こんな車は高く売れません~過走行・事故車・年式が古い・改造車

商談中の男女3人中古車の価値を決定づける要因には、さまざまなものがあり、それらをトータル的に判断して買取り価格が決まるわけです。

人気車や年式の新しい車が高く売れるということは誰でもわかると思いますが、ここでは逆の発想で、どのような車だと高く売れないのか、という点にスポットを当ててみたいと思います。

また、そういった高く売れない車を、いざ自分が売却するときにはどうすればいいかという点についてもアドバイスしてみたいと思います。

1.走行距離の多い過走行車は大きく査定に響きます

過走行車というのは、年式にくらべて明らかに走行距離が伸びている状態の車を言います。

車も機械ですから、長距離を走れば走った分だけ、さまざまなパーツも痛みます。

過走行の車は走行距離の少ない車にくらべて、相対的に状態が良くないと判断されるわけです。

1-1 10万キロを超えると一気にイメージダウン

そのため、年式は新しいのに高く買い取ってもらえないということもあり得るわけです。

これは、中古車を買う側の人の立場になってみればわかることです。

まだ2~3年しか乗っていない車なのに、6万キロも7万キロも走行していたのでは、買う方は二の足を踏んでしまうことでしょう。

さらに、10万キロを超えてくるとその査定額はいっきに厳しい数字になります。

最近の車は非常に耐久性が良くなっていますので、10万キロを超えてもしっかりとメンテナンスされた車ならまったく問題なく乗ることができるのですが、どうも10万キロという数字はイメージ的によくないようです。

1-2 1年につき1万キロが一つの目安

それでは、どれくらいの走行距離であれば、マイナス査定とならないのでしょうか?

一般的には、1年につき1万キロと言われています。

つまり、3年落ちの車なら3万キロ、5年落ちの車なら5万キロというのが、一応の目安になっているようです。

これをオーバーすると、買取価格に影響してきます。

車種により異なりますが、5年落ちの一般的な車を例に大まかな目安を示してみますと、5万キロより1万キロオーバーするごとに、4万円~6万円程度マイナス査定になると考えてもらえばいいと思います。

1-3 5万キロと10万キロで20万円~30万円の差に!

この計算からいくと、同じ5年落ちの車でも5万キロの車と10万キロの車では、買取価格に20万円~30万円もの差が出ることもあるということです。

車の走行距離というのはその人のライフスタイルによって決まるので、対策をすることは難しいのですが、査定の際には不利になるということだけは覚えておいた方がいいでしょう。

2.事故車は高く売ることができません

査定を受ける際に、大きなマイナスポイントになる要因に、事故車であるかどうかという点があります。

しかし、中にはこの事故車の定義を勘違いしている人もいるようです。

車の査定における事故車というのは、事故を起こしたことがある車という意味ではありません。

2-1 軽くぶつけた程度では事故車扱いにはなりません

少し凹んだ白い車一般的なイメージでは、過去に1度でも事故を起こしたことがあれば、その車は事故車であると思いがちです。

しかし、車の査定における事故車と呼ばれるものは、事故によってフレームに損傷を与えるほど大きなダメージを受けた車のことを指します。

そのため、軽くドアやバンパーをぶつけて修理した程度の車であれば、事故車扱いになることはありません。

しっかりと修理をしてあれば、ほとんどマイナス査定になることはありませんし、仮に修理をしていなかったとしても、その修理代分に相当する程度がマイナスになるだけです。

2-2 フレームに損傷があるほどの事故車の場合

バンパーの歪んだ紺の車それでは、過去にフレームに損傷を受けるほどの事故を起こしたことのある車の場合はどうでしょうか?

この場合は、残念ながら大きなマイナスポイントとなってしまい、外見をどんなにきれいに修理をしてあったとしても、高くは買い取ってもらえません。

ドアやバンパーなどの外観であれば、板金や部品交換できれいに修理することは可能ですが、フレームにダメージを受けると完全に修理をすることは非常に困難であるとされているからです。

普通に問題なく走れているような車であっても、そういった修理歴があるというだけで、大きなマイナス査定となってしまうのです。

走行時にハンドルがぶれたりするような後遺症が残っている車だと、買取りを拒否されるケースもあります。

2-3 事故車はどこにも売ることができないのか?

そうなりますと、一度でも大きな事故を起こしたことがある車は、どこにも売ることは出来ないのでしょうか?

いいえ、そういった場合でもあきらめる必要はありません。

事故車専門の買取り店というのもあるからです。

そういったお店では、部品を再利用したり海外への輸出などのルートを持っていたりするので、事故車でも買い取ることができるのです。

事故車ということで、一般の買取店に引き取りを拒否されたかたは、そういった事故車専門のお店で査定してもらうといいでしょう。

参考記事:事故車の買取り店があるのをご存知ですか?~事故車を高く売るコツ

3.ニーズの少ない不人気車は査定額も低くなります

車に限ったことではありませんが、人気のある商品と人気のない商品では、当然ながら人気のある商品の方が値段が高くなります。

車の場合も同様で、人気車種であれば多少程度が悪くても高く買い取ってもらえたりすることもある反面、不人気車だと大切に乗った非常に程度のいい車であっても、ビックリするような低い査定額になってしまうことがあります。

新車のときの値段はそれほど差がないのに、なんとも理不尽な感じがしますが、買取店としても売れない商品を高く買い取るわけにもいきませんので、これは仕方のないことではあります。

3-1 なぜ買取り店は不人気車を嫌がるのか?

中古車というのは、売れなければそれがずっと在庫として残ってしまいます。

そして、在庫として残っている間その車の価値は時間とともにどんどん目減りしていってしまうのです。

また、車を在庫として置いておく間はずっと展示スペースを占領してしまいますし、売れるまでの間の車両の維持管理費もずっと発生します。

お店にしてみれば、半年も1年もずっと売れ残ってしまって、最後は買取り価格を下回る金額で在庫処分をしなければならなくなるという事態は避けたいわけです。

そういったリスクを考えた場合、どうしても右から左に売れる人気のある車のような値段を、不人気車につけるわけにはいかないのです。

つまり中古車というものは、展示してすぐに売れるかどうかが買取価格に大きく影響をするということになります。

3-2 不人気車を少しでも高く売るには?

ただ、不人気車であっても、複数のお店を何店舗か回るうちに、意外な高値で買い取ってくれるケースもありますので、最初のお店で低い金額を提示されたからといってあきらめる必要はありません。

中古車店の中には、なぜか特定の車種に関しては強い販売力を持っているお店があり、そういったところであれば多少の不人気車であってもさばいてしまいます。

ですから、不人気車であっても、ダメもとでたくさんの買取り店に見てもらうことをお勧めします。

そういった場合に便利なのが、以下のようなネットの一括査定というサービスになります。

かんたん車査定ガイド
https://a-satei.com

4.年式の古い車はなぜ評価がひくくなってしまうのか?

車というものは、残念ながら月日とともにその価値がどんどん目減りしていきます。

ヴィンテージの楽器のように古いものほど価値が高まればいいのですが、車の場合は一部の希少価値のあるものを省いて古くなって価値があがることはありません。

4-1 10年落ちの車にはもはや価値がない?

特に10年を過ぎた車の場合は、よほどの人気車でもない限りまともな査定額はでないと考えるべきでしょう。

現実的に考えれば、10年以上乗った車がまったく価値がないということはありません。

最近の日本車は非常に耐久性が向上していますので、きちんとメンテナンスさえしてれば新車登録から10年を過ぎた車であってもまったく問題なく走ることができます。

しかし、古い車に新たな買い手がつかないという理由から、日本ではまだまだ実用的にはまったく問題なく走らせることのできる車が、どんどん廃車にされてしまっているという事実があります。

4-2 30年以上前のセリカに乗る神様ジーコ

サッカーの神様ジーコが、1981年のトヨタカップでMVPの景品としてもらったトヨタセリカを、30年以上たった今も乗り続けているという話は有名です。

それにくらべて、日本人はとてももったいない車の乗り方をしていると言わざるを得ませんね。

確かに30年以上前の時代ですと、当時の車はボディーの塗装が弱く、5~6年も乗るとサビが浮いてくるような車もありました。

特に海に近い地域で乗られた車ですと、10年ももたずにボディーに穴が開いてしまうというようなこともありました。

10年乗ってもエンジンが壊れるということはまれで、ほとんどの場合エンジンより先にボディーがダメになったものです。

そのため、現代の車の耐久性が向上しているにもかかわらず「10年乗ったら車はもうダメ」という先入観がいまだに消えない人が多いのかも知れません。

4-3 古い車を廃車にしない方法はあるのか?

それでは、人気がなく年式も10年を超えるような車は廃車にするしかないのでしょうか?

実は、そういった年式の古い車でも買取りをしてくれるお店はあります。

海外への輸出ルートを持っているような会社であれば、たとえ年式が古い車であっても買い取ってくれる可能性があります。

日本では価値がないと判断された車であっても、海外に持っていけばまだまだ活躍してくれます。

まだまだ走れる愛着のある車をスクラップにされることを思えば、そういった業者に売って車に海外での新天地を与えてあげた方がいいかも知れません。

参考記事:15年落ち以上の古い車をまともな金額で売却することは可能か?

5.年式の割に劣化が激しいと高く売れません

錆びた車車を売るときに、買取店は車種や年式、走行距離などといった基本データーをもとに査定額を算出します。

これらの項目において大きなマイナスポイントがなければ、車の買取り価格はだいたい同じくらいの金額になるはずです。

しかし、これらの条件がまったく同じであっても、高く売ることの難しい車もあります。

それは、特に劣化の激しい車です。

5-1 ボディーにサビが浮いたり穴が開いた車の価値

車は長い間乗っていればそれなりに劣化をしますので、それが年式相応の範囲に収まっていれば、特にマイナス査定となることはありません。

しかし、同年式の他車とくらべて明らかにボディーの痛みが激しいような車の場合は、厳しい査定となることでしょう。

ボディーのあちこちにサビが浮いてしまっていたり、穴が開いてしまっていたりすれば、パテによる修理や場合によっては全塗装が必要になってくる場合もあるでしょう。

中古車販売店としても、そのままの状態では売れませんので、ある程度きれいな状態にして展示をしなければなりません。

そうなりますと、当然ながら中古車店が負担する予定の修理費用は、買取り額から差し引きされることになります。

不人気車などであれば、引き取りそのものを拒否されて、廃車にするより選択肢がなくなってしまうかも知れません。

5-2 売る前に全塗装などの補修をしても無意味

かといって、査定を受けるまえに全塗装などの補修をするというのは無意味です。

多くの場合、それらのためにかけた費用以上の買取り価格の上乗せは期待できないからです。

つまり、全塗装に10万円かけたとしても、買取価格が10万円以上アップすることはないということです。

業者にしてみれば、自社の修理工場でやった方が安く上がるからです。

いずれにしましても、車は普段から小まめにワックスがけなどのメンテナンスをしっかりと行って、いい状態を保ちたいものですね。

6.改造車はノーマルに戻してから売るべき?

改造車改造車というとなんとなく悪いイメージですが、車好きの人の中にはカスタマイズが趣味だという人が少なからずいます。

自分好みの車に仕上げるために、相当な金額を車のパーツにつぎ込んでいる人もいます。

アルミホイールやサスペンション、マフラーにエアロなど、改造用のパーツというのは非常に高価です。

しかし、そんな愛情とお金を注ぎ込んだカスタムカー(改造車)も、いざ売ろうと思うと、驚くほど安い金額を提示されてしまったりします。

6-1 なぜ改造車は嫌われてしまうのか?

中古車の販売店がもっとも恐れるのは、車が売れずに在庫になってしまうことです。

改造車というのは、カスタマイズした本人にしてみれば最高のカスタムカーだったかもしれませんが、赤の他人から見ればただのセンスの悪い改造車だと思われる可能性もあるわけです。

たとえば、ローダウンがかっこいいと思う価値観を有する人は少数派で、多くの人は単に乗り心地が悪くなるだけだとネガティブに感じることでしょう。

高価なパーツも、興味のない人にとっては全く価値のないものです。

たまたまセンスが一致する人が現れれば買ってくれるかもしれませんが、そういう人が現れるという保証はありません。

リスクのある車を買い取るわけですから、当然ながら査定額は低くなるわけです。

6-2 ノーマルに戻さないと売れないケース

最悪なのは、車検に通らないほど大幅な改造を施してしまった車です。

車検が通らないと分かっている車を、あえて買う人はまれでしょう。

そういった改造をしてしまった車は、ノーマルに戻した状態じゃないと、まともな査定額は期待できないと考えた方がいいでしょう。

なんどもいいますが、業者は売れ残る可能性の高い車は、リスクがあるためにあえて仕入れをすることはないのです。

6-3 それでもあきらめきれない人の場合

改造車に対してネガティブなことばかり書きましたが、買取店によってはカスタムカーを高く評価するようなところもないことはありません。

マニア向けの車ばかりを集めた販売店との流通ルートができている業者です。

そういったお店では、カスタムカーのパーツなどもそれなりの評価をしてくれることもありますので、そういったお店を探して持ち込んでみるのも一つの方法です。

かんたん車査定ガイド
https://a-satei.com

kantansatei_300_250

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする