車の耐用年数と乗りつぶしや廃車にする時期をどう判断するか?

車の前で悩む女性かつて、車の耐用年数は10年、10万Kmといわれておりました。

実際に、車を買い替える際などにも、10年落ちで10万Kmを超えているような車の場合、下取りの対象にならず廃車にするしか選択肢がなかった時代があります。

しかし、最近では車の耐用年数が伸びたことや中古車の独自の流通ルートなどにより、相当に年式が古く、距離もかなり走り込んでいるような車でもしっかりと査定の対象になるようになりました。

車の耐用年数の伸びと中古車流通ルートの拡大

いまの国産車は、10年で10万Kmを走った車であっても、かつてのようにボディが腐って穴が開いたり、エンジンに異常をきたしたりすることはほとんどなくなっています。

つまり、10年で10万Km走った車でもまったく実用になり、中古車としての価値も残っているということになります。

ある程度の年齢の方は、車は10年過ぎたら乗りつぶしか廃車にするしかないというイメージを持っているかも知れませんが、いまの国産車にはまったく当てはまりません。

40年間で6年も伸びた車の平均寿命

車が新車登録されてから廃車になるまでの平均寿命は、いまから40年前の1976年には約7年でした。

この当時の車は塗装の技術が低く、5年も乗るとボディのあちらこちらにサビや腐食が起こりました。

そのため、5年も乗るとほとんど車としての価値がなくなり、下取りにおける査定額もほぼゼロになるというのが一般的でした。

ところが、平成26年のデータでは普通車の平均寿命(平均使用年数)が12.97年、小型車で12.44年と13年に迫る勢いです。

そのため、10年過ぎても廃車にするどころか、しっかりと査定にて評価をされる車が増えてきたのです。

公道を走っている車の平均車齢は8年

道路を走る数台の車車の平均寿命が大幅に伸びたということは、いま走っている車の平均車齢も大きく伸びたことになります。

いまから40年前の1976年には、公道を走っている車の平均車齢は3.5年ほどでした。

つまり、本当に新しい車ばかりが走っていたことになります。

ところが、平成26年になると公道を走っている車の平均車齢は、約8年にまで伸びています。

走っている車の平均車齢が8年ですから、多くのクルマが約7年で廃車にされていた40年前には考えられないほど高齢化(?)となっているわけです。

最近、かなり年式の古い車でもしっかりと査定額が提示されるようになったのには、このような事情があったわけです。

かつて車は10年で廃車といわれた理由

一昔前までは、車は10年以上乗ったら廃車が当たり前だと思われていた時代がありました。

その理由の一つとして、タイミングベルトの寿命がありました。

エンジンのカムシャフトを動かすタイミングベルトが切れると、エンジンはまったくかからなくなってしまいます。

そのタイミングベルトの寿命が、およそ10万Kmといわれていました。

エンジンルームタイミングベルトを交換すると、5万円~8万円程度の費用がかかるため、それならば廃車にしてしまった方がいいと考える人も多かったのでしょう。

現在の車の多くは、タイミングベルトではなくタイミングチェーンが使われているため、交換時期が30万Kmまで伸びました。

そのため、普通に乗っている分には10年程度ではまったく問題がなくなりました。

また、かつて10年過ぎると廃車といわれたもう一つの理由としては、メーカーの部品供給義務が販売から10年であるという点も影響していると思われます。

しかし、実際には10年過ぎても供給されている部品は多く、かりにメーカーの部品供給がとまったとしても、リサイクルが常識となった現在では廃車となった中古車などから部品を調達できることが多くなっています。

海外への販路の拡大による影響

10年で10万Km以上走った車でも、ある程度の金額で買い取ってもらえるようになった背景として、東南アジアなど海外への販路の拡大があります。

品質の高い日本車は、たとえ古い年式のものであっても、海外では非常に人気が高く飛ぶように売れていきます。

実際に20年落ちや30年落ちの日本車が普通に売られていたりします。

しかし、日本車の耐久性がアップしているとはいえ、実際に20年落ちや30年落ちの車が普通に公道を走ることが出来るのでしょうか?

エンジンに関しましては、10万Kmで寿命のくるタイミングベルトや、ウォーターポンプやダイナモといった補機を交換することで30万Kmは走ることが可能だといわれています。

エンジンにくらべて壊れやすいといわれていたミッションに関しても、最近は耐久性が格段にアップしており、こちらも30万Km程度であれば問題ないといわれています。

きちんとメンテナンスさえしていれば、かなり古い車でも実際には問題なく走ることが出来るようです。

10年落ちのクルマは売るべきか乗りつぶすべきか?

このように、耐久性のアップにより30万Km程度までは壊れずに乗ることが出来るようになった日本車ですが、実際に10年落ちとなったときに、そのまま乗りつぶすべきか売却すべきか悩むことと思います。

実際の判断は難しいのですが、人気車種であればある程度の値がつくうちに売却してしまった方がお得な場合もありますし、不人気車の場合は乗りつぶしが正解ということもあり得ます。

いずれにしても、ケースバイケースとなりますので、一度買取り店に持ち込んで査定を受けてみるといいでしょう。

ただ、1店舗だけですと10年落ちということで足元を見られる可能性がありますので、必ず複数の買取り店に査定をしてもらって比較をするようにしましょう。

複数のお店から同時に査定を受けるには、ネットの一括査定サイトが手間もかからずに大変便利です。古い車でも、意外に高く評価してくれる業者があるかも知れません。

かんたん車査定ガイド
https://a-satei.com

kantansatei_300_250

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする