車を売るのとディーラーに下取りにだすのはどちらがお得か?

車の査定をしている女性
かつては、車を買い替える時には今の車を購入したディーラーにそのまま下取りに出すというのが常識でした。

営業マンも顔見知りですし、手続きもすべてお任せで楽だし、あえて他のお店で売る必要はないと考える人が大半だったと思います。

しかし、最近ではそういった過去の常識が崩れつつあります。

ガリバーやアップルなどの買取り専門店に持ち込んだ方が、ディーラーよりも高く買い取ってくれるというイメージを持つ人が多くなってきました。

実際のところ、ディーラーにそのまま下取りに出すのと、買取店に売るのとではどちらがお得なのでしょうか?

かんたん車査定ガイド
http://a-satei.com

ディーラーに下取りに出すことのメリットとデメリット

まずは、ディーラーに車を下取りにだすことによって、どのようなメリットやデメリットがあるのかについて考えてみたいと思います。

同じ店で手続きが済んでしまうので楽

ディーラーに下取りに出すメリットとしては、新たに車を買う予定のお店に車を持ち込んで、そのまま下取りに出して新しい車に乗りかえれば、一つのお店ですべての手続きが済んでしまうのでとても楽です。

買取り店と新しく車を買うお店の距離が離れていたりすると、それぞれの場所まで移動する手間も馬鹿になりませんので、忙しい人には手間がかからないというのは大きな魅力です。

新車の値引きと抱き合わせで考えることが出来る

ディーラーなどで車を下取りに出してそのまま新車を買う場合には、車の下取り金額と新車の値引きのトータルで考えることがあります。

下取りをする車は、ある程度市場の相場が決まっているので、あまり高く買い取るのはリスクがあります。

しかし、新車であれば、もともとある程度の利益のマージンがあるので、その範囲内で調整が可能なわけです。

たとえば、ディーラーでの下取り価格が80万円で、買取り店での評価が90万円だったとします。

単純に売るだけなら買取り店に持ち込んだ方が10万円お得ということになるのですが、ディーラーの切り札として下取り車を入れてくれるなら新車を当初の見積もりよりも15万円値引きしてくれる、ということもあり得るわけです。

その場合、ディーラーに下取りに出した方がトータルでは5万円お得になるということになります。

仮に、新車の値引きによるメリットが10万円しかなかった場合には、買取店に売却した場合と同額となりますが、その場合でも手続きが一か所で済むという点を考えたらディーラーに下取りに出した方がお得ということになるのです。

下取り額を高く見せるテクニックに注意

その一方で、その逆のことも考えられます。

他の買取店よりも高額な下取り額を提示して、一見お得なように見せかけてあらたに購入する新車の値引き幅で調整するわけです。

たとえば、買取店の査定額が80万円だった車をディーラーでは90万円の下取り額を提示し、その分本来20万円まで値引きできる車を10万円までしか値引きしないというやり方です。

その作戦にまんまとはまらないためには、最初にディーラーに出向いたときに、買取店から見積もりを取る予定であることを一切口にしないことです。

そして普通にディーラーと新車の値引き交渉をして、ベストプライスを提示させたうえで、後日買取店に査定をしてもらうのが賢いやり方です。

そこがスタートラインということになれば、そこからの新車の値引きはディーラーが本来の利幅を削って出して来る「本気の値引き」ということになります。

いずれにしましても、車を売る際の交渉先は、ディーラーや買取店などをあえて絞らずに、いろいろなところから見積もりを出してもらって、トータルで損得を考えることが大切になってきます。

どちらに売るのがお得かを決めるさまざま要因

ディーラーに下取りに出す前に、複数の業者と比較することはとても大切なことですが、その際に知っておいた方がいいさまざま要因についてみていきましょう。

他のメーカーの車だと高く下取りできない理由

ディーラーに下取りに出す際に注意しなければならないことは、新たに買う車のメーカーです。

たとえば、トヨタの車を下取りに出す予定のディーラーが同じトヨタであれば、割と高い評価をしてくれます。

これが、トヨタの車を日産のディーラーに持ち込んだりした場合には、厳しめになることが多いようです。

これは、下取りした車の流通ルートなどを考えると、どうしてもそうならざるを得ないのでしょう。

ディーラーにとって一番パイプの太い中古車販売ルートは、当然そのメーカーの販売に強いお店です。

他のメーカーの車だと、自社系列の販売店では売りにくかったり、オークションなどでの仲介を経て車を処分することになります。

その結果、自社系列の販売店で直接売る場合にくらべて経費やマージンが余計にかかってしまうことが予想できるために、下取りの査定額をあまりあげられないという事情が生じるわけです。

最近では、ディーラーが直接展示場を設けて中古車を販売しているケースも多いですが、ディーラーを訪問するお客様というのはそのメーカーの車が欲しくて訪問するわけですから、他のメーカーの車を展示しても売りにくいことは間違いないでしょう。

ディーラーはカスタム車を評価してくれません

また、ディーラーに下取り車として持ち込む際には、メーカー純正品以外のパーツはほとんど評価してくれない、という点も注意しなければなりません。

車をカスタムしているような場合ですと、買取店に持ち込んだ方がディーラーにくらべて評価が高くなることが多いようです。

どれくらいの金額差で最終的な売却先を決めるか?

硬貨に座るミニチュアの人
では、どれくらいの金額差であったならば、ディーラーに下取りに出した方がお得なのかを考えてみましょう。

ディーラーに下取りに出した場合と、買取店への売却金額の差がほとんどなかった場合には、一か所の店ですべて済ませることが出来ることを考えたら、当然ディーラーに下取りに出した方がいいことになります。

逆に、買取専門店の方が10万円以上高く買い取ってくれるとしたら、ディーラーに下取りには出さずに買取店に売却したあとに、ディーラーであらためて新しい車の購入手続きをした方がいいでしょう。

それでは、3万円とか5万円の差だった場合はどうでしょうか?

この場合は、あなた自身が2か所のお店とやり取りする手間暇や、ディーラーとの今後のおつきあいなどを総合的に考えて決めることになります。

買取り店の人とは、基本的に車を売るとき以外のおつきあいはありません。

売ってしまったら、それっきりの関係です。

それに対して、新たに車を購入するディーラーの人とは、次の車に乗り換えるまで長いお付き合いが始まるわけです。

自分の新しい車のアフターフォローなどを考えて、3万円程度の差であれば、あえて高い方のディーラーにそのまま下取に出した方がいいと考える人がいてもおかしくはないでしょう。

買取り店の方が3万円も高かったのに、あえて自分の方に下取りに出してくれたということであれば、ディーラーの営業マンもあなたに恩義を感じてくれるに違いありません。

そういった微妙な人の心理が、その後のアフターフォローやさまざまなサービスに影響してくる可能性は十分にあります。

3万円損した分は、そのあとに十分に利子をつけてかえって来ると考えてみるといいかも知れませんね。

単純に金額では決められないが比較は重要です

このように、車を買取店に売るべきかディーラーに下取りにだすべきかという問題は、単純に金額だけでは決められない部分もあります。

しかし、場合によってはディーラーの下取り額と買取店の査定額に30万円とか40万円の差が生じることもよくあります。

さすがにここまでの金額差が出てしまうと、迷う余地がなくなってしまいます。

繰り返しになりますが、車を手放す際にはディーラーも含めて1つの業者だけではなく、複数のお店から見積もりを取るというのは基本中の基本と考えておきましょう。

複数のお店を回る時間のない人は、以下のようなネットの一括査定サービスなどを利用する方法が、手間がかからずに簡単に済むのでおすすめです。

かんたん車査定ガイド
http://a-satei.com

kantansatei_300_250

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする