査定が終わってもその場ですぐに車を売る契約をするのはNGです!

握手を交わす
車の査定を受けて、その結果にある程度満足できたとしても、その場ですぐに契約してしまうのは損をしてしまう可能性があります。

数社の査定額を見定めてから、あらためて契約するという形を取った方が得策です。

車によっては、売却額が数十万円も違ってくることがありますので、よほど急いでいるとき以外は、あわてて車を売ることはおすすめいたしません。

まずは、ネットの一括査定サイトなどを利用して、複数の買取り店から査定額をだしてもらってからどこと契約するかを考えるようにしましょう。

かんたん車査定ガイド
https://a-satei.com

すぐに車を売るのはなぜ損をする可能性が高いのか?

車を売る契約をすぐにしてはいけない理由として、査定の結果は、業者ごと、担当者ごとに大きく変化するという事実があるからです。

人間が1台1台目視でチェックしながら査定している以上、それは仕方のないことですし、会社によってもそれぞれ方針が異なります。

利幅の大きい会社と小さな会社で比較

たとえば、ある買取り業者で査定を受けた結果、100万円で買取ると言われた車があるとします。

それがあなたにとって金額的にも十分に満足出来る額だったとしても、別の買取り業者で査定を受けると110万円や120万円で売れる可能性は十分にあるわけです。

もちろん、90万円の評価をされる可能性もありますが、その時は最初の業者に売ればいいだけのことです。

すべての買取り業者の査定が全く同じ結果になるということはあり得ないので、より高く売れる可能性があるのであれば、面倒くさがらずにいくつもの業者に見てもらうことがお得だということは理解できると思います。

また、特にこちらから高く売るため積極的なアクションをせずに出た結果と言うものは、ある程度業者のマージンが大きく乗っている価格である可能性が高いといえます。

逆にいうと、最初からベストプライスを提示してくる買取り業者はまれだと思っていいでしょう。

上記の例で言えば、100万円の評価の裏には20万円の利益が乗せられている可能性があるということです。

120万円で販売する予定の車を100万円で買取れば、差額の20万円は利益になります。

メンテナンス費用などのコストがかかる為、純粋に20万円の利益が出ると言うわけではないものの、それに近いだけの粗利を生むことができるわけです。

A社では20万円の利益を乗せることが会社の決まりであったとしても、B社では10万円の利益を確保できれば良いというスタンスで評価する場合もあるでしょう。

このA社とB社に査定をお願いした場合、単純にA社よりもB社の方が10万円高く買取してくれる可能性があるということです。

どこに高く売れるかは事前に分からない

もし、あなたが最初に査定をお願いした買取り業者が最も低い利益率を設定している会社であると事前にわかっていれば、そこと契約して売るという判断は間違いではないでしょう。

しかし、どの業者があなたの車を最も高く評価してくれるのかは、実際に査定を受けてみるまで分かりません。

他社と比較してみることで、初めて客観的な買取り相場に対する判断が出来ることになります。

このような理由から、車を最初の査定ですぐに売るのは、損をしてしまう可能性が高いといえるのです。

交渉次第で買取り価格のアップが期待できる

また、A社の20万円の利益分も、交渉しだいでは買取り価格に反映させることができる可能性があります。

どこの会社もある程度の利益を出さないといけませんので、赤字で買い取るわけにはいきませんが、利益率を多少下げるなどのことは状況によっては可能になる場合があります。

たとえば、会社が決算時期でとにかく売り上げをアップしたいときだったり、その車がどうしても欲しいといった場合には、ある程度利益率を下げてでも買取り額をアップしてくることはあり得ます。

最初に査定額を提示した段階では20万円の利益を見込んでいたとしても、交渉によって最終的に9万円の利益まで妥協してもらうことができれば、10万円の利益を見込んでいるB社よりも1万円高く売ることが出来るかも知れません。

重要なことは、どこに売るかではなく、どうやって売るかということです。

ここでポイントになってくるのは、価格交渉と競合です。

この2つを上手に組み合わせることによって、場合によっては同じ車が数十万円も高く売れることがあるのです。

まずはいくつかの買取り業者を事前にピックアップし、面倒くさがらずに根気よく車の査定をしてもらい、その結果を比較して判断することで想像以上に車を高く売ることができるのです。

その際に、他社でも査定を受けているということをさりげなくアピールすることによって、そこに「競合」が発生し、業者にベストプライスを提示させやすくなります。

そして、最終的に最高値に近い買取り額を提示した2~3社の業者と価格交渉をすることで、より高額な買取り価格を引き出すことが出来るかも知れません。

一括査定を利用することで時間と労力の節約を

パソコンを眺める女性

近年、車を高く売る方法として注目をあびている「車の一括査定申し込み」では、複数社への申し込みをネットから簡単に行うことができます。

そのため、自分で1件1件買取り業者を回るよりも、より少ない時間と労力で出来るだけ高く車を売ることの出来る業者をさがすことができます。

参考記事:車の一括査定サイト経由の出張査定で効率よく最高買取価格を提示させるコツ

申し込んだ時点で無言のアピールになる

一括査定のサイトを利用して申し込みを行うと、依頼された側の買取り業者「このサイト経由で査定を依頼されたということは、当然ながら他の業者にも依頼している」と言うことが即座にわかるわけです。

その結果、「今回の査定には競合相手がいる」ということを無言のままアピールすることができるわけです。

業者にしてみれば、競争に勝てなければサイトの利用料金が無駄になってしまうので、最初からある程度本気の見積もりを出して来る可能性が高いです。

一括査定申し込みを利用することで、時間と労力の短縮、買取り評価の向上といったメリットが期待できるわけです。

もちろん、一括申し込みで紹介された買取り業者以外にも、最高値で買取ってくれるところがある可能性はあります。

しかし、ある程度の有名な買取り業者は一括査定サイトに登録されていますし、それ以外の業者を自分で探し出すのはよほどの情報通でもなければ困難といえるでしょう。

最後の詰めでほぼ最大値の買取り額を引き出す

こうして、一括査定サイトより紹介のあった業者からの見積もりが出そろった段階で、他社の金額を引き合いに出しつつ価格交渉を行っていくことによって、自分の車をほぼ最大値に近い値段で売ることが可能になるでしょう。

車は高額商品ですから、売却するさいに今回紹介したような方法でちょっとした工夫をすることで数十万円も高く売れることがあります。

あなたが、仕事で数十万円稼ぐとしたらどれだけ大変かを想像してみて下さい。

ちょっとした手間暇を惜しんで、うっかりと安い金額で車を売ってしまうことのないように注意をしたいものですね。

いまや、車を売る際には以下のような一括査定サイトの活用は必須といえます。

かんたん車査定ガイド
https://a-satei.com

kantansatei_300_250

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする