ディーラーで下取りをしてもらうと査定料が発生するのをご存知ですか?

ミニカーと硬貨の傍でメモする最近では、どの街に行っても大手の車買取り専門店を目にするようになりました。

また、インターネットの車一括査定サイトも人気になっているようです。

これらのお店やサイトで車の査定を依頼した場合、基本的に査定は無料で行ってくれます。

車を店に持ち込んだときばかりではなく、出張査定をお願いした場合でも無料のところが多くなっています。

それに対して、ディーラーに下取りに出した場合には「査定料」なるものが徴収されることが多いのです。

車の査定は無料だと思っている人が多いと思いますが、ディーラーに限っては必ずしもそうではないようなのです。

ディーラーで発生する下取り車にかかわる費用

ディーラーで作成してもらった新車の見積もりによく目を通してみると「査定料」とか「下取り車諸費用」といったものが計上されていることがあります。

買取り専門店と違い、ディーラーの場合には新車の見積もりの中に下取り車に関する項目も含めてしまいますので、注意深く見ないと気がつかないことも多いです。

「査定料」というのは、その名のとおり査定をしてもらうことによって発生する人件費と考えてもらえばいいと思います。

ディーラーによって異なりますが、5,000円~10,000円程度を計上するところが多いようです。

「下取り車諸費用」というのは、下取り車の名義を変更したり廃車にしたりするときの費用ということになります。

こちらもディーラーによって金額は異なりますが、5,000円~15,000円程度が見積書に計上されていることが多いです。

ディーラーから新車の見積もりをもらったときに、「下取り車価格」のところは誰でも確認をすると思いますが「査定料」や「下取り車諸費用」に関しては、気にしていないという人がほとんどだと思います。

しかし、この「査定料」や「下取り車諸費用」には、明らかにおかしな点もあるのです。

ただの昔からの習慣で徴収しているに過ぎない?

電卓の上に乗ったシルバーのミニカーいまやほとんどの買取り専門店が無料で査定を行ってくれるのに対して、ディーラーが「査定料」を取ることに対して違和感をおぼえる人もいると思います。

しかもこのディーラーが徴収する「査定料」の不思議なところは、実際に車を下取りに出した人にのみ発生するという点です。

とりあえず見積もりだけ作成してもらって、結局は別の店に下取りに出したり売却をした場合には発生しないのです。

どんな場合であれ、見積もりを作成するときにしっかりと下取り車の査定はしていますので、その作業にかかる手間賃は同じように発生していることになるわけです。

それにもかかわらず、実際に下取りに出した人からだけ「査定料」を徴収して、見積もりだけさせておいてその店に1円もお金落とさないお客からは徴収しないというのは、なんとも理不尽な気がします。

もう一つの「下取り車諸経費」にしても、車の名義変更の手続きなどは本来であれば、車を購入した側が自己負担で行わなければならないものです。

自動車販売連合会も「買い手が名義変更をするのが一般的」としています。

中古車店で車を購入したら、その見積もりには「名義変更手数料」が含まれているはずです。

買った人がそれを負担するというのが常識なのです。

それなのに、ディーラーへの下取りに限っては売った側がその手数料を負担しなければならないというのは、どうにも納得のいかない人が多いと思います。

このように、明らかに理不尽な部分のあるディーラーによる「査定料」や「下取り車諸経費」ですが、古くから商習慣的に行われていたことなので、その流れで今日まで来てしまっているのでしょう。

買取り店とディーラーの下取り額が同額のとき

車の買取り専門店の場合には、査定は無料のところがほとんどですし、下取り車諸経費なども取られることはありません。

買取り専門店で査定をしてもらった結果が100万円だとしたら、その100万円はそのまま売却した人に支払われることになります。

もちろん、買取り専門店であっても査定や名義変更の手間はかかっているわけですが、それらをすべて自社で負担しているわけです。

そのため、もしディーラーでの下取り価格と買取り専門店への売却価格が同じだった場合には、買取り店に売った方がお得ということになるわけです。

ディーラーで見積もりを作成してもらった多くの人は「下取り価格」の項目ばかりを気にして「査定料」や「下取り諸経費」はあまり気にしない傾向にあります。

そのため、買取り店での見積もり金額とディーラーからもらった新車見積もりの「下取り価格」の項目が同じ金額だった場合、そのままディーラーに下取りに出してしまう人が多いのです。

一見、同じ金額に見えても、実際には買取り店に売った方が数万円お得になるということを知っておいた方がいいでしょう。

確かに、新車を買うついでにいま乗っている車を下取り車として処分すれば、1つの店ですべてが完結してしまいますので、手続き的には楽だと思います。

しかし、たとえ数万円であっても、それを実際に稼ごうと思ったら大変なことです。

2つの店で手続きをするのは面倒くさいという理由だけで、数万円をドブに捨ててしまっていいものかどうかは慎重に考える必要はあるでしょう。

kantansatei_300_250

ディーラーと交渉をしてみるのもありだと思います

話合いをする家族と車ディーラー担当者ディーラーでの下取り価格が買取り店での査定額と同じであった場合は、買取り店に売却をした方が数万円お得になるというお話をさせていただきましたが、それでもなんとかディーラー1店舗ですべての手続きを済ませたいと思う人もいることでしょう。

そういった場合には、ディーラーに「査定料」や「下取り車諸経費」の項目を削除してくれるよう交渉してみることをお勧めします。

そんなことが可能なのか?と思う人も多いと思いますが、意外にすんなりと応じてくれるところも多いようです。

多くの買取り店では査定は無料であるという点や、名義変更などの手数料は本来であれば車を買った側が負担すべきものであることを主張するようにするといいでしょう。

ただ、ディーラーによっては会社の決まりでどうしてもその項目を削除できないケースもあるでしょう。

そういった場合には「査定料」や「下取り車諸経費」の項目はそのままにする代わりに、新車の値引き額で調整してもらう形でもいいでしょう。

見積もりをもらった時点でよほど渋い値引き交渉をしていない限り、数万円の値引きであれば快く応じてくれる可能性は高いといえます。

また、最近の買取り店による査定無料の流れを受けて、ディーラーであっても査定料や下取り車諸経費をとらないところも増えてきているようですので、その場合には何も問題はないことになります。

いずれにしましても、ディーラーで見積もりを出してもらったら「査定料」と「下取り車諸経費」の項目を必ずチェックするようにした方がいいでしょう。

クルマの買取り価格を一度に比較をするのであれば、以下のような一括査定サイトの利用が便利です。

かんたん車査定ガイド
https://a-satei.com

kantansatei_300_250

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする