オービスの仕組みの違い~レーダー式・ループコイル式・LHシステム・Hシステム

レーダー式・ループコイル式・LHシステム・Hシステムスピード違反の取り締まりには、有人方式と無人方式があります。

有人方式というのは、いわゆる「ネズミ捕り」と呼ばれる待ち伏せ形式の取り締まりや、パトカー(覆面)や白バイによって追尾する方法になります。

それに対して無人式の速度取り締まりというのは、固定した装置を使って自動で取り締まりをする形式のもので、俗に「オービス」などと呼ばれているものです。

実は、このオービスというのは、すべてのものがまったく同じ仕組みというわけではなく、レーダー式・ループコイル式・LHシステム・Hシステムの4つの種類があります。

さらに、最近では移動式のオービスもよく見かけるようになっており、その移動式オービスも、固定式・半固定式・可搬式の3つのタイプが存在するようです。

ここでは、移動式以外の4種類のオービスの仕組みの違いについて解説をしてみたいと思います。

古くからあるレーダー式のオービス

レーダー式のオービスは、古くから存在しているタイプのオービスになります。

向かって来るクルマに対してレーダー波を出して、そのレーダー波が反射して返って来るタイミングを測定することで、どれくらいの速度でクルマが走っているかを判断する仕組みになっています。

スピード違反で捕まらないために、カー用品店などで購入したレーダー探知機を取り付けているクルマをときどき見かけますが、もともとはこのレーダー波を探知するための装置だったわけです。

レーダー式のオービスは、連続してレーダー波を発するために、レーダー探知機に捕捉されやすいという点や、写真を撮影する装置がフィルム式で時代にそぐわなくなっている点などから、徐々に他のタイプのオービスに置き換えが進んでいるようです。

このレーダー式オービスの外観的な特徴は、レーダー波を出す装置が道路の上方に設置され、撮影をする装置は少し進んだ先の中央分離帯や路肩などに設置されている点にあります。

道路にセンサーを埋め込んだタイプのループコイル式

ループコイル式ループコイル式も割と古いタイプの装置で、道路に埋め込んだセンサーにより速度を計測するタイプになります。

実は、日本の自動速度取り締まり装置の元祖はまさにこのループコイル式で、このときに使用された東京航空計器製の装置の商品名が「オービスⅢ」だったことから、すべての自動速度取り締まり装置がオービスと呼ばれるようになったわけです。

ループコイル式のオービスは、アスファルトのなかに3.45メートルおきにループコイルを埋め込み、その上をクルマが通過することによるインダクタンスの変化を読み取って速度を測定する仕組になっています。

外観的には、センサーが道路に埋め込まれているために、道路の上方には何も設置されておらず、中央分離帯や路側帯などに撮影装置が設置されているのみになります。

このループコイル式オービスの場合、古いタイプのレーダー探知機では反応しませんが、最新のGPS機能付きのタイプであれば、捕捉することも可能だといわれています。

ただし、あらかじめ登録されたオービスの設置場所をGPSによって知らせてくれる仕組みのため、データを最新のものに更新していないと反応しないこともあります。

はんぺん型のアンテナが特徴のHシステム

Hシステムのオービスは、現在もっとも多く設置されているタイプになります。

基本的な原理はレーダー式と同じく、レーダー波を使って速度を測定する仕組みになっています。

レーダー式の場合はずっとレーダー波を出しっぱなしのため、レーダー探知機に捕捉されやすいという欠点がありましたが、Hシステムの場合は電波を断続的にパルス状に出すため、捕捉されにくいといわれています。

しかし、最新のレーダー探知機であれば、Hシステムのパルス波であっても感知が可能なものが多いようです。

このHシステムは、古くからのレーダー式と異なり、撮影装置がレーダー部といっしょに道路の上部に設置されています。

レーダー式オービスの場合、フィルム式の撮影装置を使っていたために、フィルム交換がしやすいように路肩や中央分離帯に装置を設置する必要がありました。

しかし、Hシステムの場合は、デジカメで撮影されたデータが通信回線を使って管理センターに伝送されるようになっていますので、あえて路肩や中央分離帯に撮影装置を設置する必要がなくなったわけです。

Hシステムの外観的な特徴としては、正方形の白いはんぺんのような形をしたアンテナにあります。

このはんぺんのような形をしたアンテナからパルス式のレーダー波を出しているわけですね。

このHシステムを使ったオービスは、装置の手前に警告用の電子掲示板が設置されており、速度超過車両に対して「スピード落とせ」という表示で1度警告をするシステムになっています。

その警告に気がつかない鈍感なドライバーや、あえて警告を無視するような悪質なドライバーを取り締まるようになっています。

ちなみに、導入初期の頃に阪神高速道路に多く設置されたことから、阪神高速の頭文字をとってHシステムと呼ばれるようになったようです。

LHシステムのオービスはループコイル式とHシステムが合体

LHシステムのオービスLHシステムのオービスは、ループコイル式とHシステムを合体させたタイプになります。

ループコイルの頭文字であるLと、HシステムのHからLHシステムと呼ばれています。

アスファルトに埋め込んだループコイルによって速度を測定する仕組みは、ループコイル式と同じですが、撮影装置が異なります。

ループコイル式の場合は、路肩や中央分離帯にフィルム式の撮影装置が設置されていましたが、LHシステムの場合は、Hシステムと同様にデジカメで撮影したデータを、通信回線を使って伝送することが可能になっています。

このLHシステムは、外観的にNシステムと見分けがつきにくいのが特徴です。

Nシステムというのは、速度取り締まりのための装置ではなく、道路を走るクルマのナンバープレートを撮影して、主に犯罪捜査のために使われる装置になります。

このNシステムとLHシステムのオービスが、見た感じでは本当によく似ているのです。

NシステムとLHシステムのオービスを見分ける方法

幹線道路などで、道路の上部に設置されているNシステムをよく見かけると思います。

ところが、LHシステムのオービスは外観がよく似ていますので「どうせNシステムだろう」などと、たかをくくって速度違反で通過したりすると、心臓が止まるほどビックリすることになりかねません。

LHシステム以外のオービスであれば、Nシステムとは明らかに外観がことなりますから、すぐに見分けがつきます。

ループコイル式のオービスの場合には、道路の上部には何も設置されておらず、路肩や中央分離帯に撮影装置が設置されているだけです。

レーダー式の場合には、レーダー波をだすための装置が道路の上部に設置されていますが、撮影装置は路肩や中央分離帯に設置されているため、Nシステムと間違うことはまずありません。

Hシステムの場合には、はんぺん型のアンテナがかなり目立ちますので、これもNシステムと容易に区別がつきます。

それに対して、LHシステムの場合には、外観的にNシステムと見分けるのは簡単ではありません。

見分けるポイントとしては、撮影装置を取り付けた架台の端に、赤色灯があるかどうかです。

この架台の端に赤色灯が設置されていれば、LHシステムのオービスということになります。

また、LHシステムによるオービスの場合には、速度違反の取り締まりが目的なので、車線の数以上にカメラが設置されていることはありません。

つまり、2車線の道路であればカメラは2台、3車線の道路であればカメラは3台です。

ところが、Nシステムの場合は、路肩を走行するクルマなども捕捉できるようになっているため、車線の数によりもカメラの台数が多くなっているのが一般的です。

カメラを設置した架台の端に赤色灯があり、道路の車線数以下のカメラの台数であれば、LHシステムによるオービスである可能性が高いといえます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする