3年落ちのヴェルファイアはいくらで売れるか?~査定額を走行距離やグレード別に比較

ヴェルファイアといえば、売却をするときに高額査定が期待でいる代表的な車種になります。

年式が古くなってしまっても、買取相場が大きくさがることがないのが特徴です。

ましてや、年式の新しいヴェルファイアとなると、驚くような高値で売れたりします。

実際に、中古のヴェルファイアが新車よりも高く売れたなどという、ウソのような本当の話も過去にはあります。

参考:中古のヴェルファイアが新車よりも高額で売れたウソのような話

ここでは、3年落ちのヴェルファイアを買取り専門店に売却するときに、どれくらいの査定額になるのかを、実際の売却事例をもとに走行距離やグレード別に比較をしてみたいと思います。

関連記事:ヴェルファイアの5年落ち~10年落ちの買取価格と査定の相場を比較~下取りよりも有利?  

1.3年落ちヴェルファイアの査定額に関する基本データ

ヴェルファイアは2015年1月にフルモデルチェンジをして、2代目となりました。

その2代目ヴェルファイアが登場してからちょうど最初の車検をむかえる3年落ちのタイミングで、2018年に売却をしたときにどれくらいの査定額になるのかを、グレードや走行距離別にみていくことにしましょう。

1-1 2.5Zグレードの相場を走行距離別にみてみましょう

ヴェルファイアの中間グレードである2.5Zを3年落ちで車買取専門店に売却をするときに、どれくらいの相場になるのかを走行距離別に比較をしてみたいと思います。

  • 1万km…285万円~350万円
  • 2万km…270万円~330万円
  • 3万km…260万円~315万円
  • 4万km…250万円~305万円
  • 5万km…243万円~300万円
  • 6万km…238万円~295万円
  • 1-2 3.5VLグレードの査定額を走行距離別に比較してみましょう

    こちらはヴェルファイアの上位グレードである3.5VLを、3年落ちで売却するときの走行距離別の査定額の目安になります。

  • 1万km…350万円~430万円
  • 2万km…330万円~405万円
  • 3万km…320万円~390万円
  • 4万km…310万円~380万円
  • 5万km…305万円~375万円
  • 6万km…300万円~367万円
  • ここに紹介したデータは、あくまでも3年落ちヴェルファイアを売却するときの、おおまかな目安の額となります。

    実際の査定額は、クルマの状態や買取りをする業者によって大きく変わることがあります。

    あなたのヴェルファイアを少しでも高く売るためには、以下のような一括査定サイトを利用してみるといいでしょう。

    3年落ちのヴェルファイアですと、業者間の査定額が50万円以上も違ってしまうことが普通にあります。

    かんたん車査定ガイド
    https://a-satei.com

    2.3年落ちのヴェルファイアを買取り専門店に売却したときの事例

    3年落ちのヴェルファイアを買取り専門店に査定をしてもらったときに、どれくらいの査定額になるのか、あるいは業者間でどれくらいの差が生じるのかを知るには、実際の売却事例をみてみるのが一番です。

    条件別に、いくつかの売却事例を紹介してみたいと思います。

    2-1 3年落ちで査定額が高かったケースと低かったケースを比較

    3年落ちのヴェルファイアといっても、グレードや走行距離、ボディの状態、修復歴の有無などによって大きく変わってきます。

    ここでは、3年落ちのヴェルファイアの査定額が特に高かった事例と低かった事例を紹介してみたいと思います。

    高かった事例:3.5 エグゼクティブラウンジ4WDの査定額が530万円

    こちらは、3年落ちヴェルファイアの査定額が特に高かった事例になります。

    グレードは3.5エグゼクティブラウンジの4WDになります。

    2015年に登録したヴェルファイアを2018年に山形県で売却しています。

    走行距離は2万5千kmと、3年落ちとしてはやや少なめです。

    ヴェルファイアの最上級モデルとなりますので、装備的にはほぼフル装備となっています。

    このヴェルファイアのエグゼクティブラウンジ4WDを4社の車買取専門店に査定をしてもらったところ、530万円、500万円、485万円、450万円という結果になりました。

    ヴェルファイアの3.5エグゼクティブラウンジ4WDの2015年当時の新車価格は670万円とかなり高価ですが、3年落ちで530万円の査定額であれば、まったく不満のない数字だと思われます。

    査定額が一番低い業者は450万円でしたので、その差額は80万円にもなります。

    高価なクルマほど、売却時には複数の業者の査定額を比較することがとても大切になります。

    低かった事例:8万9千kmの3年落ち2.5Xの査定額が220万円

    こちらは、3年落ちヴェルファイアのなかでも特に査定額の低かった事例になります。

    グレードは2.5Xの4WDで、売却地は北海道になります。

    走行距離は8万9千kmと、3年落ちのクルマとしてはかなり走り込んでいます。

    走行距離もさることながら、このヴェルファイアは「修復歴あり」ということで、査定の条件としては大きなマイナス要因を有します。

    「修復歴あり」というのは、いわゆる事故車のことで、過去にフレームに影響を及ぼすような事故を起こして修復をしたことがあるという意味です。

    このヴェルファイアを3社で査定をしたところ、220万円、200万円、185万円という提示額になりました。

    3年落ちヴェルファイアの査定額が220万円というのは低いように感じる方もいるかも知れません。

    しかし、グレードがベーシックグレードである点や、9万km近く走っている点、さらには修復歴ありのクルマであることなどを考慮した場合、220万円という評価はむしろ高いといえるでしょう。

    2-2 走行距離の違いで3年落ちヴェルファイアの査定額はどう変わるか?

    車の査定額は、走行距離によって大きく変わってきます。

    ここでは、3年落ちのヴェルファイアの2.5Vが、走行距離の違いによって、どれくらいの査定額になるのか実際の売却事例をもとにみていくことにしましょう。

    走行距離が少ない事例:1万7千km走行のヴェルファイアの査定が320万円

    こちらは、走行距離が1万7千kmと、3年落ちとしてはかなり少ないヴェルファイア2.5Vの売却事例です。

    2015年式を2018年に兵庫県で売却したときのものです。

    純正アルミホイールやSDナビ、後席DVDモニターなど装備は充実しています。

    このヴェルファイアを2社の車買取専門店に査定をしてもらった結果、320万円、305万円という提示額になりました。

    走行距離を考えた場合、もう少し高額査定が提示されてもいいような気がしますが、実際に査定をした業者が2社だけだったこともあり、買取り価格はあまり伸びなかったようです。

    できれば、あと1社か2社に査定をしてもらいたいところです。

    走行距離が標準的な事例:3万2千km走行の2.5Vの売却額が325万円

    こちらは、走行距離が3万2千kmと、3年落ちとしてはほぼ標準的な距離を走っているヴェルファイアの売却事例です。

    グレードは先ほどの事例と同じ2.5Vで、売却地は神奈川県になります。

    純正ナビやバックカメラ、後席モニターなど装備的には充実しています。

    このヴェルファイアを5社の買取専門店で査定をしてもらったところ、325万円、320万円、300万円、300万円、280万円という結果になりました。

    5社と多めの業者を比較したこともあり、走行距離の少ない先ほどの事例よりもむしろ高く売却をすることができています。

    走行距離が多い事例:6万2千km走行の2.5V_4WDが310万円

    こちらは、走行距離が6万2千kmと3年落ちにしては、かなり走り込んでいるヴェルファイアの事例です。

    グレードは先ほどの2つの事例と同じく2.5Vですが、4WD仕様となっている点が異なります。

    売却地は北海道で、修復歴などはありません。

    装備的にはほぼフル装備で充実しています。

    この6万2千km走行の3年落ちヴェルファイアを3社の業者に査定をお願いしたところ、310万円、300万円、285万円という結果になりました。

    走行距離が6万kmを超えているにもかかわらず、310万円の査定額であれば、十分満足できる数字といえるのではないでしょうか。

    もともと4WD仕様は新車価格が2WDにくらべて25万円高く設定されていますので、その分が買取り価格にも反映されているものと思われます。

    2-3 3年落ちヴェルファイアの買取り額はグレードによってどう変わるか

    ヴェルファイアといっても、ベーシックグレードの2.5Xから最上級グレードの3.5エグゼヴティヴラウンジまで、さまざまなグレードがあります。

    ここでは、その中から中間グレードの2.5Zと、上位グレードの3.5ZAを取り上げて、実際の売却額を比較してみたいと思います。

    2万9千km走行の中間グレード2.5Vを305万円で売却

    こちらは、ヴェルファイアの中間グレードである2.5Vの2015年式を、3年落ちとなる2018年に売却した事例になります。

    走行距離は2万9千kmと、3年落ちのクルマとしてはほぼ標準的といえます。

    売却地は神奈川県で、修復歴などはありません。

    メモリーナビやバックモニター、両側スライドドアなど装備的にも充実しています。

    このヴェルファイア2.5Vを4社に査定をしたもらった結果、305万円、300万円、283万円、275万円という提示額になりました。

    中間グレードの2.5Vではありますが、4社を比較したことで、高い業者と低い業者に30万円の差が生じました。

    やはり、売却する前に複数の業者に査定をしてもらうというのは、とても大切だといえます。

    ヴェルファイアの上位グレード3.5ZAの3年落ちが355万円の査定額

    ちらは、ヴェルファイアの上位グレードである2015年式3.5ZAを、3年落ちで売却したときの事例になります。

    走行距離は2万4千kmとなっており、3年落ちのクルマとしてはやや少ないといっていいでしょう。

    売却地は千葉県で、修復歴はありません。

    上位グレードのヴェルファイアですので、装備的には非常に充実しています。

    このヴェルファイア3.5ZAを買取り専門店3社に査定を依頼したところ、355万円、320万円、310万円という結果になりました。

    ヴェルファイア3.5ZAの2015年当時の新車価格は414万円となっていますので、3年乗ったクルマが355万円で売却できれば、文句なしといっていいでしょう。

    kuruma0044

    >>無料で一括査定はこちら<<