車の個人売買をサポートする「カーコン・マーケット」はお得か?

PCとミニカー車の個人売買は、売り手と買い手がどちらも得をすると言われています。

一般のルートで車の売買をする場合は、買取をされてから次のオーナーの手に渡るまでにさまざまな流通経路を通ることになり、その都度手数料や中間マージンが発生してしまいます。

そのため、車の買取価格と中古車の販売価格には大きな差が生じることになります。

それらの手数料や中間マージンをカットすることで、お互いに得をするのが個人売買だと言われています。

しかし、個人売買というのは、会社を経由せずにあくまで個人同士でやり取りをすることになるため、お互いにリスクが発生します。

そこで、そういった個人売買のリスクを軽減するために登場したのが「カーコン・マーケット」というサービスです。

個人売買の不安を解消するのが「カーコン・マーケット」

カーコン・マーケットというのは、車の修理で全国展開をしている「カーコンビニ倶楽部」と「オールアバウト」が共同で立ち上げたビジネスとなります。

ネットに強いオールアバウトと車に強い「カーコンビニ倶楽部」のコラボということですね。

個人売買で多い名義変更がらみのトラブル

車の売買における中間マージンをカットできる個人売買には魅力を感じつつも、見知らぬ人同士がなんの保証もなく高価な車の売買をするということに多くの人はリスクを感じてしまうものです。

確かに、個人売買ではさまざまなトラブルが発生するようです。

特に多いのが名義変更や税金がらみのトラブルです。

毎年4月1日の時点で名義が変更されていなければ、当然ながら前のオーナーに自動車税の支払い義務が生じてしまいます。

買取店などが間に入っていれば、しっかりと手続きをしてくれるはずですが、個人売買の場合は、たまたま新しいオーナーがルーズな人だったりすると、このようなトラブルに発展します。

整備不良や事故車の可能性も

また、購入した車が整備不良であったり、事故車を偽って売ってしまうような個人もいるようです。

プロの査定士であれば簡単に見抜けるようなことであっても、素人ではそう簡単には分かりません。

しかも、中古とはいっても車というのは高額商品ですから、そういったトラブルで被る被害は大きなものとなります。

そういった、個人売買のデメリットの部分を解消すべく新たに登場したサービスが「カーコン・マーケット」ということになります。

カーコン・マーケットの仕組みとメリット

それでは、実際に「カーコン・マーケット」の仕組みについて解説してみたいと思います。

これまでにない車の売買システムとなりますので、具体的にどのような仕組みになっているのか興味深いところですね。

利用は無料となっていますが実際には....

タブレットと車「カーコン・マーケット」そのものの利用は無料となっています。

しかし、ここで注意しなければならないのは、あくまでもサイトに車を登録することが無料だということです。

当たり前ですが、すべてが無料だとそもそもビジネスが成り立ちませんので、やはりマージンは発生することになります。

実際に売買が成立した時点で、販売者が「15万円+成約価格の7%」を支払うことになります。

たとえば、「カーコン・マーケット」に登録し登録した車が100万円で売れたとすると、販売者は22万円の手数料を支払わなければなりません。

売り手の実質手取り額は78万円ということになります。

これだけの手数料を払って、買取専門店に売った時よりも本当にお得になるのかどうかについては、あとで検証してみたいと思います。

kantansatei_300_250

カーコン・マーケットでの売買の流れ

「カーコン・マーケット」に登録された車が売れたら、購入者は車の出品者ではなく、「カーコン・マーケット」に代金を支払います。

その後、出品者は近くの「カーコンビニ倶楽部」に車を引き渡します。

店舗に車と車検証が引き渡されたことが確認された時点で、「カーコン・マーケット」から出品者に手数料を差し引かれた分のお金が支払われます。

車は、「カーコンビニ倶楽部」にて12ヶ月点検や消臭・除菌・洗車などを済ませた上で、購入者に納車されます。

これが「カーコン・マーケット」を利用した個人売買の大まかな流れになります。

個人売買といっても、お互いが直接やり取りをするということがありませんので、個人情報を相手に知られたり、自分の銀行口座を知られなくて済むというメリットがあります。

価格は自分で決められるが事前調査は必要

出品者は、自分の売値を自由に決められますが、ある程度相場を把握していないことにはなかなか売れないと思います。

もし、30日以内に出品した車が売れないと、再び査定を受けたうえで再出品をすることになります。

2回目の出品でも30日間売れなかった場合、3回目の査定からは別途費用がかかるシステムになっていますので、あまり欲張らない値付けをすることが大切だと思います。

一般の買取り店とくらべて本当にお得なのか?

さて、このように個人が直接やり取りをする場合にくらべて、さまざまなメリットがある「カーコン・マーケット」ですが、車を売る側の立場で考えた場合、買取店に売るよりも本当にお得なのでしょうか?

ものすごいお得感は感じられない

一般の中古車販売の場合は、買取り店→オークション→販売店という流れで流通します。

仮にあなたが買取店に100万円で車を売却したとして、買取り店、オークション、販売店がそれぞれ10万円、5万円、15万円をマージンとして計上するとした場合、この車の販売店での売値は130万円ということになります。

これに対して、「カーコン・マーケット」を利用して、この車が販売店より少し安い125万円で売れたとします。

中古車販売店から買うよりも5万円ほどお得ということになります。

一方出品者のほうはどうかと言いますと、この125万円から15万円と7%の手数料が差し引かれ、手元に入ってくるお金は101万2,500円ということになります。

印象としては、個人売買の割にはそれほどお得感がないような感じがしますね。

条件のいい車しか出品できないという事実

「カーコン・マーケット」は、意外にも出品する車のハードルが高く、売ることのできる車はある程度限られてしまいます。

たとえば、6年落ち以上の車や走行距離が6万kmを超えている車は出品できません。

これはかなり狭き門といえるでしょう。

実際、車のオークションに出品されている中古車の中で、6年落ち未満の車の割合は3割程度となっています。

逆に、10年落ち以上や10万km以上の低年式や過走行距離の車も30%ほどの割合で成約されています。

こういったことを考えてみますと、「カーコン・マーケット」に出品できる車というのは、市場に流通している中古車のなかのわずか3割程度しか対象にならないということになります。

そうなりますと、ある程度の年数を乗った車や走行距離が多めの車を高く売るには、以下のような一括査定サイトを活用して複数の業者に査定をしてもらう以外に方法はないということになります。

かんたん車査定ガイド
https://a-satei.com

kantansatei_300_250

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする