ハイオク仕様の車にレギュラーガソリンを入れて走ったらダメなの?

給油する車にはハイオク仕様とレギュラー仕様があるのは、ご存知の通りです。

ハイオクガソリンはレギュラーガソリンにくらべて10円程度高いことが多く、満タンにすると300円~500円程度の料金差が発生します。

ハイオク仕様の車に乗っている人は、給油のたびに次のような疑問が頭に浮かぶと思います。

「これ、レギュラーでもいけるんじゃね?」

はたして、本当にハイオク仕様の車にレギュラーガソリンを入れても問題ないのでしょうか?

そもそもなぜ2種類のガソリンが必要なのか

そもそもガソリンの種類が2種類あるために、ハイオク仕様に乗っている人は損をした気分になってしまうわけです。

なぜ、すべてのガソリンを1種類に統一できないのでしょうか?

実はガソリンが2種類ある理由は、エンジンの高性能化が原因なのです。

ガソリンエンジンというのは、ピストンで圧縮した空気とガソリンの混合気にプラグで着火をして、爆発させています。

このとき、混合気の圧縮比を高くすればするほど、パワーが出やすくなります。

それならば、どんどん圧縮比をあげて行けば高出力のエンジンが簡単に作れると思うでしょうが、そう単純にはいかないのです。

圧縮比をあげると、ノッキングの問題が発生してしまうのです。

ノッキングというのは混合気の自然発火によって起こる現象で、圧縮された混合気がプラグで着火をする前に勝手に爆発をしてしまうことによって起こります。

ディーゼルエンジンの「カラカラカラ」という音を聞いたことがあると思いますが、あの「カラカラカラ」という音がまさにノッキングを起こしている音なのです。

ディーゼルエンジンにはプラグがなく、高圧縮比によって自然着火させる仕組みになっているので、ノッキング音がするのは当然のことです。

エンジンの圧縮比をあげることで高出力を得やすくなるのですが、その結果としてノッキングが発生しやすくなるという問題が生じるわけです。

ノッキングを起こすことでエンジンに悪い影響が出るために(ディーゼルエンジンはノッキングを起こすことが前提になっているので問題ありません)、圧縮比を高くしたエンジン用にノッキングが起こりにくいオクタン価の高いガソリンがハイオクとして提供されているわけです。

つまり、高性能なエンジンがノッキングを起こさないために、ハイオクガソリンというレギュラーとは別の種類のガソリンが必要だということになります。

ハイオク仕様の車にレギュラーガソリンを入れたら?

ガソリンを入れるそれでは、本来であればハイオクガソリンが必要な圧縮比の高いエンジンに、レギュラーガソリンを入れたらどうなるのでしょうか?

これまでの説明でお分かりの通り、圧縮比の高いエンジンにレギュラーガソリンを入れるとノッキングが発生しやすくなります。

ノッキングが発生することで、パワーが出にくくなりますし、エンジンにも悪い影響がでるといわれています。

しかし、最近のエンジンはかなり優秀で、ノッキングセンサーなどにより以前ほどノッキングが起こりにくいような仕組みになっています。

そのため、多少のパワーダウンを気にしなければ、ハイオク仕様の車にレギュラーを入れて走っていてもそれほど問題はないと主張する人もいます。

実際に、ハイオク仕様の車にレギュラーガソリンを入れて何年間も問題なく走っている人は少なからずいますし、そのことでエンジンが壊れたという話も聞きません。

ですから、多少パワーがダウンする点さえ気にしなければ、レギュラーガソリンを日常的に使ってもそれほど問題はないといえるのかも知れません。

ただし、ハイオク仕様の車にレギュラーガソリンを使っていると、エンジンの故障が起こったときにメーカー保証が受けられなくなりますので、その点だけは注意が必要です。

どうしても、ハイオク仕様の車にレギュラーガソリンを入れて走りたいという方は、自己責任でお願いします。

レギュラー仕様にハイオクを入れたらパワーアップするか?

3種の給油ポンプ
ハイオクガソリンは、レギュラーにくらべて1リットルあたり10円ほど高いので、レギュラー仕様の車にハイオクを入れたらなんだかパワーが出そうなイメージを持っている人もいるかも知れません。

もし、レギュラー仕様の車に、奮発してハイオクガソリンを入れた場合はどうなるのでしょうか?

結論からいってしまうと、普通にレギュラーガソリンを入れて走った場合と、何ら変わりはないということになります。

エンジンが故障するということもない代わりに、パワーがアップするということもありません。

先ほども書きましたように、ハイオクとレギュラーの違いはオクタン価にあります。

レギュラーガソリンのオクタン価が90~91程度なのに対して、ハイオクのオクタン価は98~100となります。

オクタン価が高いことによって得られる効果というのは、あくまでも引火点が高くなることで自然着火しにくくなるということです。

そのため、ハイオクは高いガソリンだからといってパワーが出やすくなるということは、考えられません。

ただ、ハイオクを使うとわずかながら燃焼カロリーが多くなるといわれており、その結果として燃費が多少はよくなる可能性もありますが、1リットル当たり10円の価格差をカバーできるだけの燃費向上が期待できるかどうかは疑問です。

また、ハイオクガソリンには、エンジンのカーボンなどを除去する効果のある添加剤などが含まれています。

エンジンのクリーンナップ効果を期待するというのであれば、レギュラー仕様の車にハイオクを使用してみるのもいいかも知れませんが、コスト的にはカー用品店などで別途添加剤を購入して入れた方が安上がりかも知れません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする