もしオイル交換をしなかったら本当にクルマは壊れるのか?

エンジンオイルを入れる車のエンジンオイルは、5000kmごと、あるいは6か月ごとに交換すべきであると思っているドライバーは少なくないでしょう。

実際にディーラーなどが行う6か月ごとの定期点検でもオイル交換が行われていますし、カー用品店などでも、6か月ごとか5000km走行でのオイル交換を進められることが多いと思います。

しかし、本当にクルマのエンジンは6か月ごとや5000kmごとにオイル交換をしないと壊れてしまうのでしょうか?

メーカーの推奨期間は1年ごとになっています

ディーラーで新車を買ったときに、メンテナンスパックなるものに入ることを勧められます。

メンテナンスパックに入ると、次の車検までの3年間にわたって6か月ごとの定期点検をお得に受けることができるというわけです。

そして、そのメンテナンスパックの内容を見てみると、半年ごとにオイル交換の項目が入っています。

メーカーの販売窓口であるディーラーがメンテナンスとして行っていることですから、このことに対しては誰も疑問を抱かずにすべてお任せしてしまっていると思います。

しかし、メーカーによって書かれた車の取扱い説明書を、いま一度よく読んでみて下さい。

ほとんどの人は、車の取扱い説明書なんてグローブボックスに入れっぱなしで、まず見ることはないかと思いますが、せっかくの機会なので一度目を通してみることをお勧めします。

そこには、しっかりとオイル交換の推奨時期も書かれています。

メーカーごとに推奨の交換時期や距離数はことなると思いますが、トヨタの場合ですと普通のガソリン車であれば15,000kmまたは1年ごとになっているはずです。

参考:トヨタ車のオイル交換時期
    
つまり、メーカーは15,000kmごとのオイル交換であっても、まったく問題ないと太鼓判を押しているわけです。

もちろん、メーカーの交換推奨時期というのはかなり余裕を持って計算されているはずなので、実際にはそれ以上の走行距離や期間であっても問題が起こることはまずないはずです。

もちろん、メーカー推奨時期を守らないと保証の対象外になる可能性があるので、保証期間内はメーカーの推奨交換時期をしっかりと守った方がいいと思いますが、少なくともディーラーやカー用品店の推奨交換時期は無視してもいいことになります。

なぜディーラーやカー用品店の交換時期は短いのか?

オイル状態を確認する男性車を実際に作ったメーカーが15,000kmまたは1年ごとでいいといっているのに、なぜディーラーやカー用品店では頑なに5,000kmまたは半年ごとの交換をすすめてくるのでしょうか?

理由は簡単です。

なるべく短い期間でたくさんオイル交換をしてもらった方が、儲かるからです。

1年に1度のオイル交換よりも、半年に一度交換してもらった方が、単純に2倍儲かることになるわけです。

カー用品店は、商売的に少しでもたくさんのオイルを売りたいはずなので、なるべく短い期間での交換を推奨することは理解できますが、それではメーカーの販売窓口ともいうべきディーラーまでもが5000kmや半年ごとでの交換を推奨しているのでしょうか?

実はこちらも理由は同じで、儲かるからなんです。

もちろん、ディーラーの本業は新車を売ることですが、それだけで利益を出しているわけではありません。

ディーラーにとっては、アフターメンテナンスも非常においしいビジネスなのです。

そのため、新車を購入したひとに「メンテナンスパック」などを積極的にすすめて、アフターメンテナンスの囲い込みをしようとするわけです。

最近ではセルフのガソリンスタンドが多くなっていますが、店員さんにガソリンを入れてもらっていた時代には、サービスと称してエンジンオイルの点検などをしてくれていたりしましたが、これも「あわよくばエンジンオイルの交換で儲けたい」という思いがあったからです。

最近の欧州車のメーカー推奨交換時期は30,000kmごと

精度の高い現代の日本車のエンジンが、わずか5000km程度でオイル交換をしなければ壊れるということは絶対にないはずなのですが、長年のあいだディーラーやカー用品店、ガソリンスタンドなどに洗脳され続けた交換時というのは、そう簡単には頭から抜けきれないのだと思います。

その結果、いまも多くの人がディーラーやカー用品店に勧められるままに、せっせと半年ごとにエンジンオイルを交換しているわけです。

メーカーが絶対に大丈夫だと保証をしてくれている推奨期間のわずか半分の期間で、まだまだ使えるオイルをどんどん捨ててしまっているわけですから、ある意味では地球環境的にも大問題といえるでしょう。

車とオイルのイラストちなみに、最近のベンツやBMWなどの欧州車は、メーカーのオイル交換推奨時期が30,000km程度となっているようです。

つまり、国産車のメーカー推奨期間の2倍です。

もちろん、国産車のエンジンの耐久性がベンツやBMWにくらべて著しく劣っているなどということは絶対にありません。

実際には、国産車であっても30,000km程度はオイル交換などしなくても、エンジンが壊れることはないのです。

もちろん、国産車の場合はメーカー保証が受けられなくなる可能性があるので、一応メーカーの推奨期間を守ることをおすすしますが、オイル交換の時期をあまり神経質に考える必要はないといえます。

実際に、あるレンタカー会社などでは、2年1度のタイミングでしかオイル交換はしておらず、オイルが不足したら補充するのみで4万km程度は走っているようですが、それが原因でエンジンが壊れたことは一度もないそうです。

もしオイル交換をしないで走り続けたらどうなる?

ディーラーやカー用品店に勧められるままに、短期間にオイル交換をする必要はないということはご理解いただけたかと思いますが、それでは新車で購入してからまったくオイル交換をせずに走り続けたらどうなるのでしょうか?

あくまでも推測ですが、10万km程度までは壊れることなく普通に走ってしまうのではないかと思われます。

実際に自分の車で実験をする勇気のある人はいないと思いますが、新車で購入してから10年近く一度もオイル交換をしたことがないというツワモノも実際に存在しますし、車も壊れることなく普通に走っているようです。

私たちが思っている以上に、車のエンジンというのはノーメンテナンスでも壊れないのかも知れません。

ちなみに、海外の話ですが、新車で購入してから13万kmを走破するまでオイル交換を一切しなかった車が話題になっています。

アウディのTTという車種ですが、3200ccのV型6気筒エンジンはまったく壊れる様子はなかったようです。

しかし、その車のエンジンを分解してみると、びっくり!

エンジンにこびりついたオイル真っ黒なスラッジがシリンダーヘッドのカムシャフトなどに気持ち悪いほどこびりついています。

左記がその内部の写真です。

問題なく走っていたとはいえ、さすがにこのエンジン内部を見るとゾッとしますね。

エンジンオイルをまったく交換しなくても、壊れずに13万kmもの距離を走ることができるというのはまぎれもない事実のようですが、良い子の皆さんはマネをしない方がよさそうです。

この事例はあまりにも極端ですが、いずれにしても車のエンジンはオイル交換をしなくてもそう簡単に壊れるものではないということは事実のようですので、ディーラーやカー用品店のいいなりになって、まだまだ使えるきれいなオイルを捨ててしまうというのは一考したほうがいいかも知れません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする