前の晩に飲み過ぎると翌朝に酒気帯び運転で捕まる可能性があります

職務質問している警察飲酒運転を絶対にやってはいけないということは、ドライバーならば誰でも認識していることと思います。

「飲んだら乗るな」は、まさにドライバーとしての常識といえるのですが、多くの人は「飲んだ直後には乗るな」という意味で解釈をしているようです。

しかし、実際には深酒をした翌朝に、酒気帯び運転で捕まるという可能性も決して少なくないのです。

いったいアルコールは体内にどれくらいの時間残り続けるのでしょうか?

知らぬ間に酒気帯び運転をしている可能性

電車通勤があたり前の都市部であれば、翌朝のことなど何も考えることなく、仕事帰りに思いっきり飲酒をするということも可能でしょう。

翌日、二日酔いで仕事が手につかなかったとしても、せいぜい上司に怒られる程度で、法律に違反するということは基本的にありません。

しかし、車での通勤があたり前の地方では、話はそう簡単ではありません。

どんなに前の日に深酒をして、頭がボーっとした状態であっても、自分で車を運転して会社まで行ってしまう人が多いと思います。

地方に住んでいる人であれば、何度となくそういった経験を実際にされていると思います。

しかし、そのことが立派な道路交通法違反だという認識をしている人は、非常に少ないと思われます。

「一晩寝たんだから、アルコールは抜けているだろう」

多くの人はそう思って、深酒をした翌日も当然のごとく車のハンドルを握って職場に向かうことになるわけです。

大量に摂取したアルコールはそう簡単に体内から抜けるものではないのですが、それを認識している人は少数派といえるでしょう。

実際には酒気帯び運転という重大な道路交通法違反を犯しているにもかかわらず、そのことにまったく気がついていないわけです。

もし通勤の途中で交通事故などを起こした場合、酒気帯び運転ということになれば免許は一発取り消しになりますし、職場によっては懲戒解雇となる可能性もあります。

たかが前の晩の深酒が原因で人生を棒に振らないためにも、翌朝に酒気帯び運転をしてしまう可能性についてしっかりと認識をしておくことが大切です。

どれくらいの時間がたてばアルコールが抜ける?

酔っ払いの男性のイラストどんなに飲んでも一晩ぐっすりと眠れば、翌朝にはアルコールなんてほとんど抜けているだろうと思っている人も多いに違いありません。

だから、自分が大変なリスクをおかしているという認識なしに、平気で車のハンドル握って職場に向かってしまうわけです。

それでは、お酒を飲んでからアルコールが体から抜けるまで、どれくらいの時間がかかるのでしょうか?

個人差はありますが、体重60kgの成人男性がビール中びん1本あるいは日本酒1合を飲んだときに、アルコールが体内から完全に消えるまでに3時間~4時間かかるそうです。

これが、ビール2本あるいは日本酒2合の場合だと、6時間~7時間、ビール3本あるいは日本酒3合だと9時間~10時間かかるといわれています。

宴会などがあれば、ビール3本程度は普通に飲んでしまう人は多いことでしょう。

その程度の量であっても、完全にアルコールが抜けきるまでには9時間~10時間かかるわけです。

つい調子に乗って、5本、6本と飲んでしまった日の翌朝などには、かなりの量のアルコールが体内に残っていることが想定されます。

長野県の中学校の教員が飲酒をした翌朝に、財布の紛失届を出しに交番を訪問した際に、酒気帯び運転で検挙されたという例があります。

この教員の方は飲酒後に6時間半の睡眠をとっており、体内からアルコールは抜けているとの認識でいたようです。

しかし、実際に交番で測定したアルコールの濃度は0.3mgもあったといいます。

体内に0.15mg以上のアルコールが残っている状態で運転をすれば、酒気帯び運転ということになってしまいます.

前の晩にどれだけのアルコールを摂取したかは不明ですが、財布を失くしても翌日まで気がつかないほどなので、かなりの量を飲んでいたと思われます。

それにしても、6時間半もの睡眠をとったあとにもかかわらず、酒気帯びに該当する量の2倍ものアルコールが体内に残っていたというのは驚きです。

一歩間違えば、酒気帯び運転どころか「酒酔い運転」で検挙されてもおかしくないほどのアルコール濃度です。

宴会などで、普段よりも多めに飲酒をした翌日の朝には、体内にはほぼ間違いなくアルコールが残っているという認識でいた方がいいでしょう。

ちなみにこの教員の方は懲戒免職になりましたが、その後の裁判で「飲酒運転は故意ではなかった」と判断され、懲戒免職が取り消されて職場に復帰しているようです。

いずれにしても、深酒をした翌日の車の運転には、一歩間違うと人生を棒に振る可能性があるということを認識しておくべきでしょう。

運転代行が翌朝の酒気帯び運転を増やした?

運転代行の車車が日常の足となっている地方では、車に乗って飲食店に行き、お酒を飲んだあとに「運転代行」を呼んで帰宅するというのが常識になっています。

都会のように、電車に乗って帰宅するということができませんので、これはこれで仕方のないことです。

運転代行が登場する前には、タクシーで帰宅するのが常識でしたが、運転代行の登場によってタクシーの利用者はめっきり減ってしまったようです。

実はこの運転代行が普及したことが、飲酒をした翌日の酒気帯び運転を増やしてしまった可能性があるのです。

たとえば、職場の近くで飲酒をして帰宅する場合、車を職場の駐車場においたままタクシーで帰宅すれば、翌朝はタクシーに乗って出勤しなくてはなりませんから、酒気帯び運転をしてしまう可能性はありません。

どれほど深酒をしたとしても、翌日の仕事が終わってマイカーで帰宅するころには、体内のアルコールはほとんど抜けていると思われるからです。

ところが運転代行を使った場合には、自宅までマイカーを運んでくれますから、必然的に翌朝はその車に乗って出勤をすることになってしまうわけです。

タクシーと比較した場合、料金が片道分で済むということから運転代行が人気になったわけですが、その結果として翌朝に酒気帯び運転をする人を増やしてしまっているとすれば、なんとも皮肉なことであるといえそうです。

飲酒運転や酒気帯び運転による厳しい罰則

一万円札の上に乗るパトカーのおもちゃ飲酒運転の罰則は非常に厳しいものです。

たとえ自分ではアルコールが抜けていると思っていても、アルコール濃度が基準値をこえていれば、検挙されることになります。

自分がどう思ったかではなく、測定してあらわれる数字がすべてなのです。

呼気のアルコール濃度が0.15mg~0.25mgの範囲にある場合には、3年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられることになります。

さらに、違反点数が13点で一発免停となります。

アルコール濃度が0.25mg以上の場合も罰則としては同じですが、違反点数が25点となり、こちらは一発取り消しで免許証を失うことになります。

さらに、酒酔い運転ということになりますと、5年以下の懲役または100万円以下の罰金という刑罰に加えて、違反点数は35点となります。

ちなにみ「酒酔い運転」の場合には、アルコール濃度に関係なく「酒に酔った状態で正常な運転ができないおそれがあるとき」となっています。

実際に歩かせて見せて、ふらついていないかどうかなどで判断するようです。

さらに、酒酔い運転であれ酒気帯び運転であれ、これらの道路交通法にもとづく罰則に加えて、職場での処分も待っていることになります。

くれぐれも、深酒をした翌日の車の運転には注意をしたいものです。

最近では、市販のアルコールチェッカーなども売られていますので、前の晩に少し飲みすぎたかなと思ったときには、そういったグッズを使ってセルフチェックをしたうえで、車を運転すべきかどうかを判断するようにするといいでしょう。

市販のアルコールチェッカーは精度が問題だと指摘する人もいますが、最近では精度の高いものも出てきており、ある程度の目安にはなると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする