悪質な煽り(あおり)運転の問題についていろいろと考えてみました

後方の車が前車をあおるクルマのあおり運転が問題になっているようです。

あおり運転というのは、先行車に対して衝突の危険性があるほどに車間距離を詰めて道をゆずるように強要したり、パッシングやクラクションなどによって他のクルマを威嚇したりする行為のことを言います。

そういったあおり運転をする人の理由はさまざまです。

割り込まれたとか、道を譲ってあげたのに挨拶がないとか、走るスピードが遅すぎるなどといったことが主な理由になっているようです。

クルマに乗ると性格が豹変してしまう人が少なくないといわれていますが、車内という閉鎖された空間の中だと、思い通りにならないことに対して自分を押さえきれなくなってしまう人がいるのでしょう。

また、自分ではあおり運転をしているつもりはないのに、普段の癖で先行車との車間距離を詰めて走ってしまう人もいるようです。

そういった人の場合には、逆に先行車に乗っている人を刺激してしまって急ブレーキを踏まれたりすることもあるようです。

ここでは、あおり運転に関するさまざまな問題について考えてみたいと思います。

あおり運転は立派な違反であるということを認識すべし

あおり運転はただ単に危険であるというだけではなく、立派な道路交通法違反ということになります。

道路交通法の26条には以下のように車間距離の保持に関することが書かれています。

「第二六条 車両等は、同一の進路を進行している他の車両等の直後を進行するときは、その直前の車両等が急に停止したときにおいてもこれに追突するのを避けることができるため必要な距離を、これから保たなければならない。」

車間距離不保持による罰則は、一般道の場合だと反点数が1点で反則金が6000円(普通車の場合)となっています。

高速道路の場合だと、違反点数が2点で反則金が9000円(普通車の場合)となります。

明らかに危険を誘発するあおり運転に対する罰則としては、なんとなく軽すぎるように感じる人もいると思います。

あおり運転は違反この車間距離不保持の罰則というのは、あくまでも安全に走行するために必要な車間距離を確保しなかった人に対する罰則であり、「あおり運転」という悪意を持って危険を誘発させる運転に対する罰則ではないので、ある意味では仕方がないといえます。

つまり、あおり運転そのものを直接的に取り締まる法律はなく、便宜的に道路交通法26条の車間距離不保持を適用せざるを得ないことになっているわけです。

しかし、あおり運転によって相手を死傷させるような事故を起こしてしまった場合には、危険運転致死傷罪が適用される可能性はあります。

危険運転致死傷罪が適用されると、最大で懲役20年の罰則を受けなければならなくなりますので、ほぼ人生が終わってしまうことになります。

日頃からあおり運転を行っている人は、自分がしている行為でそうした犯罪者になる可能性があるのだということを、十分に認識してほしいものです。

追突事故を起こしてしまった場合は後ろの車両が圧倒的に不利

あおり運転をしている本人は、アドレナリンが出まくっている状態のため、自分が立場的に不利な行為をしているということを冷静に考えられないかも知れません。

しかし、あおり運転をしたあげくに事故を起こしてしまった場合、後方を走っているクルマの方が圧倒的に不利になってしまうのです。

いわゆる「おかまを掘る」という行為になりますから、基本的には100:0で後ろのクルマが悪いことになります。

ただし、車間距離を詰められたことに腹を立てた先行車が急ブレーキをかけたりして事故を誘発してしまった場合には、先行車にも過失があると判断されます。

しかし、そういった場合であっても、過失割合的には70:30で後ろのクルマが圧倒的に悪いことになってしまうのです。

そういった意味では、あおり運転をする人間というのは、「非常に頭が悪い」ということがいえるわけです。

もし先行車のドライバーが悪意を持った「賢い人」だった場合、フットブレーキを踏まずにサイドブレーキなどを使って減速して意図的に事故を起こさせてしまうこともできてしまいます。

その場合には、あおり運転をしていた後ろのクルマの過失割合が100:0となってしまい、多額の賠償金を支払わされる可能性が高くなります。

映画「男はつらいよ」にでてくる「とらやのおいちゃん」の名セリフじゃないですが、「バカだねぇ~」ということになってしまうわけです。

後方にもドライブレコーダーを設置する必要がある?

あおり運転が問題になっていることもあり、ドライブレコーダーが飛ぶように売れているようです。

もちろん、そういったドライブレコーダーを購入する人というのは、あおり運転をする人ではなく、あおり運転をされる側のドライバーです。

しかし、ドライブレコーダーというのは、クルマの前方を撮影する目的で設置するのが一般的です。

いくら前方ばかりを映しても、後方から車間距離を詰めてあおり運転をしてくる「頭の悪い人」の顔やクルマを映すことはできません。

そこで、あおり運転されたことを証拠として残すためには、後方にもドライブレコーダーを設置する必要が出てきます。

また、最近では一方向だけではなく、360度すべての状況を撮影することのできるドライブレコーダーなども登場してきていますので、そういった商品を選ぶのも有効でしょう。

ただし、360度対応のドライブレコーダーはまだ高価です。

かといって、前方と後方の2台のドライブレコーダーを設置するのも予算的に厳しいと感じる人もいることでしょう。

ステッカーそういった人の場合には、とりあえずAmazonなどで「ドライブレコーダー作動中」のステッカーを購入して後方に貼り付けておくだけでも、あおり運転に対する抑止効果にはなると思います。

リアのガラスはスモークになっているクルマがほとんどですから、実際にカメラが設置されているかどうかを後方のクルマが確認をするのは困難です。

そのため、ステッカーだけでも十分な抑止効果はあると考えていいでしょう。

あおり運転をしていると勘違いされやすい人たちの運転の特徴

ここまで、さんざん「あおり運転をする人は頭が悪い」と書かせていただきましたが、実は自分ではまったく意識していないにもかかわらず、そういった頭の悪い人と同じ運転をしてしまっている人も少なくないのです。

つまり、単なる運転の癖で車間距離を詰めて走ってしまう人です。

あおり運転との違いは、悪意があるかないかという点だけです。

ある意味では、純粋な車間距離保持違反ということになります。

こういった人の場合、自分が車間距離を詰めすぎているという認識がほとんどないので、よけいに始末が悪いわけです。

もし前方を走っている人が悪意を持った「賢い人」だった場合、そういった車間距離を詰めて走る癖のある人は「格好のカモ」にされてしまう可能性があるわけです。

なぜ車間距離を詰めて走ってしまうのかは本人に聞いてみないと分かりませんが、単純に他のクルマに割り込まれるのが嫌で車間距離をあまり開けないように走る癖がついてしまっていることも多いでしょう。

また、ドライバーによって自分が快適に感じるスピードはそれぞれことなります。

前方を走っているクルマが、自分が快適と感じるスピードよりもゆっくりと走っている場合などに、無意識に車間距離を詰めてしまったりするようです。

いずれにましても、車間距離を詰めて走ることで得をすることは何もありませんから、そういった悪い運転の癖がついてしまっている人は、意識をして修正をするようにした方がいいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする