首都高速の制限速度は一般道と同じだということをご存知ですか?

運転席から見えるレインボーブリッジ一般道での制限速度は60km/hで、高速道路の制限速度は100km/hであると、車の運転免許を持っている人であれば、誰でもそう思っていることでしょう。

しかし、俗に首都高と呼ばれる「首都高速道路」は、一般道と同じ60km/hなのになぜか名称は「高速道路」です。

環状線にいたっては、一般道よりもさらに厳しい50km/hが制限速度となっています。

これでは、信号機のないただの一般道ということになり、そもそもなぜ「高速道路」と呼ばれているのか納得できない人もいることでしょう。

首都高速というのは、本当は高速道路ではない!?

そもそも高速道路というのは「国土開発幹線自動車道」と、高速自動車国道法で定められた路線のことをいい、正式には「高速自動車国道」と呼ばれます。

そのため、首都高速は「高速道路」という名称にはなっていますが、正式には「自動車専用道路」ということになるのです。

首都高速は、いわゆる高速自動車国道ではないということになりますので、制限速度が一般道と同じ60kmであってもなんら不思議ではないことになります。

しかし、高速道路ではないと言っても、環状線にいたっては一般道よりも低い50km/hに制限されています。

自動車専用道路ですから、自転車や歩行者がいるわけでもなく、一般道でもっとも事故の危険性が高いといわれている交差点もありません。

普通に考えると、一般道にくらべてはるかに交通事故のリスクは少ないと思われるのに、50kmに制限されているというのは理解に苦しむ人も多いことでしょう。

確かに環状線の場合は合流車線の距離が短く、制限速度を上げてしまうと合流が難しくなるという問題はあるかも知れません。

また、首都高速の合流車線の特徴として、「高速自動車国道」とは違って右側から合流するパターンもあり、それだけ危険性が高いと考えているのでしょう。

また、首都高速にはくねくねとしたカーブが多いのも特徴ですし、カーブの先が急に渋滞になっていたりすることもあります。

そういった点を総合的に考えて、環状線の制限速度は50km/hになっているのだと思います。

首都高環状線を50kmで走るとどうなるか?

環状線を走る車首都高速環状線の制限速度が50km/hとなっているのには、それなりの理由があるようですが、実際に制限速度を守って50km/hで走ったらどうなるでしょうか?

渋滞していなければ、環状線を走る車の多くは80km/h程度のスピードで走っていると思います。

流れに従って走ると、どうしてもその程度のスピードにはなってしまうはずです。

もしそうした流れに逆らって50km/hの制限速度を頑なに守って走ると、後ろから大型のトラックにあおられまくって生きた心地がしないことでしょう。

後ろからどんなにプレッシャーをかけられても動じない心臓に毛の生えた人ならともかく、素直に流れに沿って80km/h程度で走ってしまうというのが、ごく一般的なドライバーだと思います。

実際にネットなどの口コミ情報を拾ってみると、首都高速を制限速度順守で走ると逆に恐怖を感じるという人が多いようです。

道路を流れにそって走らないということは、むしろ追突などの危険を感じるというのが、一般的な感覚の人の意見だと思います。

もちろんスピード違反をすることはいけないことなのですが、実際には制限速度を1km/hでもオーバーしたら捕まるということではありませんので、ある程度は流れにそって走ることも重要かも知れません。

参考記事:高速道路は制限速度を超えた110km/h台で走っても捕まらない?
      

いつもの流れで走っていたら突然オービスが光る!

高速道路を走行する車「高速道路」という名前であるにもかかわらず、制限速度が一般道並みの首都高は、スピード違反の取り締まりには最適な道路です。

特に環状線などは制限速度が50km/hのところがほとんどですし、区間によっては40km/h制限になっているところもあります。

そういったところに、まさにオービスなどの自動速度取り締まり装置が設定してあるわけです。

東名高速などの一般の高速道路に取り付けられているオービスは、そう簡単には作動しません。

一般的にオービスは40km/hオーバー以上の車に反応するようにセッティングされているようですので、制限速度が100km/hの高速道路の場合は140km/h以上のスピードを出さない限りはまず大丈夫であるといえます。

ところが、環状線の40km/h制限の区間にオービスが設置されていた場合、80km/h以上の速度は危険領域になるわけです。

40km/h以上の速度超過で捕まった場合は、違反点数6点で一発免停になります。

また、反則金ではなく罰金が科せられることになりますが、実際にいくらになるかは過去の違反歴などを考慮して裁判所の判断で決められます。

法律上は「6ヵ月以下の懲役(過失の場合は3ヵ月以下の禁錮)又は10万円以下の罰金」と規定されているようですが、実際には6万円~8万円が相場のようです。

環状線を、いつもの調子で80km/hで走っていたら、突然オービスのまぶしいフラッシュをあびて、一発免停のうえに6万円~8万円の罰金を支払うはめになる可能性もあるということです。

また、流れにそって走っている場合、捕まるのは先頭の車両だけで、後続の車は捕まることがないとよく言われますが、実際にはそのようなことはないようです。

たとえ流れに沿って走っている車の最後尾であっても、スピード違反を犯しているということであれば、検挙される可能性は十分にあります。

首都高環状線の40km/h制限の区間を走るときには、取り締まりには十分注意をするようにした方がいいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする