ダイハツタントの買取価格や査定の相場を5年落・10年落ちで比較~下取りよりも有利?

ゴールドのタントダイハツといえばタントを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

ダイハツタントはそれだけ知名度の高い車であり、日本の軽自動車を代表するといってもいいほどの人気車種となっています。

近年の日本人の軽自動車志向、低燃費志向の影響を受けて、中古車市場でのタントのニーズも高まっています。

ここではそんなダイハツタントの買取相場について、5年落ち・10年落ちの場合に分けて、さまざまな条件別で比較してみたいと思います。

もしあなたが、タントの売却や下取りを考えているのならば、きっと参考になるに違いありません。

このページの目次

1.ダイハツタントの基本価格

まず、ダイハツタントの新車や買取り価格に関する基本データを一覧にしてみたいと思います。

・新車価格…120万円~170万円
・平均買取価格…74.8万円
・最高買取価格…114.8万円
・最低買取価格…1万円

データは、「価格.com」「車選び.com」の「2015年4月」時点のものを参考にしています。

74.8万円という平均買取り価格が、タントの人気を物語っているといえるでしょう。

今現在の、あなたのダイハツタントのリアルタイムな最高値の査定額を知るには、一括査定サイトなどを利用してみることをおすすめします。

かんたん車査定ガイド
https://a-satei.com

2.5年落ちのタントを条件別に比較

軽自動車を代表する人気のタントですから、5年落ち程度であれば、かなりの買取り額が期待できるはずです。

ここでは、5年落ちのタントに絞って、査定額の高低や走行距離の違いによる買取り額の差などについて紹介していきたいと思います。

2-1 5年落ちでダイハツタントの査定額が高いケースと低いケース

ホワイトのタント
5年落ちのタントといえども、走行距離や車の状態によって買取り価格に大きな差が生じることになります。

ここでは、実際に5年落ちタントの査定額の高いケースと低いケースを比較してみたいと思います。

・グレードVSの走行距離55000Kmで60万円の査定額

5年落ちのタントでは、100万円に近い買取価格の事例がたくさんあったのですが、いずれもグレードが不明でした。

グレードが判明している中で当サイトが調べた事例では、このVSの60万円というのが最高買取り額となります。

しかし、タントの5年落ちで状態の良い車であれば、100万円近くで買取りをしてもらうことも可能だという点は知っておいてほしいと思います。

この事例のタントは、走行距離は5万5000kmで、5年落ちの車としてはほぼ標準といっていいでしょう。

2つの買取り業者に見積もりを取り、60万、57万という金額でしたので、車の状態を考えた場合、この金額はほぼ妥当なのだと思います。

ちなみに、エリアは北海道です。

・走行距離3万5000kmのタントのグレードLが40万円の買取り価格に

買取り価格で見た場合、10万円未満の5年落ちタントは多くあったのですが、いずれもグレードが「不明」か「該当なし」のため除外してあります。

基本的にタントの5年落ちで10万円未満というのはあり得ない金額で、事故車であるか大幅な過走行車などの状態の悪い車であった可能性が高いといえます。

グレードがわかっている事例としては、今回紹介するものが最安値となります。

走行距離が3万5000km程と比較的少なめのグレードLでしたが、4社に査定を依頼した結果、一番高い業者の買取り価格が40万円となっています。

走行距離が少なめの5年落ちのタントとしては、だいぶ低い査定額だといえるでしょう。

4社に査定をしてもらった結果ですから、妥当な査定額なのでしょう。

走行距離が少ないというのはプラス要因になっているはずなので、他の部分で大きなマイナスポイントのあった車両ではないかと思われます。

2-2 5年落ちの事例を走行距離で比較してみました

タントの運転席同じ5年落ちのタントであっても、車の状態やさまざまな条件で買取り価格は大きく変わってくるものです。

特に、走行距離は査定額に大きな差がつきやすい要因でもあります。

ここでは、5年落ちタントの査定額を走行距離別に比較をしてみたいと思います。

・走行距離1万5000kmのグレードVSが5社見積もりで60万円の提示額に

走行距離1万5000kmのタントグレードVSを、60万円で売却したときの事例です。

5つの業者から見積もりを取った結果は、60万円、58万円、提示なし3社となりました。

走行距離を考えると、もう少し高い査定額となってもいいような気がしますが、提示のあった2社の金額差が2万円なので、車の状態を総合的に判断した結果この数字が妥当な評価となったのでしょう。

提示のない3社は、他社の様子を見ながら後出しジャンケンをしようと思ったのでしょうが、これ以上の高額な提示はあきらめたようです。

ちなみに、このタントのカラーは白で、エリアは兵庫県となります。

・走行距離50000Kmの2006年式タントのカスタムVSが75万円の査定額

この事例は2006年式タントのカスタムVSを、2011年に売りに出したときの事例になります。

走行距離は5万Km弱なので、5年落ちとしてはほぼ標準的とっていいでしょう。

地域は宮城県で、ボディカラーは白になります。

買取り価格は75万円となり、走行距離が少ない先ほどの事例のタントより、こちらの事例の方が15万円ほど高く売れています。

グレードの違いによる影響もあると思いますが、やはり車両の状態の差が査定額の差につながったのだと思います。

・走行距離7万Kmの2010年式Xスペシャルが40万円で売れた事例

ダイハツタントの後方スタイル2010年式タントのXスペシャルを2015年に5年落ちとして売却したときの事例です。

走行距離は7万km弱で、5年落ちとしてはやや距離が伸びている印象です。

見積もりを取ったのは4社で、内訳は40万円、38万円、36万円、30万円となっています。

走行距離が多めということで、5年落ちのタントとしては全体的に低めの提示額となっていますが、一番高い業者は40万円を提示しています。

一番高い業者と安い業者の金額差が10万円ありますので、4社から査定をしてもらった効果がはっきりと表れているといえるでしょう。

このタントのボディの色はベージュで、エリアは静岡県となります。

2-3 5年落ちタントの査定を比較社数と差額で見る

人気が高く、ある程度の高額な査定額が期待できるタントですが、1社のみの査定額で決めるのではなく、多くの業者から見積もりをもらうことで、さらに高値で売ることが可能になります。

ここでは、5年落ちのタントの買取り額が業者の比較数でどう変わるのかという点や、その差額についてみていきたいと思います。

・4年落ちタントのカスタムXを8社査定で85万円

この事例は5年落ちではなく4年落ちのタントですが、調査した事例のなかで、最も比較社数が多かったのであえてこれを紹介してみたいと思います。

2007年式タントのカスタムXを4年落ちとなる2011年に売却しています。

ボディカラーは、ちょっと好き嫌いが分かれるゴールドで、地域は東京となります。

8社に査定をしてもらった結果、一番高い業者の買取り額が85万円という結果になりました。

4年落ちとはいえ、85万円という高額な買取り価格が提示された背景には、8社を比較したことによる業者間の競争があったことは容易に想像できます。

・2008年式タントのX-Limitedを5社査定で80万円の提示

2008年式タントのX-Limitedを5年落ちとなる2013年に売却した事例となります。

走行距離は3万Km弱となりますので、5年落ちとの車としてはかなり少なく、かなり良い状態のタントであることは間違いなさそうです。

このタントを5つの買取り業者に査定を依頼した結果は、80万円、提示なし4件となっています。

5社に査定を依頼して、1社しか提示がないのであれば、複数の業者に依頼をする意味がないように思いますが、おそらく他の4社はこの80万円という金額をみて提示をあきらめた可能性が高いです。

結果的には、ほぼ最高値で売却することが出来たと考えていいでしょう。

ちなみに、ボディカラーはブラックで、エリアは神奈川県となります。

kantansatei_300_250

3.10年落ちタントの買取り額はどれくらいになる?

ブラックのTanto人気のタントとはいえ、さすがに10年落ちともなると、まともな金額で査定されることはないだろうと多くの人が考えると思います。

しかし、実際には10年落ちにもかかわらずあり得ないような高値で買取りをされていくタントも多いのです。

ここでは、さまざまな条件別に10年落ちタントの買取り価格についてみていきたいと思います。

3-1 タントの査定額の高い事例と低い事例を10年落ちで比較

同じ10年落ちのタントでも、車の状態によってその査定額には大きな差がつくことになります。

10年落ちにもかかわらず20万円~30万円で売れるタントもあれば、3万円にしかならなかった事例もあります。

・8年落ちのターボ4WD、走行距離7万キロ弱で42万円

10年落ちのタントで査定額の高いものは、おおよそ20万円~30万円といったところです。

ただ、今回調査した事例では多くがグレード不明のため、あえてグレードが判明している、この8年落ちの事例を紹介します。

走行距離が7万km弱8年落ちとしてはほぼ標準的といってもいい4WDのターボですが、2社に査定をしてもらった結果、高い方の業者が42万円を提示しています。

車の査定額は10年落ちという節目でガクッと落ちることが多いので、8年落ちのタントであれば、40万円台で買取りをしてもらうことが可能なようです。

今回の事例の場合は、ターボの4WDということで、グレードのプラス要因になっていると思われます。

・走行距離12万Km弱の10年落ちタントが5社見積りで3万円

この事例は、2004年式タントを10年落ちとなる2014年に売却したときの事例です。

走行距離が12万km弱と、10年落ちということを考慮してもかなり走り込んでいるという印象です。

このタントを5つの業者に査定を依頼した結果、提示なしが4件、3万円が1件となりました。

人気のタントといえども、10年落ちで12万Kmとなれば、やはりこの程度の買取り額となってしまうのは致し方のないところです。

今回は5社に査定をしてもらった結果、3万円という金額を提示してくれる会社があらわれましたが、もし1社だけに査定を依頼していたら廃車になる運命だったかも知れません。

3-2 10年落ちタントの査定を走行距離で比較する

タントの内装
車の査定においては、もちろん年式も重要ですが、走行距離も買取り額に影響を与える大きな要因です。


ここでは、10年落ちのタントが走行距離の違いでどのような買取り額を提示されたのかについて事例を紹介してみたいと思います。

・9年落ちで走行距離55000Km弱のL350Sが25万円で売れた事例

この事例は、10年落ちではなく9年落ちのタントとなります。

L350Sを、2005年に購入して2014年に売却したときのものです。

走行距離は5万5000km弱で、10年落ちとしては非常に少ないといえます。

5つの業者に査定を受けた結果、提示なし3件、残り2社が25万円、20万円という金額になりました。

走行距離が少ないのは魅力的ですが、ボディカラーがピンクのため、業者としても判断が難しい車両だったのではないかと思います。

結果的に、25万円という買取り価格が提示されていますので、10年落ちのタントとしては十分な評価ということが言えると思います。

・2005年式タント走行距離10万Kmを6業者比較で25万円の査定額

ボディカラー・ゴールドのタントを、2005年に購入し、2015年に10年落ちで売却したときの事例です。

エリアは愛知県となります。

走行距離は10万Km弱なので、10年落ちとしてはほぼ標準的です。

この10年落ち10万Kmのタントを6つの業者に査定依頼した結果、25万円、20万円、13万円、13万円、8万円、金額なしとなっています。

一番高い業者の買取り価格が25万円に対して、一番安い業者の提示額は8万円です。

その差はなんと17万円にもなります。

もし、1社しか査定を依頼していなかったとして、その業者が8万円を提示していたとしたら、17万円も損をしていたことになります。

それにしても、10年落ち10万Kmにもかかわらず25万円の査定額が提示されるあたりは、人気のタントの面目躍如といったところです。

・10年落ち13万kmにもかかわらず3社査定で13万円になった事例

この事例は、2004年式タントを10年落ちとなる2014年に売却したときのものです。

ボディカラーは緑で、エリアは岐阜県となります。

走行距離は13万km強となりますので、10年落ちということを考慮しても、かなり走り込んでいる印象です。

このタントを3つの業者に査定をしてもらった結果、13万円、提示なし2社となりました。

10年落ちで13万Kmオーバーとなると、どこの買取り業者も尻込みする条件ですので、提示のなかった2社は当然といえば当然です。

驚くべきは、13万円の買取り額を提示した会社です。

このように、10年落ちで過走行の車であったとしても、複数の買取り業者に査定をしてもらうことで、このようなサプライズがあるわけです。

3-3 10年落ちタントの査定を比較社数と差額で見る

薄いピンク色のタント人気のタントであっても、10年落ちともなれば買取りに難色を示す業者も出てきます。

そんな中、少しでも高く買い取ってもらうことを希望するのであれば、やはり1社でも多くの業者に査定をしてもらうことです。

ここでは、10年落ちタントの査定額を、比較業者が多い事例と差額の多い事例で見てみたいと思います。

・2006年式ダイハツタントを7社比較した結果41.5万円の買取り額

この事例では、2006年式の10年落ちタントを7つの業者で査定したときの事例です。

走行距離は1万5000km強と、10年落ちの車としては非常に少なくなっています。

7社の内訳は、41.5万円、40万円、提示なし5社となっています。

金額を提示してこなかった会社が5社もあったのですが、提示した会社の金額差が1万5千円しかないので、おそらく40万円程度がこの車の買取り相場なのでしょう。

走行距離が少ないとはいえ、10年落ちのタントが40万円で買取りされるというのは驚きです。

・走行距離5万Km弱の10年落ちタントを7社比較した結果45万円

こちらは2005年式でボディカラー黒のタントを2015年に売却した10年落ちの事例です。

走行距離は5万Km弱となっており、10年落ちとしては先ほどの事例ほどではありませんが、かなり少なめです。

見積もりを取ったのは7社で、各社の内訳は45万円、35万円、35万円、30万円、提示なし3社という結果になりました。

こちらも、先ほどの事例と同様に、10年落ちにもかかわらず40万円オーバーの買取り価格を提示している業者が存在します。

人気車種であるタントの場合は、たとえ10年落ちであっても、走行距離が少なければかなりの査定額が期待できると考えてよさそうです。

あなたのタントのリアルタイムな買取り最高値を知るには、以下のサイトをご覧になってください。

かんたん車査定ガイド
https://a-satei.com

kantansatei_300_250

ダイハツタントの公式サイト:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする