ノアを売却するときの査定額や買取り相場を5年落ちと7年落ちの事例で比較

ノアは同じトヨタの兄弟車であるヴォクシーとならんで、非常に人気のあるミニバンです。

余裕で7人~8人が乗れる5ナンバーサイズのミニバンとして、とてもよく売れているクルマになります。

ノアは中古車市場でも人気が高いために、リセールバリューもかなり期待できそうです。

ここでは、トヨタのノアを5年落ちと7年落ちで売却したときにどれくらいの査定額になるのか、実際の買取り事例をもとに相場を見ていきたいと思います。

1.ノアを売るときに知っておくべき基本データ

ノアの中間グレードを、標準的な走行距離で売却するときに、2018年の時点の査定額がどれくらいになるのかを年式別に一覧で紹介します。

・7年落ち…50万円~75万円
・6年落ち…70万円~100万円
・5年落ち…90万円~130万円
・4年落ち…105万円~160万円
・3年落ち…120万円~180万円

2014年のモデルチェンジ後のノアだと、査定額がだいぶ高くなっているのがお分かりになるかと思います。

今現在の、あなたのノアのリアルタイムな最高値の査定額を知るには、以下のような一括査定サイトなどを利用してみることをおすすめします。

かんたん車査定ガイド
https://a-satei.com

2.5年落ちノアが実際にいくらで売れるのかを事例をもとに検証

5年落ちのノアを買取り専門店に売却する場合、どれくらいの査定額になるのかは、実際の買取り事例を見てみるのが一番です。

ここでは、5年落ちノアを走行距離の違いやグレードの違いなどによって、どれくらいの査定額になるのかを、売却事例をもとに見ていきたいと思います。

2-1.5年落ちで高かった事例と低かった事例で比較

5年落ちのノアであっても、走行距離やグレード、クルマの状態によって実際の買取り価格は大きく変わってきます。

ここでは、実際に5年落ちのノアを買取り専門店に売却したときに、査定額の高かった事例と低かった事例を紹介してみたいと思います。

高かった事例~1.7万kmの2.0Siが162万円

2013年式トヨタノアの2.0Si(4WD)を、5年落ちとなる2018年に売却したときの事例になります。

走行距離はわずか1万7千kmとなりますので、5年落ちとしては非常に少ないといっていいでしょう。

売却地は北海道で、修復歴などはなく、ボディもきれいな状態のクルマです。

このノア2.0Siを買取り専門店3社に査定をしてもらったところ、162万円、155万円、140万円という結果になりました。

一番高い業者と安い業者の差額は、22万円となっています。

やはり、走行距離が1万7千kmと非常に少ないこともあり、5年落ちとしてはかなり高い査定額になった事例といえます。

低かった事例~2013年式2.0YYの評価額が45万円

こちらの事例は、ノアのベーシックグレードである2.0YYを、2013年に新車で購入して2018年に売却したときのものです。

走行距離は、5年落ちとしてはかなりの過走行といえる11万6千kmです。

この5年落ちノア2.0YYを、4社が査定した結果、45万円、43万円、40万円、40万円という非常に低い査定額となりました。

一番高い業者と低い業者の差額が5万円しかありませんので、これがほぼ相場なのだと思います。

実は、このノアは「修復歴あり」の車両で、過去に事故などを起こして骨格部分に損傷を受けた可能性のあるクルマになります。

一般的に、「修復歴あり」のクルマだと、3割ほど査定額が下がってしまうといわれています。

それに加えて、今回のこのノアの場合は、走行距離が11万6千kmと、5年落ちとしてはかなりの過走行であった点も大きなマイナスポイントとなっていると思われます。

2-2.走行距離によって5年落ちのノアの買取り相場はどれだけ変わるか?

クルマの査定において、走行距離は重要な判断材料となります。

ここでは、同じ5年落ちであっても走行距離の多いノアと少ないノアで、どれくらい査定額に差が生じるのかを事例をもとに見ていきたいと思います。

走行距離11万kmの2.0Xの売却額が80万円

2013年式ノアの2.0Xを、5年落ちとなる2018年に査定を受けたときの事例になります。

両側電動スライドドアなど装備は充実しているノアですが、走行距離が11万1千kmと5年落ちとしてはかなり走り込んでいる車両になります。

このノア2.0Xを2社の買取り専門店に見積もり依頼をしたところ、80万円、75万円という査定額になりました。

やはり、5年落ちで10万kmオーバーの過走行車だと、査定的にはかなりマイナスとなってしまうようです。

今回は2社だけの査定でしたが、査定を受けるお店の数を増やすことで、もう少し高く売れる可能性はあります。

走行距離1万1千kmの2.0Xが125万円になった事例

先ほどの事例と同じ2013年式ノア2.0Xを、5年落ちで売却したときの事例になります。

年式やグレード的にはまったく同じノアですが、こちらは走行距離が1万1千kmと5年落ちとしては非常に少ない車両になります。

この低走行距離のノアを4社が査定した結果、125万円、120万円、118万円、110万円という提示額になりました。

5年落ちとしてはかなり走行距離の少ないノアなので、もう少し高い査定額になってもよさそうな気がしますが、ベーシックグレードである2.0Xである点や両側のスライドドアが手動である点などがマイナス材料となっているものと思われます。

2-3.グレードの違いによって実際の相場はどう変わるか?

トヨタノアにはさまざまなグレードがあり、それぞれのグレードごとに車両本体価格が大きく変わってきます。

当然ながら、グレードが異なれば買取相場も違ってくることになります。

ここでは、同じ5年落ちのノアであっても、グレードの違いによって査定額がどれくらい違うのかについて事例をもとに見ていきたいと思います。

ベーシックグレードの2.0YYを86万円で売却した事例

この事例は、ノアの廉価グレードである2.0YYを2013年に新車で購入して、2018年に買取り専門店に売却したときの事例になります。

走行距離は6万3千kmと、5年落ちとしてはやや走っている印象で、修復歴はありません。

このノア2.0YYを、5社に査定をしてもらったところ、86万円、85万円、80万円、75万円、72万円という結果になりました。

社外品の地デジナビやバックモニターなどが装備されていますが、やはり廉価グレードということもあり、査定額はそれほど伸びなかったようです。

上級グレードである2.0Siの査定額が155万円

ノアの最上級グレードはGになりますが、Gの5年落ちの事例が見当たらなかったので、Gの次に高価な2.0Siの4WD仕様の事例を紹介します。

2013年式のノア2.0Siを、5年後の2018年に3社に査定をしてもらった結果、155万円、140万円、134万円という提示額になりました。

走行距離は5万1千kmと、5年落ちとしては標準的ですが、やはり上級グレードの2.0Siということや4WDであることなどから、5年落ちのノアとしてはかなりいい査定額の提示となっています。

また、装備的にHDDナビや、後席モニターなどがついている点もプラス要因になっているものと思われます。

3.7年落ちのノアを売却するときの相場を実際の事例で比較

3回目の車検をむかえる7年落ちのタイミングでクルマを手放す人も多いに違いありません。

ここでは、7年落ちのノアを買取り専門店に売却するときに、どれくらいの相場になるのかを、走行距離やグレードなどの違いごとに紹介をしてみたいと思います。

3-1.7年落ちで査定額が高いケースと低いケースを紹介

新車で購入してから同じ7年間乗ったノアであっても、クルマの状態や走行距離などの条件によって、実際の買取り価格は大きく変わってしまうものです。

ここでは7年落ちのノアであっても査定額が相場にくらべて高かった事例と、相場よりも低かった事例を紹介してみたいと思います。

低いケース~2011年式2.0YYの買取り価格が50万円

こちらは、ノアの廉価グレードである2.0YY(4WD)を2011年に新車で購入して、2018年に7年落ちとして売却した時の事例です。

修復歴はなく、ワンオーナーのクルマですが、走行距離が10万kmと7年落ちとしてはかなり伸びているのが気になるところです。

このノア2.0YYを、4社の買取り専門店が査定をしたところ、50万円、50万円、45万円、42万円という結果になりました。

7年落ちのノアとしてはだいぶ低い査定額となっていますが、廉価グレードの2.0YYであることと、走行距離が10万kmということを考えると、これがほぼ相場なのだと思います。

高いケース~2.0Siの4WDが165万円で売れた事例

こちらは、2011年式ノアの2.0Si(4WD)を、7年落ちとなる2018年に査定を受けたときの事例です。

走行距離は1万9千kmと、7年落ちとしては非常に少なくなっています。

また、モデリスタのエアロパーツやHDDナビなどが装着されています。

この7年落ちノアの2.0Si(4WD)を、5社の買取り店が見積もりしたところ、165万円、140万円、135万円、132万円、120万円という査定額が提示されました。

走行距離が1万9千kmと非常に少ないとはいえ、7年落ちノアの査定額が165万円というのは驚きです。

グレードが2.0Siであることや、4WD仕様である点などもプラス評価になっていると思われます。

また、提示額の一番高い業者は、エアロパーツなども評価してくれたのかも知れません。

一番高い業者と安い業者の差額が45万円にもなっていますので、クルマを売却するときにはなるべくたくさんの業者の買取り価格を比較することが大切です。

3-2.7年落ちのノアの走行距離が多い場合と少ない場合で査定額の違いを比較

7年落ちと、年式的には古くなってしまったノアであっても、走行距離が少なければ思わぬ高値で売れる可能性があります。

逆に、走行距離が多いと期待するほど高くは売れないことが多いものです。

ここでは、同じ7年落ちであっても走行距離が多いノアと少ないノアで、買取り価格がどれほど違って来るのかについて、事例をもとに見て行くことにしましょう。

走行距離12万8千kmなのに72万円で売れた事例

こちらの事例は、2011年式ノアの2.0Xスマートエディションを、2018年に売却したときのものになります。

走行距離は12万8千kmと、7年落ちのクルマとしてはかなり走り込んだ状態のクルマといえます。

この7年落ちノア2.0Xスマートエディションを3社に査定をしてもらった結果、72万円、60万円、55万円という提示になりました。

走行距離が12万8千kmとかなりの過走行にもかかわらず、1社は72万円と非常に高い評価をしてくれています。

社外HDDナビやバックモニターが装備されている点などを評価してくれたのかも知れません。

走行距離わずか1万4千kmのノア2.0Siの買取り価格が115万円

2011年式ノア2.0Siを、7年後の2018年に査定を受けたときの事例になります。

走行距離はわずか1万4千kmで、7年落ちのクルマとしては非常に少ないといっていいでしょう。

1年あたりたった2000kmしか走っていないことになります。

この走行距離の少ないノアを2社が査定したところ、115万円と100万円の提示になりました。

走行距離が少ないとはいえ、7年落ちとなりますので、115万円の査定額は十分に満足できる数字であると思います。

ただし、今回は2社しか比較していませんので、査定を受ける会社をもう少し増やせば、さらに上乗せも可能かも知れません。

3-3.グレードの違いによってノアを売るときの評価額はどう変わるのか?

走行距離やクルマの状態だけではなく、査定を受けるノアのグレードの違いによっても査定額は大きく変わってきます。

もともとの新車価格がグレードごとに違いますので、それは当然のことです。

ここでは、グレードの違いによって7年落ちノアの買取り価格がどれくらい変わるのかについて見て行くことにしましょう。

廉価グレードの2.0YYが7万9千kmで68万円

ノアの廉価グレードである2.0YYを2011年に購入して、7年落ちとなる2018年に買取り店に売却をしたときの事例になります。

走行距離は7万9千kmとなっており、7年落ちとしてはほぼ標準かやや走っているといった状態のクルマです。

ベーシックグレードの2.0YYではありますが、地デジSDDナビやキーレスエントリーなどが装備されています。

この7年落ちノアを5社に査定をしてもらったところ、68万円、65万円、65万円、62万円、58万円という結果になりました。

1社以外はすべて60万円代の買取り価格を提示していますので、そのあたりの金額が相場なのだと思います。

最上級グレードである2.0Gが6万kmで105万円

この事例は、ノアの最上級グレードである2.0Gを、2011年に新車で購入して2018年に買取り店に査定を受けたときのものです。

走行距離は6万kmとなっていますので、7年落ちとしてはほぼ標準かやや少ないといっていいでしょう。

最上級グレードの2.0Gではありますが、電動スライドドアは片側だけとなっています。

このノア2.0Gを3社の買取り店が査定をしたところ、105万円、95万円、90万円という提示になりました。

ノア2.0Gの2011年当時の新車価格は270万円でしたから、7年落ちで105万円であれば十分に満足できる買取り価格といえるのではないでしょうか。

kuruma0044

>>無料で一括査定はこちら<<

トヨタノアの公式サイト
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする