サンジ

トヨタ車を売るときの参考事例

プリウスαを下取りにだすときの査定相場や買取価格を5年落ちと7年落ちで比較

ハイブリッド車のパイオニア的存在であるプリウスの、ステーションワゴン版として2011年5月に登場したのが「プリウスα」です。 発売と同時に人気車種となり、かなりの台数が売れたプリウスαですが、プラットフォームが旧型プリウスのものである...
車の雑学

高速道路は制限速度を超えた110km/h台で走っても捕まらない?~追い越し車線を120km/hだとどうなる?

車の免許をお持ちの方ならば誰でもご存知なはずですが、日本の高速道路における制限速度は100km/hです。 2019年3月より新東名と東北道の一部区間で、試験的に制限速度が120km/hの区間が設けられていますが、まだまだ一般的ではあり...
日産の車の買取り相場をみる

セレナを下取りにだすときの相場や査定額は?~5年落ちと10年落ちの買取価格を分析

日産のセレナは、5ナンバーサイズ(ハイウェイスターは3ナンバーサイズ)でファミリーカーとして手ごろなサイズのミニバンのため、ステップワゴンやヴォクシーなどとならんで人気になっています。 そんなセレナですが、2016年の秋にはフルモデル...
車の雑学

アクセルとブレーキを踏み間違える事故はなぜ起こるのか?~危険を感じたらペダルを強く踏むという脳の思い込み

高齢者による事故が多発しているようです。 高齢者の事故の要因にはさまざまなものがありますが、その中でも特に最近注目されているのが「アクセルとブレーキを踏み間違えてしまった」というものです。 アクセルとブレーキは形状も位置も異なり...
ダイハツの軽自動車の買取り価格

ダイハツムーヴの査定額や買取価格を5年落ちと10年落ちで分析~下取り相場との差額は?

軽自動車の代表的な人気車種であるダイハツのムーヴは、中古車市場でも非常に人気の高い車です。 2014年末のモデルチェンジによって、中古車市場での相場も大きく変動したようです。 ここでは、ダイハツムーヴがどのくらいの値段で買取りさ...
車の雑学

もしオイル交換をしなかったら本当にクルマは壊れるのか?~オイル交換をしないで13万km走ったクルマの末路

車のエンジンオイルは、5000kmごと、あるいは6か月ごとに交換すべきであると思っているドライバーは少なくないでしょう。 実際にディーラーなどが行う6か月ごとの定期点検でもオイル交換が行われていますし、カー用品店などでも、6か月ごとか...
買取り価格をアップさせるコツ

違法改造車を買取りや下取りしてもらうことは可能でしょうか?~車検に通らないクルマを売却する方法

クルマを売却するときには、基本的にノーマルな状態で売るのが高額査定につながりやすいといえます。 カスタムカーと呼ばれる改造車に関しては、違法性がなければそういったクルマを専門にあつかう系列の店に持ち込めば、それなりの買取り価格を提示し...
車を高く売るための豆知識

車の耐用年数は昔にくらべてなぜ伸びているのか?~国産車の平均寿命は12.53年

かつては、車の耐用年数はおよそ10年で、走行距離の限界は10万kmといわれておりました。 クルマを買い替える際などにも、10年落ちで10万kmを超えていると下取りの対象にならず、廃車にするしか選択肢がなかった時代が確かにありました。...
車を高く売るための豆知識

車の出張査定を依頼するときの流れや注意すべきこと~業者とのトラブルを避けて安心してクルマを売るために

車を売るときには、ディーラーに持ち込んで下取りしてもらったり、買取り店を訪問して査定をしてもったりする人が多いことでしょう。 しかし、さまざまな事情でお店までクルマを持ち込むことが出来ない人もいるに違いありません。 そういったと...
車を高く売るための豆知識

走行距離が10万kmを超えた車は売れないなんてウソです~12万kmでも13万kmでも普通に買取り可能です

クルマは機械ですから、走行を重ねるたびに各パーツに痛みが生じます。 どんなに品質の良い車であっても、機械である以上やがて各パーツが劣化して寿命をむかえるときが必ずきます。 クルマが問題なく使用できるかどうかの目安が10万kmであ...
トヨタ車を売るときの参考事例

トヨタアクアの買取り相場と下取り価格の目安~3年落ち・4年落ち・5年落ち・6年落ち・7年落ちで比較

2011年に鳴り物入りでデビューしたトヨタのハイブリッド車・アクアは、プリウスをも上回る圧倒的な燃費の良さと、5ナンバーサイズのコンパクトさで、人気を集めています。 2018年度の新車販売台数でも、プリウスや日産のノートとつねにトップ...
車の雑学

入れ歯安定剤や口内洗浄剤で酒気帯び運転になる!?~1滴もお酒を飲んでないのに冤罪で検挙の可能性

お酒を飲んでクルマを運転してはいけないことは誰もが知っています。 そして、ドライバーであれば、酒気帯び運転の罰則が非常の厳しいということも、よくご存じだと思います。 アルコールの濃度が0.15~0.25mg/Lまでの酒気帯び運転...
車を高く売るための豆知識

悪質なクルマ買取り業者の詐欺の手口と騙しのテクニック~言葉たくみに愛車を持ち去られて音信不通

クルマというのは高額商品です。 そのため中古車といえども、売買にあたってはそれなりに大きな金額のやり取りが発生します。 ある程度のまとまった金額が動く商取引において、詐欺師たちが目をつけるというのは世の常です。 実は、中古...
車の雑学

軽トラックの買取り価格や下取り相場はなぜこれほど高いのか?~軽トラは年式が古くても過走行でも高額査定

中古の軽トラックが高く売れるという話を耳にしたことがある人も多いことでしょう。 軽トラックの場合、多少年式が古くなっても、一般の乗用車のように一気に買取り価格がさがるということはないといわれています。 なぜ、軽トラックの買取り価...
車の雑学

13年以上乗った車の税金がアップ!~高い自動車税や重量税を払い続けて乗り潰す?それとも廃車?

車というのは、もともと重税感のある商品です。 クルマを購入するときに、車両本体価格とディーラーなどから提示されるいわゆる「乗り出し価格」との金額差に、愕然となった経験をお持ちの方も多いことでしょう。 消費税はもちろんのこと、自動...
車の雑学

廃車寸前のポンコツ車を買取りしてくれる理由~20万km走った中古車でも海外への輸出ルートで売れる

一昔前であれば、まったく査定の対象にならずに廃車にしてそのまま解体屋に持ち込む以外に方法がなかったポンコツ車が、最近ではそれなりの価格で買取りをされることが多くなっているようです。 15年落ち以上の古いクルマであったり、20万km近く...
車の雑学

クルマのヘッドライトが黄ばんでしまうのはなぜ?~ひどくなると光量不足で車検に通りません

ヘッドライトのレンズの部分が黄ばんでしまっているクルマをときどき見かけることがあると思います。 ひょっとしたら、あなたの愛車にもそのような症状が出ているかも知れません。 ヘッドライトが黄ばんでしまうと見た目が悪いだけではなく、ひ...
車の雑学

政府はなぜ走行距離に応じて税金を徴収する走行税を検討しているのか?

クルマの走った距離に応じて税金を課税する、いわゆる走行税の導入を政府が検討しているようです。 日本でクルマを所有すると、さまざまな名目で税金が課せられます。 自動車税・重量税・取得税・消費税・燃料税という名目で、クルマのオーナー...
車を高く売るための豆知識

クルマの買取り価格や査定額はボディの色によってどれくらい違うのか?

クルマの査定額というのは、さまざまな条件によって決定されます。 そのなかでも、特に影響の大きいのが年式と走行距離であるといわれています。 クルマは年式が古くなればどんどん劣化しますし、走行距離が伸びることによっても同様に劣化しま...
中古車を購入するときのアドバイス

死亡事故を起こした中古車を見分ける方法はあるのか?~人を轢いたり車内で自殺したクルマが普通に売られている!

中古車というのは、以前の持ち主がどんな人でどんな乗り方をしていたのかということが分かりません。 もしかしたら、人を轢いて死亡させてしまったクルマや、車内で排ガス自殺をしたクルマが中古車店の展示場にならんでいる可能性もあるのです。 ...
車の雑学

無断駐車で罰金を支払う義務はあるのだろうか?~高額な損害賠償を請求された事例もあります

たまたま入りたいお店の駐車場がいっぱいだったので、隣のお店の駐車場に無断で止めさせてもらうといった経験がある人も少なくないでしょう。 隣のお店にしてみれば、はなはだ迷惑な行為です。 そのため、「無断駐車をした場合は罰金1万円を徴...
中古車を購入するときのアドバイス

アウトレット中古車は本当にお得なのか?~現状販売のクルマとはどこが違うのか?

アウトレット中古車という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 一般の中古車の場合は、整備や室内クリーニングなどを施した状態で店頭にならぶことになります。 ところがアウトレット中古車の場合は、入荷した状態のままで店頭にならべて、整備...
車の雑学

ドライブレコーダーは後方にも設置するべし!~あおり運転や違法取締りの証拠を残すことができます

ドライブレコーダーが飛ぶように売れているそうです。 あおり運転によるトラブルが頻繁にニュースなどで流れるようになり、自己防衛のためにドライブレコーダーを設置する人が増えているのでしょう。 しかし、前方だけではなく後方にもドライブ...
車の雑学

サーキットの狼に登場したスーパーカーの最高出力は現在のファミリーカーと同レベルだった!?

1975年~1979年にかけて池沢さとし氏が少年ジャンプに連載した「サーキットの狼」の影響で、爆発的なスーパーカーブームが巻き起こりました。 ポルシェやフェラーリ、ランボルギーニといった、それまで一部のカーマニアしか知らなかった外国製...
車の雑学

なぜ高速道路を逆走するクルマがあとをたたないのか?~逆走したという認識のないドライバーが26%もいる!

高速道路を逆走するクルマのニュースを頻繁に目にするようになっています。 ニュースで紹介されるのは逆走車のほんの一部で、ここ数年は毎年250件ほど高速道路での逆走が起きています。 そのうちの5分の1にあたる50件ほどが事故につなが...