中古車の販売価格とクルマの買取り査定額にはどれくらいの差が生じるのでしょうか?

虫眼鏡でのぞいた赤い車自分がいま乗っているクルマを下取りにだしたり売却をしたりするときに、雑誌などの中古車販売価格を参考にする人がいるようです。

そして、雑誌などに掲載されていた自分のクルマと同じ車種の中古車販売価格にくらべて、下取りや買取りの査定額が低いことに不満を持つ人もいるようです。

しかし、少し考えてみれば分かることですが、販売価格と買取り価格が同じだったら、中古車販売店はタダのボランティアということになってしまいます。

どんな商売でもそうですが、仕入れ価格と販売価格はあきらかに違います。

仕入れ価格に、お店を維持するための諸経費や利益を上乗せするのは当然のことです。

そういった当然のことを、自分がクルマを売却するときにはうっかりしてしまって、買取り価格に不満を持ってしまったりする人がなかにはいるわけです。

それでは、実際にクルマの買取り価格というのは、販売価格とくらべてどれらくらいの差が生じるものなのでしょうか?

中古車販売価格から買取り価格の目安を知るための方法

中古車雑誌に出ている販売価格をみて、それと同じ金額で買取りや下取りをしてくれると思っているような世間知らずは論外ですが、実際に雑誌に掲載されている販売価格を見て、自分のクルマの買取り額を予想することは可能なのです。

結論からいってしまうと、ざっくり中古車販売価格の7割程度が買取り価格の目安になると考えてもらえばいいと思います。

「中古車販売店は3割も儲けているのか?」などと早とちりしないでください。

確かに、買取りをした店がそのまま自分の展示場でそのクルマを売ることもありますが、多くの中古車はオークションを経由して取引をされることになります。

つまり、「元オーナー→買取り店→オークション→販売店→新しいオーナー」という流れになるわけです。

買取り店もオークション会場も販売店もボランティアではありませんから、それぞれが経費や利益を上乗せすることになります。

その結果、元オーナーが手にするお金は、新しいオーナーが購入した金額の7割程度ということになるのです。

オークション相場よりも高い買取り価格はウソなのか?

計算機と青いミニカークルマの買取り専門店による査定額は、ディーラーなどの下取り価格にくらべて高くなることが多いといわれています。

ときには驚くような値段で買取りされることもあるようです。

そういったクルマ買取り専門店のホームページなどに記載されている高額な買取り実績を見て、ウソの誇大広告だと指摘する人もいるようです。

彼らの言い分は、「オークションの相場よりも高く買取りできるはずがない」というものです。

確かに、オークションで落札される価格よりも高い値段で買取りしてしまったら、買取り店は赤字になってしまいますから、そんな値段で買取りできるはずがないという主張も分からないことはありません。

しかし、買取り専門店のなかには、自社で販売するための大きな展示場を持っているところも少なくないのです。

つまり、一般の中古車売買における流れは「元オーナー→買取り店→オークション→販売店→新しいオーナー」となりますが、自社の展示場で販売することのできる買取り店であれば「元オーナー→買取り店→新しいオーナー」と、非常にシンプルな流れになります。

流通過程にかかわる業者の数が減れば、それだけ経費を節約できますから、高く買取りすることも十分に可能になるのです。

ですから、一部の買取り専門店がオークション相場よりも高く買取りをすることは十分にあり得ますし、決してウソの実績をホームページなどに掲載しているわけではないのです。

一般のルートだと、中古車販売価格の7割程度になってしまう買取り価格ですが、自社の展示場で直販をしている買取り店であれば、販売価格の80%~85%で買取りをするのも十分に可能であり得ると考えられます。

実際の中古車販売価格と買取り価格を事例でみてみましょう

ここまで、中古車販売価格から大まかな買取査定額を知る方法を紹介してきました。

通常は中古車販売価格の7割程度が買取り価格になり、一部の自社販売をしている買取り店であれば8割以上になる可能性もあるということがお分かりになったかと思います。

ただし、これらの数字はあくまでも目安あり、実際には車種やクルマの状態によっても大きく変わったりします。

買取りしてすぐに売れてしまうような人気車種であれば、薄利でも買取りをすることがありますし、あまり人気がなく在庫リスクがある車種であれば、販売価格に対してある程度は幅を持たせた買取り価格になってしまう可能性があります。

それでは、実際にどれくらいの価格で中古車の売買が行われているのかを、グーネットやみんから買取相場といったサイトを参考にして、プリウスとアクアを事例として紹介してみたいと思います。

・プリウスの場合にはどれくらいの価格差になるのか?

ハイブリッドカーを代表するプリウスですが、中古車市場でも非常に人気の高いクルマです。

中古車販売店にしてみれば、売れなくて在庫になってしまうという心配が少ないため、安心して仕入れをすることのできる車種の1つといっていいでしょう。

2010年式で、走行距離が5万5千km~6万kmのプリウスを一括査定サイト経由で4社に査定をしてもらった結果、買取り価格が70万円になったという事例があります。

同じく2010年式で、走行距離が10万km~11万kmのプリウスが、5社に査定を依頼して最高提示額が56万円になった事例があります。

グレーのプリウスそれでは、同じ年式と走行距離のプリウスが、実際に中古車販売店でいくらくらいで売られているのか見てみましょう。

2010年式で走行距離が5万km~6万kmのプリウスをグーネットで見てみると、事故車やカスタムカーを除いた場合75万円~120万円で売られているようです。

平均すると、100万円前後がこの条件でのプリウスの中古車価格といえそうです。

先ほどの事例で、2010年式で走行距離が5万5千km~6万kmのプリウスの売却価格は70万円でしたので、販売価格のおよそ70%が買取り価格になっているということがお分かりになるかと思います。

こんどは、同じ2010年式で走行距離が10万km~11万kmのプリウスでみてみましょう。

この条件でグーネットをみてみると、事故車や一部のカスタムカーを除くと、50万円~100万円で売られているようです。

平均すると、80万円前後がこの条件のプリウスの中古車販売価格ということがいえそうです。

先ほどの、2010年式で走行距離が10万km~11万kmのプリウスの買取り事例が56万円でしたから、やはり中古車販売価格のおよそ70%が買取価格ということになります。

参考記事:プリウスの買取り相場と査定価格~5年落ちと10年落ちの事例でみる下取りとの比較

・アクアの売り値と買い値の差はどれくらいか?

プリウスの事例で、中古車価格のおよそ70%が買取価格ということがお分かりいただけたかと思いますが、1車種だけでは単純に判断できませんので、こんどは同じく人気車種であるアクアの事例でみてみましょう。

2013年式アクアのグレードSを、2017年6月に査定をしてもらったところ、提示額が65万円になったという事例があります。

走行距離は6万km~6万5千kmですので、4年落ちにしてはやや走っている印象です。

こんどは、同じ条件のアクアの中古車販売価格をみていくことにしましょう。

グーネットで検索をしてみると、2013年式で走行距離が6万km~7万kmのアクアの中古車販売価格は、事故車やカスタムカーを除くと70万円~140万円ほどとなっています。

平均すると、100万円前後の販売価格になっているようです。

先ほど紹介した同条件での買取り事例が65万円でしたので、販売価格の平均に対して65%ということになります。

この事例だと、ちょっと買取り価格が渋い感じがします。

実際この事例のオーナーは、最終的にはディーラーの提示した下取り価格の方が高かったということで、そのままディーラーに下取りにだしたようです。

買取り専門店だからといって、必ずしもディーラーの下取り価格よりも高い買取り価格が提示されるというわけではないようです。

そういった意味では、なるべくたくさんの買取り業者に査定をしてもらって比較をすることが、クルマを高く売るための秘訣であるといえそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする