車の一括査定サイト経由の出張査定で効率よく最高買取価格を提示させるコツ

車の査定をする男性車の一括査定サイトは、ネットから簡単に複数の買取り店に査定を依頼できるというメリットがあります。

その反面たくさんの買取り店から電話がかかってきて「うざい」と感じる人もいるようです。

確かに、5社~6社の買取り店から電話がかかってきて、それらにいちいち対応をするというのは面倒に感じるかも知れません。

しかし、車の査定には定価というものがありませんので、1社でも多くの業者に査定をしてもらった方が、競争の原理が働いて高額査定を引き出せる可能性が高くなるわけです。

「廃車にするしかない」といわれた古いクルマを複数の買取り店に査定をしてもらったら、海外への中古車輸出ルートを持つ買取り店に、想像以上の金額を提示してもらえたというケースも実際には多いようです。

また、年式が浅く質の高いクルマであれば、最安値を提示する店と最高値を提示する店の金額差が、サラリーマンの給料1ヵ月分以上になることも少なくありません。

確かに、たくさんの買取り店から電話がかかってくるのは面倒くさいと思うかも知れません。

しかし、自分で1店舗ずつ買取り店を訪問して交渉するのにくらべてはるかに労力は少ないはずですし、電話の受け答えをするだけで給料の1ヵ月分以上も得をする可能性があることを考えた場合、一括査定サイトを利用しないのは大きな機会損失であると考えるべきです。

ここでは、車の一括査定サイトを利用して、効率よく高額な買取り価格を提示させるための方法を紹介してみたいと思います。

なぜ買取り店はすぐに電話をしてくるのでしょうか?

車の一括査定サイトに、自分のクルマの情報を入力して送信ボタンを押すと、その直後から電話がかかって来ることが少なくありません。

初めて車の一括査定サイトを利用する人は、そのあまりのレスポンスの早さにびっくりするに違いありません。

業者がなぜこれほどのレスポンスで我先にと電話をかけて来るのかといえば、そこには明確な理由があるからです。

電話をする男性一括査定サイトというのは、それを利用する側は1円もお金がかかりませんが、業者側はお客様を紹介してもらうごとに手数料が発生しています。

手数料を払ってお客様を紹介してもらっているにもかかわらず、毎回のように他の業者にお客様を取られてしまったのでは死活問題になります。

そのため、どこの買取り店も何とかして自分の店にクルマを売ってもらおうと、必死に電話をしてくるわけです。

それともう1点、一括査定サイトの業者がすぐに電話をしてくる理由として、お客というのは最初に電話をしてきた業者と契約をする可能性が高いことが、統計的に分かっているからです。

一番先に電話をして、提示をした査定額が十分に納得のできるものであれば(ディーラーの下取り価格よりもかなり高査定など)、そのまま契約してしまうお客様も少なくないわけです。

このような理由から、一括査定サイトに参加をしている買取り店は、申し込み直後から我先にと電話をしてくることになるのです。

参考記事:電話攻勢に負けない一括査定サイトでしっかりと車を高く売る方法

たくさんの業者に査定をしてもらうとお断りしにくい?

たくさんの買取り店に同時に査定の依頼をすることのできる一括査定サイトですが、結局のところ車を売ることができるのは1社だけですし、その他の業者にはお断りをしなければなりません。

そのため、業者にお断りをするのが申し訳ないという理由で、一括査定サイトの利用をためらっている人も少なくないようです。

しかし、そういったことは、まったく心配する必要はないといえます。

なぜなら、一括査定サイト経由で紹介されたお客様というのは、必ず他社との競争になるということを、参加している業者は重々承知しているからです。

つまり、彼らも4~5回に1回程度しか実際の買取りは出来ないと分かったうえで、参加していることになります。

ある意味では、「お断り」には慣れっこになっているということが言えます。

これが、複数の買取り店に直接クルマを持ち込んで査定をしてもらった場合には、そうは行きません。

わざわざ店まで査定に来てくれたお客様は、自分の店に売却してくれる可能性が高いと彼らは考えます。

そのため、複数の店に持ち込んで比較をしていることを知らされると、あきらかに不快感をしめすような店もあるようです。

ところが、一括査定サイトに参加している買取り業者の場合には、「断られるのがあたり前、売ってくれればラッキー」というスタンスですから、それほどお断りに対してナーバスになる必要はないということになります。

複数同士のスケジュール調整をするのが大変?

ネット経由の一括査定サイトといえども、オンライン上で正確な買取り価格を提示できるわけではありません。

各社がもつデータベースをもとに、概算での査定額を提示することは出来ますが、そのままの金額で実際に買取りをすることはまずありません。

なぜなら、中古車というのは、1台1台コンディションが異なるからです。

同じ車種、同じ年式、同じ走行距離のクルマであっても、実際の傷み具合に大きな差がでることも少なくないのです。

車の査定というのは、基本的には減点方式ですから、実際にその車をみてマイナスになる部分を探していくという作業が必要になります。

キズや凹みの有無、車内のニオイの有無(ペット臭、タバコ臭など)、過去の修復歴など、実際のクルマをみて最終的な査定額を判断することになるのです。

カレンダーとグリーンのミニカーそのため、たとえどんなベテランの査定士であっても、ネットからの情報や電話口での情報だけで、正確な買取り価格を提示するというのは困難なわけです。

一括査定サイトに参加している買取り店は、出張査定という形でお客様の自宅まで行って実際に車を見たうえで査定をするのが一般的です。

しかし、むこうから自宅まで査定に来てくれるとはいえ、5社も6社もの買取り店に査定に来られるとなると、スケジュール調整が大変だと感じるに違いありません。

また、各業者の時間をずらして出張査定の予約をしたとしても、多少は時間が前後することもあるため、場合によっては業者同士がバッティングしてしまう可能性もあります。

一括査定サイトを利用する人にしてみれば、そういった点も大きな不安材料であるに違いありません。

しかし、先ほども書きましたように、一括査定サイトに参加している業者というのは、他の業者と競争になるといことは当然のこととして認識しているわけですから、心配にはおよびません。

実際に、出張査定の現場で業者同士がバッティングするなどというのは日常茶飯事で、お互いがそれぞれ顔見知りになっていることも多く、「あ、どうも!」などとにこやかに挨拶を交わしていたりします。

最も効率がいいのは業者を一度に呼んでしまうこと

一括査定サイトに参加をしている車の買取り業者というのは、他社と競争になっているということは承知しているわけですから、業者同士が鉢合わせになることを心配する必要はありません。

むしろ、すべての業者を同じ日時に一度に集めて、一斉に査定をしてしまうというやり方が最も効率のいいやり方といえます。

個別に査定をしてもらって、それぞれの業者と駆け引きをするというのは時間の無駄ですし、なんどもやり取りをしているうちに情が移ってしまって、お断りしにくくなってしまったりします。

そういったやり方よりも、公共事業の入札のような感じで、すべての業者にクルマを一通りみてもらったあとに、一斉に買取り希望額を名刺の裏に書いて提出してもらうという方法の方がスマートで効率的です。

業者もそういったやり方には慣れていますし、一発勝負ですから値段の交渉などで時間を無駄にすることがありませんので、お互いにメリットがあるやり方であるといえるでしょう。

その場で、どこの業者が一番高い値段を付けたかがすぐに分かりますから、みんなが納得する形で売却先を決めることができるわけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする