アクセルとブレーキを踏み間違える事故はなぜ起こるのか?

アクセルを踏む足と事故現場高齢者による事故が多発しているようです。

高齢者の事故の要因にはさまざまなものがありますが、その中でも注目すべきなのが「アクセルとブレーキを踏み間違えてしまった」というものです。

アクセルとブレーキは形状も位置も異なりますし、普通に運転をしている分には踏み間違いなど起こらないはずですし、そういった経験のないドライバーにとってはにわかには信じがたい話だと思います。

ここでは、なぜアクセルとブレーキの踏み間違い起こるのかについて、具体的に考えてみたいと思います。

実はアクセルとブレーキの踏み間違いは若者に多い?

2013年のあるデータによると、アクセルとブレーキの踏み間違いによる人身事故が年間で6448件も起きており、54人の方が亡くなっているそうです。

アクセルとブレーキの踏み間違いというと、どうしても認知症の問題と結びつけて高齢者に多いイメージがあります。

しかし、年齢別のデータを見てみますと、実際に事故を起こした人は20代が22%で一番高く、70代は17%、80代は10%となっています。

このデータを見る限りにおいては、アクセルとブレーキの踏み間違いによる事故は高齢者に特有のものではなく、若い人であっても引き起こす可能性は十分にあるということ分かると思います。

つまり、アクセルとブレーキの踏み間違い事故は誰にでも起こる可能性があり、そのことは「そんなミスは絶対にしない」と運転に自信満々のあなたも決して例外ではありません。

駐車場などからの発進時に一番多く発生する

木にぶつかるクリーム色の車アクセルとブレーキの踏み間違いによる事故は、駐車場などでの発進や停止のときに一番多く発生するようです。

コンビニの駐車場と店舗のあいだに、頑丈なガードが取り付けられているのを目にすることも多いと思いますが、そういった対策が必要なほど駐車場からの発進や停止のときの事故は多いということです。

過去には、立体駐車場を飛び出して車が高所から落下してしまうという悲惨な事故も何度も起きています。

いったいなぜ、駐車場から発進や停止をするときに、アクセルとブレーキを踏み間違えてしまうのでしょうか?

アクセルとブレーキはすぐ隣の位置にあり、しかも同じ右足で操作をすることになります。

なんらかの原因で足の位置がずれてしまうことで、ブレーキを踏んだつもりがアクセルだったということは起こり得るわけです。

バックで駐車をしようとするときなどは、後方を確認するために不自然な姿勢をとることも多いと思います。

そういったときに、自分でも気がつかないうちに足の位置がずれてしまうということはつねに起こり得ることです。

AT車の場合はクリープ現象というものがあり、Dレンジに入ったままだとアクセルから足を離しても、車はゆっくりと動きます。

そのクリープ現象を利用して駐車をする人が多いと思いますが、後方の車止めにタイヤが当たると同時にブレーキを踏もうとしたときに、うっかりアクセルを踏んでしまって車を暴走させてしまうことが多いようです。

直進で普通に走行しているときでも間違えることがある?

駐車場などでの発進や停止のときだけではなく、普通に直進走行をしているときにもアクセルとブレーキも踏み間違いは起こるようです。

ぼんやりと車を運転しているときなどに、脇道からクルマや自転車などが急にあらわれたときなどに、そういうことが起こるようです。

びっくりしてブレーキを踏んだつもりが、アクセルに乗せている足をそのまま強く踏んでしまうというケースです。

普通に車を運転しているときに、アクセルを「強く踏む」という場面はめったにありません。

よほど急いでいるときでもなければ、アクセルはソフトに踏むのが一般的です。

それに対して、ブレーキは危険を回避するために「強く踏む」という場面がしばしばあります。

そのため、ドライバーの脳内には「危険を感じたらペダルを強く踏む」という意識がインプットされています。

ところが、アクセルに足を乗せているときにたまたま危険を感じると、いま自分の足がどちらのペダルの上に乗っているかとう判断をスルーして、瞬間的に「危険を感じたらペダルを強く踏む」という脳のアウトプットによりそのままアクセルを強く踏んでしまうのです。

また、人間は危険を感じたときには、本能的に足を突っ張って体を守ろうとします。

ジェットコースターなどに乗ったとき、思わず足を踏ん張ってしまう人も多いことでしょう。

こういった直進時のペダルの踏み間違い現象は、車の運転に慣れていない初心者だけではなく、ベテランのドライバーにもしばしば起こるようです。

むしろ、ベテランのドライバーほど運転の慣れから来る集中力の欠如により、脇道からクルマや自転車などが急にあらわれたときにパニックになってしまう可能性が高いといえるかもしれません。

なぜ踏み間違えた瞬間にアクセルから足を離さないのか?

アクセルを踏む白い靴を履いた足
アクセルとブレーキを踏み間違えた車の特徴として、そのまま車を暴走させてしまうことが多いことがあげられます。

踏み間違いに気がついたら、その時点ですぐにアクセルから足を離せばいいはずなのに、なぜそのままアクセルを強く踏んでしまうのでしょうか?

ドライバーは、危険を感じた時にペダル(ブレーキ)を強く踏むという意識が脳にインプットされています。

そして、ペダルを強く踏むことで当然クルマは停止するはずだというイメージが頭にあります。

ところが、そのイメージとは反対の動きをしたときに人間の脳はパニックを起こします。

「ペダルを強く踏んだのだから車は停止するはず」というイメージとは裏腹に、ペダルを強く踏んだとたんに車は猛烈に加速をします。

アクセルとペダルを踏み間違えているという認識がないために、想像もしなかった車の動きに脳内はパニックになります。

実際に、アクセルとブレーキの踏み間違いによる事故を起こした人の証言には「ブレーキを踏んだのに車が加速をした」というものが多いのです。

つまり、自分がアクセルペダルを踏んでいるという認識がないのです。

本人はブレーキを踏んだと思っているのに車が加速してしまったことで、さらにパニックになり、なんとか車を止めようとしてより強くアクセルを踏んでしまうことになります。

これが、アクセルとブレーキを踏み間違えたときに、暴走を止められなくなってしまう原因といえます。

「自分は絶対にペダルの踏み間違いなど起こさない」と思っていても、いざパニックに陥ってしまうと、自分の行動を理性ではまったく制御できなくなってしまうのが人間という生き物なのです。

踏み間違い事故を起こさないための対策

アクセルとブレーキの踏み間違いによる事故を防止するためには、どうしたらいいのでしょうか?

踏み間違いをしてしまった時点では、人間はパニックを起こしてしまっていますので、その時点での冷静な対応は困難だと思います。

そのため、ペダルそのものを踏み間違えないための対策が必要になってきます。

右足でアクセルを踏んで、左足でブレーキを踏むというように左右の足で踏み分ければ防止になるという人もいるようですが、むしろ逆効果になる可能性も指摘されています。

これまで長い間、ずっと右足でブレーキを踏んでいた人が、横道からの飛び出しなどに遭遇したときには、左足ではなくこれまでずっとブレーキングに使っていた右足を反射的に強く踏み込んでしまう可能性があるのです。

最近では、衝突被害軽減ブレーキシステムを搭載したクルマが増えているようです。

アクセルを強く踏んだときに、衝突する恐れがあると警報音でドライバーに注意を喚起したりエンジンやブレーキを制御して事故を未然に防ぐというものです。

また、駐車場などでの踏み間違いによる暴走を防ぐために、後方に障害物がある状態でバックをするとエンジンの出力を抑制して自動でブレーキをかけるようなシステムもあるようです。

確かにこうした車の先進的な安全技術は、ペダルの踏み間違いといったヒューマンエラーには非常に有効ですが、道路の状況や天候などによってはうまく作動しないこともあるようなので、そういった装置によってペダル踏み間違い事故を完全に防げるということではありません。

そういう意味では、アクセルとブレーキの踏み間違いを防ぐためには、ドライバー自身が正しい姿勢でつねに集中力を切らさずに運転をするということが、基本でありかつ重要であるといえるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする