ハイブリッド車のバッテリーはどのくらいの寿命があるのだろうか?

プリウス後部とエンジンバッテリーシステム最近は、燃費のいいハイブリッド車が人気になっています。

車を維持するうえで大きなウエイトをしめる燃料費を大幅に節約できるというのは、大きなメリットです。

しかし、ハイブリッド車でひとつだけ引っかかることがあります。

それは、駆動用バッテリーの寿命です。

最近の国産車のエンジンは、耐久性が非常に向上しており、20万kmや30万kmは普通に走れてしまいます。

参考:タクシー専門の買取り店では走行距離50万kmでも買取りが可能!?
  
しかし、エンジンの耐久性が十分であったとしても、バッテリーがすぐにダメになってしまったのでは意味がありません。

実際に、ハイブリッド車の駆動用バッテリーの寿命はどれくらいなのでしょうか?

スマホのバッテリーよりも性能が低いものが使われている

バッテリーというとスマホなどの携帯電話を思い浮かべる人も多いと思いますが、携帯電話の場合には2~3年でバッテリーがダメになってしまうことも少なくありません。

最近のスマホにはリチウムイオン電池というものが使われていますが、この電池は約500回の充電と放電を繰り返すと、新品時の50%~70%にまで能力が落ちてしまうといわれています。

500回ということは、毎日充電をしていた場合には2年弱でその数字に達するわけです。

このように、スマホなどに使われているバッテリーの寿命が意外に早いということを私たちは経験的に知っているため「ハイブリッド車」の駆動用バッテリーは大丈夫なの?」といった素朴な疑問を抱くわけです。

しかも、ハイブリッド車に主に使われている駆動用バッテリーは、ニッケル水素充電池と呼ばれるもので、リチウムイオン電池にくらべて性能的に劣るものです。

今後のハイブリッド車には、徐々にスマホと同じリチウムイオン電池が採用されていくものと思われますが、値段的に高価だったこともあり、これまでは安価なニッケル水素電池が主に使われていたわけです。

2~3年しかもたないスマホのバッテリーよりも性能の低いバッテリーが使われていたということになれば、ますますハイブリッド車の電池寿命が心配になるところです。

メーカー保証は5年あるいは走行距離10万km

プリウスとバッテリーのイラストこれまでハイブリッド車に主に使われてきたニッケル水素電池も、リチウムイオン電池と同様に、約500回の充放電が寿命の目安といわれています。

実際にハイブリッド車に乗ったことのある人は分かると思いますが、走行中は小まめに充放電を繰り返しており、500回などという回数はあっという間に超えてしまいます。

しかし、現実的にはハイブリッド車の駆動用バッテリーがすぐに使えなくなってしまったなどと言う話は、まず耳にすることがありません。

実際に、代表的なハイブリッド車であるプリウスの場合、駆動用バッテリーのメーカー保証は「新車登録から5年以内、もしくは走行距離が10万km」となっています。

すぐに使えなくなるどころか、天下のトヨタ自動車が5年間あるいは10万kmまではまず大丈夫と保証してくれているわけです。

メーカー保証というのはかなり余裕を持たせていることが多いので、実際にはその2倍程度の10年あるいは20万km程度はほぼ問題なく使えるものと考えられます。

なぜスマホのバッテリーよりも圧倒的に長持ちするのか?

ハイブリッド車の駆動用バッテリーは、スマホよりも性能の低いものを利用しているにもかかわらず、なぜ圧倒的に長持ちするのでしょうか?

実は、ハイブリッド車はバッテリーが長持ちするように、充放電をコンピュータ制御しているのです。

バッテリーの充電率をつねに30%~40%の範囲に納まるように常にコントロールをしているわけです。

バッテリーには「メモリー効果」というものがあり、完全に放電するまえに充電を繰り返すと、見かけ上の使用可能容量が徐々に減少していってしまいます。

とくにニッケル水素電池のメモリー効果は顕著で、ガラケー時代に「バッテリーは使い切ってから受電したほうがいい」といわれていたのを記憶している人も多いことでしょう。

短時間になんども充放電を繰り返すハイブリッド車の場合、むしろメモリー効果によってバッテリーの寿命が短くなるような気がしますが、どうやらそうではないようです。

30%~40%という狭い範囲での充放電を繰り返すことで、むしろメモリー効果は起きにくくなるのだそうです。

また、ニッケル水素電池は充電時に60度C以上まで温度が上昇しますが、それを繰り返すことでどうしても劣化をしてしまいますので、ハイブリッド車の場合には、冷却ファンを設置して電池の温度が45度C以上に上昇しないような工夫をしています。

このように、ハイブリッド車の駆動用バッテリーは高度な制御をすることによって、スマホなどとはくらべものにならないほどの長寿命を可能にしているわけです。

参考記事:サルでも分かるハイブリッド車の燃費がよくなる仕組み

実際にはどれくらいの距離を走ることができるのか?

地図の上に乗っている白色のミニカーハイブリッド車の駆動用バッテリーに関しては、新車登録から5年以内あるいは走行距離10万kmがメーカー保証となっていますが、実際にはどれくらい走ることができるのでしょうか?

3代目プリウスの駆動用バッテリーを交換したことのある人の、交換時の実際の走行距離を見てみますと、18万km~25万kmの範囲であることが多いようです。

ハイブリッドカーのパイオニアともいうべき初代プリウスの場合には、当時のバッテリーの性能が低かったことやコンピュータ制御が未熟だったこともあり、7万km~10万kmで交換するケースも多かったようです。

しかし、最近のハイブリッドカーに関しては、メーカー保証の2倍程度である20万kmというのが、実質的な駆動用バッテリーの寿命と考えていいと思います。

実際に、走行距離が20万kmを超えるまで車に乗り続けるという人は少ないと思いますので、そういった意味ではほぼ車の寿命程度まではハイブリッド車の駆動用バッテリーの交換は必要ないということがいえそうです。

バッテリーの交換費用はどれくらい?

ちなみに、もし駆動用のバッテリー交換が必要になった場合は、どれくらいの費用がかかるのでしょうか?

実際にハイブリッド車の駆動用バッテリーを交換したことのある人自体がそれほど存在しないために、さまざまな噂が流れていたりします。

初代プリウスのバッテリー交換費用がおよそ70万円と高額だったために、いまでもハイブリッド車のバッテリー交換には多額の費用がかかると思い込んでいる人が多いようです。

しかし、当時にくらべてバッテリーの値段は大きく下がっており、あの頃のように驚くような金額にはなりません。

3代目プリウスの場合、駆動用バッテリー交換の費用は、工賃込み17万円程度で済むようです。

もちろん、その17万円という出費も、基本的には20万km以上を走行した人だけが対象になると考えられますから、一般的な走行距離しか走らない人にとってはあまり気にする必要はないといえそうです。

かんたん車査定ガイド
https://a-satei.com

kantansatei_300_250

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする