3年落ちヴォクシーを高額査定で売るための情報~走行距離やグレード別に相場を比較

トヨタのヴォクシーはミニバンのなかでも、非常に人気の高いモデルとなります。

広い室内にもかかわらず、5ナンバーサイズで取り回しが楽な点や、フロントマスクを中心とした迫力のあるエクステリアなどが人気の理由となっているようです。

ヴォクシーは人気車種ゆえに、リセールバリューも高くなっており、特に2014年1月に発売された現行モデルは、まだまだ中古車市場での在庫が少ないこともあり、高額査定が期待できます。

ここでは、現行モデルとなる3代目ヴォクシーを、最初の車検のタイミングとなる3年落ちで売却をしたときの査定額がどれくらいになるのかについて、走行距離やグレード別にみていきたいと思います。

関連記事:ヴォクシーの買取り相場と査定価格を下取りの場合と比較~5年落ちと10年落ちの事例

1.3年落ちヴォクシーの査定額を知るための基本データ

同じ3年落ちのヴォクシーであっても、グレードや走行距離によって実際の査定額は大きく変わってきます。

まずは、ヴォクシーの標準グレードであるXと、特別限定車であるZS煌(きらめき)について、3年落ちの時点での走行距離別の査定額を見て行くことにしましょう。

1-1 Xグレードの買取専門店での相場を走行距離別に比較

3年落ちのヴォクシーのXグレードを、走行距離1万km~6万kmで比較した場合に、どれくらいの査定額になるのかの目安は以下の通りです。

  • 1万km…162万円~200万円
  • 2万km…145万円~175万円
  • 3万km…135万円~165万円
  • 4万km…125万円~155万円
  • 5万km…120万円~150万円
  • 6万km…116万円~145万円
  • 1-2 3年落ちZS煌の査定額を走行距離別に比較

    こちらは、2014年11月に登場した、3代目ヴォクシーの特別限定車であるZS煌を、3年落ちのタイミングで売却するときの走行距離別の査定額になります。

  • 1万km…192万円~235万円
  • 2万km…180万円~225万円
  • 3万km…174万円~212万円
  • 4万km…170万円~207万円
  • 5万km…165万円~202万円
  • 6万km…162万円~198万円
  • ここで紹介した3年落ちヴォクシーの査定額は、あくまでもおおよその目安ということになります。

    実際に売却をするときの査定額は、業者や車の状態によって大きく変わってきます。

    あなたのヴォクシーを少しでも高く売るためには、以下のような一括査定サイトを利用して業者間の査定額を比較してみるといいでしょう。

    3年落ちのヴォクシーであれば、高い業者と安い業者の差額が40万円以上になることもめずらしくありません。

    かんたん車査定ガイド(無料)
    https://a-satei.com

    2.3年落ちのヴォクシーを実際に買取り専門店に売却したときの査定事例

    3年落ちのヴォクシーが、買取りの現場でどのような査定額の提示を受けるのかは、実際の売却事例をみてみることでイメージがつかみやすくなります。

    ここでは、さまざまな条件別に、3年落ちヴォクシーの実際の売却事例をみて行くことにしましょう。

    2-1 3年落ちヴォクシーの査定額が特に高かった事例と低かった事例を比較

    同じ3年落ちのヴォクシーであっても、グレードや走行距離、修復歴の有無など、さまざまな条件によって査定額は大きく変わることになります。

    ここでは、3年落ちのヴォクシーで査定額が特に高かった事例と低かった事例を紹介してみたいと思います。

    高かった事例:2万4千kmの2015年式ZS煌の査定額が250万円

    こちらの事例は、2015年式ヴォクシーのZS煌を、3年落ちとなる2018年に売却をしたときのものです。

    走行距離は、2万4千kmと、3年落ちのクルマとしては少なめとなっています。

    売却地は兵庫県で、過去に修復歴などはありません。

    装備的には、メモリーナビやLEDヘッドライトなど充実しています。

    この3年落ちのヴォクシーZS煌を4社の車買取専門店で査定をしたところ、250万円、235万円、220万円、193万円という結果になりました。

    一番高い業者は、250万円を提示していますので、相場よりもかなり高い提示額となっています。

    3年落ちのヴォクシーが、ここまで高く売れることはそれほど多くはありません。

    また、一番高い業者と低い業者で57万円もの差が生じていますので、複数の業者に査定を受けて比較をすることはとても重要だということがお分かりになるかと思います。

    低かった事例:「修復歴あり」で走行距離6万7千kmのグレードXが115万円

    こちらは、3年落ちヴォクシーの中でも、特に査定額の低かった事例になります。

    グレードは標準グレードであるXになります。

    走行距離は6万7千kmとなっており、3年落ちのクルマとしてはかなり伸びているといっていいでしょう。

    標準グレードのXではありますが、両側電動スライドドアや、SDナビ、アルミホイールなど装備的には充実しています。

    また、このヴォクシーには査定額に大きな影響をあたえるマイナス要因があります。

    それは「修復歴あり」のクルマだということです。

    「修復歴あり」のクルマというのは、いわゆる事故車のことであり、過去に事故を起こして大がかりな修復をした履歴のあるクルマということになります。

    この3年落ちヴォクシーのXを3社で査定をした結果、115万円、100万円、96万円という提示になりました。

    やはり、事故車であるということと、走行距離が6万9千kmと3年落ちの割には伸びていることなどもあり、かなり厳しい結果となっています。

    2-2 3年落ちヴォクシーは走行距離で査定額がどう変わるか?

    走行距離が、クルマの査定額に大きな影響をおよぼすということは、誰もが周知のことと思います。

    新車登録からわずか3年しかたっていないヴォクシーであっても、過走行であれば査定額は厳しくなってしまいますし、低走行距離であればそれなりの高額査定が期待できることになります。

    ここでは、3年落ちのZS煌が走行距離の違いによって、査定額にどれくらいの差が生じるのかについて、実際の売却事例を取り上げてみて行くことにしましょう。

    走行距離が少ない事例:走行距離6千kmのZS煌の売却額が253万円

    こちらは、走行距離が6千kmと3年落ちとしては非常に少ないヴォクシーの売却事例になります。

    グレードは2015年式のZS煌で、過去に修復歴などはありません。

    装備的にも、メモリーナビ、フルセグ、バックカメラ、LEDライト、両側スライドドアなど充実しています。

    こちらの、低走行距離のヴォクシーを5社の買取専門店が査定をした結果、253万円、245万円、240万円、233万円、220万円という提示額になりました。

    走行距離の少ないZS煌ということもあり、各社ともかなりの高額提示となりました。

    しかし、一番高い業者と低い業者の差額は33万円もありますので、売却前に各社の査定額を比較することはとても重要です

    走行距離が標準的な事例:3万km走行の3年落ちヴォクシーの査定が210万円

    こちらの事例は、走行距離が3万kmと、3年落ちとしてはほぼ標準的なヴォクシーのものです。

    グレードは、前の事例と同じくZS煌となります。

    売却地は三重県で、修復歴などはありません。

    装備的には、9インチナビ、バックカメラ、リアフリップダウンモニター、LEDヘッドライト、両側パワースライドドアなど、非常に充実しています。

    この3年落ちヴォクシーを買取り業者3社が査定をしたところ、210万円、195万円、182万円という結果になりました。

    今回は3社で比較でしたが、もう少し業者の数を増やすと、さらなる高額査定が期待できたかも知れません。

    走行距離が多い事例:9万6千kmと過走行のZS煌を173万円で売却

    こちらは、3年落ちと年式が新しいにもかかわらず、走行距離が9万6千kmと、10万km近く走り込んでいるヴォクシーの売却事例になります。

    グレードは、前の2つの事例と同様にZS煌です。

    査定を受けた地域は福島県で、修復歴なしのクルマとなります。

    メモリーナビ、バックカメラ、両側電動ドア、アルミホイールなど、装備的にも充実しています。

    この10万km近く走行した3年落ちのヴォクシーを、4社の業者に査定を依頼したところ、173万円、170万円、160万円、155万円という結果になりました。

    結果的に173万円で売却をすることができましたが、やはり過走行車ということもあり、155万円と厳しめの提示となった業者もあります。

    2-3 3年落ちヴォクシーの査定額はグレードによってどれくらい違うのか

    ヴォクシーにはベーシックグレードから上位グレードまで、さまざまなグレードがあります。

    実際の査定額もグレードごとに代わってきます。

    しかし、新車時のグレードごとの価格がそのままスライドする形で中古車の買取価格になるとは限りません。

    中古車の査定額は、グレードの人気度や市場に出回っている数などによって、独自の相場を形成することになります。

    ここでは、ヴォクシーの最上位グレードであるハイブリッドVと、ベーシックグレードであるXの3年落ちの査定額がいくらになるのか、実際の売却事例で見ていきたいと思います。

    ちなみに、ハイブリッドVの2015年当時の新車価格は310万円、Xの新車価格は248万円となっており、その差は62万円です。

    最上位グレードのハイブリッドVを3年落ちで売却したときの事例

    こちらは、ヴォクシーの最上位グレードである2015年式のハイブリッドVを、2018年に3年落ちで売却したときの事例になります。

    走行距離は、3年落ちとしてはほぼ標準的といえる3万1千kmです。

    査定を受けた地域は三重県で、修復歴などはありません。

    装備的には、純正ナビ、バックカメラ、両側電動ドア、モデリスタエアロ、LEDヘッドライトなど充実しています。

    この3年落ちのハイブリッドVを4社で査定してもらったところ、205万円、200万円、183万円、180万円という結果になりました。

    一番高い業者は205万円を提示していますが、新車価格を考えると3年落ちにしては思ったほど査定額が伸びない印象です。

    ハイブリッドVよりも新車価格の安いZS煌の方が、むしろ買取り価格が高くなる傾向にあるようです。

    ヴォクシーのベーシックグレードであるXの査定額が172万円

    こちらは、ヴォクシーのベーシックグレードであるXを、3年落ちで売却したときの事例です。

    走行距離は2万7千kmと、3年落ちにしてはやや少なめといったところです。

    売却地は埼玉県で、修復歴なしのヴォクシーです。

    ベーシックグレードではありますが、ナビやバックカメラ、アルミホイールなど充実しています。

    電動スライドドアは助手席側だけとなっています。

    このヴォクシーを車買取専門店3社に査定を依頼したところ、172万円、160万円、155万円という提示額になりました。

    ベーシックグレードということを考えた場合、172万円の査定額は十分に満足のいくものといえそうです。

    >>無料で一括査定はこちら<<