車を売るときに査定アップになる装備にはどんなものがある?

車のハンドルと運転席車を売るときに、同じ車種で同じ年式、同じ走行距離の車であっても査定額に大きな違いが出ることがあります。

違いが出る要因の一つとして、装備品があります。

たとえば、サンルーフや電動スライドドア、ETCなどです。

これらの装備品があるのとないのとでは、どれほど査定額に違いが出るのでしょうか?

メーカー純正の装備品であれば査定額アップが期待できます

車を売るときに有利になる装備品というのは、基本的にメーカー純正のものとなります。

メーカー純正ではない社外品の場合、それほど査定アップは期待できません。

パーツによっては、改造車扱いとなって査定額が下がってしまう場合もありますので、注意が必要です。

それでは、具体的に装備品別に査定への影響についてみていきましょう。

カーナビがついているのはいまや常識?

カーナビゲーション車についている装備品の中でも、比較的高額なパーツといえるのがカーナビです。

当然、カーナビのついている車はプラスアルファの査定が期待できると考える人が多いと思いますが、実際にはそうでもないようです。

最近のクルマはカーナビがついているのが当たり前になってきており、それを装備しているからといって大きな差別化にはつながらないようです。

パネルにきちんと収納されたメーカー純正のものや、最新の高性能なカーナビであればそれなりの査定アップが期待できますが、少し古いタイプのカーナビだとほとんどプラス査定は期待できないといっていいでしょう。

プラス査定が期待できるカーオーディオ

カーオーディオもカーナビと並んで高価な装備品です。

こちらもメーカーの純正オプションとして高性能なものが装備されていれば、かなりのプラス査定が期待できると思われます。

市販品のカーオーディオの場合は、音質に直接影響する高性能なスピーカーなどを装備していれば、それなりのプラス査定になると思われます。

あまり性能の良くない社外品のカーオーディオなどがついていたりすると、逆にマイナス査定となることもあるので注意が必要です。

新車のときにしかつけられないサンルーフ

ルーフキャリアから海を眺める女性開放感を味わうことの出来るサンルーフやムーンルーフは非常に人気の高いオプション装備品となります。

車を新車で購入したときにしか取り付けが出来ませんので、それだけ付加価値が高いといえます。

そのため、サンルーフやムーンルーフが装備されている車は、プラス査定が期待できるといっていいでしょう。

ミニバンの電動スライドドアも人気です

ミニバンの人気オプション装備となっているのが電動スライドドアです。

こちらも、新車で購入したときにしか取り付けが出来ませんので、付加価値の高いオプション装備といえます。

ただし、高級ミニバンなどで、オプションではなくその車種のほぼすべてに電動スライドドアが装備されているような場合にはプラス査定にはなりません。

あくまでも、新車購入のときにオプションとして装備した場合にのみプラス査定になると考えてください。

たとえば、助手席側は標準装備で運転席側がオプションといった場合に、両側がスライドドアであればプラス査定になるということです。

kantansatei_300_250

あまり期待はできないETC

高速道路の料金所をノンストップで通過することの出来るETCは大変便利なアイテムです。

実際に高速道路を走ってみると、ほとんどの車がETCを装備していることに気がつくと思います。

ほとんどの車についているということは、ある意味ついているのが当たり前ということになりますので、それほどプラス査定は期待できないといっていいでしょう。

多少はプラスアルファになる程度と考えてください。

意外にもエアバッグが評価される?

いまやエアバッグの装備されていない車はないといっていいでしょう。

そういった、いまや当たり前の装備であるがゆえに、エアバッグに査定アップは期待できないとお思いの人もいるでしょう。

しかし、それはあくまでも運転席や助手席の全面についているエアバッグの場合です。

サイドのカーテンエアバッグなどのオプションで取り付けたエアバッグは、かなりの査定アップが期待できるのです。

オプションのエアバッグも、新車のときにしか取り付けできないものなので、付加価値が高いといえます。

大型の車に便利なクリアランスソナー

車の四隅についていて、障害物があることを知らせてくれるクリアランスソナーも、ミニバンやクロカンなどの大型のクルマには人気のオプションです。

実際にこれがあると非常に便利なので、査定においてもプラスなることが多いようです。

ただ、最近ではクリアランスソナー単体での取り付けというよりも、バックモニターなどとセットで取り付けをしているクルマも多いようです。

ルーフキャリアはマイナス査定になる?

キャンプやスキーなどに頻繁に行く人にとっては、ルーフキャリアは大変便利なパーツです。

しかし、中古車を購入する人が必ずしもアウトドアーの趣味があるとは限らず、実際には取り外して販売することが多いようです。

そのため。ルーフキャリアがついていると、プラス査定どころか取り外しの手間の分、マイナス査定になることさえあります。

出来れば、自分で取り外してから査定を受けるようにした方がいいかも知れません。

ミニバンやクロカンで人気のバックモニター

ミニバンやクロカンなどの大型のクルマは、車両感覚をつかむのが大変です。

そのため、バックモニターやサイドモニターなどが人気のオプションとなっています。

実際に、一度バックモニター付きの車に慣れてしまうと、他の車が運転できなくなってしまうほど便利なものです。

当然、これらのバックモニターやサイドモニターが装備されている車は、査定アップが期待できることになります。

ただし、全グレードで標準装備になっているような場合には、プラス査定は期待できません。

あくまで、新車購入時にオプションとして取り付けしたものに対してプラス査定になると考えていいでしょう。

かんたん車査定ガイド
https://a-satei.com

kantansatei_300_250

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする