラーに下取りに出していた人は、かなりの損をしていた可能性があります。 なぜなら、クルマの査定額というのはお店によって大きく変わってくるからです。 1社だけの査定額で比較をせずにそ...
中古車を購入するときのアドバイス

5万円でまともな中古車を購入することは可能か?~車種・年式・走行距離

中古車の値段というのは、まさにピンからキリまでで、年式の新しい高級車だと中古でも数百万円しますし、とにかく走ればいいという基準で探せば数万円で買える中古車を見つけることもできます。 ここでは、2018年4月現在で車両本体価格が5万円の...
地域別車買取店情報

一宮市で車の買取りをしているお店一覧~査定額を比較して少しでも高く売るために

これまで乗ってきた車を手放すときには、少しでも高く売りたいと誰もが思うことでしょう。 しかし、実際には新しいクルマを買うお店にそのまま下取りに出す人も多いのではないでしょうか? クルマの査定額というのはお店によって大きく変わりま...
旧車・名車マニア

スバル1000~数々の革新技術が搭載されたスバル初の小型乗用車

1966年5月に発売が開始された「スバル1000」は、さまざまな革新技術を引っ提げて登場したクルマでした。 国産車で初めての本格的なFF方式(フロントエンジン・フロントドライブ)や、水平対向エンジン、量産アルミエンジンなどの採用によっ...
地域別車買取店情報

宮崎市内でクルマを高く売りたい人のためのお店情報~高額査定の専門店を探す

クルマの買取り価格というのは、お店によって大きく異なることをご存知ですか? まったく同じ条件のクルマであっても、買取りをするお店の事情によって査定額は違ってきます。 そのため、少しでもクルマを高く売ろうと思ったら、複数のお店の査...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

9年落ちで車の売却をする際の買取り価格の目安~買取り専門店の査定額はいくら?

9年落ちというのは、新車を購入してからちょうど4回目の車検のタイミングとなります。 クルマの査定額は10年落ち以上になると大きく下がってしまうことも多いので、9年落ちのタイミングで売却すべきか、それとも廃車にするまで乗り続けるべきか悩...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

7年落ちのクルマを売るときの査定額はどれくらいになる?~車種別買取り価格の目安

7年落ちのクルマというのは、ちょうど3回目の車検をむかえるタイミングにあたります。 車検をきっかけに新しいクルマに買い替えをすべきか、それともこのまま乗り潰すべきかで悩む人も多いのではないでしょうか。 下取りや買取り価格がある程...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

走行距離10万kmのクルマはいくらで売れる?~車種別・年式別の買取り店での査定額

クルマの買取り価格は、走行距離に応じて大きく変わってきます。 査定の目安として1年あたり1万kmが標準だといわれています。 つまり、3年落ちだと3万km、5年落ちだと5万kmが査定をする際の基準となりますので、これをオーバーする...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

3年落ちの買い替えで得するクルマと損するクルマ~3年落ちの査定額・買取り価格を比較

新車を購入して、最初の車検を迎える3年落ちのタイミングで別の新車に買い替えるという人も少なくありません。 せっかくの新車を3年で買い替えてしまうなんてもったいないと思うかも知れません。 しかし、リセールバリューの高いクルマであれ...
地域別車買取店情報

高崎市内でクルマを高く売るためのお店一覧~買取専門店・ディーラー・中古車販売店

クルマの買取価格というのは、お店によって大きく変わってきます。 まったく同じクルマであっても、そのお店の流通ルートや車種に対する得手不得手などによって、査定額がまったく違ってしまうことがあります。 ですから、クルマを売る前には必...
交通ルールと取締りに関する情報

警察を本気にさせてしまった中央高速235km/h暴走男の誤算~警察なめんなよ!

中央高速道路を235km/hという狂気のスピードで走行した男が逮捕されて話題になりました。 235km/hというスピードもそうですが、そんな猛スピードにもかかわらず、しっかりとそのクルマを画像におさめた自動速度取り締まり装置(通称オー...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

5年落ちのクルマを買取店に持ち込んだときの査定額は新車価格の何パーセントくらい?

5年落ちというのは、新車で購入したクルマが2回目の車検をむかえるタイミングです。 そのため、5年落ちのタイミングでクルマの買い替えを検討する人も多いのではないでしょうか。 5年落ちでの売却であれば、ある程度の査定額が期待できます...
クルマのローンについて知る

自動車ローンを滞納するとエンジンがかからなくなる?~与信が厳しい人の救世主

クルマを購入するときにローンを組む人の割合は、6割ほどだといわれています。 だだ、ディーラーでローン扱いとなるのは、あくまでも自社で提携している自動車ローンを利用するときだけであり、銀行のマイカーローンなどを利用する場合は現金払い扱い...
車の雑学

ロードノイズやパターンノイズが発生する仕組み~静かなタイヤとうるさいタイヤの違い

クルマを走らせると、必ずタイヤから騒音が発生します。 「ゴー」という低い音域のロードノイズや、「シャー」という高い音域のパターンノイズが、タイヤから発生する主な騒音になります。 こういったタイヤから発生する騒音ですが、実はタイヤ...
旧車・名車マニア

いすゞ・ベレット1600GTR~国産GTのパイオニア的存在だった「べレG」の最速モデル

「ベレG」の愛称で親しまれたいすゞのベレット1600GTに、最速モデルが登場したのは、1969年です。 天才デザイナーであるジウジアーロが設計した「いすゞ・117クーペ」のDOHCエンジンをそのままベレットに移植したモデルで、ベレット...
地域別車買取店情報

松本市内でクルマの買取り可能なお店の一覧~高額査定で売却するための店探し

クルマを購入するときに熱心に値引き交渉をする人であっても、クルマの下取り価格や買取り価格には無頓着な人も多いようです。 しかし、クルマの査定額というのは、お店によって思った以上に違ってくるものなのです。 ここでは、松本市内でクル...
車の雑学

猫バンバンとは?~ネコの命を守るためエンジンをかける前にボンネットをバンバン!

「猫バンバン」という言葉をご存知でしょうか? これは、クルマのボンネットのなかに潜りこんでしまったネコに対して、文字通りボンネットを「バンバン」と叩いて人間の存在を知らせるという行為です。 冬になると、暖かいエンジンルームのなか...
クルマの買取・下取り・査定の基礎知識

廃車や不動車を買取りしてくれるところはあるか?~意外に高く売れる過走行車や古い車

クルマの寿命はかつてにくらべるとどんどん伸びています。 1970年代には新車登録されたクルマが廃車にされるまでの期間は7年ほどでしたが、いまではクルマの平均寿命は13年ほどになっています。 一般に廃車を考えるときに走行距離10万...
旧車・名車マニア

日産サニー1200GX~ライバルにプラス100ccの余裕をみせつけたサニー史上最高傑作

日産サニーというクルマが登場したのは、1966年です。 当時のサニーの排気量は1000ccでしたが、その半年後にトヨタが「プラス100ccの余裕」というキャッチフレーズで、排気量が1100ccのカローラを発売することになります。 ...
地域別車買取店情報

成田市内でクルマを売る予定の人が参考にしたい買取り店・中古車店・ディーラー

クルマの査定額には、ある程度の目安となる基準はありますが、実際にはお店によって大きく異なるというのが実情です。 クルマによっては、20万円~30万円以上も違ってしまうことが普通にあります。 そういった事実があるにもかかわらず、そ...
旧車・名車マニア

セリカ1600GT~2T-G型エンジンを積む鮮烈スタイルの日本初スペシャルティーカー

1970年に、日本で初めてスペシャルティーカーと呼ばれるクルマが登場しました。 それが、トヨタのセリカと呼ばれるクルマです。 そのセリカの鮮烈なスタイリングに、当時のクルマファンは度肝を抜かれました。 セリカはスタイリング...
地域別車買取店情報

那覇市でクルマの買取り業者を探すための一覧表~買取り専門店・中古車販売店

クルマをなるべく高く売りたいと思っても、どこのお店が高く買取りしてくれるのかは簡単には分かりません。 そのため、複数の店舗で査定を受けてみて比較をするということが大切になります。 ここでは、那覇市内で営業をしている買取り専門店や...
旧車・名車マニア

マツダ・サバンナ・クーペGT~ハコスカGT-Rの50連勝を阻んだ伝説のRX-3

マツダのロータリーエンジンを積んだスポーツカーとして、多くの人が思い浮かべることができるのがRX-7やRX-8といった車ではないでしょうか。 同じロータリーエンジンを積んだ車であっても、1970年代前半にレースで大活躍したRX-3とい...
旧車・名車マニア

三菱ギャランGTO~ヒップアップクーペと呼ばれた時速200kmの俊足モデル

1970年11月に三菱からギャランGTOという斬新なスタイルのクルマが発売になりました。 お尻の部分が少し持ち上がった独特のスタイルで、ヒップアップクーペと呼ばれていました。 トップグレードとなるMRは、わずか1600ccのエン...
地域別車買取店情報

大津市で高額査定が期待できるお店を探すための一覧~車買取専門店・中古車販売店

クルマを少しでも高く売るためには、複数のお店の査定額を比較することが大切です。 しかし、複数のお店で査定をしてもらうにしても、大津市内のどこにクルマの買取りをしてくれるお店があるのか分からないという人も多いことでしょう。 ここで...
旧車・名車マニア

マツダコスモスポーツ~日本で初めてロータリーエンジンを搭載したクルマの素顔

ある年代より上の人にとっては、マツダというとロータリーエンジンを思い浮かべるに違いありません。 ロータリーエンジンを積んだクルマは、2012年6月のRX-8の販売終了と同時に姿を消すことになりますが、その圧倒的なパフォーマンスは多くの...
地域別車買取店情報

津市でクルマを高く売るためのお店探し~買取り専門店・ディーラー・中古車店の一覧

中古車の買取り価格は年式や走行距離などによって大まかな金額が決まりますが、かといってどこの店でも同じ査定額になるわけではありません。 まったく同じクルマであっても、その店の流通ルートや在庫状況などによって査定額が大きく変わってくるのが...
車の雑学

新古車・未登録新車・登録済み未使用車・ナンバー落ちの意味の違いは?

一般社団法人自動車公正取引協議会によりますと、販売されているクルマには、新車と中古車の2種しかないことになっています。 ところが、自動車業界にいる人たちの間で日常的にかわされる言葉のなかに、「新古車」「未登録新車」「登録済み未使用車」...
地域別車買取店情報

山形市でクルマを高く売るための買取り業者の一覧~山形で高額査定のお店を探す

クルマはどこに売っても同じだと思っている人もいるかも知れませんが、それは大きな間違いです。 まったく同じクルマであっても、お店によって買取り価格が10万円以上も違ってくることは普通にあります。 クルマを売却するときには、1店舗で...
旧車・名車マニア

日産フェアレディ2000(SR311)~最高速度205km/h・ゼロヨン15秒4の俊足スポーツ

日産のフェアレディというと、「Z」を思い浮かべる人も多いことでしょう。 しかし、フェアレディZが登場する前の1967年に日産から発売されたフェアレディ2000は、「Z」以上にインパクトのある個性的なクルマでした。 2シーターのオ...
旧車・名車マニア

プリンス自動車スカイライン2000GT~「羊の皮を被った狼」と呼ばれたモンスターマシン

1964年に開催された、第2回日本ブランプリで、ポルシェ904カレラとの激闘を演じて注目を浴びたクルマがありました。 それがプリンス自動車から販売されていた、スカイライン2000GTでした。 プリンス自動車が1500ccクラスの...
地域別車買取店情報

秋田市でクルマを売るときに高額査定が期待できる買取り店の一覧

これから秋田市でクルマを売却する予定の人が、少しでも高く売ろうと思ったときに悩むのがどこに売ればいいのかという点だと思います。 クルマの買取り価格というのは、お店によって驚くほど変わってきます。 そのため、たまたま安いお店に売却...
旧車・名車マニア

トヨタカローラ1100~100ccの余裕をアピールして大ヒットした初代カローラ

1960年代半ば、日本国内では排気量1000ccクラスのクルマが各メーカーから次々と発売され、まさに戦国時代といってもいいような状態になっていました。 「日産サニー1000」「ダイハツコンバーノ ベルリーナ1000」「スバル1000」...
地域別車買取店情報

土浦市でクルマを売却する人が高額査定を期待できる買取店・ディーラー・中古車販売店

買い物をするときには、誰もが少しでも安いお店から買おうとすることでしょう。 しかし、クルマを売るときには、まったく他のお店の金額を気にすることなく、そのまま下取りに出してしまう人が多いようです。 クルマを売却するときにも、複数の...
旧車・名車マニア

ホンダN360という当時の軽自動車の常識を超えたN-ONEのモチーフとなったクルマ

ホンダのN-ONEという軽自動車が人気になっていますが、50代以降の人がはじめてこのクルマをみたときには、なんとも懐かしい感じがしたに違いありません。 なぜなら、このホンダN-ONEのモチーフとなったクルマが、50年前に販売されていた...
地域別車買取店情報

高知市内でクルマの買取り店を探すときの一覧~査定額を比較して高額で売却

クルマを高く売ることができれば、そのお金を次に買うクルマの購入資金にあてることができますので、結果的には新しいクルマを安く買うのと同じことになります。 しかし、新しいクルマの値引き交渉には熱心になる人が多いですが、これまで乗ってきた車...
旧車・名車マニア

ホンダS800の魅力~驚きの高性能を誇った2シーターオープンカー

1966年に発売されたホンダS800は、当時としては信じられないような高性能を誇るスポーツカーでした。 わずか791ccの小さなエンジンながら、リッターあたり100psに迫る70psを発揮し、最高速度は160km/hにまで達しました。...
地域別車買取店情報

福井市でクルマを売る予定の人が知っておきたい高価買取りが期待できるお店一覧

買取りをされたクルマというのは、オークション経由で市場に流れるのが一般的ですので、どこの業者に売却しても基本的には査定額は変わらないと思っている人も多いようです。 しかし、実際に複数のお店に査定をしてもらって比較をすると、その金額には...
旧車・名車マニア

トヨタスポーツ800~ヨタハチの愛称でファンを魅了したライトウェイトスポーツ

いまから50年以上も前の1965年3月に、2シーターの本格的なスポーツモデルがトヨタから発売されました。 トヨタスポーツ800と呼ばれるモデルで、いまだに旧車マニアたちに根強い人気があります。 「トヨタスポーツ800」を短くして...
地域別車買取店情報

いわき市でクルマ買取りをしている業者や店舗の一覧~無料査定で高価売却

クルマの査定額というのは、各店舗によって大きく変わることが少なくありません。 それを知らずに、1店舗だけに査定をしてもらってお店のいいなりで売却をしてしまう人が少なくありません。 クルマによっては買取価格が数十万円も異なってしま...
クルマのローンについて知る

クルマの残価設定ローンはお得なのか?~どんなメリットやデメリットがある?

クルマの残価設定ローンというものをご存知でしょうか? 一般的な自動車ローンというのは、クルマの購入費用を分割で全額支払う形式ですが、残価設定ローンの場合には、3年~5年後の下取り価格を据え置く形でローンを組むことになります。 あ...
地域別車買取店情報

盛岡市の車買取り業者を探すためのヒント~買取り店・ディーラー・中古車販売店

かつては、新車登録から10年以上経過したクルマや、走行距離が10万kmを超えるような車は廃車にするか乗り潰すかのどちらかしかないというのが、多くの人の共通認識でした。 しかし、世界でもトップクラスの品質をほこる日本のクルマが10年とか...
車の雑学

スーパーカーブームの立役者カウンタックは本当に300km/hもスピードが出たのか?

いまから40年ほど前、日本にスーパーカーブームが巻き起こりました。 火付け役となったのは、1975年から少年ジャンプに連載された「サーキットの狼」という漫画でした。 サーキットの狼の主人公である風吹裕矢が乗っていたのはロータスヨ...
地域別車買取店情報

徳島市内の車買取業者を見つけるための一覧表~高額査定で売却できるお店は?

クルマを買い替えするときに、いま乗っているクルマが少しでも高く売れれば、頭金を増やしたりオプションパーツを追加したりということができるようになります。 しかし、あたらしく買うクルマの値引き交渉には熱心になる人は多いですが、いま乗ってい...
車の雑学

生活保護受給者でもある条件を満たすことによってクルマの所有が可能です

生活保護を受けている人は、一般の人にくらべて生活が制限されるのが普通です。 特に、贅沢品と呼ばれるものを所有することは認められていません。 基本的にクルマも贅沢品であるという考えから、どこの自治体も生活保護受給者の所有をみとめて...
地域別車買取店情報

四日市市でクルマの買取りや無料査定を受けることが可能な店舗の一覧

クルマの査定はどこで受けても対して変わらないと思っている人が多いようです。 ところが、実際にいくつかの店をまわって査定を受けてみると分かりますが、思った以上に買取り価格に差が生じてしまうものです。 面倒くさいと思わずに、ダメもと...
車の雑学

クルマはいまや動くコンピュータ化しています~もしハッキングされたらどうなる?

現在のクルマは、ほぼコンピュータによって制御されています。 アクセルからブレーキ、ハンドル操作まで電動化してコンピュータにより制御されています。 そんな動くコンピューター化してしまった現代のクルマですが、もしそのコンピュータがハ...
地域別車買取店情報

福島市内でクルマ売却に失敗しないための買取り業者選び~無料査定業者一覧

車を少しでも高く売ろうとするときにやってはいけないことは、業者のいわれるままの査定額で売却をしてしまうことです。 これまでクルマを売るときに、1つの業者からしか査定を受けていなかった人は、たくさんのお店の買取り価格を比較した人にくらべ...
車の雑学

ETCの料金未払いが年間31万件もあるらしい~カード未挿入・期限切れなど

いまや高速道路を利用する人の9割以上がETCを使っているといわれています。 以前は、料金所のところで渋滞が起こるのが普通でしたが、最近ではそういった光景をまったく見かけなくなりました。 料金所の手前にならんだクルマの最後尾に追突...
地域別車買取店情報

川越市内でクルマの査定・買取が可能な業者一覧~どの店が一番高く売れるか?

クルマを少しでも高く売るためには、ちょっとしたコツがあるのをご存知ですか? クルマを買換えするたびに、新しいクルマを買うお店にそのまま下取りに出している人は知らないかも知れませんが、クルマの買取り価格というものは、お店によって驚くほど...
車の雑学

電気自動車のバッテリーはどこまで進化するか~全個体セラミックス・リチウム空気

電気自動車が普及をしていくためには、これからバッテリーがどこまで進化をとげるかにかかっているといっても過言ではないでしょう。 バッテリーにはどうしても劣化の問題があります。 電気自動車で一番気になるのは航続距離ですが、納車された...
地域別車買取店情報

奈良市でクルマを高く売るための買取り業者の一覧~無料査定・出張査定

クルマというのは、私たちが一生のうちに購入するものの中でも、住宅の次くらいに高額な商品といえるのではないでしょうか? そんな高いお金を出して購入したクルマを、実際の資産価値よりも安い値段で手放してしまう人が多いようです。 まった...
中古車を購入するときのアドバイス

モデルチェンジ直後の中古車価格はどのように変化をするのでしょうか?

車というのは定期的にフルモデルチェンジを繰り返します。 モデルが古くなるとどうしても売れ行きが悪くなるので、新型を投入してテコ入れをはかるわけです。 そういったフルモデルチェンジに伴って、旧型の中古車市場での相場は大きく変化しや...
地域別車買取店情報

豊橋市で車買取業者を見つけるための一覧情報~高額査定でクルマを売るために

クルマを売却する際には、なるべくたくさんの業者で査定を受けることで、買取り価格が大幅にアップすることは、いまでは常識になりつつあります。 ただ、実際に査定を受けるとなると、どこのお店で査定をしてもらったらいいのか分からないという人も多...
車の雑学

自動車検査員というのはどんな仕事をする人なのでしょうか?

自動車検査員という国家資格をご存知でしょうか? 某自動車メーカーが無資格検査で話題になりましたが、ここでいう自動車検査員というのはまったく別の資格です。 自動車メーカーの完成検査員というのは、各社が自社で実施する試験をパスした人...
タイトルとURLをコピーしました