車を売るときに気をつけたい詐欺業者~車を持ち去られて音信不通!?

丁寧に頭を下げる男性車というのは高額商品です。

そのため中古車といえども、売買にあたってはそれなりに大きな金額のやり取りが発生します。

ある程度のまとまった金額が動く取引において、詐欺師たちが目をつけないわけはありません。

実は、中古車の買取りで詐欺にあうという人が少なくないのです。

「ものすごく親切な担当の方だったのに...」

車の買取り詐欺の被害にあった人は例外なくそういいます。

これから車を売る予定のあなたが、買取り詐欺にあわないようにするために、どうしたらいいのでしょうか?

参考記事:車を売るときにトラブルにならないために知っておきたい豆知識

車を渡してしまったが業者とまったく音信不通に

「車の無料出張査定・どこよりも高く車を買い取ります!」

そういったキャッチコピーのホームページを見て、実際に査定を受けてみたら他の大手の業者よりも10万円以上高い買取り額だったので、思わずそこと契約をして車を渡してしまったが、その後お金は振り込まれず業者とも連絡がとれない...

といったようなことが実際にあるようです。

詐欺にあったことに気がついて、あわてて警察に駆け込んでも、車はすでに海外などに転売されてしまって戻ってこないことがほとんどのようです。

詐欺師というとダーティなイメージがありますが、実はとても人当たりがよくて親切な人が多く、外観だけでその人が詐欺師かどうかを見抜くのは困難といえます。

ただ、詐欺師たちに共通している言動があるので、それを見逃さないことが大切です。

それは、すぐに契約することを迫って来るということです。

「いますぐ契約をしてくれたら、この査定額にさらに10万円上乗せさせていただきます。はっきり言ってうちも赤字なんですが、この車種を探しているお客様がいるので、うちも利益を無視してこの金額で買取りをさせていただきます!」

などということを平気で言ってきます。

向うは1円も支払うつもりはないのですから、いくらでも上乗せした金額を提示してきます。

しかし、彼らもプロなので明らかに怪しいと思えるほどの金額は上乗せしてきません。

常識的に納得できる範囲で、魅力的な条件を提示してくるわけです。

そこがプロの詐欺師たちの巧妙なところでもあるといえます。

その日に契約を迫って、すぐに車を持っていきたがる業者にはくれぐれも気をつけるようにしなければいけません。

事故車であることが判明したので半額になります

電話にビックリする女性のイラスト車を持ち去るまではしなくても、一度提示した買取り額を後になって大幅に減額するという手口の詐欺もあります。

実際に車をみて査定をしてもらい、高額な買取り額が提示されたので契約をしたら、後日業者から次のような連絡があるわけです。

「こちらで再度査定をしてみたら事故車であることが判明したので、買取り額は提示した金額の半分になります」

ワンオーナーカーであれば、過去に事故を起こしたかどうかは自分自身が一番よく知っていますので、明らかに業者側がウソを言っているということはすぐに分かります。

しかし、問題なのは自分が中古車として買った車を売るときです。

自分が買う前のオーナーが、事故を起こしたことがあるかどうかなんて分かりません。

査定のプロであれば、ボディのゆがみやドアのすき間の不自然さなどから見抜くことができますが、素人では困難です。

その車が事故車であることにまったく気がつかずに、ずっと乗ってきたという可能性もあるわけです。

詐欺師は、そういった車の査定に関して素人である人の盲点を巧みに突いてくるわけです。

「半額になるのならば売却はしません」

そう主張しても、彼らは契約が済んでしまっていることを理由に、車を返却してくれることはありません。

すでに手元に車がなくなってしまっている以上、本当にそれが事故車だったのかどうかの確認も出来ません。

良く知らない無名の買取り業者と安易に契約しない

それでは、車を売るときに詐欺にあわないためには、どのように自己防衛したらいいのでしょうか?

一番大切なことは、よく分からない無名の買取り業者と安易に契約をしないということです。

いまやネットを検索すれば、いくらでも車の買取り店を探すことができます。

しかし、それらの買取り業者がすべて優良なところである保証はどこにもないのです。

ホームページを持っているというだけで安心をしてしまう人もいるようですが、実はホームページだけを作成して無店舗で営業している業者の可能性だってあるわけです。

店舗がなくても、出張買取りという形であれば、まったく問題なく営業ができてしまいます。

もちろん無名の業者がすべてよくないということではありません。

自宅の近くで、何年も前から営業しているようなところであれば、まったく問題ないでしょう。

優良な買取り業者と詐欺業者を見分ける方法

身分証を提示する言葉巧みにあなたのクルマを狙ってくる詐欺業者を見分けるのはなかなか困難でありますが、知っておくと詐欺にあう確率を減らせる有効な方法がいくつかあります。

中古車を扱う業者は、営業をするにあたって地元の警察署に古物商の届け出をしなければなりません。

もしあなたが車を売る予定の業者がまったく無名のところであるならば、古物商の許可証を提示してもらうといいでしょう。

中古車買取り業者は、出張買取の際に「古物商許可証」か「行商従業者証」を携帯することが義務付けられています。

もし、これらを携帯していなかったり、提示を拒むようであればその業者は怪しいと思っていいでしょう。

間違ってもそういった業者と契約をしてはいけません。

さらに、安全を期するならば、JADRIに加盟している業者かどうかを見極めるといいでしょう。

JADRIというのは日本自動車流通研究所の略で、ここに加盟している業者の場合には、詐欺につながりかねない契約後の「再査定」やしつこい営業などが禁止されています。

ちなみに、車の一括査定である「かんたん車査定ガイド」の登録業者はすべてJADRIに加盟しているとのことなので、詐欺被害にあうことが不安な方はそういったサイトを利用すると安心できることでしょう。

かんたん車査定ガイド
https://a-satei.com

kantansatei_300_250

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする