クラウンからとうとう6気筒モデルが姿を消します~高級車が4気筒で本当にいいの?

クラウンとエンジンルーム日本の高級セダンの代名詞的な存在であるクラウンから、いよいよ6気筒モデルが姿を消すようです。

2018年のフルモデルチェンジをきっかけに、クラウンのエンジンは直列4気筒2Lターボと2.5Lハイブリッドのみになるようです。

クラウンといえば、6気筒のエンジンを搭載しているという点に、大きな魅力を感じているオーナーも少なくなかったと思います。

今後は、6気筒のモデルに乗りたいのであれば、クラウンの上位バージョンであるマジェスタを購入するしかなくなってしまうようです。

はたして、古くからのクラウンファンはそれで納得なのでしょうか?

昔から高級車というのは6気筒のエンジンを積んでいました

クラウンに限らず、高級車というのは6気筒のエンジンを積んでいるのが常識でした。

エンジンのフィーリングに、4気筒と6気筒ではあきらかな違いがあるからです。

もちろん、コストのかかっている複雑なメカニズムのエンジンを載せているという点も、オーナーの満足感を高めていたに違いありません。

かつては、V型6気筒エンジンを搭載していることを主張する「V6」というエンブレムを、誇らしげにつけているクルマも多かったものです。

そういう時代を生きてきた人にとっては、どんなに最先端の装備を搭載していようが、車内をすべて革張りにして高級感を演出していようが、エンジンが4気筒というだけでテンションが下がってしまうに違いありません。

ある年代より上の世代には「高級車=6気筒」「大衆車=4気筒」という、根強い先入観があるからです。

上位グレードだと500万円を超える高級車であるクラウンが、本当に4気筒でいいのでしょうか?

最近の4気筒は静粛性がアップしているから問題ない?

4気筒エンジンと6気筒エンジンたとえ4気筒エンジンであっても最近のエンジンは静粛性が向上しているし、モーターと併用するハイブリッドであれば、高級車として問題ないレベルのフィーリングを確保できると主張する人もいます。

しかし、どんなにエンジンが進化をしたとしても、ピストンが上下に動くという構造上、どうしても振動やノイズをなくすことはできません。

そういった、ピストンが上下することによって発生する振動を、理論上ゼロにすることができたのが、ストレートシックスと呼ばれる、直列6気筒エンジンでした。

実際には、理論通りに完全に振動を打ち消すことはできませんでしたが、そのスムーズなエンジンフィーリングは、直列4気筒とくらべると明らかに異質な感覚でした。

直列4気筒エンジンでは、バランサーなどによる振動対策をどれだけしても、構造的に6気筒エンジンなみのスムーズさを得ることは難しいのです。

ハイブリッド形式でモーターと組み合わせることで静粛性はアップすると思われるかも知れませんが、必ずしもそうとは限りません。

確かに一定の速度でクルージングしているときには、直列4気筒であっても6気筒であっても、静粛性にそれほど差は感じません。

また、ハイブリッドカーは停車しているときや、超低速走行にはエンジンが止まっていますので、エンジンの音が聞こえることはありません。

しかし、追い越しなどの急加速時や急な坂を上るときには、4気筒独特の耳障りなノイズが耳に入ってきます。

ハイブリッドシステムのクルマはCVTを採用しているために、加速時や登坂時などはエンジンの回転数が思った以上に上昇するという特徴があります。

クルージング時には気にならなかった4気筒のノイズも、こういったときにはどうしても耳に入ってきてしまうわけです。

2代目以降ずっと6気筒エンジンが主力だったクラウン

クラウンは初代こそ直列4気筒のみのラインナップでしたが、1962年に発売された2代目から2003年まで販売された11代目までは、一貫して直列6気筒エンジンを採用してきました。

ゼロクラウンと呼ばれる12代目からは、伝統の直列6気筒エンジンを捨ててV型6気筒が採用されることになりましたが、直列6気筒エンジンのきめ細かなフィーリングに慣れているクラウンファンは不満であったに違いありません。

同じ6気筒であっても、V型6気筒と直列6気筒をくらべたら、あきらかに直列6気筒の方が上質なフィーリングだからです。

それでも、時代の流れはボンネットをコンパクトにできる(室内を広くできる)というメリットがあるV型6気筒にシフトしていきましたので、ある意味では仕方がない部分はありました。

実際に、国産の直列6気筒を搭載したクルマは2007年にすべて姿を消しています。

V型6気筒であっても、直列4気筒にくらべるとフィーリング的にはぜんぜん上質ですから、古くからのクラウンのオーナーもある程度は満足できていたのではないかと思います。

14代目となる現行のクラウンロイヤルは、2.5LこそV型6気筒エンジンを採用していますが、3.0LのV型6気筒は廃止になり、代わりに直列4気筒とモーターによるハイブリッド方式のパワーユニットになっています。

ついに、クラウンに4気筒が採用される時代になってしまったわけです。

実際に4気筒のクラウンのフィーリングはどうなのか?

クラウンと搭載エンジンイメージ実際に、2.5L直列エンジンを搭載するハイブリッドタイプの、エンジンフィーリングはどうなのでしょうか?

ネット上のインプレッションを見ると、平坦な道路での静粛性は6気筒エンジンと遜色ないが、アクセルを踏み込んだときにはどうしても4気筒であることを意識してしまうようです。

加速をするときの「ヴォ~ン」という安っぽいエンジン音は、高級車クラウンにはふさわしくないという意見が多いようです。

とくに直列6気筒時代の「シュ~ン」といったきめ細かなエンジン音を知っている人にとっては、これが本当にクラウンかと思ってしまうレベルに違いありません。

やはり、世界に誇るトヨタの技術を持ってしても、直列4気筒エンジンで6気筒エンジンなみのフィーリングを確保するというのは難しいのでしょう。

現行のクラウンは、まだV型6気筒を選択することができます。

ロイヤルには2.5LのV6がありますし、アスリートにも2.5Lと3.5LのV6があります。

しかし、2018年に発売が予定されている次期クラウンからは、いよいよ6気筒エンジンが姿を消してしまうというのです。

確かに、軽量化や燃費といった点を考えると4気筒エンジンにメリットがあるのでしょうが、高級車であるクラウンの進むべき方向性は、本当にそれでいいのでしょうか?

6気筒エンジンは一部の富豪しか乗れなくなってしまうのか?

クラウンのエンジンがすべて直列4気筒になってしまうと、6気筒エンジンの上質なフィーリングを味わいたいという人は、上級グレードのマジェスタを買うしかなくなってしまいます。

しかし、マジェスタとなると一般の人がおいそれと手の出せる価格ではありません。

現行のクラウンロイヤルで一番安いグレードが381万円ほどですが、マジェスタとなるとベースグレードで642万円もします。

現在であれば、380万円だせば6気筒エンジンの上質フィーリングを味わうことができますが、2018年以降は640万円以上を出せる一部の富豪以外は6気筒エンジンのクラウンに乗ることができなくなってしまうわけです。

500万円以下で購入できる6気筒エンジンのクルマは、近い将来に姿を消してしまうのかもしれません。

また、11代目クラウンまで採用されていた直列6気筒エンジンを搭載しているクルマに乗りたいのであれば、BMWなどの海外のクルマに目を向けるしかありません。

2BMWの直列6気筒エンジンは、まさにシルキーシックスという名に恥じない、絹のようにきめ細かなフィーリングのエンジンです。

国産の4気筒エンジンでは、どう逆立ちしても太刀打ちできないほど高級感のある滑らかなエンジンです。

一般庶民がそういった6気筒エンジン独特の高級フィーリングを味わうことは、今後はできなくなってしまうのでしょうか?

6気筒エンジンのクルマであるというだけで、ものすごくステータス性を感じてしまうような時代が、もうすぐそこまで来ていることは間違いないようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする