廃車寸前のポンコツ車がそれなりの査定額で評価される理由

おもちゃの車にのる男の子一昔前であれば、まったく査定の対象にならずに廃車にしてそのまま解体屋に送る以外に方法がなかったようなポンコツ車が、しっかりとそれなりの価格で買取をされることが多くなっているようです。

いったいそれはなぜなのでしょうか?

実は、そういった車を海外へ輸出するルートが最近は確率されているのです。

海外における日本車の評判の高さは想像以上です。

かつては日本人がスクラップにするしかないと判断した車が、海外ではそれなりの値段で飛ぶように売れていくというのです。

海外で日本の中古車が人気の理由

日本人が思っている以上に、海外の人にとって日本車というのは優秀に感じるようです。

最近、海外で日本の中古車が大人気になっているのは、日本車は優秀だというイメージが定着しているからなのです。

壊れなくて装備がよくて燃費がいいのが日本車

まず、日本車は多少古くなったとしても、なかなか壊れません。

日本では10万kmを超えた車にはなかなか査定がつかなかったりしますが、実際は10万Km程度の走行距離であれば、まったく問題なく走れるわけです。

海外では、日本車であれば20万Km走った車であっても、問題なく売れていきます。

また、日本車は装備も非常に充実しています。

日本車であれば、当たり前のように標準装備となっているエアコンやパワーウインドウなども、海外ではオプションだったりします。

燃費もいいというのも、日本車の大きな特徴です。

燃費のいい車を作る技術に関しては、日本は世界一といっていいと思います。

普段、日本車にしか乗る機会のないわれわれは、海外の車と比較することができないので、そういった日本車の優秀さになかなか気がつかないのです。

海外の中古屋さんはボロ車ばかり並んでいます

海外の中古自動車屋さんに行ったことのある人は、そこに並んでいる車があまりにもボロ車ばかりなのでびっくりしたに違いありません。

日本であれば10万円以下の値段でもまず売れないような車が、普通の中古車としてなかなかの値段で売れていくわけです。

日本は本当に豊かな国です。

廃棄食料の問題がときどきクローズアップされますが、これは車であっても同様です。

海外であれば普通の中古車として販売することのできる車を、日本では廃車されてスクラップになっていたわけです。

それが、最近ようやく日の目を見るようになってきたということです。

年間120万台の中古車が輸出されて行きます

日本の中古車が海外に輸出された台数は、2013年のデータで128万台となっています。

たくさん並んだ車日本国内での中古車の販売台数が370万台程度であることを考えますと、ものすごい数の中古車が輸出されていることがお分かりかと思います。

日本国内における販売台数の約3分の1にあたる数の日本車が、中古車として海外に輸出されているわけです。

ニュージーランドで売られる中古車はほぼ日本車

輸出先別で見ると、1位がミャンマーの16万台、2位がロシアの12.8万台、3位がU.A.Eの11.2万台、4位がニュージーランドの11万台となっています。

ニュージーランドは人口400万人ほどの小さな国ですが、この国では年間約20万台の車が売れます。

そのうち新車と中古車の数が半々程度といわれていますので、ニュージーランドで売られている中古車のほぼすべてが日本車だということになります。

中古車の海外輸出が買取市場にあたえた影響

このように、かつて日本国内では価値のない車として廃車にされていた車が、海外で活躍の場を得たことによって、車の買取市場にも大きな変化があらわれてきました。

10年落ちで10万Kmでも普通に売れます

最近では、10年落ちで10万Kmといった条件の悪い車を買取店に持ち込んだら、意外なほど高く買い取ってもらってびっくりしたという話しをしばしば耳にするようになりました。

値が付けばラッキーくらいの気持ちで持ち込んだ車に、しっかりとした査定額が提示されたとなれば、まさに嬉しい誤算といえるでしょう。

特に、海外のバイヤーと直接ルートのあるような買取店に持ち込んだ場合は、より高価な買取価格が提示される可能性が高いといえます。

あきらめなければ必ず売れます

このように、最近の中古車市場は古い車でもしっかりと売れるというのが常識になりつつありますので、仮に買取店に持ち込んだ車がゼロ円査定であっても諦める必要はありません。

何店舗かを回っているうちに、海外輸出に強い買取店が驚くような金額を提示してくれるかもしれません。

一番いけないのは、一社だけに持ち込んでゼロ円査定をされたからといって、そのまま廃車にしてしまうことです。

忙しくて何店舗も回る時間のない人は、一括査定サイトなどを利用してみるといいでしょう。

かんたん車査定ガイド
http://a-satei.com

先にも書きましたが、海外では20万Kmほど走ったボロ車であっても、日本車であれば確実なニーズがあるのです。

まだまだ走ることが出来る車をスクラップにしてしまうような悲しいことは、出来ればしたくないものですね。

また、国内には廃車専門の買取店などもありますから、そういったところから見積もりをもらってみるのもいいでしょう。

廃車の買取り店:カーネクスト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする