高速道路は制限速度を超えた110km/h台で走っても捕まらない?

走行中の2台の車車の免許をお持ちの方ならば誰でもご存知なはずですが、日本の高速道路における制限速度は100km/hです。

厳密にいえば、高速道路ではこの制限速度である100km/hを1km/hでもオーバーすれば取り締まりの対象となります。

しかし、実際にはこの制限速度を10km/h以上オーバーした110km/h台で走っていても、まず捕まることはないといわれています。

120km/hを超えると、さすがに取り締まりの対象になるようです。

それはいったいなぜでしょうか?

制限速度内で前の車を追い越すのは困難?

実際に高速道路を走っていると、近くをパトカーが走っているにもかかわらず、追い越し車線を平然と110km/h~120km/h程度で走っている車をみかけます。

片側2車線の高速道路では、大型車両などが80km/h~90km/h程度で走っていることが多く、普通車がそういった車を追い越し車線からどんどん抜き去っていきます。

そういった車を追い越していく場合、制限速度の100km/hを厳密に守っているとけっこう大変なことになります。

たとえば、長さ10mの大型トラックが100m前方で80km/hで走っていたとします。

この大型トラックを、全長5mの普通車が時速100km/hで追い越したあと、後方に100mの車間距離を確保するまでに、約1kmも走行しなければなりません。

時間でいうと、40秒近くかかることになります。

さらに、前方を走っている車が90km/hで走っていて、あとの条件はまったく同じだった場合には、約2kmも走行しないと追い越しできないことになります。

もちろん、たとえ追い越し中であっても制限速度は守らなければなりませんので、これはこれで正しいといえるのですが、一つだけ困ったことが起こるのです。

それは、通行帯違反の問題です。

追い越し車線を走っている車は、追い越しが完了したらすみやかに本線に戻らなければいけません。

もし、ずっと追い越し車線を走り続けていると「通行帯違反」で捕まる可能性があるのです。

通行帯違反を犯した場合には、違反点数1点と反則金6000円が課せられます。

実際に、追い越し車線をどれくらいの距離走ると通行帯違反になるのかといいますと、明確な基準はないようですが、およそ2km程度といわれています。

高速道路を走行する車先ほど書きましたように、時速90kmで走っている大型トラックを、制限速度内の100km/hで追い越そうとすると約2kmほど走行しなければなりませんから、速度違反では捕まらなくても通行帯違反で捕まる可能性が出てくるわけです。

前方に90km/hで走っている大型トラックが2台~3台連なっている状況のときに、それらを一気にゴボウ抜きしようと思えば、100km/hの制限速度を守っていると、間違いなく通行帯違反となることでしょう。

つまり、厳密に道路交通法を守ろうとすると、時速90kmで走っているトラックを追い越すのは厳しいということになるのです。

前方を90km/hで走っている大型トラックを追い越しできないとなると、今度は渋滞が発生する可能性が出てきますので、それはそれで問題なわけです。

そういった理由もあり、追い越し車線を110km/h台で走っている車がいたとしても、パトカーは大目に見てくれているという部分はあると思います。

メーターの表示と実際の速度はかなり違う

もちろん、パトカーが110km/h台で追い越し車線を走っている車を捕まえないのは、それだけが理由ではありません。

実は、車にはメーター誤差というものがあり、メーターで表示されている速度と実際の速度は異なるのです。

メーター誤差は車種によって異なりますが、基本的にはメーターの表示よりも実際の速度が8%~9%遅くなるように設計されていることが多いようです。

車検のときには必ずこのメーター誤差がチェックされますが、その基準は以下の数式に当てはまる範囲となっています。

10(V1 -6)/ 11 ≦ V2 ≦(100 / 94)V1

V1というのはメーターに表示されている速度で、V2が実際の速度になります。

この数式のV1に100km/hを代入してみると、実際の車の速度は85.5km以上106.3km以下ということになります。

それでは、こんどは110kmをV1に代入してみましょう。

すると、実際の速度は94.5km/h以上117km/h以下ということになります。

もし、メーターで110km/hを示しているときにパトカーに捕まっても「メーター誤差があるから実際の速度は95km/hくらいしか出ていなかったはず」と主張する人がいるかも知れません。

これが、120kmとなると話は別です。

メーターで120km/hを表示しているということは、実際の速度は103.6km/h以上127.7km/h以下ということになり、どう言い訳をしても制限速度の100km/hは超えてしまうことになります。

新車で販売される多くのクルマは、メーターの表示よりも実際の速度が8%~9%少なくなるように設定されているようなので、メーターの表示が110km/hのときには、ほぼ制限速度ギリギリの実測になっているものと思われます。

このような理由から、高速道路ではメーター表示で120km/hを超えると、実測でも制限速度を超えていることが明らかであると判断できるために、速度違反で捕まる可能性が高いといわれているわけです。

15km/h未満の速度違反は取り締まらない?

白バイと警察官これは、高速道路に限ったことではなく一般道も含めてのことですが、15km/h未満の速度違反で捕まることはまずないという事実があります。

実際に、2013年度の全国での速度取り締まりによる検挙数は205万件(一般道のみ)ありましたが、その中で15km/h未満の速度違反で検挙されたのはわずか15人です。

200万人中の15人ですから、15km/h未満の速度違反で捕まるのは非常に稀なケースであるということがいえるわけです。

なぜ15km/h未満の速度違反は捕まえないのかといいますと、先ほど書きましたメーター誤差の問題もさることながら、測定機器の誤差の問題も当然あります。

よく「ネズミ捕り」などと呼ばれるレーダーによる定置式の速度取り締まりが行われますが、こうした定置式の取り締まりの場合、機器のセッティングの仕方などによって誤差が出てしまう場合も少なくないのです。

また、白バイやパトカーなどの追尾による測定も、取り締まりをするやり方によっては誤差が出てしまう可能性があるわけです。

つまり、そういったさまざまな誤差や機器の設置ミスによる誤測定によって冤罪を生まないために、15km/h未満の速度違反に関しては、なるべく検挙しないようなルールになっているのではないかと思われます。

そうでなければ、15km/h未満の速度違反で捕まった人が、200万人中でたった15人しかいないというのは説明がつきません。

高速道路で110km/h台で走っても、まず捕まることがないというのは、こういった過去の取り締まりのデータなども根拠になっているものと思われます。

ちなみに、これを制限速度が60km/hの一般道に当てはめてみますと、75km/h程度まではまず捕まらないが、80km/hになると捕まる可能性があるということになるでしょうか。

もちろん、あなたが200万人中15人の運の悪い人になる可能性もなきにしもあらずなので、日頃から安全運転を心がけることが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする