オンライン査定と出張査定で買取り額が大きく異なる場合とは?

小銭とミニカーを手で包み込む最近では一括査定サイトなどの普及により、オンラインで自分の車の買取り額が簡単に分かるようになりました。

しかし、出張査定などで実際に車を見てもらったところ、買取り価格がオンラインの場合と大きく異なってしまった、というケースも少なくないようです。

オンラインでの査定ではあくまでも入力した情報をもとに、各社が持つデータベースや相場などをもとに総合的に判断して買取り価格を提示するわけです。

しかし、車種や年式、走行距離がまったく同じであったとしても、車の状態は1台1台異なるわけです。

出張査定などで実車を見ての買取り額と、概算的なオンライン査定での買取り額が異なるのは仕方のないことです。

それでは、実際にオンライン査定と出張査定の買取り額に大きな開きが出てしまうのは、どういったケースなのでしょうか?

かんたん車査定ガイド
https://a-satei.com

出張査定において事故車であることが判明した場合

車の買取り価格が大幅に下がってしまうケースで一番多いのは、事故車であることが判明した場合です。

オンライン査定で算出する買取り価格は、事故車ではないことが前提となっていますので、出張査定でそれが明らかになることで、査定額は大幅に下がることになってしまいます。

参考記事:事故で目減りする査定額の損失補てんには「事故減価額証明書」が必要
   
新車からずっと乗り続けていた車であれば、過去に事故を起こしたかどうかは自分自身が一番よく分かっていますので、出張査定のときに買取り価格が下がってしまうというのはある程度予想ができます。

しかし、中古車で購入した車の場合には、前のオーナーが事故を起こしたかどうか判断ができません。

プロの査定士が見れば一目で分かるような修理履歴でも、素人が見抜くことは容易ではありません。

過去の事故による損傷の程度によっては、オンライン査定で出された買取り価格の半分以下になってしまう可能性もあります。

自分では事故車ではないと思ってずっと乗ってきたのに、出張査定のときに事故車であることを告げられて大幅に査定額を下げられたてしまったら、大きなショックを受けることでしょう。

メーターの巻き戻しが判明してしまった場合

車のメーターを確認する査定士オンライン査定を申し込むときには、走行距離を記入する欄があります。

オンライン査定サイトに参加している買取り店は、あくまで申し込み者本人が入力した走行距離をもとに買取り価格を判断します。

その走行距離が実際の走行距離である場合には、まったく問題ありません。

問題になるのは、メーターの巻き戻しが行われていた場合です。

こちらも事故歴と同様に、新車で購入して乗り続けた車の場合には、自分自身が一番よく分かっていますので特に問題はありません。

自分自身が巻き戻しをしていない限り、現在表示されている走行距離に不正はないということに間違いはないからです。

しかし、中古車で購入した場合には、前のオーナーや悪質な中古車販売店が不正に巻き戻しをしている可能性もあるわけです。

メーターの巻き戻しも、プロの査定士が実車をみれば見抜いてしまうといわれています。

参考記事:車の査定ではここがチェックされる!~プロの中古車の評価方法
   
もちろん、乗っている本人はメーターの巻き戻しのあった車を購入してしまっていたなどとは夢には思わないはずなので、出張査定の結果をみてビックリすることになるでしょう。

「まさか自分の車に限ってそんなことはないだろう」

多くの人そんなふうに思うことでしょうが、中古車販売店に流通している車の10台に1台は、事故歴を隠したりメーターの巻き戻しをしているなどの不正車両だといわれています。

あなたの車がそういった不正車両である可能性は、決して低くはないといえるでしょう。

かんたん車査定ガイド
https://a-satei.com

ネームプレートがなかったり車体番号が消えているもの

車のボンネット内を見る男性出張査定において、オンライン査定のときの買取り価格とくらべて大幅に評価が下がってしまうのは、事故車やメーター巻き戻し車両だけではありません。

ネームプレートがなかったり、車体番号が削られて消えてしまっているような車も、大幅に査定がマイナスになります。

こちらも、新車のときには必ずついているものなので、気をつけなければいけないのは中古で購入したクルマです。

ネームプレートというのは、コーションプレートとも呼ばれ、車体番号や型式、エンジンの型式や排気量、ボディカラーコードなど車に関するさまざまな情報が記載されています。

ネームプレートはボンネット内に取り付けられていることが多いですが、もしこのネームプレートが外されてしまっていたりすると、査定額は20%も低くなるといわれています。

参考記事:ネームプレートのない車の査定額が大幅に減額される理由

また、車体番号も非常に重要です。

ネームプレートの場合は、なくても車検を通すことができますが、車体番号が確認できない状態のクルマは車検に通りません。

車検に通らない車に対して、買取り店が高額査定をすることはあり得ないので、出張査定でそれが判明すると評価は大幅に下がることになります。

車体番号が削り取られているということは、そこに何らかの意図があるわけです。

多くの場合は、盗難車両などの犯罪がらみの車ということになりますので、お店によっては買取りを拒否されることもあるでしょう。

職権打刻といって、新たな車体番号を陸運局の権限で打刻してもらうことも可能ですが、その場合でも評価は大幅にダウンします。

一般に、職権打刻された車の査定額は、最大で30%程度のマイナスになるようです。

kantansatei_300_250

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする