レンタカー落ちの中古車を購入するのはお得なのでしょうか?

20台ほど車が並ぶ中古車市場には、一般の人が普通に使っていたマイカー以外に、レンタカー落ちと呼ばれるクルマが流れてくる場合があります。

文字通りレンタカーとして利用されていた車が、お役御免となって中古車として売られているわけですが、はたしてこのレンタカー落ちの中古車を普通に購入しても特に問題ないのでしょうか?

ここでは、レンタカー落ちの中古車を買うことのメリットやデメリットなどについて考えてみたいと思います。

レンタカー落ちのクルマをどうやって見分けるのか?

中古車販売店の展示場にレンタカー落ちのクルマがおいてあったとしても、外見を見ただけでは見分けがつきません。

ボディにレンタカー会社のロゴマークなどが書かれているわけではないので、見た目は普通の中古車です。

では、レンタカー落ちのクルマなのか一般の中古車なのかは、どこで見分けるのでしょうか?

まず、展示されている車のプライスボードをよく目を凝らしてみて下さい。

レンタカー落ちの中古車であれば、使用歴のところにレンタカーであったことが書かれているはずです。

これは「自動車公正取引協議会」によって義務付けられていることですから、まともな中古車販売店であれば必ず表示をしているはずです。

もし、そういった表示がなかったとしても、レンタカー落ちかどうかを見分けることは可能です。

それは、車検の有効期間を調べてみればいいのです。

一般のクルマは新車登録から3年後に初めての車検をむかえ、その後2年ごとに車検を受けることになります。

しかし、レンタカーの場合はあくまでも「営業車」となりますので、新車登録から2年後に最初の車検をむかえ、その後は毎年車検を受ける必要があります。

そのため、2年落ちのクルマなのに車検が残っていないという場合には、レンタカー落ちの可能性が高くなります。

※レンタカーとして使用しているときは営業車ですから毎年車検を受ける必要がありますが、中古車店から一般の人がマイカーとして購入した場合には、他の車と同じように2年に一度の車検で大丈夫ですので、その点は勘違いしないでください。

レンタカー落ちのクルマを買うことのメリット

OKサインをする男性イラストそれでは、レンタカー落ちのクルマを買うことで、得られるメリットについて考えてみましょう。

レンタカー落ちのクルマの一番のメリットは、なんといっても価格が安いという点があげられます。

一般の中古車のように、オートオークション経由で市場に流れてくるわけではなく、レンタカー会社から直接中古車販売業者に売却することが多いために、中間マージンの発生がなく、安く車を提供できることになります。

また、レンタカーとして不特定多数の人に使われていたとうことを嫌がる人もいるので、どうしても相場的には安くなりがちです。

レンタカー落ちのクルマのもう一つのメリットとして、車種が最新であることが多いという点があげられます。

レンタカーは通常2年ほど使われたのちに手放されることが多いので、中古車市場に流れてきた時点では2年落ちということになります。

つまり、新車から2年しか乗っていない最新の車種がレンタカー落ちとして、市場に流れてくるわけです。

このように最新車種の中古車を安い値段で買うことができるというのが、レンタカー落ち中古車の特徴といえます。

メリットだけではなく当然デメリットもあります

困った顔をする男性イラストと吹き出しもちろん、レンタカー落ちの中古車はメリットばかりではなくデメリットもあります。

やはり、一番のデメリットとしては、年式の割に走行距離がのびていることが多いという点があげられます。

レンタカーを借りる人はレジャー目的で長距離を走る人がいるので、どうしても過走行になりがちです。

レンタカーの場合、1年で2万kmから3万km走るのが一般的なので、2年落ちなのに4万km~6万kmも走行してしまっていることが多いです。

しかし、普通に中古車として考えた場合、5万kmや6万km程度の走行距離であればまったく気にする必要はないといえます。

レンタカー落ちのクルマのもう一つのデメリットとして、不特定多数の人が使用しているという点があげられます。

2年落ちの一般的な中古車であれば、多くの場合はワンオーナーカーとして、1人の人しか使用していないことになりますが、レンタカーの場合はおそらく数百人の人に利用された可能性が高いわけです。

借りる人の中には、どうせ自分の車ではないのだからといった理由で、乱暴に運転する人もいるかも知れません。

どんな人がどんな乗り方をしていたかが分からないという意味においては、レンタカー落ちのクルマにはあまり乗りたくないと考える人も少なくはないようです。

さらにもう一点、レンタカー落ちのクルマのデメリットとして、メーカー保証の対象外であるという点があげられます。

最近の国産車は非常に壊れにくくなっていますので、10万km程度までであれば故障するということは滅多にありませんが、それでもメーカー保証が受けられないという点を不安に感じる人にとっては大きなデメリットになるかも知れません。

レンタカー落ちはしっかりメンテナンスされている?

<img src=” width=”300″ height=”204″ class=”alignleft size-medium wp-image-1963″ />レンタカー落ちのクルマはしっかりとメンテナンスをされていることが多いので、あまりメンテナンスをしない一般の人が使っていた車よりも、むしろ安心して購入できるという人もいます。

しかし、それは必ずしも真実ではないと思います。

実際にあるレンタカーチェーン店に勤務していた人の話だと、そのお店で扱っているレンタカーは新車で購入してから売却するまでの2年間に一度もオイル交換をすることはなく、オイルが不足したときだけ補充をしていたそうです。

実際、いまの国産車であれば5万km程度であればオイル交換をまったくしなくても、まず壊れることはないと思います。

参考記事:もしオイル交換をしなかったら本当にクルマは壊れるのか?
       
実際にそのレンタカー店でも、オイル交換をしないことが原因でエンジンが壊れたことは一度もないそうです。

しかし、そうは言っても、2年間にわたって5万km程度の距離を走るまで一度もオイル交換をせずに利用されていた車を、あえて買うというのはちょっと勇気がいるかも知れません。

すべてのレンタカー店がそういった方針で車を維持管理しているとは限りませんが、そういったレンタカー店もあるというのは事実のようです。

そのような点を考えてみた場合、レンタカー落ちのクルマはメンテナンスが行き届いているから安心して購入できるという考え方は、必ずしも正しいとはいえないわけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする