ネットオークションの個人売買でもマイカーローンを組めるのか?

計算機とオークションハンマー車は高額商品ですから、多くの人はディーラーのローンか金融機関のマイカーローンなどを利用して購入することになると思います。

中古車といえども、100万円以上する車となれば現金一括払いで購入する人は少数派だと思われます。

中古車の専門店から購入する場合には、そこのお店が提携している信販会社を利用したり、自分で金融機関を訪問してマイカーローンを組むことになります。

それでは、そういった中古車専門店ではなくネットオークションなどを利用して個人売買をするときには、マイカーローンを利用することは出来るのでしょうか?

マイカーローンは間違いなく車を買うことが前提で利用可能

マイカーローンは、車の購入に特化した借入れ方法で、フリーローンなどにくらべると金利が非常に低いという特徴があります。

車そのものに資産価値があるために、ディーラーなどが提携している信販会社系のマイカーローンでは、車を担保にしてローンを組むことで低金利の貸し出しが可能になっています。

銀行のマイカーローンの場合は、さらに金利が低く担保設定も不要と、かなり魅力的ではあるのですが、その反面審査が厳しいという特徴があります。

信販系、銀行系どちらのマイカーローンを組むにしても、基本的には車の販売店から間違いなく車を購入するという証明が必要になります。

なぜなら、お金を借りる目的が車の購入ではないのに、マイカーローンの金利が低いからという理由で、表向きだけ車を買うことにする不正が行われかねないからです。

利用目的が明確でない場合の借入れは、フリーローンを利用しなければならないのですが、フリーローンの場合には金利が高いというデメリットがあるので、マイカーローンを他の目的で借りようとする人が出てこないとも限らないわけです。

注文書と見積書実際に車を購入ことを証明するための書類といっても、特別なものを用意する必要はありません。

車を買う予定のお店が発行する注文書や見積書でいいわけです。

そもそもこれらの書類を発行してくれないようなお店で車を買うべきではないので、基本的には100%手に入る書類といっていいでしょう。

しかし、ネットオークションなどを利用して個人売買で車を購入する場合には、注文書や見積書などというものを発行するケースは稀です。

はたして、個人売買で車を買うときにマイカーローンを組むことは出来るのでしょうか?

個人売買で借り入れができるマイカーローンはない

結論から先にいってしまうと、個人売買の場合にはマイカーローンは組むことができません。

これは、信販系、銀行系関係なく、基本的にどの金融機関でも車の個人売買のためにマイカーローンを提供してくれるところはないようです。

JA(農協)のマイカーローンであれば、注文書や見積書などがなくても、個人売買の際の契約書があれば申し込みが出来るという話もあります。

しかし、これに関してはその地域のJAによって対応が異なるようで、販売店からの正式な見積書がないと申し込みができないところもあるようです。

個人売買で、マイカーローンをどうしても組みたいと考えている人は、ダメもとで問い合わせをしてみるといいかも知れません。

木製のおもちゃの車と計算機ただし、JAの場合は他の金融機関とことなり、申し込みにあたっては事前にJAの組合員にならなければいけないというルールがありますので、そのことも知っておくといいでしょう。

個人売買といってもいわゆる個人同士ではなく、中古車販売店がネットオークションに出品している場合があります。

この場合であれば、ネットオークションを経由しているというだけであって、基本的にはその中古車販売店の店頭で購入するのと変わらないわけですから、マイカーローンは組むことが可能です。

マイカーローンを組むことができないのは、あくまでも個人同士の売買の場合に限ります。

なぜ個人売買だと借り入れをすることができないのか?

個人売買で車を購入するときに、なぜマイカーローンを組むことができないのかについては、いくつかの理由が考えられます。

まず第一に、売り手が個人ということで信頼性に欠けるということがあると思います。

個人同士だと、ある意味不正を行ってローンを申し込むことも可能になってしまいます。

たとえば、実際には車の売買をしないのに、友人と組んでネットオークションを利用して偽装の取引を演じることも可能になってしまいます。

フリーローンよりも金利の低いマイカーローンですから、そういった不正によって借り入れをしようとする人も出て来るかも知れません。

正式な車の販売店からの購入する場合であれば、お店側にそういった不正をするメリットがまったくありませんし、かりにそういうことを行って信用失墜につながったのでは大変ですからまずやらないと思います。

また、車を購入する際に担保設定をすることがありますが、正式な業者ではない個人が決めた値段で購入する車に、はたして担保となるだけの資産価値があるかどうかを判断するのが困難であるということも、個人売買でマイカーローンが利用できない理由になるかと思います。

このように、個人ゆえの信頼性の乏しさが、ほぼすべての金融機関や信販会社で個人売買におけるマイカーローン利用を認めないことにつながっているのだと思います。

だからといって、車を購入する際に金利の高いフリーローンなどを利用するというのはやめた方がいいと思いますし、そもそもフリーローンの場合、車の購入資金にあてるほどの借入枠がないことも多いです。

かつてバブル期に、住宅ローンを組む際に実際の住宅購入費用よりも多めにお金を借りて、車の購入資金にあてるといった裏ワザを使う人もいました。

はたして今もそういったやり方が通用するのかどうかは分かりませんが、あくまで不正利用ということになりますので、実行するのはやめておいた方がいいと思います。

かんたん車査定ガイド
https://a-satei.com

kantansatei_300_250

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする