スポーツカーが危険な車というのはウソ?~本当は一番安全です

黒色のGTRスポーツカーは危険だという人がいます。

加速性能が良く、スピードも出るのでどうしても危険だというイメージがあるのだと思います。

実際、任意保険などに加入する際も、スポーツカーは保険料が高くなることが多いようです。

保険会社は事故率をもとに保険料を算出していますから、確かにスポーツカーは事故が多いのだと思います。

しかし、「事故が多い=危険なクルマ」といった認識は間違いだと思います。

事故が多いのは、あくまでも乗る人の問題であって、スポーツカーそのものの安全性能とはまったく関係のない話です。

実は、車そのものの安全性能という点のみに絞って考えた場合、スポーツカーはファミリーセダンやミニバンなどとくらべて、圧倒的に安全性が高い車であるということがいえるのです。

非常に優れているスポーツカーの足回りやブレーキ性能

クルマそのものが安全かどうかという点を考えた場合、最初に考えなければならないのが「確実に止まることができるかどうか」という点です。

つまり、ブレーキ性能の高い車というのは、安全性が高いということが言えるわけです。

出力が高くスピードが出るスポーツカーは、当然ながらそれに見合ったブレーキ性能を備えていなければなりません。

スピードが出るのに、それを確実に止めることのできないプアーなブレーキ性能のクルマがあるとしたら、それはただのじゃじゃ馬ということになります。

車というのは、パワーが高くなればなるほど、ブレーキ性能も必然的に高くなるものなのです。

スポーツカーは、車種によってはサーキット走行などもまったく問題ないレベルのブレーキ性能を備えているものもあります。

ブレーキローターの径も大きく、キャリパーもより性能の高いものが使用されているのが一般的です。

そうした径の大きなローターや専用のキャリパーを使用することで、ただ単に効きがいいというだけではなく、耐フェード性などにも大いに優位性があることになります。

耐フェード性が高くなることで、エンジンブレーキをうまく使えない初心者などが、長い下り坂などでブレーキを多用しても、効きが悪くなりにくくなります。

そういった意味では、車体が重いにもかかわらず(クルマというのは重いほど止まりにくい)あまり性能を重視していないブレーキが取り付けられているミニバンなどの方が、よほど危険性が高いといえます。

また、ブレーキだけではなく、スポーツカーは俗に足回りと呼ばれるサスペンションや、ボディの剛性なども高められています。

足回りが貧弱なクルマに乗ると、コーナリング性能や直進安定性能が低いために、高速道路などではベテランのドライバーでもけっこう神経をすり減らしたりするものです。

足回りのしっかりとしたスポーツカーであれば、まさに路面に吸い付くような安定した走りを実現できるわけです。

また、スポーツカーは車高が低いために、背の高いミニバンなどのように横風によってハンドルを取られるといったようなことも起こりにくくなります。

ただ、スポーツカーの場合は硬めのサスペンションを利用しているために、どうしても乗り心地が悪くなってしまうのは仕方のないところです。

あくまでも確実に止まるということや、高速走行でも安定して走れるという点に着目した場合、スポーツカーほど安全なクルマはないといえるのです。

安全面においてスポーツカーが不利な点ももちろんあります

青いスポーツカーと矢印スポーツカーが、ファミリーセダンやミニバンなどにくらべてブレーキ性能や高速安定性が高く、安全なクルマであるということが理解できたかと思います。

しかし、スポーツカーが他の車種にくらべて安全面で不利な点も、実はいくつかあるのです。

まずは、車高の低さです。

車高が低いことで、高速道路などで横風の影響を受けにくいとうメリットはあるのですが、その反面前方の視界が確保しにくいというデメリットもあるわけです。

ミニバンなどの車高が高いクルマであれば、前方の交通状況を比較的把握しやすいのですが、車高の低いミニバンは、その点だけはどうしても不利になります。

最近は軽自動車も含めて車高の高いクルマが非常に多くなっていますので、車高の低いスポーツカーに乗っていると、どうしても前方の交通状況をつかみにくく、危険を予知しにくくなってしまいます。

もう1点、安全面に関してスポーツカーの不利な点は、車重の軽さです。

スポーツカーというのは、軽量ボディと高出力エンジンを組み合わせることで、高性能化を図っています。

俗にパワーウェイトレシオなどと言われ、1馬力あたりの車重が軽ければ軽いほど、加速性能などが良くなるわけです。

しかし、車重が軽いということは、いざ車同士が衝突した際には、どうしても不利になってしまいます。

たとえば、軽自動車とヘビー級のランクルが正面衝突をした場面を想像してみて下さい。

どちらのクルマのダメージが大きいかは、説明をするまでもないでしょう。

参考記事:軽自動車が普通車にくらべて危険だといわれている本当の理由は?
      
ただ、最近の傾向として、スポーツカーだからといって、単純に車重が軽いということもないようです。

たとえば、日本を代表するスポーツカーである日産のGT-Rの車重は、なんと1,730kgもあります。

これは、ヴォクシーやステップワゴンといった2000ccクラスのミニバンよりも重い車重ということになります。

ボディの剛性などを突き詰めていくと、どうしてもこれだけの重さになってしまうのでしょう。

多少ボディが重くても、GT-Rのようにエンジン出力が565馬力もあれば、無条件に速いクルマになってしまうわけですね。

ハイパワーなエンジンは安全面ではデメリット?

スピードを出して走る車スポーツカーが危険だといわれている理由の一つに、そのエンジンパワーからくるイメージがあると思います。

「スポーツカーはパワーがある=スピードが出る=危険」というイメージになるわけです。

しかし、日本国内における最高速度は、高速道路であっても100km/hに制限されており、ハイパワーなスポーツカーであっても非力な軽自動車であっても、公道を走るスピードは基本的に同じです。

走るスピードが同じであれば、ブレーキ性能や足回りの性能が高いスポーツカーの方が軽自動車にくらべて圧倒的に安全性は高くなりますので、「スポーツカーはパワーがある=スピードが出る=危険」という考えは、あきらかに間違いであるといえます。

むしろ、ハイパワーであることが、安全性につながる可能性もあるのです。

たとえば、制限速度60km/hの片側1車線の一般道で、前方のトラックが40km/hで走っていたとします。

このトラックを追い越すときに、非力なクルマだとなかなか加速せずに、全長の長いトラックを完全に抜き切るまでにはかなりの時間がかかってしまいます。

その間はずっと対向車線を走り続けることになるわけですから、ある意味では非常に危険であるといえます。

しかし、ハイパワーなスポーツカーであれば加速性が高いために、追い越しは一瞬で終わってしまいます。

結果的に対向車線を走る距離が短くて済むことになり、パワーのあるスポーツカーの方が、安全に余裕をもって追い越しができるということになります。

なぜスポーツカーは事故率が高いのか

これまで説明させていただきましたように「確実に止まる」という点や「走行性能が高い」という点から、スポーツカーはクルマのなかでもひときわ安全性が高い存在であるということは間違いのないところです。

しかし、保険会社のデータによれば、スポーツカーは事故率の高いクルマということになっています。

いったい、なぜスポーツカーは事故を起こしてしまうのでしょうか?

これは、あくまでも乗る人の問題なのだと思います。

「ハイパワー=スピードが出る」ということになると、どうしても「出してみたい」と考えてしまうのが人間の性というものです。

しかし、どれほど安全性能的に優れているスポーツカーであったとしても、公道で制限速度を無視してスピードを出せば、事故を起こしてしまう可能性が高くなるのは当然です。

また、スポーツカーというのは、どうしても若い人に好まれる傾向にあります。

そして、中高年ドライバーにくらべて、若いドライバーというのは、どうしてもスピードを上げて走りがちになります。

ましてや、アクセルをちょっと踏めば気持ちいいほどの加速性能を示すスポーツカーです。

制限速度を守って安全運転をしなさいという方が、むしろ酷なのかも知れません。

つまり、スポーツカーそのものが危険なのではなく、あくまでも乗る人の「スピードを出したくなる心理」が問題なのであり、危険につながるのだということが言えると思います。

「スポーツカーは危険」という世間の人のイメージは、当のスポーツカーにしてみれば、まったくの濡れ衣であるといってもいいのかも知れません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする