違法改造車を買取りしてもらうことは可能でしょうか?

改造車とタイヤ車を売却するときには、基本的にノーマルな状態で売るのが高額査定につながりやすいといえます。

カスタムカーと呼ばれる改造車に関しては、違法性がなければそういった車を専門にあつかう系列の店ではそれなりの買取り価格を提示してくれることもあります。

しかし、問題となるのが違法改造車と呼ばれるクルマです。

違法改造車というのは、要するに保安基準に適合しないために車検に通らない車のことです。

こういった違法改造車を売却する方法はあるのでしょうか?

一般の買取り店が改造車を嫌う理由

カスタムカー専門のショップであればともかく、一般の買取り店ではたとえ合法であったとしても、改造車(カスタムカー)の買取りには消極的です。

買取り店の多くは、自分の店で引き取った車をオートオークション経由で流通させることになります。

そのため、オートオークションでの相場を参考にして、自分の店にしっかりと利益が残るような買取り価格を提示するわけです。

しかし、オートオークションの相場を知るためのデータには、改造車に関するデータがないのです。

そもそも改造車の絶対数が少ないために、データとして残すことが出来ないのでしょう。

そのため、改造車というのはオークション会場での落札価格が読めないクルマということになり、買取りにあたっては非常にリスクがあるということになります。

たとえどんなに高価なパーツが取り付けられていても、リスクのある車を積極的に買う気にはなれないはずです。

また、改造車というのは人によって好みやセンスの問題が大きく反映されるために、万人受けする車とはいいがたいわけです。

つまり、万人受けしない車というのは、なかなか売れずに在庫になってしまう可能性があるわけです。

在庫になるリスクがある車に対して、買取り店が高額な査定額を提示できないのは仕方のないことです。

違法改造車を買取りしてもらうにためには?

オレンジ色の車このように、一般の買取り店の場合、改造車を積極的に買取りしたくない明確な理由があるわけです。

ましてや、車検に通らないことが予想される違法改造車となると、そのままの状態で売却することは困難ということになります。

しかし、違法改造車といっても、その改造の程度によっては大幅なマイナス評価を受けずに売却をすることも可能です。

もちろん、屋根を切り取ってしまってオープンカーにしてまったなどの極端な違法改造車の売却は不可能ですが、ノーマルに戻すことのできる状態であれば何とか売ることはできます。

・足回り系の違法改造車の場合

極端なローダウン(シャコタン)やフェンダーからタイヤがはみ出しているなどの足周り系の改造車の場合には、車検が通る状態にまで戻すことが出来れば売却が可能になります。

タイヤやサスペンションなどを交換することで、保安基準に適合する状態まで戻すことが出来ればいいわけです。

こういった車の場合には、あえて元に戻して査定を受けなくても、純正のパーツがあれば、それを一緒に持参することで問題なく買取りをしてもらえることが多いです。

もし純正のパーツがなくなってしまったとしても、買取り店の方で他のパーツに交換することで車検に通る状態にすることが出来ると判断すれば、買取り可能となります。

もちろん、そういった交換用パーツの代金や修理工場での工賃の分は、査定額からマイナスされることになります。

・ちょっとしたパーツの交換で違法改造になっている場合

違法改造といっても、極端な改造している車ばかりとは限りません。

要するに保安基準に適合していなくて、車検に通らなければ違法改造車ということになってしまうわけです。

たとえば、ステアリングを社外品に交換したとします。

サイズや仕様的には何の問題もなかったとしても、ホーンを鳴らすためのラッパーのマークがないだけで違法改造車となってしまうのです。

車のシフトまた、マニュアル車などでシフトノブを交換する人も多いのですが、シフトのポジションを示すマークがないと、これも保安基準に適合しないことになってしまいます。

これらはちょっとした改造なのですが、立派な保安基準不適合で違法改造になってしまうわけです。

こういった軽微な改造の場合も、ノーマルのパーツを保管していれば、査定のときにそれを一緒に持って行けば大丈夫です。

もしノーマルのパーツがなくなってしまった場合には、ホーンのマークやシフトポジションのマークのシールを貼ることで車検に通すことができます。

・スモークフィルムも場所によってはNGです

車のウインドウにスモークフィルムを貼っている人も多いと思いますが、これも場所によっては違法改造となります。

基本的に後部座席の両側と後部のガラス面に関しては問題ありませんが、フロントガラス及と運転席及び助手席のガラスに関しては、可視光線の透過率が70%以上なければならないという規定があります。

もともと、車のウインドウはノーマルの状態で可視光線の透過率が70%前半から80%となっているものが多いために、そこにスモークフィルムを貼ると、確実に70%以下の透過率となってしまいます。

運転席や助手席のウインドウにスモークフィルムを貼って、中に誰が乗っているのか外からは分からないような状態で走っている車をときどき見かけますが、これは明らかに違法改造ということになります。

もしそういった場所にスモークフィルムが貼ってある場合は、査定を受ける前に剥がしておいた方がいいでしょう。

もちろん、そのままの状態でも買取りはしてくれますが、店側でフィルムを剥がす手間賃の分がマイナス査定となってしまう可能性があります。

かんたん車査定ガイド
http://a-satei.com

kantansatei_300_250

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする