ハイエースの覆面パトカーが出没中!~覆面はクラウンだけじゃありません

パトランプ点灯の白色のハイエース覆面パトカーといえば、セダンが定番です。

車種でいうと一番多いのが、トヨタのクラウンでしょう。

白やグレーのクラウンを見かけたら要注意というのが、ドライバーの共通認識だと思います。

クラウンほどではありませんが、トヨタのマークXや日産のスカイラインの覆面パトカーもときどき見かけます。

これまでセダンがあたり前だと思っていた覆面パトカーですが、驚いたことに最近はハイエースの覆面パトカーが頻繁に出没するようになっているようです。

商用車だと思っていたハイエースが覆面だなんて

覆面パトカーに捕まるシーンで真っ先に思い浮かべるのが、スピード違反でしょう。

高速道路や見通しのいい一般道で、前方を走るグレーやホワイトのクラウンを追い越したとたん後方でサイレンの音がするのでバックミラーを見ると、覆面パトカーが自分の後ろにぴったりと張り付いていて心臓が飛び出しそうになった、という経験をされた方も少なくないでしょう。

「グレーや白のクラウンを追い越すときは要注意」と思っていたにもかかわらず、ぼんやりと運転していると気がつかずに追い越してしまったりします。

これがもしクラウンではなく、ハイエースだったらと思うと、ゾッとするドライバーも多いことでしょう。

パッと見た感じでは商用車にしか見えません。

前方に車高の高いハイエースが走っていると視界も悪いし、「抜いちゃえ」と思って追い越しをかけた途端にぴたっと後ろに張り付いてきて、クルッと赤色灯が点滅してサイレンがなるわけです。

それこそ口から心臓が飛び出すほどびっくりすることでしょう。

そもそもパトカーや白バイが前方を走っていたら、それを追い越すバカはいませんので、あくまでも素性をカムフラージュして違反者を摘発するのが覆面パトカーなわけです。

素性をカムフラージュするという意味においては、ハイエースほど最適な車はないでしょう。

一般人のハイエースに対する認識は、荷台に商品をいっぱい積んだルート営業の車か、工事現場におもむくおじさんたちを乗せた送迎用のクルマです。

そういった認識しかないハイエースが、突然赤色灯をつけてサイレンを鳴らすわけですから、これほどビックリするフェイントはありません。

ハイエースの覆面パトカーにはどんな特徴があるか?

シルバーのハイエース以前であれば、覆面パトカーは特殊車両ということで8ナンバーが多かったのですが、最近では普通に3ナンバーがついていることが多いためなかなか見分けがつきません。

仮に8ナンバーだったとしても、まさかハイエースが覆面パトカーだとは誰も思いませんので、ナンバーなど確認することはないでしょう。

それでは、ハイエースの覆面パトカーにはどのような特徴があるのでしょうか?

ボディの色はシルバーが多いようです。

なかにはグリーンの覆面ハイエースもあるようなので、注意が必要です。

また、ハイエースの覆面は、屋根がハイルーフ仕様になっていることが多いようです。

そして、赤色灯はセダンの覆面パトカーのようにフロントグリルに埋め込まれた形ではなく、ダッシュボードに置かれているのが特徴です。

しかし、シルバーのハイルーフ仕様のハイエースなんて、普通にいくらでも見かけますので、それだけで覆面かどうかを見分けることはなかなか困難です。

覆面パトカーの場合、運転席と助手席に男性が2人で乗車していますので、仮にドライバーが女性であったり、助手席に誰も乗っていないようであれば、消去法的に覆面パトカーではない可能性が高いと判断できます。

もし、あなたの車のバックミラーにうつったシルバーでハイルーフ仕様のハイエースに、男性2人が仲良く乗っていたら、制限速度厳守、一時停止厳守で慎重な運転を心がけるようにしましょう。

悪質な覆面パトカーになると、意図的に車間距離を詰めることでプレッシャーをかけて、スピードを上げさせようとするケースもあるようですが、そんなプレッシャーに負けてはいけません。

どんなに後ろからあおられても淡々と走り続け、近くにコンビニなどがあればそこに入ってしまうというのが賢い自己防衛術です。

信号のない交差点の近くにいるハイエースに注意

交差点覆面パトカーに捕まるというと、どうしてもスピード違反をイメージする人が多いと思います。

しかし、実際に覆面パトカーの餌食になるのは、スピード違反ばかりではありません。

意外に多いのが一時停止違反です。

一時停止をする必要がある交差点で、一般のパトカーが取り締まりをしている光景はしばしば見かけると思います。

しかし、どうしてもパトカーだと目立ってしまうので、検挙率は下がってしまうに違いありません。

最近ではSNSが発達していますので「○○の交差点でパトカーが一時停止の取り締まりをしている」などと情報を拡散されてしまうことも多いでしょう。

ところが、それがパトカーではなくハイエースだったら、誰も取り締まりをしていることに気がつかないと思います。

おそらく、面白いようにバンバン検挙できるのではないでしょうか。

まさに、ハイエースの覆面パトカー恐るべしといえるでしょう。

そもそもハイエースなら逃げ切れるのでは?

もしあなたがスポーツタイプの車に乗っているときに、後方にぴったりとついたハイエースの覆面パトカーに突然サイレンを鳴らされたとします。

こちらは動力性の高いスポーツタイプのクルマだし、向こうはお世辞にも速いとはいえないハイエース。

「普通に逃げられるんじゃね?」

と思ったあなたの感覚はたぶん正しいと思います。

道路の状況などにもよりますが、逃げ切ろうと思えば逃げ切れるかも知れません。

しかし、それは絶対にやめておいた方が身のためだと思います。

なぜなら、最近の覆面パトカーにはカメラが積載されていますので、あなたが逃げる様子はしっかりと動画撮影されることになります。

逃げる途中で次々に違反を繰り返したとなれば、あとで呼び出されてこっぴどくお叱りを受けることになるでしょう。

また、逃げる途中で事故を起こしたりして、まったく関係のない車両や歩行者を巻き込んでしまったりしたら最悪です。

ハイエースなら絶対に逃げられると思っても、サイレンを鳴らされた時点で素直に捕まるというのが結果的には賢いといえます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする