クルマを購入する前に納得のいくまで試乗するための方法とは?

車を運転する女性新車であれ中古車であれ、これから購入を予定しているクルマに実際に乗ってみたいと思う人は少なくないでしょう。

外観やカタログのデータだけからでは分からないことも多く、実際の動力性能や乗り心地などは、自分で運転をしてみて初めて納得がいくものです。

しかし、ディーラーの試乗車などでは、乗ることのできる時間が限られていますし、高速道路など自分が実際に走ってみたいところを走行することができません。

また、購入予定のクルマが中古で絶版車となっていたりする場合には、ディーラーで試乗をするということは不可能です。

かといって、中古車販売店で試乗をさせてもらうというのも、思った以上にハードルが高いのです。

理由はこちらをご覧ください⇒中古車の試乗をさせてくれない販売店があるのはなぜ?
                 
それでは、自分が買いたいと思っているクルマに、納得のいくまで試乗するにはどうすればいいのでしょか?

レンタカーを利用して納得するまで試乗する

購入したいと思っているクルマを思う存分試乗するには、無料だとなかなかハードルが高いことが分かりました。

しかし、有料であればそれが可能になります。

自分が購入を予定しているクルマを、レンタカー会社から借りて、思う存分乗り回せばいいのです。

有料とはいっても、レンタカーを借りる料金などたかが知れています。

車というのは、決して安い買い物ではありませんから、購入してしまったあとに実際に乗ったときのフィーリングが合わないとなれば、後悔する可能性が高くなります。

しかし、事前にレンタカーを使って納得のいくまで試乗することで、そういった失敗を回避できるわけです。

また、レンタカーでは旧型の車種しかないのでなないかと思う人もいるかも知れませんが、そんなことはありません。

実はレンタカー会社のクルマは2年程度で次々に買い替えをされることが多いのです。

参考記事:レンタカー落ちの中古車を購入するのはお得なのでしょうか?
         
つまり、レンタカーとして貸し出されるクルマの多くは、登録されてから2年以内の新しいクルマということになるのです。

ですから、これから新車を購入予定の人であっても、レンタカーを使って現行車種の試乗をすることも可能になるのです。

レンタカーを借りる料金はどれくらいなのか?

それでは、実際にレンタカーを借りて、思う存分クルマを試乗するにはどれくらいの費用がかかるのでしょうか?

実際のレンタル料金は車種によって大きく異なりますので、車種ごとに1日借りた場合の料金をみていくことにしましょう。

レンタル料金は、ニッポンレンタカーの料金を参考にしています。

ニッポンレンタカーの公式サイト:https://www.nipponrentacar.co.jp/
                

・軽自動車であれば1日6000円前後で借りられます

2台の軽自動車と文言まず、軽自動車をレンタルした場合の料金をみてみましょう。

人気車種である「ワゴンR」や「ムーヴ」「タント」といった車種を12時間レンタルした場合の料金は、5,940円となっています。

12時間もあれば、さまざまなシチュエーションの道路を実際に走らせることができますので、自分が購入したときのイメージを得るには十分といえるでしょう。

ただし、高速料金やガソリン代はレンタル料金とは別途で負担しなければなりませんので、その点を考慮したうえで試乗をする必要があります。

もし自分に合わないと思えば、さっさと返してしまった方がいいかも知れません。

レンタカー代は無駄になりますが、実際に購入してしまってから後悔するよりはぜんぜんいいはずです。

・人気のミニバンのレンタル料金

軽自動車の場合は、1日6,000円程度でレンタルすることが可能でしたが、ミニバンの場合はどうでしょうか?

「ステップワゴン」「ヴォクシー」「セレナ」といった2000ccクラスのミニバンの場合ですと、6時間まで15,120円、12時間まで16,200円となっています。

軽自動車にくらべるとだいぶレンタル料金があがりますが、それでもこれから車という高額商品を購入するにあたって、品定めのための必要経費だと思えば、それほど高くはないと思います。

ミニバンの場合は、実際に購入したあと家族などを同乗させる機会も多いと思いますので、試乗をするときには家族も一緒の方がいいでしょう。

そして、家族が乗ってみた感想も、購入のための参考意見としてしっかりと聞くようにするといいでしょう。

・ハイブリッドのコンパクトカーはどれくらいで借りられる?

最近、人気が急上昇中となっているハイブリッドのコンパクトカーの場合はどうでしょうか。

これまで、ハイブリッドカーに一度も乗ったことのない人は、事前に試乗をすることで、これまでの一般的なガソリン車との違いをしっかりと認識するようにした方がいいでしょう。

また、実際の燃費がカタログのデータとくらべてどれくらい違ってくるのかなどについても、まる1日かけてある程度の距離を走ることで傾向がつかめると思います。

レンタル料金は「アクア」「フィットハイブリッド」で、6時間まで8,208円、12時間まで9,288円となっています。

6時間であれば、軽自動車に2,000円強プラスのレンタル料ですから、思った以上に割安感は高いと思います。

ちなみに、コンパクトカーではありませんが、代表的なハイブリッドカーであるプリウスの場合、6時間まで9,288円、12時間まで10,368円となっています。

・メルセデス・ベンツも14,688円でレンタル可能

実際に購入するかどうかは別として、一度はベンツを運転してみたいと思っている人も少なくないと思います。

一般庶民にはそう簡単に手が出せないと思われているメルセデス・ベンツですが、Cクラスであれば、意外にも安くレンタルすることができます。

C180のアバンギャルドであれば、6時間まで14,668円、12時間まで16,848円となっています。

「ステップワゴン」や「ヴォクシー」といったミニバンのレンタル料金が6時間まで15,120円、12時間まで16,200円ですから、ほぼこれと同じ料金でベンツに乗ることができるわけです。

ただし、メルセデス・ベンツの場合、レンタルすることができる地域は限定されているようですので、事前に自分の地域でレンタル可能かどうかを電話で確認するようにしたほうがいいでしょう。

・2,800万円のフェラーリだってレンタルできます

赤いフェラーリと文言メルセデス・ベンツであっても、Cクラスであれば国産のミニバンとそれほど変わらない料金でレンタルできることが分かりました。

それでは、代表的なスーパーカーであるフェラーリはどうでしょうか?

自分で買うことは出来なくても、話のタネに一度は乗ってみたいと思っている人もいることでしょう。

高級車専門レンタカー「ネクスト・ワン」では、購入価格2,800万円の「フェラーリ・カリフォルニア」をレンタルで借りることができます。

通常料金は、3時間プランで60,500円、4時間プランで82,600円となっていますが、ときどき実施されるキャンペーンの期間中ですと、1時間あたり1万円でレンタルできるようです。

旧車のレンタルが人気になっているようです

買いたくてもなかなか買うことができないクルマは、ベンツやフェラーリといった高級車ばかりではありません。

すでに絶版となってしまった旧車は、絶対に新車では手に入りませんし、クルマによっては中古でもなかなか手に入れにくいものもあります。

実は、そういった過去の名車に乗ってみたいという人たちの間で話題になっているのが「はなぐるま」という会社が運営する「おもしろレンタカー」です。

「AE86トレノ」や「FD型RX-7」などの懐かしの名車はもとより、R34タイプのスカイラインGT-Rなどもレンタルすることができます。

ちなみに、このR34スカイライGT-Rですが、直列6気筒エンジンを積んだ最後のGT-Rということで非常に人気がたかく、15年以上も前の車であるにもかかわらず中古車市場では500万円~600万円で売買されています。

そんなマニアからしてみれば垂涎の的であるR34スカイラインGT-Rですが「おもしろレンタカー」では、6時間あたりわずか13,170円で借りることができるのです。

AT車が全盛の時代となりましたが、かつて憧れたマニュアルミッションのスポーツカーに乗ってみたいと思っている人は、ぜひこういったレンタルサービスを利用してみるといいでしょう。

おもしろレンタカー公式サイト:https://www.omoren.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする