自動車保険の24時間事故対応は本当に役に立つサービスか?

オペレーターの女性最近の自動車保険は、ほとんどすべての会社が「365日24時間事故対応」をうたっています。

この「365日24時間事故対応」という文言を見ただけで、なんとなく安心で心強いと思ってしまう人も少なくないでしょう。

事故を起こしたら24時間いつでも保険会社の人が来てくれたり電話でアドバイスをしてくれたりするものだと、多くの人は勘違いをしているかも知れません。

しかし、現実的には24時間対応なのは「ただの受付だけ」で、時間帯によっては事故を起こしたときの初動対応は翌日以降になってしまう会社がほとんどです。

自動車保険の365日24時間対応の真実に迫ってみたいと思います。

実は365日24時間対応なのは受付のみです

もしあなたが夜中に車を運転していて、うっかり「ヤバイ系」の人にぶつけてしまって「車を弁償しろ」とか「慰謝料を今すぐ払え」などとすごまれてしまったとします。

もちろん、交通事故ですから警察は来てくれます。

しかし、警察というのは民事には介入できませんので「ヤバイ系」の人との補償の話はあなたがしなくてはなりません。

そんなときに、24時間事故対応の自動車保険に加入していれば、すぐに保険会社の人が飛んできてくれて対応をしてくれるので安心だと思っている人もいるかも知れません。

ところが、実際にはそううまくはいかないことの方が多いのです。

最近では代理店を経由しないダイレクト型保険会社であっても、24時間事故対応をうたっているところがほとんどですが、実は初動対応をしてくれる時間は24時間ではありません。

多くの保険会社では初動対応受付時間というものが決められており「0:00~17:00」や「0:00~21:00」といった時間帯が設定されています。

オペーレーター女性のイラストつまり、この時間以外に事故を起こしてしまった場合には、受付のみになり初動対応はしてくれないことになります。

電話をしても「いまの時間帯は受付のみなので、初動対応は翌日以降になります」などと事務的に言われてしまうことでしょう。

21:00まで対応してくれる保険会社であれば、対応できない時間帯は「21:00~0:00」のみということになるので、かなり安心感は高いですが、17:00までしか対応しない会社の場合は、事故発生率の高い会社帰りの時間帯がカバーできていないことになります。

代理店経由で加入した保険であれば、電話で代理店に連絡をして来てもらうことも可能かもしれませんが、そうでない場合には怒り狂った「ヤバイ系」のひとを前にして途方にくれてしまうことになりかねません。

自分が加入している保険が365日24時間対応となっていたとしても、それはあくまでも「受付対応」であることを肝に銘じておくべきです。

初動対応を望むのであれば、保険会社の対応時間をよく確認して、その時間以外にはあまり車に乗らないようにするなどの自己防衛も必要になって来るかもしれません。

交通事故を起こしてしまったときの初動対応

もちろん事故の初動対応というのは「ヤバイ系」の人にぶつけてしまった場合の対応だけではありません。

相手方が怪我をしていれば病院の手配をしたり、怪我の状態がひどいようであれば救急車を呼ぶ必要があります。

そのあと、警察にも連絡を入れなければなりません。

どんな軽微な事故であっても、事故証明がないと保険が使えませんから、警察への連絡は必須です。

事故の対応をする女性そして、事故によって二次災害や交通渋滞が発生する可能性があれば、警察が来るまでの間その対応もする必要があるかも知れません。

あとで示談などの話し合いをするときの証拠のために、現場の写真を撮影しておくこともある意味大切です。

また、車が動かなくなってしまったらレッカー車を呼んで引取りに来てもらわなければなりませんし、代車の手配などもする必要が出てくるでしょう。

そういったさまざまな事故の初動対応を、保険会社に連絡がとれないとなれば、すべて自分の判断でやらなければなりません。

保険屋さんのように日常的に交通事故に接している人ならば落ち着いて対応できることでも、一般の人にとっては交通事故なんて一生の間になんども経験するものではありませんので、頭が真っ白になってしまって、何をしたらいいのか分からずにオロオロしてしまうことでしょう。

もちろん、初動対応時間内であっても、実際に担当者が現場に駆けつけてくれるというケースはほとんどないようですが、交通事故のプロからさまざまなアドバイスをリアルタイムで受けることができるというのは心強いはずです。

ちなみにセコム損保の場合には、希望した場合に限りセコムの警備員がすぐに駆けつけてくれるサービスもあるようです。

警備員がどれだけ事故対応で役に立つのかは分かりませんが、少なくとも自分の味方になってくれる人が来てくれるというのは安心感があることでしょう。

初動対応の知識をある程度持っておくようにしましょう

これまで述べてきましたように、365日24時間対応の自動車保険であったとしても、それはあくまでも受付が365日24時間対応なのであって、時間帯によっては担当者と連絡が取れるのが翌日以降になるケースもあるわけです。

また、代理店経由の保険に加入をしていて、代理店の担当者が「事故を起こしたらいつでも私がかけつけます」などと約束をしてくれている場合を除き、実際に保険会社関係の人が事故の現場まで足を運んでくれるというのは稀であるということも知っておきましょう。

そのため、いざ事故を起こしてしまったときにあわてないためにも、初動対応として自分が何をすべきかを事前に知識として持っておくようにした方がいいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする